保育士の転職の流れを5ステップで解説【退職と活動期間と最適な時期】

保育士の転職の流れをしっていますか?

転職には流れというものがあり、思い立っていきなりすると失敗をします。

計画をして、スケジュールを組んですることにより良い転職になりますので、きちんと流れを理解しましょう。

この記事では保育士の転職の流れち時期、注意点がわかります。



保育士の転職の流れ5ステップ【内定を勝ち取る方法と期間は1~2か月】

保育士の転職の流れ5ステップ【内定を勝ち取る方法と期間は1~2か月】保育士の転職の流れを5ステップで紹介をします。

保育士の中にはいきなり転職をする人もいますが、それは大きな間違いです。

転職をするならば、きちんとスケジュールを立てて、最低でも1~2か月の期間をもちましょう。

1.退職する理由を考える【1週間】

2.転職サイトへ登録【1週間】

3.履歴書と職務経歴書の準備【1週間~2週間】

4.複数の保育園へ面接へ行く【4週間】

5.一番よいところへ転職【1週間】

詳細について書いていきます。

1.退職や転職をする理由を考える【給料・人間関係・労働環境】

まずは今回退職や転職をしようとおもった理由を考えましょう。

お給料が低い、人間関係に疲れた、労働環境を替えたい、違う保育園で働いてみたいなど。

あなたが今回転職をする理由をしっかりと考えましょう。

最初は紙に書きだすだけでも良いので、どんな理由かを知り、その結果「何を求めて転職をするのか?」を明確にします。

それにより、ズレや失敗の少ない転職にできます。

2.転職サイトに登録する【紹介型に登録し相談もする】

次に転職サイトへ登録をしましょう。

できれば、サイトでもエージェント型と呼ばれる紹介をされるタイプのものがいいですね。

理由は簡単で、紹介型へ登録をすれば、

・転職に関する相談に乗ってもらえる。

・ヒアリング後、あなたに最適な求人を紹介してくれるため、転職の理由が解消できる。

・完全無料で、あなたを退職までサポートしてくれる。

エージェント型がやりとりをしっかりとしなければならない、手間はかかりますが、その分メリットが多いです。

私も紹介型の転職サイトで、好待遇な求人に出会え成功をしています。

保育士エージェントナンバー1 >>【保育士バンク】

3.履歴書と職務経歴書を用意する【書類は万全に】

登録とヒアリングが終われば、あとは紹介を待つだけ。

その間に履歴書と職務経歴書の書類を用意しましょう。

採用をされるために、書類は大事です。

履歴書は求職者で差がなかったとしても、職務経歴書は大きな差が生まれます。

職務経歴書を整るには時間もかかりますので、転職エージェントへ登録をしたならば、書類の準備に時間をかけるべきです。

→ 保育士の履歴書の書き方の基礎!志望動機と職務経歴書が採用に重要

→ 保育士の職務経歴書の書き方のコツ!採用されたテンプレートは自己PR

4.複数の面接をうけて働けるかをチェック【納得できるか】

紹介型のエージェントへ登録をすれば、次は複数の保育園の面接を受けましょう。

転職の場合はほとんどが面接のみでおわります。

その際にいろいろな条件があったとしても、2つ~3つは採用試験をうけましょう。

もちろん、自分で探した保育園でもよいので、比較をすることが大事です。

エージェントも複数に登録をしておくと、様々な保育園を紹介してもらえます。

そのため、エージェントも3つ利用しておけば、1つずつの紹介で、3つ受けられます。

「自分が働けるか」「問題は解消をされるか」をチェックします。

→ 【保育士向け】転職エージェントのおすすめ活用方法!口コミと評判

5.一番良い所へ転職【内定を勝ち取り退職へ】

比較をして、一番よい保育園へ転職をしましょう。

その際に条件面の提示をもらってから、決めるようにしてくださいね。

転職活動の時点では、口約束になっているケースもあります。

それを避けるためにも、転職先を決めたらエージェントから労働条件契約書をもらって仕事の条件を確認してください。

保育士の転職の流れと時期は大事【内定から退職まで】

保育士の転職の流れの時期は大事【内定から退職まで】保育士の転職に流れについてかきました。

しかし、流れだけではだめです。

次に転職の成功を左右するものが「転職時期」になりますので、時期について書いていきます。

退職の時期は3月が基本【転職先は2月までに決める】

保育園の退職は3月にしましょう。

保育園は学期制を導入しているため、4月から3月で1年間という考えになります。

その時期に転職を考える必要がありますので、頭に入れておきましょう。

転職先は2月の中旬くらいには決定をし、雇用形態も問題なければ、保育園に退職の意思を示したいですね。

転職活動の時期は11月と1月がおすすめ【4月採用が活発に動く】

転職活動の時期ですが、保育士不足の観点から求人はずっと出ています。

しかし、好待遇なものが4月採用に多く、11月と1月中旬から2月の中旬にかけてピークとなります。

転職活動をするならば、この時期をねらって転職活動をしましょう。

保育士の転職の流れの注意点3選【失敗しない求人の見つけ方】

保育士の転職の流れの注意点3選【失敗しない求人の見つけ方】保育士の転職の流れや時期はわかりましたが、次に気を付けるべき注意点を書いていきます。

転職で失敗をしないためにも、落ち着いて求人を探して下さいね。

1.人任せにせず本気で転職活動をする【面倒くさがらない】

転職エージェントに登録をすると、そのまま任せっきりになってしまう可能性もあります。

しかし、それは大きな間違いです。

転職活動は大事なあなたにとっての活動です。

そのため、人任せにすること、面倒くさがらないことを基本として、活動をしましょう。

あなたも情報収集などをして、知識を身に着けたうえで転職活動をして下さいね。

2.転職の目的と3年後のキャリアを考える【将来を見据える】

転職の目的や3年後のキャリアも考えましょう。

ついつい、転職となると目の前の不安や不満を解消するためにしがちです。

しかし、それは逃げの転職であって、根本を解消することにはなりません。

転職を考えているのならば、「転職の目的」「3年後にどうなっていたいのか?」の考えが大事です。

転職後のイメージも忘れずに前向きに検討をしましょう。

3.在職中に転職活動を行う【計画的にすすめる】

在職中に転職活動を行いましょう。

中には退職をしてから転職活動をする人もいますが、それは大きな間違いです。

退職をすると焦って転職先を決めてしまったり、足元を見られての採用となってしまいます。

結果的には大失敗なんてことにもなりかねませんので、在職中に転職活動をすることは必須ですね。

保育士の転職は流れは計画がポイント【好待遇な求人をゲットする】

保育士の転職は流れは計画がポイント【好待遇な求人をゲットする】保育士の転職の流れについて書きました。

転職は流れと計画が大事で、成功を勝ち取るためにも仕事をしながらがんばりましょう。

今の保育園での不安や不満、解消をしたい問題が解決できる場へいきたいものです。

そのためにも、転職の流れを理解して、エージェントをうまく活用して好待遇な求人をゲットしてくださいね。

転職で絶対にしてはいけないことは「焦って決める」ことです。

転職をしたいと思っても、落ち着いて計画を立てて、転職に臨んでください。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士派遣会社ランキングの口コミ評判とは?給料と求人依頼の方法を解説

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
保育士ライフ運営責任者です。

【経歴】

・認可保育園で現場の経験あり。

その後は教育関係の会社に転職し管理職を歴任。

今は普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。。

今は営業のサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る