【保育士向け】転職がうまくいかない決まらない時の原因と対処法6選

保育士の転職でうまくいかない、決まらないということがあります。

そこには原因と理由があるので、対策をしなければなりません。

保育士の求人はたくさん出ていますが、それでも結果的にはうまくいかないなんてこともあります。

この記事では保育士の転職がうまくいかない、決まらない時について書いています。

記事を読み終えることで原因と対処法がわかりますので、うまくいかない時は参考にしてください。



【保育士向け】転職がうまくいかない決まらない時の原因と対処法6選

保育士の転職活動は比較的うまくいきやすいです。

理由は簡単で、首都圏では保育士不足が起こっており、スキル以前に保育士資格を持っていれば採用になるためです。

保育士の有効求人倍率はかなり高いです。

首都圏になると、

・東京都:6.44倍

・千葉県:2.51倍

・神奈川県:3.57倍

・京都府:3.24倍

・大阪府:4.49倍

これだけ求人数があるのに決まっていないということは、やり方を変える必要がありますね。

保育士の転職がうまくいかない理由は自分にあり【半年は焦る】

おそらく、転職活動がうまくいかない、決まらないというときはあなたに原因があります。

厳しい言い方かもしれませんが、延べ100名以上を面接してきた経験から、採用をされる人。

採用試験に落ちる人がいるのが事実です。

そして、落ちる人はマッチしない、採用されない原因があるので、改善をしてのぞみましょう。

保育士の転職がうまくいかない決まらない原因6選【準備不足?】

保育士の転職がうまくいかない、決まらない原因は色々とあります。

その中でも気を付けるべきポイントが6つありますので、一度見直してみましょう。

1.保育士から別の違う仕事へ転職【スキル不足】

保育士から違う仕事へ行こうとしていませんか?

もちろん、保育士から異業種へいくことは間違ってはいません。

スキルがついたり、給料が上がったりしますので、メリットがたくさんあります。

しかし、別の仕事へ転職するということはスキルが求められます

保育士としてのスキルは何の役にも立ちませんので、もしかするとスキル不足かも。

それならば、保育士のスキルを活かせる職場へ行く方がよいかもしれませんね。

→ 保育士から違う仕事へ転職する方法!一般企業や異業種へ行ける?

2.転職の時期が悪い【保育園・一般企業】

次に転職の時期が悪いというものです。

保育園だと、4月、8月、12月は転職時期としては最悪です。

そして、一般企業でも不向きな時期があり、そもそも求人数が少ない可能性があります。

求人数は少ない、でもそこへ転職をする人が殺到をしており、仕事の取り合いになっている可能性があります。

転職の時期には向き不向きがありますので、きちんと状況を把握しましょう。

保育士は4月採用が11月から3月上旬にかけて活発化します。(12月を除く)

3.準備と対策が不十分【保育士としてのスキルを活かす】

採用試験を受けるための、書類の準備、面接への対策が足りないのかもしれません。

書類に不備があったり、使いまわしになっていませんか?

その保育園や企業のことを調べまくって面接へ望んでいますか?

準備をしっかりとして、対策をしなければ保育士としても採用をされません。

もちろん、企業の場合はもっと厳しくなりますので、決まらないという場合には準備と対策を見直してみましょう。

→ 保育士の履歴書の書き方の基礎!志望動機と職務経歴書が採用に重要

→ 保育士面接の質問内容とは?対策と不採用にならない服装を園長が解説

4.勤務条件の敷居が高い【保育士の転職レベルでない】

あなたの求める勤務条件があまりにも高いのかもしれません。

特に保育士の場合だと地域差があったとしても、周辺でそこまで差がつくことはありません。

そこであなたが求める求人の条件を見直してみましょう。

もしかすると、周りとあまりにもかけ離れているような求人を求めているのかもしれません。

求人に対してスキル不足も考えられます。

5.焦って就職活動をしている【時期と準備が大事】

焦って就職活動をしていませんか?

もしかすると、思い立って転職活動をしている、準備もせずにいきなり応募をしているかもしれません。

もちろん、それでも決まることもありますが、少数派でスキルがある人だけです。

焦って就職活動をしてもメリットはありません。

落ち着いて期間をかけて、転職活動をしましょう

6.自分で求人を探して応募している【ハローワーク・求人サイト】

自分で探す求人では、あなたの希望を求めがちです。

つまり、求人に対して、あなたとマッチしていない可能性もあります。

自分で探しても希望の求人は見つかりにくく、マッチをしていないため不採用になることもあります。

エージェントと使うなど、紹介型の人からマッチをしそうな職場を紹介してもらいましょう。

保育士の転職がうまくいかない決まらない時の対処法6選

次に保育士の転職がうまくいかない、決まらない時の対処法を書いていきます。

上記で原因がわかれば、次は対策をしていくだけです。

しっかりと前向きにチャレンジしていきましょう。

1.転職活動に余裕を持つこと【保育士の目安は2か月】

転職活動は焦らないことです。

転職を目指して、その2か月前から準備をして臨みましょう。

書類、面接対策、自分が転職をする目的など余裕をもって見直すことが大事です。

それができれば、落ち着いて転職活動へ取り組めますので、最低でも2か月が余裕をもって転職活動へ望みましょう。

2.保育士の転職時期を見極める【途中退職は少ない】

転職時期を見極めましょう

保育士や企業のしても、4月採用が圧倒的に多いです。

そのため、11月くらいから徐々に求人がではじめますが、3月の中旬には落ちてしまいます

求人のピークの時期があるので、そこを目指して転職活動をしましょう。

3.転職サイトを利用する【保育士エージェントの求人を利用する】

保育士の転職紹介エージェントを使いましょう。

自分で探しても、あなたにマッチをする職場、求める職場を見つけることは難しいです。

理由は簡単で、求人情報だけでは、内部の情報はわからないためです。

しかし、紹介型の求人へ申し込みをすれば、あなたにマッチする、希望のあった求人が見つかる可能性が高いです。

もちろん、転職に関しての相談ものってくれますし利用が無料。

メリットしかありませんので、転職するなら活用すべきですね。

→ 【保育士向け】転職エージェントのおすすめ活用方法!口コミと評判

4.面接や書類は万全に準備をする【採用試験を受ける保育園の調査】

面接対策、書類の準備を万全にしましょう。

保育園にとっても、採用をするとなったら、マッチをする人、熱意のある人を求めています。

そのため、面接や書類がしっかりとできている人は好印象となります。

書類は転職先のことを徹底して調べられている、面接対策もしっかりとされているならば採用に近づきます。

エージェントに登録をしていれば、そのような情報も教えてもらえますので、対策もしやすいですね。

→ 保育士の志望動機の書き方例文!新卒や経験者 転職の履歴書の参考に

5.転職する理由や目的を明確化する【保育士キャリアの棚卸】

あなたが転職をする理由や目的を明確化しましょう。

「なぜ、転職をするのか?」

「将来どうなりたいのか?」

「3年後の自分は?」

「今あなたが持っているスキルは?」

こんな風にあなたの持っているスキルや転職をする理由を見直してみましょう。

6.経験不足は1年我慢する【保育士転職はスキルが重要】

転職がうまくいかない、決まらない理由は経験不足かもしれません。

経験が不足をすると、採用に近づくことは難しいです。

保育士の転職の場合は最低でも3年くらいはなければ厳しいです。

新卒で1年経過していない、経験が浅い人は少し我慢をして経験を積みましょう。

スキルがつけば、自然と保育士として採用をされやすくなります。

辞めてよかったと思える転職を【30代はポイント】

保育士として転職に失敗をしたくないですよね?

その時にやめてよかったと思える転職にしましょう。

あとから「失敗した」「条件が違うかった」ということにならないためにも大事なことです。

特に30代になると、いろいろな保育園でもほしい年代となります。

そのタイミングをしっかりと見据えて転職しましょう。

無職になると鬱病に?追い込まれる前に決める【退職は申し出ない】

あと、転職活動は必ず在職中におこないましょう。

退職をすると、転職活動でも足元をみられ条件が悪くなります。

また、無職の状態で転職がうまくいかない、決まらないとなると鬱病に近い状態になることもあります。

精神的に追い込まれてしまいますので、退職は申し出ず、決まってから伝えましょう。

保育士の転職がうまくいかない時は見直しを【落ち着いて確認が必須】

保育士の転職活動がうまくいかない、きまらない時は何らかの原因があります。

それを対処すれば、きちんと決まります。

特に決まらない人に多いのは「準備と対策の不足」です。

保育士の有効求人倍率が高いといっても、簡単にきまるものではありません。

そのため、落ち着いてある程度の期間をかけて転職活動をしましょう。

特に一般企業へ行く場合はより、時間がかかりますので注意が必要です。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクの口コミ評判!特徴8選と登録の方法 退会はしつこい?

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

takaです。

園長経験もある異色の元保育士。

子供はもちろんめっちゃ好き!!

今は副業サラリーマンとして、子供関係の仕事とWEB関係の仕事をしています。

保育経験と子育て経験を活かし、皆様のお悩みを解決できる記事を書いていきます♪

気になることや、書いてほしい記事があればお気軽にこちらへ連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtakaです。

【経歴】

・認可保育園で現場の8年、分園の責任者2年

・認可外保育園の立ち上げ2園

・インターナショナルスクールの園長経験あり

・幼児教室の教室長経験あり

現場の保育士から、管理職になり営業や運営、マネジメントに従事した異色の経歴があります。

【簡単な紹介】

現在38歳で奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!

趣味はキャンプと筋トレ、ランニングです。

今は副業サラリーマンをしており本業は子供関係の仕事。

副業はWEB関係でコンサルや個別相談、WEBマーケ。

それと保育コンサル、育児相談の2つの仕事をしています。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る