株式会社の保育園と社会福祉法人の違い!認可で保育士が働くなら社福

株式会社と社会福祉法人の保育園

株式会社と、社会福祉法人の保育園

転職や就職をするときに、どちらの保育園へ入職するか迷いますよね。

実は私も迷った経験があり「認可保育園ならば同じ」と思っていたのですが、それは大きな間違いなのです。

この記事では株式会社と社会福祉法人の保育園の特徴や違い、メリットデメリットについて書いていきましょう。



株式会社の保育園より社会福祉法人にすべき【保育士の転職に注意】

保育園の送迎どちらへ転職や就職をしようか迷う保育士さんもいますが、「社会福祉法人にすべき」と言うのが結論です。

認可保育園の多くは社会福祉法人でした。

その理由は「保育園は福祉施設であり、営利施設ではない」という考えがあったためです。

しかし、20年ほど前からは社会福祉法人に限らず、株式会社も参入ができるようになったのです。

このように、実際に運営をしていくとなると簡単ではありません。

株式会社は、かなり難しい運営をさせられることになるのです。

社会福祉法人の認可保育園の方が待遇良し【退職金・賞与・給料】

私も転職を機にいろいろと転職先を探してみました。

もちろん、転職サイトからは株式会社をたくさん紹介されましたし、社会福祉法人も紹介をされました。

その待遇などを比較してみると、圧倒的な差がある印象ですね。

例えば、退職金はなし、賞与は2か月分、基本給は低く手当で調整など株式会社の条件は社会福祉法人よりも悪い印象です。

長く続けるならば、社会福祉法人の方が安定性は高いですね。

株式会社と社会福祉法人の認可保育園の違いと特徴【補助金が違う?】

お絵描きをする子供の手給料や賞与、待遇に大きな違いが出すのが補助金や税率に違いがあるためです。

株式会社と社会福祉法人は、どちらも認可保育園なので補助金は同じですが、母体が違うため差があるのです。

社会福祉法人株式会社
法人税原則非課税

(所得内容によっては22%程度必要な場合あり】

所得の30%課税
道府県民税(原則非課税課税対象
市町村税原則非課税課税対象
固定資産税社会福祉事業用の固定資産は非課税課税対象
事業税原則的に非課税課税対象
施設整備費の補助金あり原則なし
運営に関する補助金ありあり
自治体による追加の補助金ありなし
開園時の低利融資(独)医療福祉機構より低利の融資ありなし

母体によって補助金のあり、なし。

また、課税となる対象が全くことなりますが、支給をされている補助金は全く同じなので運営に差が出るのは当然です。

参入が増えている株式会社?その目的とは?【多様な母体】

参入が増えている株式会社です。

その目的は母体となる会社の収益の一部にするためです。

つまり、あくまでも営利目的で運営をされていますので、すべての補助金が保育園に使われているかというと疑問があります。

賞与も業績に左右されるところが多いため、補助金の行き先が不透明ですね。

株式会社はあくまでも「営利目的」で売り上げを上げるためにやっています。

設立が難しい社会福祉法人は認可保育園の定番【運営の安定性】

それにたいして、社会福祉法人は税制的にも恵まれています。

補助金が入ってきても「子供のために」「施設のために」お金を使うことができますので、保育環境の良いです。

それは職員へ向けても同じで、補助金も安定をしているため、子供達にとって良い保育が提供できるのです。

営利目的ではなく、社会貢献が社会福祉法人のメリットなのです。

株式会社の認可保育園で働くメリットデメリット【ランキングも紹介】

株式会社の業績次に株式会社で働くメリットデメリットについて書いていきます。

保育に関する会社は年々増加傾向にあり、大手から中規模までたくさんあります。

ランキングを見てみると

1.日本保育サービス(JPホールディングス:アスク保育園)

2.こどものもり

3.ライクアカデミー(サクセスホールディングス)

4.ポピンズ

5.ピジョンハーツ

そのほかにもキッズコーポレーションは病児保育で有名。

その他には教育関係の会社が運営している保育会社「HOPPA」「ココファンナーサリー」。

引っ越し会社のアートチャイルドケアなどたくさんの異業種の株式会社から参入しています。

→ 保育サービス企業ランキング!業界の市場規模はどれくらいあるの?

株式会社の認可保育園のメリット【多店舗に広がる】

そんな株式会社の保育園で働くメリットは以下の点です。

・理念や方針がしっかりとしている

・母体は大きな会社であることが多く安定性はある

・職員の教育は徹底されている

・勤務の状況や有休など、会社として管理をしているところも多い

・多店舗展開をするため、収益が伸びれば還元される

・希望の地域に保育園ができれば移動もかなえることができる(全国で異動が可能】

保育園以外にも学童保育や英会話教室なども運営するケースがあるため、いろんな仕事に付ける可能性が高いです。

株式会社の認可保育園で働くデメリット【利益最重視】

次にデメリットを書いていきましょう。

・会社の利益が最優先であり、目的が営利であるため現場にそれを求めることがある

・補助金の行き先は本部であり、保育園ではない

・会社にお金をかけるため子供や保育園は二の次になる

・幼保連に入れない

・市区町村の園長会にも株式会社というだけで呼ばれない

・人件費を一番にカットする

・会社の経営状態によっては閉園の可能性もある

・仕事にもしても効率化、無駄の削減を求められ子供を最優先にできない

株式の目的は「営利」

そのためのコストカットが職員や子供たちに向かうことが多く、最優先が子供ではない点は残念です。

また、会社の経営状態に左右をされるため、最悪倒産すれば閉園になる可能性もあるのです。

株式会社の保育園は評判が分かれる【ブラックな園もある】

株式会社の保育園は評判がはっきり分かれます。

サービス業としての考えが強いため、劣悪な環境で退職者が多い園もたくさんありますね。

ブラックな園もたくさんありますので、就職する場合にはよく調べてから入園しましょう。

→ ブラック保育園のリアルとは?10の特徴と見分け方を保育士が解説

社会福祉法人の認可保育園で転職するメリットデメリット

送迎するママと預かる保育士次に社会福祉法人の認可保育園は定番の母体ですね。

私も保育士としての経験はすべて、社会福祉法人です。

社会福祉法人の認可保育園のメリット【安定と退職後のメリット】

・保育に集中できる環境があり、子供を最優先に考えられる

・経営の歴史が長く安定性は抜群で、倒産するということはない

・施設を複数持っている園は待遇や福利厚生がしっかりとしている

・法人ごとに方針があり、それに合う保育をすることができる

・賞与、退職金も安定をしている保育園が多い

・幼保連や園長会にも参加できるため、情報が常に最新である

・転職、再就職でも社福の経験があれば認められやすい

保育の質と言う点でも、社会福祉法人の方がより丁寧です。

それは、株式会社のように「営利」と言われるのではなく、「子供」を中心に考えられるためですね。

社会福祉法人の認可保育園のデメリット【待遇は変わらない】

ただし、デメリットもあります。

・昇給は少ない

・賞与も爆発的に増えることはない

・家族経営だと親族の権力が強く人間関係に疲れてしまう

・営利目的ではないため、備品や遊具にお金をかけられないこともある

安定性の違いがありますし、私はどちらも経験しましたが社会福祉法人は退職金がしっかりとあります。

それに対して、株式会社は退職金がほとんどありませんので、退職後の差もありますね。

保育士が転職するなら株式会社と社会福祉法人はどっちが良い?

悩むスーツの女性保育士が転職をするならば、どちらへ行くべきか?

これは間違いなく社会福祉法人です。

経験を積むこと、待遇のことを考えても社会福祉法人の方がまちがいなく良いです。

最近は株式が増えており、転職サイトにもたくさんあります。

しかし、保育は営利ではないと考える保育士さんが多いため、行きたがらない傾向にあります。

保育士求人のおすすめは社会福祉法人【安定性と福利厚生の充実】

福利厚生、給与の安定性は間違いなく社会福祉法人です。

そもそも株式会社と社会福祉法人で使えるお金には差がありますし、子供へ向けて使うか、営利にためにするのかによっても差があります。

より向上をしていきたいなら株式会社【多店舗展開】

ただし、将来的に主任や園長、管理する側になりたいならば株式会社がおすすめです。

株式会社は1園の運営では大した利益がありません。

そのため、多店舗を基本として保育を運営します。

つまり、どんどん広げていく可能性がたかいため、上にあがっていきたいという人にとっては最適なのです。

ただし、そこまでにキャリアを積んで、スキルをつける必要がありますがね。

株式会社の保育園と社会福祉法人の違い【転職するなら社福へ】

ハイハイをする赤ちゃん私もどちらへ転職をするかすごく迷った時期がありました。

その時に保育士転職エージェントのコンサルタントに聞いてみると、内部の情報まで教えてもらえました。

将来的なスキル、経験については保育業界では社福の方が良いとされています。

待遇などについても同じ。

何よりも子供に向き合う仕事なので、営利目的はなく、子供に向き合える社会福祉法人がおすすめです。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクの口コミ評判!特徴8選と登録の方法 退会はしつこい?

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtaka

【経歴】

・現場の保育士から保育園の園長になった経験

・子供の教育関係の経験あり。幼稚園、小学校受験に関しては知識あります。

今は元保育士として普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はキャンプと筋トレ、フットサル。

今はサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る