仕事に行きたくない辞めたい理由と対処法 つらいときは無理するな!

仕事に行きたくない

仕事にいきたくない

そんな風に思う人も多いことでしょう。

私もサラリーマンとしているとそんな風に仕事に行きたくないなんて思うことも多いのは正直なところなのですし、ずる休みをしたいというのが正直な気持ちなのですが、そんな風に思っていても仕事にはいかなければならないので結局行くのですが・・・。

それが単純にしんどい、辞めたいと思っているだけならばよいのですがそうでない場合には大変なことになる場合もありますので今回は仕事に行きたくない理由や辞めたいときの対処法。

また、それでも辛いならば無理をせずに対応をしていこうという話になります。

月曜日に仕事にいきたくない人はサザエさん症候群かも??

ストレスが一番の原因

仕事に行きたくない、辞めたいと思う理由は人それぞれなのですが、中でも一番多い理由はストレスとなっています。

ストレスを感じることにより仕事に行くことはイヤになり義務感しかなくなるためどんどん悪循環となっていってしまうというのが大きな理由となっていますね。

ストレスの理由はいろいろと個人的にあると思いますが、大きく分類をした場合には「お金」「時間」「人間関係」という3つにまとめられますので紹介をしていきましょう。

お金が原因

仕事を何のためにしているのか?

たぶん多くの方は生活をしていくためにお金を稼ぐことが目的になっているのではないでしょうか?

仕事をするということは自分の時間を対価にして働くということが基本となっており、勤務時間内に仕事をすることで基本給と呼ばれるお金の支給があるということになります。

しかし、仕事をしていると感じることは今の自分の仕事の内容に対して支払われているお金ですね。

最初は満足をしていても、昇給があまり見込めないし年収が上がらないしボーナスも少ないという理由からお金に不満を持つようになってきますし、それで悩むなら行きたくないを通り過ぎて辞めてしまって転職をしたいと考える方も多いのではないでしょうか?

仕事=お金なのでそれに対して自分の理想と現実に挟まれることにより不満や不安を感じる方も多いです。

時間が原因

例えば、残業が多く家に帰っても寝ているだけ。

サービス残業があたり前の会社となっており、毎日遅くまで残らなければならないなど仕事をしてく中でお金と時間という点は重要な項目となっています。

そんな風な残業が当たり前の会社となると、毎日仕事へ行っても定時に帰れることもないため仕事に行くたくなりますね。

最近はワークアンドバランスという言葉が言われているのですがなかなかそんな風に言っていない会社や業界もたくさんありますのでなんとか抜け出せるようにしたいと思っている方も多く、毎日仕事に行きたくない、辞めたいと思う人も多いです。

人間関係が仕事に行きたくない理由1位

お金も時間もとても重要なのですが、その中でも最も仕事に行きたくないと思う理由は「人間関係」です。

仕事をしてく中でいろいろな人とコミュニケーションと図らなければならないですし、問題なく円滑に仕事を進めていくことも求められる場合があります。

しかし、そんな簡単にはいかないこともあり結局ストレスとなって仕事に行きたくないという状態から、場合によっては仕事に行けなくなるという状態になってしまう場合もありますので注意をしたいものです。

では、どんな人間関係の悩みがあるのかを具体的に書いていきましょう。

上司との人間関係が辛い

まず、会社という組織にいる場合に必ず必要な人間関係が上司になるのですが、これがなかなか厄介なポイントとなっています。

仕事のできる上司で的確に指示を出してくれたり、いろいろな相談の乗ってくれる頼りがいのある上司ならば人間関係で悩むこともないと思いますが、人間関係で問題のある上司はだいたい仕事もできない人です。

例えば、「数字を取ってこい」と指示だけは出すが具体的にどんな風にしていけばよいのかという指示を出せない上司です。

これは自分も過去に実績を残したことがないため、具体的にどんな行動ととれば数字をあげられるのかわからないために根性論で部下に無理矢理させようとする傾向にあります。

そんな上司に限って説教も多く、数字が残せていない部下には容赦なく叱責をしたりすることも多くモチベーションも上がらないため仕事を辞めたいと思う人や行きたくいと関ること多いですね。

上司の役割はパワハラではない

上司の役割というのは本来部下のやる気を引き上げたり、責任はすべて自分がとるので好きなようにしろと指示を出してくれるのが上司といえます。

しかし、そんな風な当たり前のことも知らない人が年功序列で上司になっているためにこんな風に部下は辛い思いをしなければなりませんね。

仕事ができない人の特徴としては、「実績がない」「知ったかぶりをする」「偉そうに命令だけはする」「この職場で骨をうずめる覚悟がある」というように会社からしても厄介な存在かもしれませんね。

他にも会社であるのはパワハラセクハラブラックな環境などいろいろとあり働いている人がまっとうに頑張ろうと思えるような環境にないため人間関係に疲れてしまって仕事に行きたくないと思ってしまうケースが多いようです。

精神的にしんどいならば気をつけよう

まだ仕事に行きたくない、辞めたい、面倒くさい程度に思っているだけならばよいのですが中には精神的にしんどくなることもあります。

いつも意見が合わず無理に自分が合わすことになりストレスを感じる、いつも計画性のない仕事を振ってきて成績が思うように残らないため怒られる、小さなミスを感情のままに怒られるなどいろいろあると思います。

そんな時に気を付けたいポイントとしては、精神的な病にだけはならないようにしてほしいと思います。

うつ病になりやすい人の特徴

うつ病などの精神病になりやすい人は「人一倍頑張り屋」「責任感がある人」「完璧主義者」など本来は仕事の環境が悪いために起こっているようなことが、大きな問題となってその人へ降りかかるような可能性があるということです。

精神的に追い込まれると仕事へ行きたくないという気持ちがどんどん精神的に追い込んでいき、睡眠障害やめまいなど真面目に仕事していた人が真面目に仕事ができなくなってしまい最終的には生活すらしていくことができない可能性もあります。

もし、精神的におかしい、会社へ行くのも無理、人と話すのが億劫ならば無理をせずに仕事を休んですぐに病院行きましょう。

本当にしんどい時に頑張っても成果は残せませんし、あなたもきっと後遺症など何らかも問題を持つ可能性もあります。

そうならないためにも精神的に本当にしんどいと思ったらすぐに休んで病院へいくようにしましょう。

一日くらい休んでも職場には何の問題もありません。

仕事へ行きたくない時の対処法

仕事に行きたくないならば休んでしまえばよいと思います。

日本人はすごく真面目な習慣のある人種で「私が休むと迷惑がかかる」「今日はどうしても○○をしなければならない」なんて思うこともあると思いますが、あなたが1日くらい休んでも何の問題もなく会社は回っていきますので心配は一切いりません。

もちろんいつもそんなことをしていると仕事もなくなってしまうと思いますので問題ですが、たまは仕事に行きたくないと思ったならば思いきって休んでみても良いと思いますね。

他の方法としては、仕事をしていく中でストレスを感じることは当たり前なので仕事は仕事を割り切って他のところでストレスを発散するようにすることで仕事に行きたくない、辞めたいという気持ちを遊びが楽しい。週末が楽しみという楽しさでバランスを取っていきましょう。

そこで、仕事以外の部分でストレスを発散する方法を紹介したいと思います。

やりたいことや趣味を作る

仕事はお金を稼ぐためにある程度我慢の気持ちをもって取り組みましょう。

しかし、仕事が終われば自分の時間なので思い切ってやりたいことや趣味の時間に使ってみてはいかがでしょうか?

アフター5や週末にスポーツをして汗を流しても良いですし、キャンプへ出かけて山の空気を思い切り吸っても良いでしょう。

仕事は仕事、趣味は趣味というようにオンとオフを切り替えることで仕事に行きたくない気持ちを少しでも和らげることができると思いますので普段から仕事以外の部分では楽しみを作りましょう。

恋人を作る

好きな人ができると行きたくない仕事だったとしてもパートナーのために頑張ろうという気持ちも出てくるものです。

そのためにも好きな人を作りましょう

例えば、仕事が終わってからデートの約束をしたり、週末に出かける約束をするとプライベートが充実をしますので仕事にも身が入りますね。

十分な睡眠を取る

イヤなことは全部忘れて、寝ましょう

ストレスが溜まっているとイライラとしますし、些細なことでもきになってしまいます。

実はストレスが溜まっているときに大事なことは睡眠時間と増やすという方法が効果があると言われています。

社会人の多くは毎日残業をしたり、遅くまで付き合いで飲んでいたりととにかく忙しくしている人も多いと思います。

仕事に行きたくない、しんどいと思っているならば思いきって早めにかえって何も考えずに寝てみましょう。

たっぷりと寝ることにより驚くほど気持ちもリフレッシュすることができますのでおすすめの方法といえます。

好きなものを食べる

食べると人間力も湧いてきますし、やる気も起こってきます。

そのためにも疲れているな、ストレスが溜まっているなと感じたらおいしいものや好きなものを食べるようにしてみてはいかがでしょうか?

食べ放題へいって好き放題食べるという方法はおすすめですが、いつもストレスの発散を言い訳に食べすぎると栄養過多になり病気になる可能性も増えますのでそこは注意をして下さいね。

買い物でストレス発散

仕事に行きたくない、人間関係でストレスがすごいという場合にはほしいものを思いきって購入をしてストレスを発散してみましょう。

ほしかった靴や鞄、服などほしい気持ちが満たされますのでストレスも発散できるのですがお金の問題も出てくる可能性がありますのであなたの懐事情を相談をして買い物はしてくださいね。

仕事を辞めたいときは?

行きたくないならばここまで書いてきたようにストレスを発散させたり、気持ち的にリフレッシュをすることでなんとか頑張れることもあると思いますが、

・人間関係でしんどい

・今の会社はブラックなので辞めたい

・年収もお給料もいつまでも変わらないのでイヤになった

など理由はいろいろとあると思います。

もちろん仕事を辞めたいと思っているならばやめても良いと思いますが、注意をしなければならないのは逃げの退職になっていないかという点です。

逃げの転職とは今の環境がイヤ。

つまり、ほかの会社へ行けば解消をされると思っているような転職の方法です。

例えば、人間関係に疲れた、お金が上がらない、今の仕事の内容がイヤというようにどこの会社でも起こりそうな理由で退職をしていないかということです。

たぶん、こんな風な理由で退職をするとなると次の職場へ行っても同じような理由で仕事から逃げることになると思います。

そんな風にならないために仕事を辞めたいと思ったならば「本気で辞めたいのか?」「次は何をしたいのか?」「今の現状を変えるには?」と自問自答をしてそれでも辞めたいという気持ちが変わらないならば退職をして転職活動をしてくださいね。

仕事に行きたくない時のまとめ

仕事の行きたくない、辞めたい、辛いなんて思うことは誰にでもありますし、世の中の多くの人が感じていることです。

ストレス社会を生き抜いていくためにはある程度は我慢をしなければなりませんし、そこでうまバランスを取っていく力も重要となりますのでうまくストレスを発散させたり、仕事の後に楽しみをつくってプライベートを充実させていきましょう。

しかし、それでもどうにもならない、精神的に辛い状態になっているという場合には危険ですので休息をしっかりととったり病院へ行って対応をしてもらうようにするなどほかの方法での対応も重要となってきますね。

仕事に行きたくないと思ったら、一度深呼吸をして気持ちを落ち着かせてみましょう。

それでも行きたくないと思ったら思い切っていかないという選択肢も大事なポイントになると思いますよ。

会社にいきたくないのでズル休みをしてみた

私も社会人になってかここれ15年ほどになりますが、本当に体も疲れており、気持ちもしんどい時に「ずる休み」をしたことがあります。

会社には「体調不良で・・・」と伝えたのですが。

そんな風にずる休みをした日にはなんか気持ちも晴れやかになりますし、次の日から頑張れそうな気持ちにもなりました。

日本人はとても真面目で勤勉な人種です。

その勤勉さが時にはあだとなることもありますので、本気で「行きたくない」ならば思い切って休んでしまいましょう。

1日くらい休んでも誰も文句は言いませんし、あなたが一日くらい休んでも会社はうまく回っていきますのであまり気にしないでおきましょう。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 5月 21日

運営者情報

「保育ライフ」へお越しいただきありがとうございます。

私、運営者のtakaと申します。

元現場の男性保育士で認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げ、集客などもしてきた異色の保育士です。

現在36歳、娘も2人います。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいと思いこのサイトを始めました。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る