ハローワーク求人検索の失敗する理由と体験談 保育士が転職に成功するコツ

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

求人検索といえばハローワーク

ハローワークといえば、仕事を探している求職者がまずはじめに検索をする場所です。

駅前に多く隣接をしており、ハローワークへ行くと求人検索ができますし保管も職業訓練や失業保険などの手続きもできる便利な場所です。

昔の人は「職安」(職業案内所)なんて呼んだりもしている場所なのですが、実は私はこのハローワークを利用して大失敗をしてしまった経験をもっています。

そんな体験談と、保育士が転職に成功をするためのコツについてまとめていきたいと思います。

ハローワークとは?

ハローワークについてまずは書いていきたいと思います。

ハローワークとは、

ハローワークとは、正式には公共職業安定所と呼ばれ、主に職業紹介事業を行っています。国によって運営される点で民間の職業紹介事業者とは区別されます。

人材を探している企業に対して、仕事を探している求職者を紹介することが主な業務であり、就職困難者を支援するセーフティネットとしての役割を担っています。民間が運営する一般的な転職エージェントと同じく、求職者の利用は無料であり、加えて人材を求める企業側の利用も無料という特徴があります。

(引用:マイナビジョブ「ハローワークとは?」)

ハローワークが存在をしている理由は仕事を探している求職者と仕事を探している企業が雇用関係を成立させるために斡旋をおこなうことです。

ハローワークの主なサービス

そんなハローワークは求職者と企業の雇用関係を作るための施設となっていますが、ほかにもいろいろなサービスも実施をしている組織です。

・求人の紹介

・相談窓口における相談

・自己分析サポート

・職業訓練に関する相談

・履歴書の書き方サポート

・面接対策

・紹介状の発行 

このようにハローワークではいろいろな求人検索が可能となっており、取り扱っている求人はインターネットでも検索ができますので全国に設置をされている拠点へ行かずに求人検索が可能です。

最近は求人を出している企業はハローワークで他の転職サイトへの転載をしてもよいか?という質問をされることが多く、それにより民間の求人サイトへも出すことがあります。

こにょうな職業を安定させるための方法の他にも、

・雇用保険の資格の変更等に関する手続き

・失業等給付の受給手続き

・事業主を対象とした各種助成金の支給に関する手続き

こんな風にいろいろな手続きなどが可能なのがハローワークの特徴といえます。

もちろんいろいろな企業側としては「無料」で出せる全国でも最大級の求人サイトなので便利なのですが、その反面注意をしなければならない点もありますので私が実際に失敗をした転職の体験談について書いていきましょう。

ハローワークの求人転職の失敗談

実は私はハローワークを通して計画的に保育士転職をした経験があるのですが、大きな失敗をした経験があります。

結果的にはすぐに退職をせざる負えなくなったという結果になりましたので、その体験談を書いていきましょう。

まず私が転職をしたい時期は4月と決めており、そのために転職活動を10月におこないました。

これは「保育士の転職時期はいつがいい?求人で失敗をしない方法」にも書いている通りの時期となっており、計画的に進めました。

その時の私は額面で月収21万円となっており娘もすでに2人いたのですが通勤距離が遠いことから、近場の保育園、同じ水準の給与ということで探しました。

その時に私は保育士の転職エージェントなどという便利なサービスは知らなかったので、ハローワークのみで転職先を探して見つけた求人に応募。

もちろん面接で給与面はお伝えしたのですが「今よりもだします」という約束をもらったので転職をきめたのですがそのあとは地獄でした。

求人票に注意!書き方に気を付けよう

転職先として決まった先として給与はハローワークの求人票に月収18~24万円(経験者優遇)、通勤距離40分、賞与4.0ヶ月、休暇は年間110日と保育士としては高待遇な求人です。

そのため、私以外にも多くの求人応募があり、同時にたくさんの経験者が採用をされていました。

その後入職者の説明会があり担任まで決まったのは良かったのですが、ここでハローワークの求人に書いてあることと違いが徐々にできたのです。

・4月入職なのに3月末日の時点で雇用契約書がない。

・4月に入っても給与面での提示がなくサインだけさせられる。

・3月の研修の時点で土曜日は月に1日だけ休みといわれる。

このようなハローワークに出ている求人と明らかに違う待遇になっているのです。

しかし、まだ給与面での提示がないため求人票に書かれているように18~24万円で面接時に「今の給与以上だすから」という約束をがあったので今までよりも良い給与がもらえるならば仕方がないとおもっていました。

そんな私の期待はもろくも崩れ、提示をされた給与は18万円(額面)で手取りはたったの13万円(保育経験8年目)。

私も納得ができないので、園長と話をしたのですが「今よりも良い給与を出すなんて言った覚えはない」「給与面であなたのサインがある」という言い分があり結果的には罰則として反省文を書けといわれました。

最悪な求人検索ハローワーク

ご覧の通り求人票に書いてあることはウソで、書いてあることと実際に労働環境は全く異なる結果となりました。

そして、給与面に関しては見せられた書類はサインだけさせられた書類にあとから給与を書き足したものであったので明らかに違法。

休日に関しても土曜日が月に1日しかなければ年間は100日にも満たない休みとなります。

結果的には求人票に書いているような条件と明らかに違う求人となっており、結果的にはわたしはケンカをする形で退職。

ハローワークに書かれている求人情報とは明らかに違う雇用形態で、書類に名前だけ書かせてあとから給与面などを記載するあきらない雇用に関しての提示などが逸脱されている保育園でした。

結局あまりにもひどい雇用となったことからハローワークへ相談へいき、厳重注意となっていましたが同じように経験者の保育士や調理師の先生も含めて私と一緒に6人が新規採用が辞めるという結果になっています。

劣悪なく求人も多いハローワーク

ハローワークのメリットは豊富な求人なのですが、私が経験をしたような劣悪な求人も非常に多く私がたった1ヶ月だけ入職をした保育園のような求人もとても多いです。

その理由としては、ウソの求人が出ていても掲載ができなくなるだけで特に問題はないこと。

掲載は無料のためいくらでも名前を換えて求人が出せてしまうという点です。

企業側としては劣悪な環境とわかっていても求人が見つかれば良いと思っていますし、ウソではないぎりぎりのラインで安く雇えればラッキーなのです。

もちろん中には良い求人もありますが、ハローワークを利用する人の層も良くないのは正直なところ。

そんな経験をした私も今では企業側としてハローワークに求人を出していますが、実はあまり期待をしてはいません。

応募としてくる人の質も低い、レベルも低い、聞いてくる質問のレベルも低いという残念な人も多いのでハローワークはダメだねと会社の幹部会では話をしています。

ハローワークはだれでも気軽に求人検索ができるというメリットはあるのですが、休職者の質という点と無料だから出している企業の質はとても低いです。

そのため、保育士が転職をする際にハローワークで求人を検索することはあまりおすすめしません

ハローワークの求人検索で失敗する理由

実はハローワークの求人検索には失敗をする理由があります。

その注意点を理解しておけば失敗もさけられますので、ハローワークの求人検索で失敗をする理由について書いていきましょう。

自分で検索をしなければならない

まずハローワークの大前提として求人を探すことはすべて自分です。

インターネットでも地域にあるハローワークでも自分が検索をする場合でも自分で条件をみて仕事をしなければならないため応募をするのも自己責任。

そこにハローワークの責任というものはなく、基本的にはすべて自己責任となります。

すると条件面だけに目がいってしまい私のような劣悪な環境には気づけないという結果になります。

誰かが紹介をしてくれるわけでもないためすべて自分で探して、自分で経験をしなければならないという手間も時間もかかりますし求人票に書いてある情報が本当なのかはわかりません。

条件の交渉はできない

もし、面接に行ったとしても「採用をしてもらう」という目的がハローワーク求人からの応募の場合にはありますので自ら給与面や休日などの交渉は一切できません。

そもそも採用をしてもらいたい人、仕事がほしいと思っている人が「条件面での交渉」などできるはずがないため結果的には求人票に書いてある通りに従わなければなりません。

働く環境がわからない

働く環境みるチャンスは面接時などだけです。

それまでに職場を見せてくださいとお願いをして見せてもらうことは可能ですが、時間ももったいないですしそれでもあまりわからないでしょう。

結局自分の目で見たとしても内部の事情や雇用形態、仕事の内容というのはあまりわからない状況になってしまいます。

ハローワークの求人票に関してもどんな職場なのか?どんな仕事内容なのか?などについてはあっさりとしか書かれていないため内部の情報はあまりわかりませんので採用をされてから「違うかった」と言うことは多いです。

紹介する人は保育業界をしらない

ハローワークにはいろいろな業界、いろいろな仕事が山のようにあります。

その地域だけではなくいろいろな求人も多いのは正直なところなのですが、自分で見つけた求人情報を斡旋してくれるハローワークの職員さんは保育業界について知らない人が多いです。

そのため、質問をしても当たり障りのないことしか返事はかえってきませんし、きちんとした情報を仕入れることもむずかしいでしょう。

求人に応募をしてから個人でその求人の情報を収集しなければならないですし、ハローワークの職員は紹介数のノルマもあるため「エントリーしましょう」と多少強引に応募をさせるようなケースもあります。

ハローワークの求人情報には文字しかない

特に問題となっているのはハローワークの求人情報となりますが、文字しかなくお堅い書類というイメージです。

写真もなければ書いてあることも当たり障りのないような情報だけ。

その結果職場のイメージはわかないですし、残業時間を少なく書く、給与は最低しか出さないのに幅を持たせる、休日数が全く違うなんて情報も載せることができてしまいます。

あくまでも自己申告制で多少の虚偽のことを書いていても何も問題にならないため求職者は泣き寝入りをしなければなりません。

情報が少ないため私のように「働いてから違うかった」という理由から保育士の離職は多いといわれています。

失敗しない転職方法

保育士は転職に成功をするためには「ハローワークは使わないこと」です。

これは私も実際に失敗をした体験をしていますし、元同僚の保育士に聞いても同じようなことをいっています。

「ハローワークで良い求人に出会ったことがない」と・・・。

私以外にもハローワークを利用して失敗をしている人もいますので他の方法で転職をすべきです。

保育士転職エージェントを活用しよう

まず間違いなく利用をしてほしいのは保育士転職エージェントです。

こちらは転職をしたいと思った際に登録をすれば希望の条件にあう転職先を紹介してくれる斡旋会社です。

ハローワークと違う点は

「自分で探す手間はなく条件にあう求人を紹介してくれる」

「保育園の内部の情報を仕入れてくれる」

「条件の交渉をしてくれる」

「面接日の日時を設定してくれる」

など仕事をしながら転職活動をすると時間もかかってしまいますし、手間もかかりますが保育士転職エージェントを利用するとすべての手間はなく紹介をしてくれますのでとてもメリットがあります。

もちろん面接へ行って合わないと思えば断っても良くすぐに他の求人を紹介してくれます。

また、条件面で交渉をしてほしいといえば交渉もしてくれますが利用料は無料なのでハローワークと比較をしても圧倒的にメリットが多いです。

実はハローワークで転職に失敗をしてからは私も保育士転職エージェントを利用してものすごく高待遇な転職に成功をしています。

なんといっても保育業界に精通をしていることから相談にものってくれるという点はメリットも大きかったですね。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る