テーマパークで保育士が働く仕事の魅力5選【求人の種類と注意点】

テーマパークで保育士が働く仕事の魅力5選【求人の種類と注意点】

テーマパークで保育士が働く5つの魅力があります。

色々な仕事がある中で、子供と接することができるテーマパークは人気。

働きたいと思っている人もおおいですね。

この記事ではテーマパークで働く魅力や求人を見つけるコツ、注意点を書いていきます。



テーマパークで保育士が働く5つの魅力を解説【働きがいがある?】

テーマパークで保育士が働く5つの魅力を解説【働きがいがある?】

テーマパークで保育士が働く魅力について書いていきます。

働きがいがある、楽しいという声もたくさんありますね。

保育園とは違う仕事の魅力を書いていきましょう。

1.たくさんの子供と関わることができる

2.夢を与えることができる仕事

3.毎日色んな出会いがあり楽しめる

4.テーマパークの楽しい雰囲気をいつも味わえる

5.感謝をされたり頼られたりすることが多い

1.たくさんの子供と関わることができる

たくさんの子供と関わることができます。

テーマパークにはたくさんの人は訪れます。

赤ちゃんから大きな子供まで、たくさんの子供と接することができますね。

2.夢を与えることができる仕事【ディズニー・USJ】

テーマパークの最大の魅力は夢です。

たくさんの夢を与えることができる仕事ですね。

保育園とは違って、楽しい雰囲気でたくさんの人を触れ合える。

そんな魅力がテーマパークにはあります。

3.毎日色んな出会いがあり楽しめる

毎日色んな子供との出会いがあります。

テーマパークで会う子供とは一期一会。

いつも出会いを楽しめるのがテーマパークで保育士が働く最大のメリットかもしれません。

4.テーマパークの楽しい雰囲気をいつも味わえる

テーマパークって足を運ぶだけで、なぜか楽しいですよね?

そんな毎日楽しい雰囲気に、仕事で足を運ぶことができます。

季節によって雰囲気も変わりますので、楽しめるというのはテーマパーク保育士の特権です。

5.感謝をされたり頼られたりすることが多い

テーマパークの保育士は感謝をされます。

そして、頼られたり、人の役に立つ仕事ですね。

夢を与える仕事の一つなので、人から感謝をされるとうれしいものです。

テーマパークで保育士が求人を見つけるコツ【3つの仕事を解説】

テーマパークで保育士が求人を見つけるコツ【3つの種類も解説】

テーマパークで保育士として働きたい。

そう思っている人も多いでしょう。

求人の探し方や、どんな仕事がテーマパークの仕事なのかを紹介していきます。

テーマパークの保育士資格で働ける求人はネットで探そう

テーマパークの仕事はネットで探してみましょう。

検索をしてみると、意外とたくさん出てきます。

保育士資格を持っていることで、働けるものもたくさんありますね。

テーマパークで仕事をしたいならば、ネットでたくさん調べてみましょう。

テーマパーク内の託児所【臨時の場合もある】

テーマパーク内の託児所の仕事が定番です。

テーマパーク内には、託児所的な場所や、子供が遊ぶ施設があったりします。

託児所なので、保育士資格をもっているとかなり有利です。

テーマパークの運営スタッフ【できることをやる】

テーマパーク内では色々なスタッフがいます。

運営スタッフと呼ばれる仕事は、保育士資格を持っていればかなり優遇されます。

子供の扱いが上手と言う点は、保育士資格を持っているメリットでしょう。

迷子センターやベビールーム職員【遊園地に多い】

迷子センターやベビールームの職員になることです。

遊園地に多いもので、保育士資格が役立つでしょう。

保育士を活かして求人を探すなら転職エージェントを活用

保育士資格を活かすならば、転職エージェントに登録をしてみると良いです。

登録をしてテーマパーク保育士の仕事を探してみると、見つかるかもしれませんね。

少数で人気もあるため、早めに申し込みをして探してもらいましょう。

>>【保育士バンク】

求人数業界ナンバー1、コンサルタントが親身、非公開求人多数あり、全国対応。

>>【ジョブメドレー保育士】 

検索型の保育士求人、登録をするだけでスカウトが届く、自分のペースで仕事が探せて応募も可能、転職サイトの運営母体は大手のジョブメドレー

>>【マイナビ保育】

※大手マイナビの保育士専門サイト、コンサルタントの質はナンバー1融通やわがままを聞いてくれる、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に特化している。

テーマパークで保育士が働く時の注意点【施設による違い】

テーマパークで保育士が働く時の注意点【施設による違い】

保育士からテーマパークで働く人になりたいという憧れがあります。

子供と仕事をしてきて、新たな環境へ行くことは悪いことではないですね。

しかし、実は気をつけなければならない点もありますので、気を付けましょう。

非正規やアルバイトでの仕事が多く正社員にはなりずらい

まず、テーマパークで仕事をするとしても正社員はほぼありません

テーマパークは一部の正社員と、たくさんのアルバイトや非正規で成り立っています。

そのため、採用をされたとしてもアルバイトや非正規になる可能性が高いです。

つまり、収入面やお金の面で苦労をするかもしれません。

休日や勤務時間は不安定【採用の敷居が高い】

テーマパークの一番忙しいのは土日です。

そのため、休日や勤務時間は不安定。

そして、それでも人気の職業なので採用されるまでの道のりが遠いです。

テーマパークで仕事をするという、ブランド力があるんですが、実際には夢だけでは難しい部分もあります。

求人が人気過ぎて採用までの道のりが長い

求人が出てもすぐに埋まってしまいます。

たくさんの人が申し込みをし、採用をされるのはごく一部。

採用されたいと思っていても、そこまでも道のりがとにかく遠いですね。

保育士として仕事をするためには、たくさんの難関があるのです。

転勤や配属先が選べない可能性がある

転勤もありますし、配属先が選べないなんてこともあります。

テーマパークと一言でいっても、実は色々な施設をもっています。

そのため、テーマパークで仕事をしたいと思っていても配属が違う場所になる可能性もありますので、注意しましょう。

他の業務との兼務が多く忙しいと感じる

他の業務との兼務で忙しいですね。

テーマパークのスタッフは色々なことを求められます。

一つのことだけでは、仕事をして成り立たない可能性もありますね。

テーマパークで保育士が働くのまとめ【安定は保育園】

テーマパークで保育士が働くのまとめ【安定は保育園】

テーマパークで保育士が働くことについて書いてきました。

子供が好きな保育士からすると、実はテーマパークで仕事をすることは憧れだったりします。

もちろん、誰もが働ける場所ではないですがね。

もし、テーマパークで保育士として働きたいなって思ったら参考にしてください。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → マイナビ保育士は最悪のウワサ!元保育士が実体験をもとにすべて暴露

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

・元保育士で園長や主任の管理職経験あり

【経歴】
認可(社福・公立臨職)と認可外保育園の現場経験 → 複数の保育園の運営マネージャー → 保育園園長 → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

・副業でブログと幼児教室・小学校受験講師

・認可保育園の研修でも使われているブログです♪

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

・元保育士で園長や主任の管理職経験あり

【経歴】

認可(社福・公立臨職)と認可外保育園の現場経験 → 複数の保育園の運営マネージャー → 保育園園長 → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

・副業でブログと幼児教室・小学校受験講師

保育士子育て世代とつながりたい

【簡単な紹介】

二人の子供がいるお父さん。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る