保育士の大変なことや苦労すること11選【やりがいや楽しいこと解説】

保育士の仕事で大変なことがあります。

もちろん、他の仕事でも大変なことはありますが、保育士の仕事は独特。

苦労することもたくさんあるのが、本音です。

この記事では保育士の大変なこととやりがいや楽しいことについて書いています。



保育士の大変なこと11選【保育士が仕事で苦労する本音とは】

保育士の大変なこと11選【保育士が仕事で苦労する本音とは】保育士の大変なことについて書いていきます。

私も仕事を色んなところでしてきましたが、保育士にとって大変なことってありますね。

そんな保育士の大変なことを11こ書いていきます。

1.子供との関わり方に悩む

2.子供の発達や成長に悩む

3.保育士同士の人間関係がうまくいかない

4.保護者対応に気を使いクレームが来ることもある

5.給料が低く年収もあがらない

6.労働時間が長く残業や持ち帰りも多い

7.休日が少なくプライベートの時間も確保しにくい

8.事務作業の時間が確保できない

9.休憩時間が取りにくい

10.仕事内容はハード

11.保育方針や考えが自分に合わない

1.子供との関わり方に悩む【クラス運営も悩む・リーダー】

保育士の仕事は子供と関わること。

毎日間近で接して遊ぶことが基本となるのですが、そんなときに子供との関わり方に悩みます。

クラス運営やリーダーとしてクラスをうまく回していくことはもちろん。

子供の個別の対応についても悩んでしまうことも多いですね。

そんな子供と間近で接することが必要ですが、近くで関わる分なやみとして考えてしまうこともあります。

2.子供の発達や成長に悩む【乳幼児の理解が難しい】

子供の発達や成長に悩むこともあります。

乳幼児の理解が難しく、子供によって月齢さや発達の度合いも違う。

保育士にとってものすごく大事なことなのですが、理解をすることがすごく難しいポイントがあるのです。

3.保育士同士の人間関係がうまくいかない【同僚・上司・先輩】

保育士同士の人間関係は退職理由の上位にあげられます。

上司はもちろん、同僚や先輩、後輩などたくさんの保育士と関わらなければなりません、

すごく良い先生もいれば、中にはいじめなど悪質なことをする先生もいます。

そんな保育士同士の人間関係がうまくいかず悩むこともありますね。

4.保護者対応に気を使いクレームが来ることもある

保護者対応に気を使うこともあります。

中にはクレームを言ってくる人もいますので、対応が必要なことも。

こまなかことを伝えてくる親ほど、すごく気を使って対応をしなければなりません。

→ 保育士が嫌う親の特徴13選を暴露【先生に嫌われない保護者なろう】

5.給料が低く年収もあがらない【年収300万円が相場】

保育士の給料は本当に低いです。

年収にすると約300万円程度が相場で、月収にすると手取り15万円くらい。

保育士の給料はすごく安くて困ってしまう現実がありますね。

退職理由の上位にも「給料と仕事内容が見合わない」というものがあります。

6.労働時間が長く残業や持ち帰りも多い【長時間な保育園も】

6.労働時間が長く残業や持ち帰りも多い【長時間な保育園も】労働時間が長く、残業や持ち帰りも多いこともあげられます。

保育士の仕事は、とにかく労働時間が長い。

一応シフトで労働時間は決まっているのですが、それ以外にサービス残業や持ち帰りもあります。

結果としてたくさんの仕事をしなければならず、大変だと感じてしまいますね。

7.休日が少なくプライベートの時間も確保しにくい

保育士の仕事は休日も少ないです。

土曜日は月に1~2回は出勤で日祝日しか固定の休みはありません。

中には日曜日に行事を行う園もありますので、さらに休みが減ってしまうこともあります。

そうなると、プライベートな時間の確保も難しいケースがたくさんあります。

8.事務作業の時間が確保できない【一日中子供を見ている】

事務作業の時間が確保できない問題点もあります。

保育士は子供を見る以外にも毎週のように書類をしなければなりません。

しかし、日中はずっと子供をみていることから、事務作業をする時間を確保するのが大変です。

そのため、残業をしたり、持ち帰りをして仕事をおわらせることもあります。

9.休憩時間が取りにくい【なしの保育園も多数あり】

休憩時間は保育園によりますが、かなり少ないです。

取れない園もたくさんあり、休憩なしで働いている保育士もたくさんいますね。

休憩がとれないため、一日中仕事をすることになり、疲れてしまうなんてことも当たり前にあります。

10.仕事内容はハード【体力を使うので毎日疲れる】

仕事内容はすごくハードです。

体力をとにかく使う仕事で、日々走り回る。

子供と一緒に遊んだりして、毎日疲れきってしまいますね。

子供と関われるのはうれしい反面、体力的には大変だと感じることも多いです。

11.保育園の方針や考えが自分に合わない【転職も考えるべき】

保育園の方針や考えが自分に合わない。

そうやって考えることもたくさんありますね。

保育園の方針や考えは自分に合わないことも多く、そうするとストレスを感じながら仕事をしなければなりません。

本当に合わないと感じたら、転職も考えるべきかもしれないですね。

保育士のやりがいや楽しいこと【大変なことばかりではない】

保育士のやりがいや楽しいこと【大変なことばかりではない】保育士のお仕事は大変。

もちろん、苦労をすることや悩むこともありますが、その分楽しめるメリットもあります、

大変なことのあとはやりがいや楽しさについて書いていきます。

子供と毎日接することができる【笑顔を見れる】

保育士として毎日子供と接することができます。

子供達の笑顔を間近で見ることができ、日々かかわることができますね。

これは本当に保育士にしかできない仕事です。

笑顔や成長を間近で見ることができる仕事の醍醐味と言えます。

保護者から感謝をされることが多い【ありがとうのエピソード】

保護者から「ありがとう」と感謝をされる仕事です。

子供と日々かかわって関係を築いていくことにより理解も深まっていきます。

私も子供のことで悩んでいるママから相談を受けたことがあります。

一緒にその悩みが解決できた時は本当にうれしかったです。

そして「先生のおかげです。ありがとう」と言ってもらえた時は本当にうれしかったです。

行事やイベントが終わった後の達成感がスゴイ

行事やイベントが終わった後の達成感がすごいです。

運動会や発表会などたくさんの行事があります。

保育士は準備やどんなものを見せようかと試行錯誤して取り組むのですが、成功をした時の達成感はなんとも言えません。

終わったあとの充実感は保育士をやっていないと味わえないですね。

社会に貢献をしていると感じられる

社会に貢献をしていると感じられることですね。

保育士としてものすごく達成感を味わうことができます。

お仕事をしている人を支えている、助けになっていると感じられることがたくさんあります。

社会の役に立てていると気持ちもうれしいものですね。

→ 保育士になって良かった大変だったこと5選【やりがいエピソード】

保育士の大変なことのまとめ【苦労も楽しいこともキャリアになる】

保育士の大変なことのまとめ【苦労も楽しいこともキャリアになる】保育士の大変なことについて書いてきました。

これは、保育士に限らずどんな仕事でも当たり前のようにあります。

大変なことはありますが、その分楽しさややりがいというものも感じられる仕事です。

苦労も楽しいことも経験して、それがキャリアになりスキルになります。

色々と経験して保育士としてどんどん成長をしていきたいものですね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクが最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
保育士ライフ運営責任者です。

【経歴】

・認可保育園で現場の経験あり。

その後は教育関係の会社に転職し管理職を歴任。

今は普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。。

今は営業のサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る