保育士の待遇改善すべき5つのポイント【本当に悪い理由と今後の将来性】

保育士の待遇改善すべき5つのポイント【本当に悪い理由と今後の将来性】

保育士の待遇改善について書いてきましょう。

保育士にとって待遇は本当につらいものがあります。

子どもと一緒に楽しくすごす仕事は楽しいのですが、仕事としての待遇には疑問も…

この記事では保育士の待遇改善について書いていきます。



保育士の待遇改善をすべき5つのポイント【処遇改善の効果】

保育士の待遇改善をすべき5つのポイント【処遇改善の効果】

保育士は将来の子供を育てる大事な仕事です。

そのため、本来はもっと待遇が良くないとおかしいですね。

そんな保育士の改善すべき待遇について書いていきましょう。

1.給料が低く上がらない

2.業務量が多く毎日残業をするのは当たり前

3.シフト勤務で働く時間が不安定

4.慢性的な保育士不足で有給も取りにくい現状

5.職場の人間関係が辛く疲れてしまう

1.給料が低く上がらない【処遇改善手当は大きい】

保育士の給料はあがりません。

平均年収は300万円といわれており、長く続けても昇給もほとんどありません。

また、ボーナスも少ないので本当にきついですね。

ここ数年は処遇改善手当が支給をされているので、少し上がっている印象はありますが…

2.業務量が多く毎日残業をするのは当たり前【本当にキツイ】

業務量が多く毎日残業をすることが当たり前になっています。

子どもを見ているだけのように思われていますが、実は書類に行事とやることは盛りだくさん。

そのため、本当に使れてしまう現実があるのです。

3.シフト勤務で働く時間が不安定【注目されずらい】

シフト勤務で働く時間が不安定になりますね。

朝は7時~で夜は20時まで。

その時間帯を保育士で補っていかなければならないので、シフト勤務で体の負担も大きいです。

4.慢性的な保育士不足で有給も取りにくい現状【休めない】

慢性的な保育士不足で、人が足りません。

有給も取りにくい現状があり、休めないという辛さもあります。

土曜日も勤務がありますので、月に6日くらい休めればよい方でしょうか?

→ 保育士不足の原因とは?5つの理由と表に出てこない本音を暴露

5.職場の人間関係が辛く疲れてしまう【辞める問題点】

職場の人間関係が辛くて疲れてしまいます。

それが原因で辞めてしまう問題点もありますので、保育園側としてはきついです。

人間関係が良好で楽しく保育ができる環境があれば良いのですが…

(参考:厚生労働省「保育士の現状と主な取組」)

保育士の待遇改善は本当に悪い?年収や問題点を解説

保育士の待遇改善は本当に悪い?年収や問題点を解説

そんな保育士の待遇ですが、本当に悪いのでしょうか?

実際に私も保育士として仕事をしてきましたが、良いとは言えないですね…

そんな保育士の待遇について、現実を書いていきましょう。

保育士の平均年収は300万円は本当なの?【経験者も同じ】

保育士の平均年収は300万円なのか?

これについては、本当に年収300万円です。

厚生労働省の調査をみてみると、令和元年度の調査で平均月収は約24万円、年収は360万円です。

これは処遇改善手当が一人あたり30万円くらいは入っている計算となりますので、実際は300万円台前半が保育士の年収相場といえるでしょう。

有給や休暇が取りにくい現実【出勤日数も多い】

有給や休暇は本当に取りにくいです。

土曜日は月に1回から2回程度の出勤が求められます。

また、保育士不足で子供の人数に対しての配置基準というものもありますね。

それを考えると、有給はほとんど取れない現実があるのです。

マネジメントを理解している管理職が少ない

マネジメントを理解している管理職はとても少ないです。

マネジメントとは組織をうまく回していく方法ですが、それを理解していません。

そのため、人材を育てたりしていくことができない。

組織をうまく回すことができない現実があるのです。

保護者との人間関係に悩むことも【問題も多い】

保護者との人間関係に悩むことも多いです。

いわゆるクレームを言ってくる人もおおいですね。

保育園内の人間関係にも悩みますし、保護者との悩みます。

どちらにも気を使うことがあり、疲れてしまうこともありますね。

持ち帰り・サービス残業が当たり前の現実

業務量が多い話しをしましたが、実は持ち帰り、サービス残業もとても多いです。

家に帰って制作物であったり、書類をしたりすることはかなり多いですね。

土日も家で仕事をしているなんて声が結構聞こえています。

→ 仕事の持ち帰りが多い職業は保育士!残業代も出ない辛い現実と問題点

保育士の待遇を改善する5つのコツ【将来的にどうなの?】

保育士の待遇を改善する5つのコツ【将来的にどうなの?】

保育士の待遇改善をするコツが実があります。

将来的にも保育士はどんどん増えてほしい。

そのためにも、今の労働環境ではダメな現実があるのです。

しっかりと改善をして将来が明るい仕事にしたいものですね。

1.給与形態を変える【現実が厳しい】

2.保育士の配置基準を見直しする

3.時間の固定とシフト勤務の社員を決める

4.保育士が続けやすい労働環境を作る

5.人間関係が良好な保育園を作る

1.給与形態を変える【給料が5万円上がる】

給与形態を変えましょう。

保育士の給料は運営補助金で成り立っており、そのお金の中から保育士の給料として渡しています。

しかし、その金額にも限界がありますので運営補助金を増やすという点はとても大事ですね。

増やして保育士の還元をする。

そんな仕組みを国が作ってほしいものだと思います。

2.保育士の配置基準を見直しする

保育士の負担を減らす意味でも配置基準を見直しましょう。

今は0歳児が3:1、1歳児と2歳児が6:1、3歳児は20:1、4歳児と5歳児は30:1です。

先進国と比べても日本の保育は圧倒的に厳しいですね。

そのため、より一人一人を見られるように基準は見直すべきです。

そうすれば保育士の負担も減っていくでしょう。

3.時間の固定とシフト勤務の社員を決める

時間の固定とシフト勤務。

この両方を決めるようにしましょう。

給料や待遇に差をつけるようにし、時間固定社員を導入すればそれだけでも働ける人が増えます。

特に主婦やシングルの保育士にとってはメリットがありますね。

シフト勤務をすれば給料があがるので、差をつけてやる気を引き出してみましょう。

4.保育士が続けやすい労働環境を作る

保育士が続けやすい労働環境を作りましょう。

定時で帰ることができる、自宅への持ち帰りの仕事はなしなどですね。

保育士が当たり前に子供に向き合える環境を整えるようにしましょう。

5.人間関係が良好な保育園を作る

人間関係が良好な保育園を作りましょう。

人と仕事をする保育園では、しっかりと人と向き合えることが大事。

そのためにもみんなで助け合える保育園をつくりたいものですね。

保育士の待遇改善のまとめ【処遇改善手当はとても重要】

保育士の待遇改善のまとめ【処遇改善手当はとても重要】

保育士の待遇改善について書いてきました。

保育士という仕事はだいぶと認められつつありますが、まだまだ辛い現実があります。

給料や労働環境はまだまだ過酷ですね。

そのためにも、待遇が改善をされて働きやすい環境になってくれればとおもいます。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る