主任保育士の悩みと役割!仕事で大事なことは見守りと指導

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

主任は保育園で重要なポジション

保育園も会社のように組織になっていることから、役職や立場もいろいろとあります。

その中でも非常に重要な仕事が「主任保育士」です。

主任は保育園の中でも特に重要なポジションとなっており、保育の現場からマネジメント、保護者対応に至るまですべての要素を兼ね備えている頼れるリーダー的な存在といえますので紹介をしていきましょう。

主任保育士とは?

保育主任とは、園長や副園長も仕事を手伝ったり、助けたりしながら保育者のリーダーとして保育者全体をまとめたり、保育者の代表として意見を述べたりしていくのが「主任保育者」の役割となっています。

幼稚園の場合は「教頭、主観教諭、指導教諭」という名称で呼ばれることもありますね。

学年主任(例えば、3歳児のクラス主任)や幼児主任、乳児主任など学年や年齢に区分された中でのリーダーとして主任を置くケースもありますが、基本的に保育園内に1人いるのが保育主任となります。

会社で言うと課長クラスというようなイメージとなっており、保育園では数少ない中間管理職というイメージになりますので理解をしておきましょう。

主任はあまり現場を持つことはすくなく、どちらかといえば事務所におり各部屋の保育を見回りに行くというのが大きな仕事となっていますが現場と園長の意見の板挟みとなりしんどく感じる部分も多いのは正直なところです。

勤続年数は大事

保育主任は勤続年数が長い人がなる傾向にあります。

主任の中には保育経験20年以上という人もいれば、若い人と積極的に採用をする場合には保育経験5年程度で抜擢をされることもありますね。

保育主任になると、自分がクラス担任になることはあまりなくフリーの立場で他のクラスの補助に入ったり、園長の仕事の補助や事務を行ったりする場合もありますが、中には自分のクラスを持ちながらその他の業務をこなしている場合もあります。

現場以外にも、実習に来た学生も指導であったり、実習記録や指導案についても指導をする場面も多くなります。

また、経験の少ない担任では難しい保護者対応やクレーム、モンスターペアレントなどの対応も主任保育士の大事な仕事の1つになっているといえますね。

園長や副園長が不在の場合には、代わりに保育園の代表となって責任を持つこともありますので保育園ではオールラウンドは力が求められる大事なポジションであるといえます。

もちろん、主任になるための決まりというものは基本的にありません、

主任保育士の大事な仕事は若手の育成

実は保育主任の大事な仕事は若手の育成になります。

主任は基本的に保育経験が豊富なため、新人や若手の保育士の対しての指導を行う場合が多いです。

例え新人保育士であったとしても、現場に入れば1人の先生ですし「新人なのでできません」というような言い訳は一切通用しません。

そのため、新人や若手の保育者のサポートをしたり、ともに保育を振り返ったりしながら若手の保育士が一人前になれるようにバックアップをしていくことが大事です。

保育者の代表として労働環境の改善や、限られた保育者に業務が偏らないようにすること、職場全体の調整役になることもあります。

特のここ最近の若い世代はパワハラということについてよくしっており、ずっと保育園内にあるようなサービス残業や過剰労働という点についても非常に細かにしっています。

そのため定時帰りが基本という若い世代と、残って残業をして保育をしていくベテランの保育士との考えのギャップを埋めるための調整も必要になるでしょう。

主任保育士の役割と仕事

保育主任の仕事は多岐にわたります。

私も実際に保育主任として仕事をしてきましたので、ざっと一覧で書いてみましょう。

・園行事の企画・運営
・保育のカリキュラム、指導計画などの作成補助、確認
・各種報告書のまとめなどの中間管理業務
・保育士の勤務シフトの作成、管理
・保育士への専門知識や技術の指導
・保育士など保育園スタッフからの相談対応
・園長の補佐
・各クラスへのサポート業務
・園児全体と家庭状況の把握
・課題のある子どもや家庭への対応
・保護者の相談窓口、家庭の把握
・職場体験や実習生、ボランティアの受け入れ対応
・地域子育て支援事業への対応
・教材やおもちゃ、絵本などのセレクション
・遊具点検や環境整備

こんな風に多岐にわたりますが、毎月行う仕事もあれば、たまに突発的な仕事も多くなります。

仕事でもシフト管理は大変

私が主任をしていた時に大変だと感じたのは「シフト管理」ですね。

毎月同じように組まなければなりませんし、職員全体で早番、遅番を入れ込まなければなりませんので平等性を頭にいれると結構大変でした。

中でも私も主任をしていて大変だと感じたのはマネジメントです。

主任は一般企業で例えると管理職的な部分が多い仕事となります。

そのため、部下である保育士が働けるように指示を出さなければなりませんし、部下のミスはすべて自分の責任。

そして、上司からの指示は聞かなければならない。

いわゆる中管理職的なしんどい立場になるといえます。

マネジメントができる主任と、できない主任では保育園内の回り方が全くことなりますのでマネジメントについて少し書いていきましょう。

マネジメントとは?

マネジメントは一般に「管理」と訳されます。

経営管理論から生み出された様々なマネジメント理論には、「管理」という意味合いの他にも、

評価・分析・選択・改善・回避・統合・計画・調整・指揮・統制・組織力など様々な要素を含んでおり、これらを総合した概念をマネジメントだと考えた方が理解しやすいと言われていますね。

マネジメントの根本は「組織(会社)が目標を達成するために組織の維持や活性化を図ること」です。

保育に例えると「子どもが健やかに成長できるように各クラスの目標設定を行い、組織として成功をさせること」が主任ミッションだといえますね。

マネジメントの中には目標達成をするために含まれる人材育成や離職の防止などもすべてマネジメントになります。

マネジメントを間違えると大変なことになる

私も主任になったころにはき違えていた主任の役割が、みんなに指示を出して仕事をすればよいと思っていたんです。

そのため、いい方もキツくなりますし、自分の思い通りにならないと職員を怒ったりもしていました。

私的には何とかこの保育園がうまく行ってほしいという気持ちだったのですが、職員からは猛反発を受けた結果その日に8人が退職をするということになってしまいました。

そこで気づいたことは、「命令はダメ」「自分も一緒にやる」「みんなの意見を聞く」この3つをやることに意識すると、チームとして円滑に周り出したんですよね。

結果としてそれ以降は良い成果も残すことに成功したので、良かったですがマネジメントは命令をしたり、自分のいうことを聞かすのではなく、円滑にチームとして回すことが大事だったといえます。

自分が犠牲になることでついてくる

そのためには自分が一番犠牲になることが重要で、誰よりも遅く仕事をするか?朝早くくるか?泥臭いことと一番やると効果も高かったので、今でも管理職で悩んでいる人には「自分が一番嫌なことをするように」とアドバイスをしています。

その分保育主任として手当をもらっているので頑張ってみましょう。

主任手当は保育園や幼稚園によって異なりますが、私の場合は2万円でした。

中には5万円くらいもらえる保育園もあるようなので、給料アップを狙うなら保育主任になることがある意味近道なのかもしれないです。

主任のお給料については下に書いておりますので参考にしてください。

主任保育士になるには?

保育主任になる方法は2つあります。

1,今仕事をしている保育園で主任になる。
2,新設の保育園で主任になる。

1,の場合は今の保育園で「主任になりたい」ことを伝えて具体的にどうやればなれるのかを確認する必要があります。

場合によっては血縁関係がすでに決まっている、すでに後継者が決まっていることによりどう頑張っても主任になれない。

また、今の主任が当面は続けるという場合も主任になれないのでその場合は2,の方法になります。

2,の場合は採用試験で「主任になりたい」ことを伝えればなれる可能性がありますので主任を目指すならおすすめです。

ただし、保育主任は職員から人望も必要なので、「保育経験がある程度あること」が絶対条件になりますので最低でも保育園で5年以上は経験をしてから望みましょう。

主任には現場にはない楽しさや難しさがありますが、現場よりも個人的にはすごく楽しかったのでおすすめです。

主任になる方法と募集要項

ここで気になることが、保育園で主任になることは誰でもできるのでしょうか?

これについて書いていきましょう。

主任保育士になるための絶対条件としては「保育経験」になります。

長いほど良いとされており、主任の主な仕事は現場の管理や運営や保育の質の向上となります。

また、主任になるために担任はもちろん、クラスのリーダー、乳児もしくは幼児のリーダー、副主任経験など何らかの形で立場やポジションを経験していることですね。

募集要項の確認

主任保育士の募集要項を見てみると以下のような条件が多いです。

・保育士として現場の経験が8年以上

・クラスリーダーの経験者

・副主任経験者

この辺りは必要となっており、中でも人を一緒に仕事をしてきたなど周りを撒き込めるタイプの人と募集する傾向にあります。

ただし、大規模な保育園ではない限り主任になれる人物は1人となっていますので狭き門となっているのは正直なところですね。

求人を探してみる

まず主任として働きたいと思った場合には今働いている保育園で主任になりたいと思いますがその保育園の主任がいつからなっているのかという点は非常に重要です。

例えば、ここ数年で主任になったという人の場合にはそもそも主任に慣れるチャンスというものがありませんので他の保育園の主任募集を探すことになります。

中でも最近は主任や園長の募集がよく出ているのですがその理由はオープニングの保育園が多くなっているといのが理由に挙げられます。

既存の保育園で主任になることが難しい場合には外部の保育園の募集をみて探してみましょう。

しかし、正直自分で見つけることはかなり困難ですので保育士転職サイトに登録をして「主任になりたいので求人を教えてほしい」と伝えるとわかりやすいです。

私も実際に主任など管理職になれるような求人を探してほしい旨を伝えると結構出てきて教えてくれますし、中には好待遇な求人も多いので依頼をしてみると良いでしょう。

家族経営の保育園では主任になれない

中には今勤務をしている保育園で主任になりたいと希望を持っている人もいますが、その保育園の運営などの情報を確認してから考えるほうが良いですね、

その中でも気を付けたいことは家族経営の保育園です。

家族経営になると、園長先生や理事長先生は親子などの関係性の場合もあります。

すると主任も娘や息子など家族関係を保育園で働かせてそのまま配置をすることになります。

その場合には家族でない、親族でないあなたが主任になれることすらないということになりますのでその保育園で主任になることはあきらめて他の保育園の主任募集を見つけるほうが賢い選択となります。

主任保育士の悩み

主任保育士のなりたいと思っている人もいれば、主任になりたくないのになるように指示をされたという方もいるでしょう。

そんな主任保育士の悩みを書いていきましょう。

現場と上司からの板挟み

この中間で頑張らなければならないのが、主任保育士としての仕事になります。

間に挟まれることによりしんどい思いをしなければならないですね。

例えば、園長先生からは保育に関しての要求をされることになり、その保育が例えば現場に即していない場合でも現場に卸さなければならなくなります。

しかし現場からは「こんなことできない」「できるはずがない」と言われ猛反発に合うこともしばしば。

保育園の運営側の考えと現場の考えの2つに挟まれて大変な仕事となっており、どちらに味方もできないことから悩みに発展するケースの多いですね。

常に中立な立場でいなければならない

先ほどの上と下の考えに挟まれることになるのですが、結局主任という立場はありますので中立な立場でいなければならないという考えが大事です。

本心は現場の意見を大事にしてあげたいと思っていても、上からの指示には従わなければならないため結局自分は常に間に挟まれておりしんどいです。

しかし、職員全員には平等に接しなければならないですし合わない人ともこまめにコミュニケーションを取らなければならないため精神的にしんどい思いをする場合もあります。

嫌われることも仕事

時には現場の保育士を叱責しなければなりませんし、時には現場の意見をまとめて運営側に伝えなければならない場合もあります。

そのため「主任のことが苦手」「嫌い」と感じる職員もいますが、何よりも「保育園が良くなること」が一番大事な要素となりますので嫌われることもいとわないことが重要です。

主任という仕事は中間管理職という仕事で常に間に挟まれることも仕事となっており、時には正しい意見でも注意をしなければならない時もあります。

それが主任という仕事の役割だと思いますので、主任になる人は失敗をしながらもみんなをうまくコントロールできるようにすすめていくことが重要といえますね。

職員と適度な距離を取ること

本来ならば他の保育士と一緒に出かけたり、保育園の愚痴を言ったりしたいのですがなかなかうまくいかないこともあります。

保育園の主任というのは他の会社などでは中間管理職の立場となります。

つまり、上司も部下もどちらの味方になることもできないというのが正直なところです。

そのため、同じ世代の保育士や年齢の上の保育士とも適度な距離を取らなければなりません。

また、上司も愚痴は文句を言いたくても主任がいうとあとで問題になる場合もありますので現場の保育士には愚痴を言ったりしないようにしましょう。

距離を取らないと大変なことに

もし主任が他の保育士と一緒に保育をしているとなった場合には気をつけなければなりません。

その理由としては、「園長が悪者」になってしまう場合があるからです。

保育園を運営していく中で主任というのはとても大事な立場となっており、園長先生の気持ちを汲んで職員に伝えなければなりませんし、現場の保育士からの意見を園長に伝えなければなりません。

いわば橋渡し的な感じとなることから現場の保育士の先生たちと同じ立場になってはいけません。

保育園の運営がうまくいかなくなりますので、主任の先生は現場とは距離を取るようにしておきましょうね。

主任保育士のお給料

主任保育士のお給料になりますが一体どれくらいのお給料なのでしょうか?

保育園の園長先生や主任といえばその保育園の顔になるためたくさんのお給料をもらっていそうなイメージなのですが現実はそんな子はありません。

園長のお給料はこちら

驚くほどもらっていませんが、主任になると相場は保育士のお給料に手当が1~3万円程度つくらいになっています。

もちろん勤務をする保育園にもよりますがそこまで大きな金額が付くことはあまりなく数万円程度の手当が付くだけになりますね。

仕事量は多く、役割としてもとても大事なポジションとなっていますし保育園でリーダーとして活躍をしていける要素もあるのですがお給料はそこまで見合っていないというのが現状です。

無認可だと手当も少ない現実

認可保育園で相場が数万円となっており、無認可だと5000円~1万円くらいといわれていますので主任がお金を稼ごうと思っていてもなかなかシビアに難しいという現状があります。

お給料を稼ぐというよりは、やりがいで仕事をするという状況になっているのが主任のお給料の現状になるのかもしれませんね。

主任になると大変なことも多いですが、保育の現場にいるという状況ではなく違う楽しさが見いだせる仕事だと思います。

もちろん一生現場で良いという人は別ですが、人の上に立ってみたいという方はぜひ目指してほしいポジションですね。

現場をやりたい人には不向き

主任保育士というのは一般企業でいう中間管理職なので現場の先生と園長先生に板挟みになるという関係性があります。

そうなるとどっちつかずになり孤立をすることも十分あり得ますね。

そんな主任ですがなりたくてなっている人もいれば、最初から主任保育士のなりたくてなっているのではない人もいると思います。

私も管理職を何度が経験をしていますが、「人と育てたい」「人間関係の構築が好き」という人には向いていますが、現場が好き、常に子供を一緒にいたいという人には不向きです。

これはやりたいこととのずれが大きいため向いていないというのが正直なところなので、主任保育士になる際には気持ちを切り替えないとしんどいことになりますし簡単には辞められませんので注意をしましょう。

給料を上げる方法

主任になってもそこまで大きな収入のアップは見込めませんが、新たに資格を取得したりするとプラスで手当を付けてもらえる可能性もあります。

特に保育士は今後将来的にもプロとして知識や技術が必要となるため講習や研修も盛んにおこなわれていることから受講をする価値はありますね。

例えば以下のような資格や講習を受けると収入アップが見込めるかもしれません。

・幼稚園教諭

・子育て相談専門員

・社会福祉士

・福祉施設初任者講習

・保育特別講座

・主任保育士専門講座

また、主任になると園長の補佐的な役割も増えてきますし、経営状態についても把握をするように指示をされる可能性もありますので福祉簿記や福祉施設士などの資格も有効です。

給与アップを目指す資格を取得するならば事前に園長先生や経営者である理事長先生に確認をしてから受講をすると無駄もなく勉強や講習に行けるでしょう。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る