保育士のスキルアップ資格は目標が大事!研修参加で収入アップ

保育士がスキルアップのために資格を取得しています。

国家資格である保育士を取得すると、それ以上の資格はありません。

そのため、他の民間資格などをつかってキャリアップを目指す方もいますが「どんな資格を」「どんな目的で」取得しているのかはあまり知られていませんね。

この記事では保育士のスキルアップ資格について書いています。

記事を読むことで保育士としてのスキルアップ、保育士から転職するためのスキルアップ資格の両方がわかります。



保育士のスキルアップ資格は目標が大事!研修参加で収入アップ

スキルアップのためには目標を決めましょう

実際に保育士がキャリアアップ、自分の能力をアップさせるために必要なものです。

昔は独学で学んだり、先輩の先生と一緒に研修へ行くことでスキルアップを目指していましたが、今では民間の資格や研修なども多くあります。

そのため保育士さんもいろいろなところへ勉強に行く機会があるのですが、大事なことは「目標」を決めることです。

資格を取得する、勉強をするのは素晴らしいことなのですが「目的」が明確でなければ意味もなくなりますので先を見据えて目標を立てましょう。

保育士のスキルアップは将来を目指して!目標のための時間確保

将来のためにスキルアップは大事です。

そのために、資格の勉強や研修へ行くべきですね。

仕事が忙しくてなかなか研修や資格の勉強へ行けない方もいますが、少しでも時間の確保をしましょう。

保育士のキャリアアップ研修を受ける方法も【処遇改善で収入アップ】

また、最近は保育士の処遇を良くしようという考えからキャリアアップ研修も用意をされています。

厚生労働省によって実施されている「保育士等キャリアアップ研修」と言うもので、保育士の専門性の強化と待遇向上を目的とした研修のことです。

経験年数などの条件を満たしていれば、正社員に限らず、施設で働いている全職員(契約社員・パート・派遣社員など)が受講可能で手当ての支給もある制度です。

→ 保育士キャリアアップ研修の内容とは?処遇改善の金額と受講する年数

(参考:厚生労働省「保育士等キャリアアップ研修ガイドラインの概要 」)

保育士としてのスキルアップ資格10選!研修へ参加しよう

保育士のスキルアップのには2つ選択肢があります。

「保育士としてのスキルアップ」「保育士から転職するためのスキルアップ」です。

いずれもスキルアップとしては間違いないのですが、将来と考えたときにどうすべきか?1年後に自分がどうなっていたいのかによってことなりますね。

最近は勉強熱心な保育士さんも多いため、どちらも選択肢として持っていますので両方におすすめのスキルアップ資格を書いていきます。

1.コミュニケーションやカウンセリング技術の向上【心理学】

コミュニケーションやカウンセリングのスキルは保育士にとって役立ちます。

理由は簡単です。

保育士はたくさんの人と会うことが多く、保護者の中には悩んでいる人も多いため対人コミュニケーションを磨くことが重要です。

「相手の話をしっかりと聞く」「相手の立場になって話を聞く」など良い関係を築いていくために大事なことです。

私はNLPをいう心理学の資格をもっていますが、それを持つことで保護者対応が大きく変わりました。

研修を受けたり、心理学系の勉強会へ行ってスキルを身につけようと勉強している保育士さんは多いですね。

子供向けにできるチャイルドカウンセラーという資格もあります。

2.保育士としての技術【ピアノ・造形・きれいな字】

次に保育士としての技術を磨く方法があります。

一番最優先で、すぐに現場で役立つため保育士としてのスキルアップはおすすめです。

・音楽:ピアノやオルガンなど音楽スキル、歌唱指導の資格を取得する。

・造形:年齢に合わせた絵画指導・粘土・配色などの勉強をする。

・言語や表現:絵本の読み聞かせ、喜怒哀楽を指導する、正しい日本語を教えるなど。

・きれいな文字:保育士との連絡帳や書類をきれいに書くためにペン講座などの受講をする人もいます。

→ 保育園の連絡帳の書き方と保育士の書き出し返答方法と保護者の書き方

3.英語力を向上させる【英語保育園や海外へ留学】

保育士をしながら英語の勉強をしている先生が多いです。

英語は将来的に役立ちますし、保育士さんの中には英語保育園で将来働いてみたい、海外へ留学したいと思っている方もいるためです。

英語を今の保育園で教えてもよいですし、外国人の保護者とのコミュニケーションにも役立ちますので将来に役立ちます。

私の知り合いには英語を2年間しっかりと勉強して、ワーキングホリデーへいった先生もいます。

4.リトミック指導員

リトミック指導員はリズム遊びやダンスを子供たちに教える資格です。

音楽教育の一つで子供達の感受性や協調性、創造性を育てることができるものです。

日ごろの保育にも取り入れることもできますし、将来はリトミック講師として仕事をすることもできmさう。

リトミックに力を入れている園ならばおすすめです。

講座や研修などへ通うことにより資格を取得することができます。

5.病児保育士【院内保育園で必須】

病児保育士は病院内の保育園で働くための資格です。

もちろん、病院内の保育園で働く場合には保育士を持っていれば問題はないのですが、病児保育士という民間資格を取得していればより専門的な知識を手に入れることができます。

また、転職となったときにも有利に働きますね。

普通の保育園でも感染症に対する知識や子供の病気への対応、看病のやり方など専門的なスキルを身に着けることができます。

6.絵本専門士

絵本専門士や「絵本の特性や可能性」を熟知している絵本のエキスパートになります。

独立行政法人 国立青少年教育振興機構が定めている民間資格です。

子供に読み聞かせをする機会が多い先生が絵本に関する知識、手遊び、読み語り、創作活動などを深めることにより現場にすぐに行きます。

保育士からは人気の資格で3年以上保育園の現場経験があれば、講座を受講することで資格取得が可能です。

7.ベビーマッサージ

ベビーマッサージは乳児クラスを持っている先生におすすめの資格です。

マッサージを通して赤ちゃんとスキンシップをはかり、脳や心、体の発達を促すことができます。

オイルを使うものと使わないものがあり、実は様々な講座や研修も用意をされています。

しっかりと専門知識を身に着けて独立する方もいる資格です。

8.独立開業ならばチャイルドマインダー

保育士のスキルアップ資格として有名なチャイルドマインダーはイギリス発祥の資格です。

少人数の子供を見るために特化をしている資格で家庭保育のスぺシャリストなんていわれています。

子供一人一人の個を大事にする保育方法を学ぶことができますので、保育士として仕事をするよりも幅がひろがります。

ただし、保育士をもっているのならば意味がないなんていわれることもあります。

こちらのチャイルドマインダーは意味がない?保育士と異なる資格の仕事と収入を参考にしてください。

9.食育インストラクター

食育に関して精通をしている資格が食育インストラクターです。

今、保育園でも食育が注目をされており、菜園活動から収穫、食すという流れのついて子供たちにしっかりと教える必要があります。

食育の基礎から学べますね。

食育インストラクターと食育アドバイザーの2種類がありますが、これは勉強をする母体の違いですので、他に大きな違いはありません。

子供たちへ「食について」伝えたいならば食育インストラクターはおすすめです。

→ 食育インストラクター資格試験の難易度は?合格率と試験内容と費用

10.保育士向け研修や講座への参加【土日アリ】

他には民間が行っている保育士向けの研修や講座を受講するものです。

保育士さんの多くは平日はなかなか休むことができませんので土日開講をしているものもあります。

調べてみると、たくさんの保育士向け研修が行われていますので受講してみましょう。

保育士から転職できるスキルアップ!1年後に収入アップ

次に保育士から転職をするためにスキルアップがあります。

資格を取得すれば、保育士よりも収入アップで、労働環境もよくなる可能性がたかいためおすすめです。

しかし、いきなり取得は難しいので1年先に転職することを視野に入れて取りくんでみましょう。

1.プログラミング

パソコンが得意な保育士さんにおすすめはプログラミングです。

プログラミングとは、人間が指示を作り、その指示通りにコンピュータを動かすことです。

プログラミングを作る人をエンジニアなんて呼んだりしますが、慢性的な人材不足となっています。

最初はもちろん勉強をしなければなりませんが、働き方も自由で、収入も高いためプログラミングは人気となっています。

将来的にパソコンを使った仕事がしたいならばおすすめですね。

スキルを身に着けておけば、将来は在宅ですので子供の出産後でも仕事を続けられます。

説明会へ参加してみよう【TECH::CAMP(エンジニアスクール)】

2.パソコンスキルを向上させる

保育士から転職をするとなるとパソコンスキルは必須です。

就職をする際にはMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)を取得することをおすすめします。

この資格は多くの会社で当たり前のように使われている「Word」「Excel」「PowerPoint」のスキルを身に着けていることを証明するための資格です。

履歴書にこの資格があるだけで、パソコンスキルをもっていますという証拠にもなりますのでおすすめです。

一般企業へ努めたい、事務や営業をしたい方は取得しておきましょう。

3.美容系【ネイリスト・アロマセラピスト】

保育士は女性の職場なので「美」について興味を持つ方も多いです。

保育士だと自由にネイルなどができませんので、保育士の内に資格を取得して美容系の仕事へ行く人は多いですね。

ネイリストやアロマセラピスト、ヨガ講師など美容系の資格は将来も役立ちますので、保育士をしながら資格取得を目指す人も多いです。

4.整理収納アドバイザー

収納や整理は非常に人気の職業です。

人へ向けて、収納や整理のアドバイスや資格取得の支援などこんまりさんが流行をさせてからは人気です。

認定資格として資格の取得も可能となりますのでおすすめです。

5.副業でスキルアップもおすすめ

保育士をしながら副業にチャレンジしてみましょう。

副業にもいろいろとありますが、実際にスキルを身に着けられるものがたくさんあります。

私はブログを実践していますが、ブログをするだけでも「ホームページ作成」「WEBマーケティング」「SEOライティング」といった技術が身に付きます。

もちろん自分で稼ぐこともできますし、人に教えることでビジネスにもなります。

特にライターの技術を身に着けると、在宅でも仕事ができまし、WEBデザイナーなんかも良いですね。

妊娠出産後も在宅でできる仕事のスキルを身に着けてみましょう。

→ 保育士が副業で月5万円稼ぐ方法14選!バレないで稼げるコツとは?

保育士のスキルアップ資格のまとめ!将来を見据えた投資をしよう

保育士のスキルアップと一言でいってもいろいろな形があります。

何よりもあなたが「やりたいこと」をすべきですので、目標をもって取り組んでみましょう。

保育士としてスキルアップをするのも良いですし、将来転職を見据えてスキルアップもありです。

あなたが将来やりたいこと、やってみたいことを一度よくかんがえてスキルアップに投資しましょう。

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

takaです。

園長経験もある異色の元保育士。

子供はもちろんめっちゃ好き!!

今は副業サラリーマンとして、子供関係の仕事とWEB関係の仕事をしています。

保育経験と子育て経験を活かし、皆様のお悩みを解決できる記事を書いていきます♪

気になることや、書いてほしい記事があればお気軽にこちらへ連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtakaです。

【経歴】

・認可保育園で現場の8年、分園の責任者2年

・認可外保育園の立ち上げ2園

・インターナショナルスクールの園長経験あり

・幼児教室の教室長経験あり

現場の保育士から、管理職になり営業や運営、マネジメントに従事した異色の経歴があります。

【簡単な紹介】

現在38歳で奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!

趣味はキャンプと筋トレ、ランニングです。

今は副業サラリーマンをしており本業は子供関係の仕事。

副業はWEB関係でコンサルや個別相談、WEBマーケ。

それと保育コンサル、育児相談の2つの仕事をしています。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る