保育士の収入アップする5つの方法!安い平均給料と手取りが辛い現実

保育士の収入アップする5つの方法!安い平均給料と手取りが辛い現実

保育士の収入は安い、給料の手取りが増えない。

こんな風に現実でも言われていますね。

保育士の給料は社会でも問題といわれていますが、なかなか上がらない現実もあります。

この記事では保育士の収入をアップする方法や現実の給料について、書いていきましょう。



保育士が収入アップをする5つの方法【年収600万円は可能】

保育士が収入アップをする5つの方法【年収600万円は可能】

保育士が収入をアップさせる方法があります。

やり方次第では、会社員の平均年収450万円をはるかに超える600万円が叶うかもしれません。

そんな保育士が収入をアップさせるコツについて書いていきましょう。

1.保育園でキャリアアップを目指す

2.園長や主任などの管理職を目指して仕事する

3.副業をして別の収入を作る

4.給料の高い地域に引っ越しをする

5.転職をして新しい仕事に就く

1.保育園でキャリアアップを目指す【資格を取得する】

まずは、保育園内でキャリアアップを目指しましょう。

リーダーになる、乳児や幼児をまとめる。

こんな風に現場でまとめられる人になれば、手当がつくようになります。

給料が低かったとしても、月に5000円から1万円くらいつけば収入も増えますね。

一番早く収入を増やすことができます。

2.園長や主任などの管理職を目指す【年収1000万円も】

次に管理職を目指す方法です。

園長や主任など、管理職になれば収入のアップを目指すことができます。

経験年数が上がれば年収1000万円も夢ではありませんが、もちろん席も少ないので数少ない人材になるといえますね。

3.副業をして別の収入を作る

副業をして別の収入を作りましょう。

今は保育士でも副業をすることが当たり前の時代になっています。

収入を増やすために、コツコツやれば月に3万円くらいならば十分可能ですね。

→ 保育士が副業で月5万円を稼ぐ方法14選【バレないで稼げるコツ】

4.給料の高い地域に引っ越しをする

給料の高い地域に引っ越しをしましょう。

例えば、東京や大阪などの首都圏と、地方では時給にして100円以上も違います。

これは、もちろん保育士の給料にも比例してきますので、給料の高い地域へ引っ越しをしましょう。

5.転職をして新しい仕事に就く【紹介してもらおう】

元から収入の高い保育園へ転職をしましょう。

保育園によって給料や処遇改善手当の支給にも差があります。

そのため、今の保育園の給料に不満があるのならば、転職をして給料の高い園へ行けば問題なし。

エージェントを活用して、収入アップを目指しましょう。

>>【保育士バンク】

求人数業界ナンバー1、コンサルタントが親身、非公開求人多数あり、全国対応。

>>【ジョブメドレー保育士】 

検索型の保育士求人、登録をするだけでスカウトが届く、自分のペースで仕事が探せて応募も可能、転職サイトの運営母体は大手のジョブメドレー

>>【マイナビ保育】

※大手マイナビの保育士専門サイト、コンサルタントの質はナンバー1融通やわがままを聞いてくれる、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に特化している。

保育士の収入は辛い!平均給料と手取りが安い実態

保育士の収入は辛い!平均給料と手取りが安い実態

保育士の収入は辛い。

平均的な給料と手取りについて、紹介をしていきましょう。

保育士って実際にいくらくらいもらっているのでしょうか?

保育士の給料は?平均給料と手取りの問題点

保育士の給料の平均は年収350万円程度です。

これは年齢によって異なりますが、平均的な年収と言えるでしょう。

2019年度の賃金構造基本統計調査を参考にしてみると、保育士の平均月収は約24万円、ボーナスが70万円で約360万円が年収です。

しかし、ここに処遇改善手当が含まれていますので、一人当たり20万円から40万円ほどが入っています。

すると、約300万円から350万円くらいが年収の相場と言えますね。

(参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」)

保育士の年代別給料とボーナスを解説【年収はいくら】

年代別にみてみると20代で年収300万円程度、30代で370万円、40代で420万円と調査ではなっています。

しかし、これは全国の調査で公務員も含まれています。

正直「そんなに高くない」という声が聞こえてきそうな調査ですね。

私立だけだとすると、20代で300万円、30代で330万円、40代で360万円くらいが妥当だといえますね。

あとは、役職がついているかによって給料はかわります。

公立と私立の保育園では給料に差がある現実

私立保育園の場合は給料にそこまで差がありません。

上がっていったとしてもそこまで期待はできないですね。

それに対して公立の保育士になれば、高収入で安定の公務員になれます。

給料をみてみると、月収が32万円、ボーナスが190万円で、年収は約692万円。

大手の企業でも、これだけもらえる会社は少ないので、とても手厚いといえますね。

あくまでも平均値ですので、もっと安い人もいれば、高い人もいますが。

(参考:練馬区「令和2年度練馬区人事行政の運営等の状況の公表」)

男女別の保育士の給料と平均の手取り

男女別の保育士の給料と平均の手取りについても書いていきます。

男女別にみてみると、そこまで差はありません。

しかし、手当などを男性はもらうことは多いため女性で年収360万円に対して、男性は380万円ですので、約20万円ほど高めかなという印象です。

都道府県別で給料に差があるの?地域別に調査

もちろん、都道府県でも大きな差があります。

一番多いのは滋賀県で平均年収は410万円で、東京都とほぼ同額。

それに対して、岐阜県だと285万円なので、約125万円も地域によって差があることがわかりますね。

(参考:厚生労働省「令和元年度賃金構造基本統計調査」)

保育士の収入はなぜ低いのか?給料が上がらない3つの理由

保育士の収入はなぜ低いのか?給料が上がらない3つの理由

そもそも保育士の収入はなぜ低いのでしょ?

それは、保育園に入ってくるお金が決まっているからですね。

保育園の収入は公定価格で決まる【園児数の変化もなし】

保育園の収入は公定価格というもので決まります。

園の全体の園児数に対して、一人当たりの補助金が決まります。

あとは、年齢別の補助金が保育園へ入ってくるという仕組みですね。

そのため、保育園は収入が大きく変わることがないので、保育士の給料を大きく上げることができないのです。

処遇改善手当が適切に保育士に支給がされていないため

処遇改善手当が適切に保育園に支給をされていない可能性があります。

処遇改善手当は保育士に支給をされる、国からの補助金。

保育士1人あたりに5000円から4万円のお金が支給をされるものとなっています。

本来ならば保育士の給料が10万円や20万円という単位で上がるはずなのですが・・・。

上がっていないということは、保育園が適切に支給をしていない可能性があります。

保育士という仕事自体が給料が安い構造となっているため

保育士という仕事と自体の給料が安い構造になっています。

どこの保育園も給料を上げようとしていません。

求人をみても安い給料で人を集めている印象ですがまさにそのとおり。

保育士=給料が安いという状態にしているのです。

→ 保育士処遇改善手当はいつまでもらえる?パートはもらえない?

保育士の収入のまとめ【今後も上がる可能性は低い】

保育士の収入のまとめ【今後も上がる可能性は低い】

保育士の収入について書いてきました。

平均年収を見てみると300万円から350万円で、経験を重ねてもそこまで大きな給料は期待できません。

正直、待っていたとしても給料が上がるということはありませんので、自分自身の行動が大事。

給料を上げたいなと思ったら、目的をもってアップをさせる方法を実践してみてくださいね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

・元保育士で園長や主任の管理職経験あり

【経歴】
認可(社福・公立臨職)と認可外保育園の現場経験 → 複数の保育園の運営マネージャー → 保育園園長 → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

・副業でブログと幼児教室・小学校受験講師

・認可保育園の研修でも使われているブログです♪

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

・元保育士で園長や主任の管理職経験あり

【経歴】

認可(社福・公立臨職)と認可外保育園の現場経験 → 複数の保育園の運営マネージャー → 保育園園長 → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

・副業でブログと幼児教室・小学校受験講師

保育士子育て世代とつながりたい

【簡単な紹介】

二人の子供がいるお父さん。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る