小規模保育園のメリットデメリット!求人給与と仕事内容について

保育園にはいろいろな種類があります。

認可保育園、無認可保育園、企業主導型保育などは有名なところですね。

しかし、最近増えてきている保育園の形態があります。

それは小規模保育園といって、大きな保育園とは違った形態で今待機児童の解消に役立っている形の保育園です。

最近はいろいろな形態の保育園が出てきており、子供を預ける保護者の方、少しでも良い職場を探している保育士さんにとっても気になる存在だと思いますので紹介をしていきましょう。



小規模保育園とは?

小規模保育園とはどんなものなのか?書いていきましょう。

小規模保育園は2015年に始まった「子ども・子育て支援新制度」により、今までは認可外だった小規模な保育施設が、国や自治体から補助を受けられる認可園として運営できるようになった保育園の1つです。

小規模保育は大きな建物の保育園とは違っており、幼児(年少~年長)は預かりません。

基本は乳児だけを預かるの形態となっているので保育士をたくさん確保しなければなりませんが乳児だけなので運営しやすい、ビルの一角など狭小な場所でも開設できるとあり首都圏を中心に急激に数が増えている保育園の形態です。

小規模保育園は「地域型保育事業」の1つです。

首都圏で待機児童となっている90%は0~2歳児の子供なので、その受け入れ先としていることを目的としている施設です。

小規模保育園ができた背景

この小規模保育園は地域保育事業の1つの形態となっている保育園です。

地域保育事業については下に書いていますのであとで読んでみてください。

小規模保育園は今まで20名以下の子供を預かる場合には無認可としての扱いだった保育園を認可園として認めるものとなっており国や自治体から助成金を受けられるように2015年に施行された子ども・子育て支援制度で急激にふえました。

待機児童を解消したい政府の思惑とは裏腹に認可保育園を設立するには2~3年はかかります。

そして、大型の保育園を作るためには土地や建物の関係で造りづらく、ビルの一角や狭い土地などでしか設置ができませんでした。

そこでビルの一角などの狭い空間でも認可を受けられることにより2~3年かかっていた認可保育園の代わりの受け皿として小規模保育園を実施。

その結果半年もあれば作れることとなり特に待機児童として多い0~2歳児の受け入れ先として非常にニーズがあり今後も拡大をしていくことになるでしょう。

小規模保育園の種類

そんな非常にニーズのある小規模保育園ですが、実は種類が3つありA型、B型、C型で形態によって内容は異なります。

その形態によって子供の定員や職員の内の有資格者の割合などが異なります。

もちろん自治体によって異なる部分はありますが、国が認める基準は以下の通りをなっていますので紹介をしていきましょう。

ただし、それぞれの受け入れ年齢は0~2歳児と定められていますので他の異なる部分を書いていきます。

A型

・園児の定員は6~19名まで。

・職員数は保育所の配置基準+1名で職員全員が保育士資格保持者であること。

B型

・園児の定員は6~19名まで。

・職員数は保育所の配置基準+1名で職員の1/2以上が保育士資格を所持していること。

ただし、保育士資格を所持していないものに関しては研修の受講が課せられます。

C型

・園児の定員は6~10名まで。

・職員数は0~2歳児は3:1で補助を置く場合には5:2となっており職員の資格は家庭的保育者で構いません。

ただし、B型同様に家庭的保育者には研修の受講などが課せられます。

地域保育事業とは?

政府が行っている地域保育事業にはいろいろな種類があります。

主に4つで「小規模保育園」「家庭的保育事業(保育ママ)」「事業所内保育事業」「居宅訪問型保育事業」の4つです。

小規模保育園

小規模保育園は定員6~19名以下の小規模な施設型保育施設です。

家庭的な雰囲気で、少人数のためきめこまやかな保育を実施しているので子供をはじめて預けるママたちから人気を集めている施設の形態です。

家庭的保育事業

別名保育ママと呼ばれている保育形態です。

家庭的保育者(保育ママ)一人につき3人までの子供を預かり、保育者の自宅などを改装して保育室にして保育を行っている施設です。

→ 保育ママとは?利用方法と料金を紹介!収入と資格と保育ママになるには?

事業所内保育事業

主に企業が主体となって運営・設置をしている保育園です。

定員は施設によって様々で認可を受けるために企業の職員だけではなく近隣の子供も一定数入園できるように枠を設ける必要があります。

よく企業主導型保育と同じだと思われがちなのですが、事業所内保育園は認可をされる必要がありますし0~2歳児までしか受け入れをしないと年齢制限もありますので異なる事業形態と思っておきましょう。

居宅訪問型保育事業

居宅訪問型はベビーシッターに近い形の形態で保育者が保護者・子供の自宅を訪問し保育を行うことを言います。

このように地域保育事業は様々な形態の保育事業を実施することにより待機児童でも多いとされている乳児の0~2歳児の受け皿を増やし待機児童解消に努めているのです。

小規模保育園への入園方法

少人数で見てくれて、認可保育園なので保育料も安い。

また、その保育園では0~2歳児までとなっていますがその後に提携園に3歳児からは通うことができますので卒園まで安心をして通うことができる場所となっています。

そんな人気の小規模保育園ですが、入園をする方法は認可保育園と同じです。

そのため市役所へ申し込みをして希望の園を記載して入園をするということになります。

特に人気のある小規模保育園は申し込みをする人も多いことから殺到をしますが、そもそも全体で20名以下の定員にため非常に狭き門となっています。

→ 保育園の入園申込時期と方法!入園するための提出書類と点数一覧

小規模保育園の保育料金

保育料金も認可なので世帯収入によって異なります。

これは旦那さんと奥さんの収入を合算して計算をされることになりますね。

保育料に関しては保育園の料金の共働きの平均は?年収700万円の保育料と無償化の効果に書いていますので参考にしてください。

無認可保育園を比べると圧倒的に安いですし、長い時間預かってくれるという点は大きなメリットだといえます。

小規模保育園の求人とメリットデメリット

そんな小規模保育園。

大きな保育園で働いてきた保育士からすると、少人数で子供一人一人をゆっくりとかかわってあげられる保育園は魅力的。

また、最近は小規模保育園が増加傾向にあることから就職をしたいと思う人も多いようです。

そこで小規模保育園の給料やメリットデメリットについて書いていきましょう。

小規模保育園の給料

小規模保育園は経営をしてもしんどいなんて言われています。

その理由としては、子供を預かる人数が少ないため経営をしていくために大きな保育園のような余裕がないという点が挙げられますね。

そのため、一般的な保育園よりも給料はやや低くなる傾向にあります。

ただし、2017年度よりスタートをした処遇改善手当の副主任制度などは適用をされ月に4万円などの手当てもつきますので平均給与は徐々に上がっていくでしょう。

そんな小規模保育園の保育士の平均給与は2017年の時点で約22.9万円となっており、年収は約342万円でした・

また、形態によっても微妙にことなっています。

・A型 194,688円

・B型 197,123円

・C型 165,514円※家庭的保育者の給与

(参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 2017年」)

全国的に見た場合には平均程度、もしくは若干下になる可能性がありますが首都圏だと保育士確保すらままならないため、中には25万円くらいもらえる場所もあります。

小規模保育園で働くメリットデメリット

給与は多少低くても小規模保育園で働きたいと思っている保育士は非常に多いです。

そこにはメリットが多いという点が挙げられます。

もちろんデメリットもありますので、良い点悪い点について書いていきましょう。

メリット

小規模保育園のメリットについて書いていきましょう。

きめ細やかな保育ができる

まず少人数の最大のメリットは子供一人一人へ目が行き届きやすいという点です。

しかも法的にギリギリの人数で見ているのではなく、一人プラスで見ることができるため丁寧に一人ずつ見ることができますので手厚い保育ができます。

受け持ちをする人数も少ないので本当に丁寧にみれますし、子供を焦らせたり、わがままを怒ったりして言うことを聞かせたりするのではなく子供のペースに合わせてあげられることができます。

アットホームな環境で働ける

保育園は職員の人数も少なく、子供の人数も少ないため家のような雰囲気の中で遊ぶことができます。

そのため、アットホームな環境で働くことができます。

保育士同士も関係も密になるため、コミュニケーションも活発化するので自然と保育の質も上がっていきますね。

特に子供に関しては細かくみれるので「初めて歩けた」「今日は体調が悪いみたい」などこまかな点にも気付いてあげられる点についても非常に良いです。

乳児の保育に特化できる

小規模保育園は0~2歳児の子供を見ることになります。

そのため、乳児を毎日見ることができますので乳児保育に特化をして保育をすることができます。

研修や自分で勉強をするにしても乳児のことを勉強すればよいため、乳児保育が得意、これから乳児保育をきわめて行きたいという方には最適な保育だといえます。

雑務が大きな保育園と比べて少ない

大きな保育園だと書類に関してもそうですし、イベントも頻繁にあったり、製作物の準備物が多かったりします。

しかし、小規模なのでイベントの準備も適度で済みますし、製作物の準備もすぐに終わります。

また部屋も小さいため掃除もラクになりますので保育に専念できる環境があります。

立地が良い

小規模保育園は駅前やビルの一角など建物の性質上、小規模保育園と比べると便利な場所につくられることが多いです。

そのため、通勤もラクですし中には大型ショッピングモールの中にある施設もあるので帰宅時にショッピングを楽しめるメリットがあります。

デメリット

メリットが多いように感じる小規模保育園ですが、もちろんデメリットもありますので紹介をしていきましょう。

人間関係

アットホームで子供の職員も少人数な保育園ですのでコミュニケーションが密に取れる保育園です。

しかし、人間関係が少し悪化するだけで居心地も悪くなってしまいますね。

そのため、退職をせざるおえない可能性もありますので注意が必要です。

また、保育園の中に保育ができない人がいたり、陰湿な人がいると保育のクオリティは下がってしまいますし、保育士一人の負担が大きくなる可能性もあります。

休みにくい

小規模保育園は大規模は保育園のようにいろんなところに職員がいるわけではなく、少人数で保育をします。

そのため体調不良やケガなどで休むことは難しくなりますね。

替わりが利かず、ちょっとしたことでも休みにくいという点は大きなデメリットと言えるでしょう。

保育室が狭く園庭がない

小規模保育園を作った背景にも書いていますが、そもそも建物や部屋事態が非常に狭いため園庭などはなく、保育園の場所によっては公園まで距離がある場合も。

そのため、外遊びには工夫が必要ですし保育室も狭いため保育をするためにも工夫が必要となります。

そこは保育士の腕の見せ所でもあるのですが、状況的に難しい場合もあり保育をしていてもストレスになることもあります。

子供の依存心が強くなる

保育士がすぐにそばにおり、きめ細やかにみてくれる点は良いのですが、先生がいつもそばにいるため子どもの依存心が強くなる可能性があります。

保育士として甘やかすのではなく、きちんと自立へ向けて保育をしなければ次の保育園へ行っても子供が苦労をします。

子供への配慮や援助という点は少し難しい点もありますね。

小規模保育園のまとめ

小規模保育園についていろいろを書いてきました。

小さな保育園だからこそ子供を丁寧に見れるという点は大きなメリットですし、保育士同士とても仲良く保育ができるため保育士からはとても人気のある保育園です。

しかし、その反面デメリットに紹介をした点もありますので理解をして求人へ申し込みをしましょう。

子供をゆったりとかかわれる点は大きなメリットだといえますね。

須藤 崇代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る