保育士の仕事で大切なこと5選と大変なこと【心がけるべき考え方】

保育士の仕事で大切なこと5選と大変なこと【心がけるべき考え方】

保育士の仕事で大切なことがあります。

子供と間近で関わる仕事ですので、保育士として持っておくべき意識がありますね。

大変なこともありますが、仕事とする上で大事なことです。

この記事では保育士の仕事で大切なことや大変なことについて書いていきます。



保育士の仕事で大切なこと5選【保護者対応が重要】

保育士の仕事で大切なこと5選【保護者対応が重要】

保育士の仕事で大切なことって何でしょうか?

「臨機応変」「保護者対応」「子供に寄り添うこと」などいろいろとありますね。

そんな保育士の仕事にとって大切なことについて、5つ書いていきましょう。

1.子供の発達を理解し成長をサポートする【平等に見る】

2.保護者の関係を密にし家庭と連携を取ること

3.保育士同士で連携を取りコミュニケーションを取ること

4.子供の気持ちに寄り添う保育士であること

5.臨機応変に対応ができること

1.子供の発達を理解し成長をサポートする【平等に見る】

子供の発達を理解して、成長をサポートすること。

これってすごく大事な考え方になります。

保育士の仕事は就学へ向けて子供の成長をさせていくこと。

そのためには、各年齢の発達や成長をサポートする必要がありますね。

また、すべての子供を平等に見ることも重要なのです。

2.保護者の関係を密にし家庭と連携を取りサポートする

保護者との関係を密に取ることも重要です。

子供は保育園だけでは育ちません。

保育園と家庭が連携をしてサポートすることが何よりも大事なのです。

保護者との関係を密にしていきましょう。

3.保育士同士で連携を取りコミュニケーションを取ること

保育士同士で連携を取り、コミュニケーションをしっかりと取りましょう。

保育士は複数の担任で仕事をすることになります。

そのため、みんなで連携をはかって仕事をすることが重要だといえますね。

4.子供の気持ちに寄り添う保育士であること

子供の気持ちに寄り添うことも大事です。

保育士は自分の思いだけで仕事をしてはいけません。

そこには子供がいて、気持ちに寄り添うことが大事なのです。

子供と一緒に成長をしていくことが大切なことですね。

5.臨機応変に対応ができること【保育園での役割を知る】

保育士にとって何よりも求められるスキル。

それは臨機応変に動けることです。

臨機応変とは「その場に合わせて行動すること」です。

子供はその時々によって行動も変わりますので、いろんな場面に応じて対応を考えましょうね。

→ 子供の気持ちに寄り添う保育士の特徴5選【気持ちを汲み取る・理解する】

保育士の仕事で大変なこと5選【大切なことではある】

保育士の仕事で大変なこと5選【大切なことではある】

保育士の仕事で大変なことについても書いていきましょう。

大切なことではあるのですが・・

疲れてしまうこともありますね。

1.子供との関わり方に悩む【うまくいかない】

2.保護者からのクレームや関係作りに悩む

3.保育士同士の人間関係に悩み疲れる

4.給料は安いが長時間労働やサービス残業がある

5.書類も多く事務作業をしなければならない

1.子供との関わり方に悩む【うまくいかない】

子供との関わり方に悩むこともあります。

うまくいかないと考えてしまいますね。

まとめられない、子供が多動であるなど子供について悩むことがあります。

2.保護者からのクレームや関係作りに悩む

保護者からのクレームに悩むこともあります。

中には厳しいことも言われることがありますね。

保育士が辞めたい理由の1つとして、保護者からのクレームもあるのです。

→ 保育士がクレームで辞めたいときの対処法5選【保護者の態度が辛い】

3.保育士同士の人間関係に悩み疲れる【退職理由の上位】

保育士同士の人間関係に悩んでしまいます。

保育士同士うまくやっていくことが求められます。

しかし、ときには折り合いがつかなかったり、上下関係で疲れてしまったり。

実は保育士に人間関係は退職理由の上位にも入っているのです。

4.給料は安いが長時間労働やサービス残業がある

保育士の給料はとにかく安いです。

年収は350万円程度で誰でもそれくらいのお給料。

長時間労働でサービス残業も普通にありますので納得いかないこともたくさんあります。

保育士という仕事では辛い部分でもありますね。

5.書類も多く事務作業をしなければならない【仕事内容がキツイ】

書類も多く事務作業もしなければならない現実があります。

日中は子供をみているため、お昼寝の時間や夕方にしか事務作業をすることはできません。

そのため、仕事内容がきつく大変であるということもあるのです。

→ 【元保育士が選ぶ】保育士の就職祝い10選!現場ですぐに使える必需品

保育士の仕事は役割も重要【考え方の大切なこと】

保育士の仕事は役割も重要【考え方の大切なこと】

保育士の仕事では、役割も大事です。

独りよがりではできない仕事であるので、考え方の大切なことについて書いていきます。

保育園では自己主張よりも円滑な人間関係が求められる

保育園では自己主張よりも円滑な人間関係が求められます。

色んな人としっかりとコミュニケーションをはかり、みんなで保育園を良くしていく。

そんな考えがとても大事だといえますね。

転職の時に作文や面接で聞かれる「保育士の仕事で大切なこと」

転職や就職のときに実は「大切なこと」について聞かれることがあります。

作文で書くこともあれば、面接時に聞かれることも。

そのため、自分の中でも保育士にとって大切なことはしっかりと持っておきましょう。

仕事だけではなくプライベートも充実させる【リフレッシュする】

仕事だけではなくプライベートも充実させましょう。

リフレッシュすることも重要だといえます。

気持ちを切り替えて仕事を頑張るには、プライベートも充実させましょう。

保育園の方針にそって保育を進めていくこと

保育園の方針にそって保育を進めていくことも大事です。

保育園によって方針は様々で、考え方や保育の方法も色々とあります。

そのため、保育士として自分のやりたい保育をするのではなく方針にそってやることが求められるのです。

ベテランの保育士は若い世代を育てること

ベテランの保育士は若い世代を育てることも大事です。

保育士の仕事では人材育成も必須。

将来の人材を育てることが保育士にも求められるのです。

保育士の仕事で大切なことのまとめ【保育を意識すべき】

保育士の仕事で大切なことのまとめ【保育を意識すべき】

保育士の仕事で大切なことについて書いてきました。

色々な考えがありますが、ここで紹介をした5つは意識をしておきましょう。

保育士という仕事は子供が中心で、健やかな成長のためにするものです。

保育士として、子供達と日々接することを大事にして下さいね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

・元保育士で園長や主任の管理職経験あり

【経歴】
認可(社福・公立臨職)と認可外保育園の現場経験 → 複数の保育園の運営マネージャー → 保育園園長 → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

・副業でブログと幼児教室・小学校受験講師

・認可保育園の研修でも使われているブログです♪

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

・元保育士で園長や主任の管理職経験あり

【経歴】

認可(社福・公立臨職)と認可外保育園の現場経験 → 複数の保育園の運営マネージャー → 保育園園長 → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

・副業でブログと幼児教室・小学校受験講師

保育士子育て世代とつながりたい

【簡単な紹介】

二人の子供がいるお父さん。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る