保育士の仕事で大変なことランキング5選【楽しいことの本音と対処法】

保育士の仕事で大変なことランキング5選【楽しいことの本音と対処法】

保育士の仕事で大変なことがあります。

もちろん、仕事は大変なものですが、保育士は独特ですね。

苦労をすることもあれば、楽しみもあったりします。

この記事では保育士の仕事で大変なことと楽しいことを書いていきます。



保育士の仕事で大変なことランキング5選【仕事の本音はどうなの?】

保育士の仕事で大変なことランキング5選【仕事の本音はどうなの?】

保育士の仕事で大変なことをランキングで書いていきます。

仕事をするとなると苦労をすることもありますが、保育士は独特。

そんな保育士の仕事で大変なことについて、書いていきます。

1.労働時間が長く持ち帰りの仕事もある

2.職場の人間関係に悩む

3.子供を見るよりも事務作業が多く大変

4.保護者対応に気を使うことが多く苦労する

5.体力を使う仕事で毎日疲れてしまう

1.労働時間が長く持ち帰りの仕事もある【業務が多い】

労働時間が長く、持ち帰りの仕事があります。

保育士の勤務は基本シフト制なのですが、なかなか定時には帰れないこともありますね。

仕事量も多いため、なかなか終わらないという現実があります。

2.職場の人間関係に悩む【グループに巻き込まれる】

職場の人間関係に悩まされます。

人と一緒に仕事をすることに苦労をします。

保育園の中には人間関係で苦労をしてしまう園もたくさんありますね。

グループは派閥があったりと、気を使うことが多いです。

3.子供を見るよりも事務作業が多く大変【仕事量が多い】

子供を見るよりも事務作業が多く大変です。

保育士の仕事は書類が多く、毎週、毎月、年間で書類をしなければなりません。

特に最近はパソコンでも仕事も増えていますので、時間もかかってしまいます。

4.保護者対応に気を使うことが多く苦労する【クレームの不安】

保護者対応に気を使うことも多いですね。

最近は保護者も保育園に依存をしがちです。

クレームであったり、適切に対応をしなければならない人がいたりもします。

5.体力を使う仕事で毎日疲れてしまう【日焼け対策も大変】

保育士は体力を使う仕事です。

毎日子供たちを走り回り、元気に声をだしてする仕事です。

体力を毎日使いますし、日焼け対策もしたりとケアも怠れませんね。

→ 保育士が保護者対応で疲れたと感じる原因5選と対処法【辞めたい理由】

保育士の仕事で楽しいこと【大変だと感じることもある】

保育士の仕事で楽しいこと【大変だと感じることもある】

保育士の仕事で楽しいことを書いていきます。

色々と楽しいことがありますが、どのような点で苦労をするのでしょうか?

保育士の仕事で楽しい、やりがいを感じられる点を書いていきます。

子供の成長を間近で見ることができる【魅力的な仕事】

子供の成長を間近で見ることができます。

保育士だけや唯一子供と近くで仕事ができますね。

毎日成長をしていく姿を見ることもできる、魅力的な仕事です。

乳幼児の子供と毎日接することができる【かわいい姿】

乳幼児の子供と毎日接することができます。

かわいい姿もありますので、保育士をやっていてよかったという声は多いですね。

0歳児から5歳児まで幅広い年代がいる保育園は、楽しみが多い仕事だといえます。

行事やイベントを成功させたときの達成感が心地よい

行事やイベントを成功させたいときの達成感が心地よいですね。

保育園では色々な行事やイベントがあります。

その中で成功をさせたら、すごく気持ちのよいものに。

とくに終わった日はそれまでの努力が報われたような気持になります。

保護者の役に立ってている・必要な存在と感じる

保護者の役に立つ仕事が保育士です。

必要な存在であると感じますし、社会にとっても重要な役割を担っています。

保育者としてたくさんの人から「ありがとう」を言ってもらえる点はうれしいですね。

チームとして仕事を成功させられた時【行事の達成感】

チームとして仕事を成功させられた時はうれしいですね。

行事も達成感であったり、クラスでやろうとしたことが成功したり。

保育園はチームとして仕事をするので、みんなで一つの目標に向かってやるということは大事ですね。

→ 保育士が楽しい理由7選と辛いことを解説【魅力とやりがい・大変さ】

保育士の仕事で大変なことが多い時の対処法5選【悩んだら転職】

保育士の仕事で大変なことが多い時の対処法5選【悩んだら転職】

保育士の仕事では大変なことも多いですね。

そんなときにどうすべきか?

対処法を書いていきましょう。

1.大変なことを書き出して整理する

2.園長や主任に相談をして改善を希望する

3.大変な中でもやりがいを見つけて納得する

4.同僚と大変なことを分かち合い頑張る

5.保育園を転職して環境を変える

1.大変なことを書き出して整理する【業務量を把握】

まず、大変なことを紙に書き出してみましょう。

「大変」と思っていても、何が大変なのかはわからないもの。

そのため、大変なことを紙に書き出して整理をしてみてください。

すると、大変なことが頭の中で考えられるので、落ち着くかも。

2.園長や主任に相談をして改善を希望する

園長や主任に相談をして改善を希望しましょう。

仕事で大変なことがあるのならば、上に伝えて変えてもらうしかありませんよね。

紙に書き出しているのならば、そこから相談をしてみましょう。

3.大変な中でもやりがいを見つけて納得する

大変な中でもやりがいを見つけて納得しましょう。

保育士の仕事でやるべきことはたくさんあります。

その大変なことを乗り越えてこそ、楽しめることがあるのです。

困った時は仕事の中でやりがいを見つけてみましょう。

4.同僚と大変なことを分かち合い頑張る

同僚と大変なことを分かちあいましょう。

一緒に働いているもの同士で大変なことを伝え合えば気持ちも変わります。

また、相談をして頑張ることもできます。

仲間を見つけるというのは、とても大事なことだといえますね。

5.保育園を転職して環境を変える

保育園を転職して環境を変えましょう。

もし、仕事が大変だと感じたら保育園の業務量が多いのかもしれません。

そんな時は保育園の転職を考えましょう。

転職をしてみると、仕事がラクになったという声もありますので、大変だと感じるならば転職も検討してみてください。

>>【保育士バンク】

求人数業界ナンバー1、コンサルタントが親身、非公開求人多数あり、全国対応。

>>【ジョブメドレー保育士】 

検索型の保育士求人、登録をするだけでスカウトが届く、自分のペースで仕事が探せて応募も可能、転職サイトの運営母体は大手のジョブメドレー

>>【マイナビ保育】

※大手マイナビの保育士専門サイト、コンサルタントの質はナンバー1融通やわがままを聞いてくれる、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に特化している。

保育士の仕事で大変なことのまとめ【やりがいや楽しみもある仕事】

保育士の仕事で大変なことのまとめ【やりがいや楽しみもある仕事】

保育士の仕事で大変なことについて書いてきました。

やりがいや楽しみもある仕事ですが、苦労をすることもあります。

どんな仕事でも楽しみもあれば、苦労もありますので注意が必要ですね。

そんなときにこの記事が参考になればと思います。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る