社会福祉法人の保育園の求人の特徴とは?株式会社とは給料が違う?

社会福祉法人の保育園はどうなのでしょうか?

実は保育士の多くが在籍をしている保育園の形態と言えば「社会福祉法人」ですね。

その理由は認可保育園を運営できる母体が「社会福祉法人」「宗教法人」など定められていたためもともとの母数が多いのです。

しかし、社会福祉法人とは何なのかを説明するとなると難しいです。

この記事では社会福祉法人の保育園について書いています。

記事を読み終えることで社会福祉法人とは?は社会福祉法人の保育園で保育士が働くメリットなどがわかります。



社会福祉法人とは?運営母体の違いを解説

保育園の形態として最も多い社会福祉法人とはいったいどんな法人なのでしょうか?

この母体の意味は「主に社会福祉のサービスを提供する団体」のことを指しています。

保育の他にも高齢者施設や障碍者施設などを運営している法人などがあり、福祉とカテゴリされるような施設を運営すること団体です。

株式会社は利益を追求する会社の形態ですが、社会福祉法人は社会福祉の向上を主な目的としており、各団体において共通の理念に基づいて運営をするものです。

法人によっては複数の保育園を運営しているのですが、法人理念はそろえており保育の理念は各園に任せているなど様々です。

社会福祉法人は税金の優遇措置や自治体から支給をされる補助金を中心に運営を行っており、それらの資金を使って保育士への給与を支払っているのです。

そのため、児童数をたくさんいれて利益を設けようとしている園はあまりありません。

株式会社との違い

保育園は今は株式会社やNPO法人でも運営をすることが可能です。

そのため、母体は社会福祉法人ではなく株式会社になる場合がありますが、株式会社はサービス業的な考え、利益を求めるような形態の保育園となっています。

そのため、社会福祉法人とは少し違ったような保育を求められることがあります。

あくまでも営利団体である株式会社は社会福祉法人と比べて補助金や税制に関しての優遇が受けられないこともありますので、職員の給料などへ影響があるケースもあります。

学校法人との違い

学校法人の保育園はあまり見かけません。

学校法人は私立の学校を設立運営する形態としている公益法人で社会福祉法人とは似たような形態になっています。

しかし、学校法人の管轄は文部科学省、社会福祉法人は厚生労働省と管轄をする省庁に違いがあります。

どちらかと言えば、社会福祉法人よりも学校法人の方が「教育」に関しては優れている点があります。

また、学校法人にはある程度の税法上での優遇はありますが、利益を上げなければ経営が成り立たないため運営に必要な範囲の収益事業は認められています。

社会福祉法人と株式会社の中間的な法人形態と思っておきましょう。

保育料と入園の方法

社会福祉法人の保育園へ入園をするということは「認可保育園」へ入園をするということです。

その場合は市役所へ申し込みをしましょう。

保育に欠ける要件を満たしており、希望の保育園へ空きがあり、あなたの入園するポイントが高ければ入園が可能となります。

ただし、これは100%入園できるというものではありませんので理解をしてきましょう。

→ 保育園の入園申込時期と方法!入園するための提出書類と点数一覧

社会福祉法人保育園のメリットデメリット!特徴は給料の安定?

社会福祉法人の保育園で働くメリットデメリットについて書いていきましょう。

社会福祉法人は保育園の母体や運営形態としても最も多いですが、仕事をするメリットとデメリットがあります。

最近は新規の社会福祉法人もたくさんありますが、歴史ある保育園も多いですね。

私は今まで30年以上も運営をしている歴史のある保育園が多かったので、その経験もふまえて経験を書いていきます。

メリット

社会福祉法人のメリットは以下の通りです。

・運営が補助金や税制の優遇で対応をしているため給料や賞与が安定している。

・福利厚生が整っている保育園が当たり前。

・子供の入園はすべて市役所が行っているため、子供の人数に困ることがない。

・長年経験を積んだ職員が在籍していることが多い。

・職員が安定しており、離職をしても次の人が見つかりやすい。

・法人ごとに大きな特徴があるため、自分の考えにあった保育園で勤務ができる。

・保育園の経営の歴史が長く、基盤もしっかりとしている。

社会福祉法人の保育園の最大のメリットは「安定」です。

法人として母体が大きいため「潰れること」はないですし、収益も子供の保育料ではなく補助金で成り立っているため給料の安定性も間違いありません。

また、歴史がある園が多いため「運営のノウハウ」が豊富にありますし、長年勤務をしている保育士が多い点も大きなメリットです。

特に新卒の保育士は「社会福祉法人の認可保育園」へ就職をすれば学ぶことも多いです。

デメリット

次にデメリットを書いていきます。

・社会福祉法人だから安定をしているといっても、子供が少ない地域では経営が困難になることもある。

・監査が厳しく、運営は市役所の指示に従わなければならない。

・営利目的ではないため、玩具、遊具、備品などへお金をさくことができない。

・家族経営や同族経営が多く、園長とその家族が権力を持つため、人間関係に気を使う園もある。

・歴史や慣例を重視するため、新たな挑戦などへなかなか踏み出せない。

デメリットでも特に気をつけたいのは「家族経営」の保育園です。

運営関係がすべて上にいる時に家族だと「誰も意見が言えない」「文句が言えない」「給料は家族がほとんどもらう」と言うことになってしまいます。

そのため、人間関係に疲れますし「上に行けない」という問題も生じます。

社会福祉法人の保育園の求人の見つけ方と給料

社会福祉法人の保育園の求人の見つけ方ですがとても簡単です。

求人に出ている大半の認可保育園の母体は社会福祉法人となっていますのであなたの希望に沿う保育園の求人がきっとでてきます。

しかし、社会福祉法人の保育園へ勤務をする場合に注意をしたい点は先ほど紹介をしたデメリットです。

同族経営の保育園で私は良い経験をしたことはあまりありませんので避ける方が良いとおもっています。

給料は高いよりも安定している

認可保育園の給料はとにかく安定性があります。

私も複数の認可保育園で勤務をしてきましたが、給料が高くはないですが安定があり毎年数千円でも昇給がありました。

株式会社などはボーナスなしの園もあるのですが、認可保育園では金額に差があったとしてもきちんともらうことができていました。

また、福利厚生もきちんとしているため退職金ももらえましたので、安定性と言う点では間違いありません。

求人が最も多い形態!好待遇を探すならばエージェント

もし、転職や就職を考えているのならば社会福祉法人でも良い園へ勤務をしたいですね。

そんなときにハローワークや求人サイトで探してもあなたの希望に沿う保育園は見つかりません。

内部の情報や保育園の中身を知りたいならば「転職エージェント」を利用しましょう。

転職エージェントは「紹介型」の就職方法であなたの希望にそった園を探してくれます。

あなたは無料で利用をすることができ、内部の情報まで知ってから入職をすることができますのでメリットも高いですね。

人気記事→ 保育士の求人転職サイトをおすすめ3つに厳選【退職前に読むべき】

園長の給料が高いは本当?

ちなみに認可保育園の園長になれば給料は高いのでしょうか?

実は認可保育園の園長には2つのタイプがあります。

1つ目は「雇われ園長」と呼ばれるオーナーではない園長と、実質的なオーナーが園長をしているケースがあります。

前者の雇われ園長は「会社員」と同じ扱いなので、保育士の給料にプラス5~10万円程度ですが、オーナーになると違います。

実はオーナー園長の給料明細を見たことがあるのですが、給料額が100万円だったことがありますので認可保育園の上はかなり儲かるということですね。

→ 保育園園長の年収と給料はいくら?幼稚園と雇われ園長の仕事も解説

社会福祉法人の保育園の特徴と求人の見つけ方のまとめ

社会福祉法人の保育園について書いてきました。

社会福祉法人は保育園の形態の中でも最も多い母体です。

園によって保育の方法や理念、種類が異なりますし、労働環境も大きくことなりますので求人を探す場合には「あなたのやりたい保育」「あなたの希望の理念」「労働環境が希望に合う」などのメリットを探しましょう。

実は私も紹介型のエージェントで転職をした結果、希望の待遇と理想の考えの園を見つけることができましたのでおすすめです。

親身になってくれるコンサルタントも多いのでぜひ活用してください。

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtaka

【経歴】

・現場の保育士から保育園の園長になった経験

・子供の教育関係の経験あり。幼稚園、小学校受験に関しては知識あります。

今は元保育士として普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はキャンプと筋トレ、フットサル。

今はサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る