保育士の採用試験の流れと成功させるコツ5選【採用側の裏事情を暴露】

保育士の採用試験の流れと成功させるコツ5選【採用側の裏事情を暴露】

保育士の採用試験の流れや対策はどうすべきなのでしょうか?

新卒だけではなく、転職者としても試験をうけることになりますね。

この記事では保育士の採用試験についていろいろと書いていきます。



目次
  1. 保育士の採用試験の流れとは?5つのステップで紹介
  2. 保育士が採用を勝ち取る5つのコツ【試験を転職も新卒も成功させよう】
  3. 保育士を採用する裏事情を暴露【試験で採用をする人の特徴とは?】
  4. 保育士を採用試験のまとめ【試験内容の対策をしっかりしよう】

保育士の採用試験の流れとは?5つのステップで紹介

保育士の採用試験の流れとは?5つのステップで紹介

保育士の採用試験は対策が必須。

そのためには流れや内容を理解しなければなりません。

まずは保育士採用試験の流れについて書いていきます。

1.求人情報をみて応募をする

2.面接の日程や試験の内容が送付をされる

3.試験当日に会場まで行く

4.採用試験を受ける

5.採用の合否の連絡が来るので決定をする

1.求人情報をみて応募をする【仕事内容も】

求人情報をみて応募をしましょう。

仕事内容や給料は人によって異なりますが、しっかりと納得したうえで応募をしましょう。

あなたが採用をされた時の条件となるので、しっかりと見ておきましょうね。

2.面接の日程や試験の内容が送付をされる

応募をすると、メールもしくや郵送にて、面接の日程や試験の内容が送付をされてきます。

その内容にそって対策をすることが必要ですね。

面接日まで、準備をしましょう。

→ 保育士が履歴書で志望動機を書くポイント5選【採用担当者にぶっ刺さる】

3.試験当日に会場まで行く【気持ちを整理して】

試験当日に会場へいきましょう。

気持ちを整理して、テストへ臨むことになります。

時間に遅れないように、しっかりと行動をするようにしてください。

早めに行動をして、余裕を持つことをおすすめします。

4.採用試験を受ける【種類は色々】

採用試験を受けましょう。

テストは筆記や実技などがありますし、ピアノがある所もあります。

種類は保育園によって異なりますので、そこに合わせて試験を受けるようにしてくださいね。

5.採用の合否の連絡が来るので決定をする

採用の合否の連絡がきます。

もし、採用だった場合にはそこへ就職するのかをよく検討しましょう。

問題なければ、お礼状を送って採用となり、就職の時期などを決めることになります。

私立保育園の採用試験の内容とは?どんなもの?

私立の保育園の採用試験は以下のようなものが多いです。

・筆記試験(一般常識、保育の専門)

・実技(運動、ピアノなど)

・面接(個人もしくは集団)

時間としては1時間~長くても半日程度なので、しっかりと対策をして臨みましょう。

大きな法人になると、面接が2回あったりすることもあります。

公立保育園の試験内容は難しい?テストが大変

公立保育園の試験内容は大変ですね。

長く、かつ合格率がとても低いためです。

1次試験に筆記試験があります。

・教養試験:国語・数学・英語・理科・社会の5科目と物理、化学、政治、経済等

・専門試験:保育士資格試験とほぼ同じ分野

1次の筆記試験に合格をすれば、2次試験になり面接や実技となります。

・面接

・適性検査

・小論文

・実技試験:ピアノや手遊び等

市区町村によって試験の内容は異なり、二次試験で実技、三次試験で面接を実施するなど。

また、試験の回数も自治体によって大きくことなります。

保育士が採用を勝ち取る5つのコツ【試験を転職も新卒も成功させよう】

保育士の採用を成功させる5つのコツ【転職も新卒も同じ】

保育士が採用を勝ち取るためにやるべきことがあります。

採用をする側としても、一定のレベルの人を取りたいと思っています。

そこで、採用試験へ行くときのコツについて書いていきましょう。

1.身だしなみを整えて本番に臨む

2.試験の内容に対して対策を練る

3.保育園の内容や詳細を頭に入れ込む

4.面接の練習は必須!想定質問に答えよう

5.転職エージェントを活用する

1.身だしなみを整えて本番に臨む【スーツが基本】

身だしなみは整えておきましょう。

面接へ行くならば、見た目はとても大事。

スーツを着て良い印象を持ってもらえるようにしましょう。

もちろん、シャツのしわなども伸ばしていきましょうね。

2.試験の内容に対して対策を練る【ピアノは中心的に】

試験の内容に対して対策を練りましょう。

どんな風にすればよいのか?

どんな試験なのか?

試験内容に対して、しっかりと対策を練ってから望むようにしてください。

3.保育園の内容や詳細を頭に入れ込む【幼稚園も同じ】

保育園の内容や詳細を頭に入れ込みましょう。

幼稚園も同じですが、面接で必ず聞かれるのが園の概要です。

そのため、インターネットなどで調べて保育園の内容や概要を頭にいれておきましょう。

4.面接の練習は必須!想定質問に答えよう【成功させよう】

面接の練習は必須です。

想定質問にこたられるように準備をしてください。

定番の質問や最後に「質問はありませんか?」と聞かれることも想定されます。

そこで、しっかりと答えられるようにしていきましょう。

5.転職エージェントを無料で活用する【給料や面接の調整】

転職エージェントを無料で活用しましょう。

転職エージェントの良い点は、無料で給料の交渉、面接日の調整、保育園の内容、面接対策など教えてくれます。

また、自分では見つけられない非公開の求人も見つけてくれますので、便利ですね。

上手に活用をしちゃいましょう。

>>【保育士バンク】

求人数業界ナンバー1、コンサルタントが親身、非公開求人多数あり、全国対応。

>>【ジョブメドレー保育士】 

検索型の保育士求人、登録をするだけでスカウトが届く、自分のペースで仕事が探せて応募も可能、転職サイトの運営母体は大手のジョブメドレー

>>【マイナビ保育】

※大手マイナビの保育士専門サイト、コンサルタントの質はナンバー1融通やわがままを聞いてくれる、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に特化している。

保育士を採用する裏事情を暴露【試験で採用をする人の特徴とは?】

保育士を採用する裏事情を暴露【採用する人の特徴とは?】

保育士を採用するときに、採用側の裏事情があります。

実際に、どんな人を採用するのか?

暴露していきますね。

保育園で長く勤務をしてくれそうな人を採用する【社会人経験者】

保育園で長く働いてくれそうな人を採用することになります。

保育園では、たくさんの人を採用します。

その中で「長く」勤めてくれる人を求めているのです。

特に社会人経験者など、すぐに辞めたりしないかを見ているのです。

採用単価が出来るだけ安い人を選びたい【安く決定したい】

採用単価はできるだけ安い人を選びたいです。

エージェントなどの紹介会社を使うとなると、想定年収の30%くらいを支払うことになります。

すると、年収300万円の人でも90万円くらいを支払うことになりますね。

その費用はできるだけ抑えたいと思いますので、ハローワークやIndeedなど、無料の広告も使うことがあります。

応募者がよく似ている場合は、お金のかからない方で採用をする傾向にありますね。

職員からの意見を聞くことも多い【実習がある園もある】

職員から意見を聞くこともあります。

「あの子どうでしたか?」など。

職員も一緒に働きたいと思える人を採用するパターンは多いですね。

試験の内容よりも人間性を見ることも多い【ベストな選択をしたい】

試験の内容も大事ですが、人間性を見ることも多いです。

人となりを見て、採用をするケースもありますね。

保育士として仕事をする上で、大事なことだといえます。

保育士不足でも選んでいる現実【誰でも採用するわけではない】

保育士不足でも、実は採用をする人は選んでいます。

人が足りない状態でも、ある程度は採用をする人のレベルをみています。

足りないから採用をしてもらえるだろう…なんて甘い考えは捨てておきましょうね。

保育士を採用試験のまとめ【試験内容の対策をしっかりしよう】

保育士を採用するのまとめ【試験内容の対策をしっかりしよう】

保育士を採用するときについて書きました。

試験はしっかりと対策をして本番に臨むようにしてくださいね。

採用されるためには、対策も必須ですので、準備をして臨むようにしてくださいね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る