保育士の労働環境がブラックな問題点5選と対策法【退職理由とは?】

保育士の労働環境がブラックな問題点5選と対策法【退職理由とは?】

保育士の労働環境にはいろいろな問題があります。

保育士としていると感覚がおかしくなってしまいますが、問題点も多いですね。

劣悪な保育園もあり、保育士の退職もあとを絶たないところもある現実があります。

この記事では保育士の労働環境の問題点や解決策についてかいています。



目次
  1. 保育士の労働環境の問題点5選【ブラック企業と同じなの?】
  2. 保育士の退職理由TOP5【労働環境がキツイ厚生労働省の調査】
  3. 保育士の労働環境がひどい現実【なぜ無くならない?】
  4. 保育士の労働環境の改善方法【どうすれば保育園が良くなる?】
  5. 保育士の労働環境は保育園による【ホワイトな保育園へ転職する方法】
  6. 保育士の労働環境のまとめ【劣悪な保育園は転職を考えよう】

保育士の労働環境の問題点5選【ブラック企業と同じなの?】

保育士の労働環境の問題点5選【ブラック企業と同じなの?】保育士の労働環境について問題点があります。

ブラック企業と良く似ているという印象ですね。

そんな保育士のひどい労働環境について書いていきます。

1.長時間労働が常駐化している【労働時間は関係なし】

2.サービス残業・持ち帰りが当たり前の現実

3.低賃金でお給料も上がらない現実

4.職場の人間関係は劣悪でいじめもある

5.労働環境が悪いため慢性的な人手不足

1.長時間労働が常駐化している【労働時間は関係なし】

長時間労働が常駐化している現実がありますね。

保育士にとって労働時間は本当に悩みです。

やることが多く、残って仕事をすることもあれば、シフトの時間外にやることも。

労働時間はあってないようなもので、本当に仕事に毎日追われてしまう状態が当たり前になっています。

2.サービス残業・持ち帰りが当たり前の現実【残業代はなし】

サービス残業、持ち帰りの仕事が当たり前になっています。

シフト外の時間で仕事をすることが当たり前ですし、持ち帰りの仕事もたくさんあります。

書類に作り物など、保育をしている時間以外でしなければなりません。

これが慢性的になっており、家でもずっと仕事をしなければならない現実があります。

もちろん、残業代はなしで一切もらえません。

3.低賃金でお給料も上がらない現実

保育士の給料は月給15万円程度

もらえている人でも20万円に届かない現実がありますね。

労働環境は劣悪で給料も上がらない現実があり辛い思いをすることも多いです。

なかなか上がらない給料を見ると、イヤになってしまいますよね。

4.職場の人間関係は劣悪でいじめもある

職場の人間関係も最悪な保育園もたくさんあります。

いじめであったり、パワハラであったり。

保育園内にはいろいろな問題がありますが、人間関係で退職をしてしまう人もたくさんいるのです。

5.労働環境が悪いため慢性的な人手不足

保育士の労働環境をさらに劣悪にしてしまう問題点が人出不足です。

保育士の有効求人倍率は年々上がっており、

直近の令和2年7月の保育士の有効求人倍率は2.29倍

(引用:厚生労働省「保育士の有効求人倍率の推移(全国)」)

保育士一人に対して2件から3件の求人があるという現実があるのです。

それだけ、人手不足の業界なので一人の保育士に対しての仕事が増えていく厳しい現実があるのです。

→ ブラック保育園のリアルとは?10の特徴と見分け方を保育士が解説

保育士の退職理由TOP5【労働環境がキツイ厚生労働省の調査】

保育士の退職理由TOP5【労働環境がキツイ厚生労働省の調査】

保育士が退職をする理由は何でしょうか?

労働環境の影響が大きくあるように感じられます。

1.職場の人間関係

2.給料が安い

3.仕事量が多い

4.労働時間が長い

5.妊娠や出産

1.職場の人間関係

一番多い理由は職場の人間関係です。

保育士は人とうまく仕事をしていかなければなりません。

しかし、職場内の人間関係に問題があると、うまくいかないことも多いです。

人間関係がしんどいために辞めたいとなる保育士が多いですね。

2.給料が安い

給料が安い。

保育士の平均年収は360万円。

しかし、平均年齢も36歳になっての平均ですので、実際はもっと安いですね。

手取り13万円なんてことも普通にあるので、仕事のわりに給料が安い現状があります。

3.仕事量が多い

保育士はとにかく仕事量が多いです。

子供の保育だけではなく、書類をしたり、行事の準備をしたり。

やることに追われてしまう現状があり辛いですね。

4.労働時間が長い

労働時間が長い問題もあります。

シフト制で、サービス残業や持ち帰りの仕事もおおいため、大変ですね。

時間が長いために、疲れてしまうという現状があります。

5.妊娠や出産

妊娠や出産などおめでたいことのタイミングでの退職も。

中には結婚を機に退職をするパターンもありますね。

結婚を機に保育園を辞めたい…なんて思っている保育士も実はいるのです。

(参考:厚生労働省「保育士の現状と主な取組」)

保育士の労働環境がひどい現実【なぜ無くならない?】

保育士の労働環境がひどい現実【なぜ無くならない?】保育士の労働環境は昔から問題になっています。

私は元保育士ですが、辞めてからも労働環境は一向に変わっていませんね。

そんな劣悪な労働環境が残っている現実について書いていきます。

昔の名残をそのまま続けている【古い体質が抜けない】

昔の名残でサービス残業、持ち帰りの仕事を認めている園がたくさんあります。

古い体質が今でも抜け切れずに残ってしまっていますね。

特に古くからある認可保育園ほど、その名残が抜けずにみんな残業をして仕事をしてしまいがちです。

経営者が働き方改革について無知である【園長・理事長】

経営者である理事長や園長が無知であるというのも上げられます。

昨今は働き方改革もうるさく言われており、休みを取得させなければならないなどルールもあります。

しかし、そのような時代にあった考えをしらずに昔の古い体質を続けているのです。

今では時代遅れな労働環境の保育園が今でもたくさんありますね。

残業をして仕事をすることが美学の考えがある

残業をして仕事をすることが美学という考えがあります。

これは企業にもいますが、残業をして仕事をこなすことがすごいという考えです。

今の若い世代にはそんな考えはありませんが、根強く残っている可能性もあります。

保育士の労働環境の改善方法【どうすれば保育園が良くなる?】

保育士の労働環境の改善方法【どうすれば保育園が良くなる?】そんな保育士の労働環境は簡単には変わりません。

しかし、見ているだけ、勤務をしているだけではかわりませんので、改善をする方法について書いていきます。

保育士みんなで園長に改善してもらうよう直訴する

保育士みんなで労働環境の改善を園長に直訴しましょう。

今の労働環境を変えてほしい、変化がほしいと願って動くことです。

そうやって行動をすることにより、もしかすると保育園の労働環境が改善されるかもしれません。

労働基準監督署へ相談をしてみる【市区町村に設置】

次に労働基準監督署へ相談をしてみるのも1つです。

労働環境がひどい状況を証拠も付けていくと一番良いですね。

例えば、労働時間のメモを取る、給与明細を持っていき残業代が出ていないことを証拠として出す。

そうやって労働基準監督署へ直訴をしてみると、注意や是正が行く可能性があります。

何も言わずに転職をする

労働環境が劣悪な保育園もあれば、ホワイトな保育園もあります。

そんな時は何も言わずに転職をすることも一つです。

改善をするにしても労力が必要ですし、何も変わらないかもしれません。

その力を転職活動へ向けた方が賢いかもしれませんね。

保育士が一斉退職を申し出る【労働環境の改善】

保育士全員で一斉退職を申し出る。

これも立派な方法です。

もちろん、荒療治でありリスクもあることを理解してやるべきですね。

ストライキで実際に労働環境の改善を勝ち取っている保育園もありますので、最終手段をしてやってみてもよいかも。

→ 保育士の大量退職の理由とは?無責任な一斉退職はなぜ起こるのか?

保育士の労働環境は保育園による【ホワイトな保育園へ転職する方法】

保育士の労働環境は保育園による【ホワイトな保育園へ転職する方法】保育士の労働環境ですが、もちろん保育園によります。

時間通り帰ることができる園もあれば、なかなか帰ることができない園もありますね。

どうせならば、労働環境が整っている保育園で働きたいと思う気持ちは当たり前のこと。

そこでホワイトな保育園へ勤務をする3つの方法を書いていきます。

保育士転職のエージェントを活用して転職する

保育士の転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントは紹介型の転職サイトで、あなたの希望にマッチをした求人を紹介してくれるものです。

あなたの利用料は無料で、最適な園を紹介してくれる点は大きなメリットです。

あなたが予想をしていない保育園の紹介があるかもしれませんね。

>>【保育士バンク】

求人数業界ナンバー1、コンサルタントが親身、非公開求人多数あり、全国対応。

>>【ジョブメドレー保育士】 

検索型の保育士求人、登録をするだけでスカウトが届く、自分のペースで仕事が探せて応募も可能、転職サイトの運営母体は大手のジョブメドレー

>>【マイナビ保育】

※大手マイナビの保育士専門サイト、コンサルタントの質はナンバー1融通やわがままを聞いてくれる、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に特化している。

労働環境の良い保育園の情報を集めて転職する

労働環境が良い保育園の情報を集めてみましょう。

求人サイトを見て「残業なし」「年間休日120日」など恵まれた環境の保育園の情報を集めてみて下さい。

その中からあなたにとって最適な園が見つかるはずです。

ただし、内部情報はわからないので転職をしてから「違った」と後悔をする可能性もありますので要注意!

友人の紹介でホワイトな保育園を探す

友人の紹介でホワイトな保育園を探してみるというのも大事ですね。

友達や保育士経験者からいろいろと聞いてみると良いかもしれません。

ただし、あまり本気にはしない方がいいかも。

ホワイトな保育園の情報持っていたら、自分が転職をしますよね。

→ ホワイトな保育園へ転職する3つの方法【ブラックとの違いと特徴】

保育士の労働環境のまとめ【劣悪な保育園は転職を考えよう】

保育士の労働環境のまとめ【劣悪な保育園は転職を考えよう】保育園の労働環境について書いてきました。

今でもブラックで劣悪な労働環境の保育園はたくさんあります。

そこに勤務をしていても疲弊をしてしまいますし、疲れてしまいます。

もちろん改善のために動いても良いですが、労力を考えると転職をするほうが良いかもしれません。

もし、疲れてしまったら、、、職場を変える方法がベストな選択かもしれませんよ。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → マイナビ保育士は最悪のウワサ!元保育士が実体験をもとにすべて暴露

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る