労働時間で休憩はなし!計算すると保育士はブラックな仕事の条件で過酷

労働時間が保育士離職の大きな理由

保育士が世の中に少しずつ広がり始めたは待機児童問題を受けてからです。

最初は政府のお偉いさんも待機児童がいっぱいならば、保育園をたくさん作れば解決になるのではないか?

そんな風に考えていた方も多いと思いますが、実はそこでもう一つ大きな問題がでてきました。

保育士不足が慢性化

それは、保育園をたくさん作ったとしても肝心のそこで働く保育士がいないという大きな問題です。

これは本当に大きな問題となっており昔は保育士が保育園の採用試験を受けた場合に選ばれる側となっていたのですが、今では保育士が条件や良い保育園や仕事のしやすい保育園などを選べるようになってきました。

保育園にとって保育士がいないということは子どもを受け入れることもできないため経営が圧迫することとなり、結果的には赤字になる可能性もありますので、人材の確保は今は必須となっています。

最近は開園をして保育園の建物はあるのだけれど保育士が集まらないために定員以下の受け入れしかできない保育園も多いです。

それだけ待機児童も多いですし、中には保育士が大量退職をした結果閉園せざる負えないという事例もある厳しい現実があります。

そこでここ最近の保育士の採用の動向や、保育士がどんどん違う業界へ転職してしまう理由について書いていきましょう。

労働条件の良いところへ賢い保育士は流れる

まず、現状の保育士の採用の状況ですが今は保育士が自由に勤務をする保育園を選ぶことができる現状があります。

最近は保育士不足がどんどんと進行しており、世の中の保育園で人材に余裕があるというところはどこにもないですね。

過去は先ほども書いたように保育園が採用をするとなった場合にはたくさんの人が面接に訪れることとなっており、その中から良い人材を保育園側が選ぶことができていました。

特に首都圏の保育士不足は深刻となっており、有効求人倍率は東京になるとなんと6倍となっています。

つまり、1人の保育士が6つの保育園の中から最も条件の良い保育園を選べるということになりますね。

(参考記事:厚生労働省が調査した「保育士の有効求人倍率について」)

保育士求人が首都圏では採用できない

しかし、今は保育園が採用を1年間常にしており保育士資格を持っている人ならばどんどん採用をしており、人を選ぶどころか誰でも良いので来てくださいというのが現状です。

そのため、首都圏の東京や大阪、名古屋、福岡など全国手もトップクラスの待機児童がいる地域ではその地域での人材確保は困難となっています。

地方の四国や北海道、東北など人材的にもまだ余裕のある地域まで保育園経営者が面接に訪れて家も用意して勤務をしてほしというお願いをしにいくことで採用をしいる現状があります。

私も保育士資格を持っているため、元々勤務をしていた保育園からは「戻ってきてくれない?」「いつでも採用するから」というように電話が来るほどです。

こんな風に保育士不足は深刻化しているのですが、保育士がその現場で続かない。

また、異業種へ転職をしてしまったり、ほかの保育園へ転職をしてしまう理由には「労働環境が悪い」という理由が多いのです。

正直、人材がいる保育園は保育士が働きやすく生き生きとしています。

つまり、労働条件や環境が良いということです。

その反対で毎年退職者が出ている、常に人材採用をしている保育園は労働環境や条件が良くないということです。

人材採用に困っている保育園は新規の採用と共に労働環境の改善も必要なのかもしれないですね。

労働環境は休憩なし?保育園はブラックが多い

保育士は自由に選ぶことができるので、今世の中の保育園は労働環境の改善が必要なのかもしれません。

そこで、保育現場がいかにブラックな環境なのかを書いていきましょう。

労働時間が長い

友人の保育士らにも聞いてみると、一番の問題は保育士の労働時間が圧倒的に長いということです。

労働時間とは法的には一日8時間で週に40時間と定められていますが、保育園は土曜日も勤務があることから変形労働制と呼ばれる勤務体制で1年間でのトータルな時間で計算をされていますね。

一日8時間となっておりそれ以降は残業手当もしくは時間を調整していくという形が一般的なのですが保育現場ではまず定時に帰れるということはないです。

保育士の仕事内容は保育が中心なのですが、ほかにもお帳面(お母さんとの交換日記のようなもの)、日案、週案、月案、年間カリキュラムなどのカリキュラム、日誌、運動会や発表会などの行事のスケジューリングと立案、制作物の作成、壁面、掃除、保護者対応など多岐にわたります。

日中は保育、保育後に事務などの雑務

日中はずっと子どもから目を離すこともできないため、そのほかの事務仕事をする時間など到底ありません。

そのため、毎日のようにサービス残業になりますし、持ち帰りの仕事も多くなりますので一日の労働時間の8時間にどれだけの時間を毎日プラスで働いているのかと思います。

日中は保育に事務仕事などがプラスでしなければならないため、結果的には休みの日も仕事をしている人が多いというのが現状になっていますね。

契約外の長時間の労働となるため、心身ともに疲れてしまい長く勤務ができない保育園が多いです。

もちろん、残業代などは一切支給をされない保育園が多く結局はすべてサービスになるというのが現状です。

休憩時間は取れない

このような状態で日中の仕事を少しでも早く終わらせたいという気持ちから休憩時間も取れない。

つまり、休憩はなしというのが現状となるのは正直なところです。

休憩に関しては私も保育士をしてきましたが勤務をしてきた保育園が悪いのかもしれないですが、ほぼ取ったことはありません。

たぶん、10年間でも数えるほどしかちゃんと休憩というものはとったことはないですね。

その理由としては、休憩を取る時間があるのならばそれよりも雑務を1つでも終わらせて少しでも早く帰りたいというのが本音です。

そのため、休憩をしてコーヒーの一杯でも飲むのなら1分でも仕事をして残業をする時間を減らしたいというのが保育士の本音になります。

シフト勤務で早番が辛い

保育園の多くは開園時間が非常に長くなっており、基本は7:00~19:00までとなっているのですが最近は保護者からの希望やニーズの声もあり7:00~20:00が基本となってます。

企業主導型の保育園になると7:00~22:00まで開園するなど長い時間を空けている保育園も多いです。

関連記事企業が保育園を作るなら企業主導型保育事業で助成金を手に入れよう

しかし、このシフトをすべて勤務をしている保育士だけで補わなければならないという現状がありますので、結果的に早番、遅番、中番など毎日勤務時間が異なる働き方が多くなりますね。

しかもこのようなシフトには正社員しか入らないというのが基本的な考えとなってしまいますので正社員への負担は大きなものになります。

特に早番が辛いという声は多く、実際に働いている保育士は口をそろえて辛いと言っていますね。

早番だと7:00には開園をさせなければならないため、保育園へは6:30には遅くてもついておかなければ開園準備もできなくなってしまいます。

しかも、その準備の時間は一切手当がつくわけでもなく労働時間は7:00からということになりますね。

定時帰りは保育園ではほぼない

勤務時間事態は16:00までとなっていますが、先ほどのような事務仕事が多いため結果的にいろいろな仕事をしていく必要がでてくるため早番をしても帰れない。

じゃあ遅番ならば良いのかと思うのですが、20:00までの勤務となると11:00出勤になりますが、保育園の生活を見ていくと11:00には日中の生活の中でも最も忙しいとされています。

遅番でも定時には来れず早く来る現実

食事や排せつの時間がありますので優雅に11:00勤務などしていられないため、遅番でも結局は早い時間帯に出勤をしているという結果になります。

そのため、保育園で働いている保育士の勤務時間はあってないようなものだと思いますね。

こんな風に毎日勤務時間が異なると、起きる時間もバラバラになり、夕食の時間もバラバラで不規則になることから体調を崩す先生も多くなっていますね。

せめて、勤務時間内に帰れる現場になればと思うのですが、保育士不足のあおりも受けておりかなり大変な状況になっているのが保育現場の現状です。

労働条件は最悪な保育士の現実

労働時間は長く、サービス残業当たり前、持ち帰りの仕事は当たり前というようになかなかシビアに大変となっています。

基本的に毎日残業をしているのに残業代も出ていないという時点でブラック企業と同じような感覚になってしまいますよね。

その次に労働条件について書いていきたいと思います。

労働条件の中でも保育士が不満に思っていることは2つあり「お給料」「休日」になります。

お給料に関しては本当の上がらない理由があります。

基本は補助金で成り立っており保育園の運営費の半分は人件費だと言われています。

つまり、それ以上を上乗せすると保育園の運営がうまくいかなくなってしまうという現状があります。

もちろん保育園経営者の頑張り次第であがるはずなのですが、保育士の処遇改善手当もきちんと支給をしていない保育園が多いため、結局、働いている保育士さんに還元がされていないんですよね。

関連記事保育士の処遇改善手当は技能や経験に応じて異なる、いくらもらえるの?

なぜ保育士の給料は安いのか?

企業ならば営業成績がのびたり、会社の規模が大きくなったりすることで収入も増えますし臨時のボーナスなども出ることがあるのですが、

保育園の場合は頑張って保育をして働いても、預かる人数が増えるわけでもないですし、保育士1人が見れる人数が多くなるわけでもないため収入が増えないため保育士の年収はいつまでたっても平均296万円から変わらないのが現状です。

残業代もつかないので、お給料は毎月の固定給しか手に入らないのでモチベーションも下がってしまうんですよね。

保育園という仕事は福祉となっているため、一般企業のように自由に休みを決めることができるわけでもありません。

休日数は確保されている

しかし、平日と土曜日など保育園がある市区町村の規定に従っていればあとは保育園側が自由に保育園での職員の雇用形態は自由にすることが可能です。

そのため、保育園によって年間の休日日数は異なっており、求人広告などを見ていると95日~120日くらいの間に収まっている保育園が多い印象となりますね。

しかし、95日と120日の保育園を比較した場合には約1か月ほど働く労働日数が異なりますので条件の良い保育園へ流れていくでしょう。

有給も取りにくく休めない

また、休日に関してのもう1つの問題は有休をとりにくいという点です。

その理由としては人材が不足をしており、ぎりぎりの人数で保育をしている保育園が多くなっていますので人員的に余裕がない状況です。

人員に余裕がいないということは、自分が休むことにより一緒に働いている先生に負担をかけることになるというのが目に見えてわかります。

そのため、希望の有休をとることもできないですし病気でもなかなか休みを言い出せず体調不良のままでも1週間保育を頑張り続けるというようなことにもなります。

保育園は市区町村からの補助金で成り立っていることからできる限り開園をし続けなければなりませんのでお盆も休めない先生も多く、唯一休めるのは年末年始の4日~6日間程度となっていますね。

他の保育園の休みや一般企業の人の休みなどと比較をすると「なんで休みが少ないのだろう」と感じる保育士さんは多いです。

幼稚園教諭はどうなの?

実は幼稚園教諭も基本は持ち帰りの仕事が多く、サービス残業は保育士と同じようにしていますし持ち帰りの仕事も多いですが

夏休みや冬休み、春休みなど長期にわたっての休みも多くありますし、保育園のように土曜日に勤務があるわけでもないため労働環境的には保育士よりも恵まれている印象です。

お給料に関しても同じもしくは高い場合もありますが、幼稚園の場合は補助金なども少なくシビアに園児からいただいている保育料だけなので有給や病休はとりずらく余剰の人員はいないことが基本となっています。

しかし、長期の休みがあるという点で保育士よりは恵まれているのかなという印象ですね。

保育士の労働環境の改善が必要

保育士の労働環境についていろいろと書いていきましたが、いかがでしょうか?

ご覧の通り今はインターネットで簡単に労働基準法なども調べることができますし、保育士をして働いている世代も若くなってきているため昔のような働き方では難しいです。

新人の保育士さんだと労働時間やそれに対する賃金などについては結構詳しく、場合によっては訴えられてもおかしくないですね。

昔はそんな環境でもがんばれました。

「24時間戦えますか?」が通用した時代ですが今はそれも通用しませんし、何よりも長く勤務をしてもらわなければ良い保育を提供することもできません。

経営者の意識が大事

私も経営の立場も経験していますので、もちろんお給料をいきなり1人5万円も上げるというのは現実的にも難しいのもわかっていますので、それならば定時内で仕事ができる仕組み作りはしておく必要があると思いますね。

そもそも経営は会社でも保育園も同じで「人・モノ・金」の3つしかないです。

保育園は保育士が「人」で、保育をすることが「モノ(サービス)」を提供をすることで補助金や保育料などの収入「金」を得ています。

どこかが欠けると収入は途絶えてしまいますので改善のポイントについては経営者がしっかりと考えていきましょう。

タイムカードは手書きが多いワケ

実は保育園のタイムカードや勤務時間に関しては手書きがほとんどとなっています。

これは昔からの風習なのかもしれませんが、多くの保育園はタイムカードの導入などはしておらず基本的にはすべて手書きとなっていますね。

私は今までに経験をしてきた保育園ではすべて手書きで残業をしていても定時帰りの書き方しかダメでしたし、友人らに聞いても今でも手書きの保育園が多いです。

定時を書く、ハンコを押す。

監査では保育士は定時帰りになっている

この2つしか勤務表を証明するものはなく、監査などに来ても実際に現場で残業が多いことなどはわからないというのが現実です。

もしタイムカードを導入したり、カードIDを導入すれば残業代を支払わなければなりませんし、監査でも問題となるでしょう。

保育経営者としてはそのリスクを避けたいという思いから基本は避けるような流れになっていますね。

もちろんこれはダメだと思いますし、政府も働き方改革と言っており、世の中が労働者に対してブラックはやめようと言っているのですからタイムカードは導入をしてほしいものですね。

保育士は良い労働環境へ転職しよう

大きな法人などになると労働組合などを持っている保育園もありますし、最初に書いたように保育士不足で就職先を選ぶことは保育士ができます。

もし、今勤務をしている保育園の労働環境や条件が悪いならば違う保育園へ転職をしてみるもの手ですよ。

しかし、転職をしたくてもさらに悪い労働環境の保育園へは行きたくないと思いますので、転職をするなら保育士エージェントなどの紹介型の保育士求人を使うとメリットもあります。

関連記事保育士転職サイトランキング!口コミ評判と好待遇な転職に成功した方法

紹介型の保育士の転職サイトを利用すると、かなり好待遇な求人にも出会えますし転職をすることも可能です。

私も実際に利用をした経験があるのですが、年収は転職をしただけで40万円もあがりましたし休日も増えて、理想の環境になりました。

友人らにも教えてみたのですが、ハローワークで探す求人とは違うしキャリアコンサルタントがすべて探してくれるというメリットも大きいです。

しかも、費用は無料という点も大きな魅力となっていますのでうまく活用してみましょう。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。

私、運営者のtakaと申します。

元現場の男性保育士で認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げ、集客などもしてきた異色の保育士です。

現在36歳、娘も2人います。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいと思いこのサイトを始めました。

他にも子育ての悩み役立つ情報、おでかけ情報など楽しい情報もアップしていきます。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る