臨時保育士の給料やボーナス・働き方【正社員やパートとは違う仕事】

臨時保育士の給料やボーナス・働き方【正社員やパートとは違う仕事】

臨時保育士という働き方を聞いたことがありますか?

実は最近すごく増えている雇用形態の仕事なのです。

保育士として仕事をしたいならば、一つの働き方として考えても良いですね。

この記事では臨時保育士の給料や仕事内容について書いていきます。



臨時保育士とは?給料やボーナスは?【正社員やパートと違う雇用形態】

臨時保育士とは?給料やボーナスは?【正社員やパートと違う雇用形態】臨時保育士の給料やボーナスはどんな感じでしょうか?

正社員やパートとはちがう、臨時という雇用形態。

まずは、臨時保育士の基礎的なことについて書いていきます。

臨時保育士は公立の仕事【公務員の扱いになる】

臨時保育士は公立保育園に多い雇用形態です。

あくまでも臨時なので契約期間が定められる形態の保育士です。

公立で採用をされると一応公務員の扱いになりますね。

私立では、臨時職員にすることは少なくパートや非常勤という雇用形態にすることが多いです。

仕事の探し方は簡単【市区町村に登録でOK】

仕事の探し方の基本についても書いていきましょう。

臨時保育士の仕事は基本的に登録でOK。

市区町村に保育士採用ぺージがありますので、そこで登録をすればすぐに仕事を探してくれます。

早いと数日で採用が決まったりする場合もありますね。

臨時保育士の給料やボーナスはどうなの?【時給が基本】

臨時保育士の給料やボーナスはどうなのでしょうか?

これは雇用をされる市区町村や保育園によっても異なりますが、待遇はよくはありません。

月給の場合は15万円程度が基本で、週5日1日8時間の勤務が求められます。

時給だと市区町村によりますが、1000円が相場

日給も7500円~8000円くらいが相場で、そこまで高くはない印象です。

ボーナスはもちろんありませんし、もらえたとしても寸志程度だと思っておきましょう。

臨時保育士の雇用形態とは【正社員・パートと違う】

臨時保育士の雇用形態についても書いていきましょう。

臨時保育士はあくまでも臨時。

そのため、契約期間が1年以内になることが多いです。

正社員だと契約期間は無期。

パートだと毎年更新をされますが、辞めさせられることは少ないですね。

臨時はあくまでも臨時なので、契約期間がありそれよりも早く契約が終了をする場合もあります。

短期的な仕事が多い【1年契約が基本】

中には3か月だけなどの仕事もあります。

例えば、保育士が怪我をしたのでその間だけ休むなどもありますね。

最長でも1年間の雇用契約が基本だといえるでしょう。

→ パート保育はどこまでの仕事内容?【担任や責任を持つ?書類も?】

臨時保育士の仕事内容【担任は持つ?勤務時間は?なるための方法】

臨時保育士の仕事内容【担任は持つ?勤務時間は?なるための方法】臨時保育士の仕事内容についても書いていきましょう。

担任は持つのか?勤務時間は?など色々なことが気になりますね。

臨時保育士の仕事について書いていきましょう。

書類や担任業務はあり【臨時保育士の雇い方による】

臨時保育士といっても、普通に保育士の業務の必要があります。

書類や担任業務は当たり前。

そして、行事などの準備も必要になりますね。

臨時保育士は気楽な仕事ではないので注意してください。

正社員とほぼ同じ仕事を任されることになります。

臨時保育士の勤務時間は短い?【早朝・夕方のパートになる】

臨時保育士の勤務時間は短いのか?

これについては雇用形態によります。

正社員と同じように8時間の勤務を求められる場合もあれば、短時間で早朝と夕方だけ。

あとは、午前中だけなど雇用形態はさまざま。

色々な保育士の代わりなので、雇用をする保育園によって時間も異なります。

私立保育園は少ない雇用形態【公立が大半を占める現状】

私立には少ない雇用形態ですね。

私立の場合は非常勤やパートという形で雇用をするケースがほとんどです。

臨時保育士としての仕事を求める場合には、公立の保育所で働く覚悟をもっておきましょう。

臨時保育士の採用試験とは?面接が基本【資格は必須】

臨時保育士の採用試験とはどんなものでしょうか?

まず、保育士資格を持っていれば面接を受けます。

保育園では顔合わせ程度で、基本は担当者の面接のみ。

最終的に採用をされる保育園で顔合わせをされることもありますね。

臨時保育士の仕事のメリットデメリット

臨時保育士の仕事のメリットデメリット臨時保育士として働く場合のメリットデメリットについて書いていきます。

臨時保育士は今すごく多い働き方です。

特に公立は正社員の給料が高すぎる問題がありますので、臨時保育士の雇用に力を入れているのです。

臨時保育士のメリット

臨時保育士のメリットは時間の融通と採用までのスピードです。

早ければ数日で決まることも当たり前のようにあります。

・すぐに保育士として仕事ができる

・時間の融通が利きやすい

・保育士としてのスキルがあがる

仕事復帰などにも向いているかもしれませんね。

臨時保育士のデメリット

次に臨時保育士のデメリットです。

臨時保育士として仕事をする場合には、デメリットもあります。

特に給料や更新については不安に感じてしまうことも多いですね。

・給料が安くボーナスはなし

・正社員へ登用されるかは不安定でわからない

・契約は更新性で不安定

臨時保育士は辞めたい?心配になる仕事内容と将来的なキャリア

臨時保育士は辞めたい?心配になる仕事内容と将来的なキャリア臨時保育士をしている先生はたくさんいます。

公立保育所は社員が少ないため、どうしても臨時職員の先生で成り立つことが多いためですね。

しかし、中にはやめたいという声もありますので、その理由について書いていきます。

仕事を頑張りたくても期間が短い【働く場所が安定しない】

仕事を頑張っていきたいと思っていても、積みあがりません。

理由は簡単で「雇用の期間が短い」ためです。

臨時保育士はどれだけ長くても1年です。

中には数か月という期間もありますので、なかなか長期にわたって採用をしてもらうことが難しいですね。

また、同じ保育園で仕事をすることも少ないので安定性はない仕事だといえます。

雇用形態は不安定【臨時なので将来が心配になる】

雇用形態も不安定です。

あくまでも臨時保育士なので、将来が心配になってしまいます。

お金も雇用も不安定なので辞めたいとなります。

派遣保育士や正社員に方がメリットが高い【臨時は不安定】

臨時保育士は一時的に仕事をする場合には良いでしょう。

しかし、その反面で長期的に仕事がしたい、スキルを積み上げたいという場合にはメリットは低いです。

それならば、派遣保育士や正社員に方がよりメリットがありますね。

臨時は不安定ですので、紹介会社などを使ってしっかりとした勤務先へ行く方が良いこともあるでしょう。

臨時保育士の給料やボーナスのまとめ【仕事が不安定な働き方】

臨時保育士の給料やボーナスのまとめ【仕事が不安定な働き方】臨時保育士の給料や仕事内容について書いてきました。

あくまでも「臨時」なので不安定な仕事です。

将来的なことを考えると、正社員やパートとして勤務をするほうが間違いなくメリットがありますね。

短期的、一時的に仕事をしたいならば向いていますがそれ以外は向いていません。

しっかりとキャリアを積みたいと思っているならば正社員を目指して下さいね。

人気記事 → 保育士転職に失敗しない求人サイトおすすめ3選【退職前に読むべき】

人気記事 → 保育士バンクが最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
保育士ライフ運営責任者です。

【経歴】

・認可保育園で現場の経験あり。

その後は教育関係の会社に転職し管理職を歴任。

今は普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。。

今は営業のサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る