保育士がピアノ未経験では大変な理由5選【弾けない初心者の独学方法】

保育士がピアノ未経験では大変な理由5選【弾けない初心者の独学方法】

保育士がピアノ未経験。

これって、実はものすごく大変なことになるかもしれません。

苦手な人は特に困ってしまいますね。

この記事では保育士がピアノ未経験で大変な理由や練習のコツを書いていきます。



保育士がピアノ未経験で大変な理由5選【苦手な人が陥る悩み】

保育士がピアノ未経験で大変な理由5選【苦手な人が陥る悩み】

保育士がピアノ未経験で大変な理由があります。

現場でピアノが苦手ならば良いのですが、未経験だとかなり苦労をするかも。

そんな保育士がピアノ未経験や苦手だとどうなるかをまずは書いていきます。

1.子供の前で上手に弾くことができない

2.弾き歌いはものすごく難しい

3.1曲を弾くために練習に時間がかかる

4.人前で弾くことにものすごく緊張する

5.楽譜がよめないので時間がかかる

1.子供の前で上手に弾くことができない【辞めたいレベル】

子どもの前でピアノを弾くことができません。

「辞めたい」となるレベルくらいピアノができないと苦労をします。

もちろん、幼児クラスや持つことができませんし、保育士の採用すら危ういかも。

ピアノは保育士の基本なので、現場でも苦労をしますね。

2.弾き歌いはものすごく難しい【2つのことが上手にできない】

ピアノを弾けて、かつうたうことができる。

これがものすごく大事なことです。

保育士は子供に歌を教えることも求められますが、それができないとなると、子供に歌を上手に教えられません。

3.1曲を弾くために練習に時間がかかる

1曲を弾くために、ものすごく時間がかかってしまいます。

保育士はピアノが弾けなければならないこともあります。

例えば、月の曲などですが練習をして弾くことが必要なこともありますね。

4.人前で弾くことにものすごく緊張する【演奏に自信がない】

人前で弾くことにものすごく緊張をしてしまいます。

演奏に自信がないため、人がみているだけで手が震える。

ピアノが未経験だと自身もないため、まったく弾けないなんてことにもなってしまいます。

5.楽譜がよめないので時間がかかる

楽譜そもそも読めません。

そのため、まずが楽譜に書き込むことが必要になります。

その手間と時間もかかるため、苦労をしてしまいますね。

無駄な仕事が増えると言えるでしょう。

保育士がピアノ未経験のレベルとは?初心者はヤバい

保育士がピアノ未経験のレベルとは?初心者はヤバい

保育士のピアノ未経験のレベルとは?

どれくらいヤバいのでしょうか?

ピアノ未経験の難しさについて書いていきます。

基本の指の動きができない

基本の指の動きができていません。

鍵盤を触る時に、すべての指を使わなければなりませんが未経験だとむずかしいですね。

それくらい、ピアノって指の訓練が必要なのです。

両手でピアノを弾くのが難しい

もちろん両手でピアノを弾くことも難しいです。

片手でも必死で弾かなければならないレベルですので、相当大変。

保育士の未経験者のピアノは聞いても厳しいでしょう。

楽譜をすべて書き込む必要がある

楽譜はすべて書き込みの必要があります。

楽譜はそのままでは読めません。

そのため、上に書き込む必要があり時間がかかってしまいます。

暗記してしかピアノが弾けない

暗記してしかピアノを弾けません。

初心者や未経験者に多いのですが、暗記をしてピアノを弾くことが求められます。

そのため、弾けるようになるまでとにかく時間がかかります。

実際に保育園では役に立たないレベル

実際に保育園でピアノが未経験だと役に立ちません。

おそらく保育士としてピアノは期待できないレベル。

現場ではピアノが求められますが、弾けないとなると苦労をします。

保育士でピアノ未経験の初心者が独学するコツ5選【練習あるのみ】

保育士でピアノ未経験の初心者が独学するコツ5選【練習あるのみ】

保育士がピアノ未経験。

初心者がピアノを上手に弾くようになるためには、どうすべきでしょうか?

それは練習あるのみです。

私も保育学校に入ったころは未経験でかなり苦労をしましたので、合わせて紹介をしていきます。

1.簡単な曲から練習をする

2.楽譜に読みを書きこんで読みやすくする

3.コツコツ毎日10分でも練習をする

4.保育士向けのピアノ教室へ通う

5.失敗をしても良いので子供の前で弾く

1.簡単な曲から練習をする【本をみながらコツコツやる】

簡単な曲から練習をするようにしてください。

ピアノはいきなり難しい曲を弾くことはできません。

ピアノの教則本などを見ながらコツコツ読んでみましょう。

2.楽譜に読みを書きこんで読みやすくする

楽譜に読みを書き込んで、わかりやすくしましょう。

ピアノが苦手な人はみんなそれをやっています。

子どもの前で間違えるくらいならば、そこはしっかりと抑えるようにしましょう。

3.コツコツ毎日10分でも練習がおすすめ【キーボードでOK】

コツコツ毎日10分でも練習がおすすめです。

ピアノではなくてキーボードでも良いので必ずしてくださいね。

継続は力なりという言葉がある通り、しっかりとピアノが弾けるようになるためには、毎日の努力が必要なのです。

4.保育士向けのピアノ教室へ通う

保育士向けのピアノ教室へ通いましょう。

最近はピアノが苦手な保育士の多いので、ピアノ教室で教えてくれるケースも多いです。

自己投資とおもってピアノ教室には通うようにしてください。

5.失敗をしても良いので子供の前で弾く

失敗をしても良いので、子供の前でピアノを弾くようにしましょう。

簡単な曲でも良いので、弾かなければうまくはなりません。

練習をしては弾く、を繰り返していけばどんどんうまくなっていくでしょう。

保育士がピアノ未経験のまとめ【淡々と練習あるのみ】

保育士がピアノ未経験のまとめ【淡々と練習あるのみ】

保育士がピアノ未経験で初心者の時について書いてきました。

やはり保育士たるもの簡単な曲は弾くことができないと厳しい現実がありますね。

そのためには、淡々と練習あるのみです。

最初はうまくいかないこともあるかもしれませんが、どんどんチャレンジしましょう。

触らない、弾かないとうまくなりませんので、その点は気を付けてくださいね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る