保育士のピアノレベルはどれくらい?弾けない人のスキルアップ方法5選

保育士のピアノレベルはどれくらい?弾けない人のスキルアップ方法5選

保育士に求められるピアノレベルはどれくらいでしょうか?

実際にピアノをするとなったらどれくらい求められるか心配になります。

現場でも弾くことが求められることはたくさんありますし…。

この記事では保育士に求められるピアノレベルについて書いていきましょう。



保育士のピアノレベルはどれくらい?バイエルではダメ?

保育士のピアノレベルはどれくらい?バイエルではダメ?

保育士のピアノレベルはどれくらい求められるのでしょうか?

実際にピアノを弾くとなると、ある程度のレベルが求められることは確かです。

そんな保育士のピアノレベルについて書いていきましょう。

1.子供の歌を楽譜通りに弾ける

2.左右の指が間違えずリズム通り弾ける

3.ピアノを弾きながら歌をうたうことが出来る

4.人の前で緊張をしてもピアノを弾くことができる

5.様々な曲のレパートリーを持っている

1.子供の歌を楽譜通りに弾ける

子供の歌を楽譜通り弾けることは必要です。

毎月様々な歌をうたうことになります。

その際に、譜面を見てその通り弾けるということは大事。

楽譜通りにピアノが弾けるように練習をしてください。

2.左右の指が間違えずリズム通り弾ける

左右の指を間違えず、リズム通りに弾けることも求められます。

リズム通りというのは、歌についてもしっかりと弾けるということですね。

楽譜も大事ですが、実はリズムをきちんと弾くことも大事なのです。

3.ピアノを弾きながら歌をうたうことが出来る

ピアノを弾きながら歌うことができることも重要です。

保育士は弾き歌いを求められます。

そのため、ピアノの練習をして歌をうたうことをも求められます。

つまり、ピアノを弾いて、歌をうたう2つのことが求められるのです。

4.人の前で緊張をしてもピアノを弾くことができる

人の前で緊張をしてもピアノを弾くことが出来なければなりません。

発表会であったり、運動会であったりピアノを弾く機会は多いです。

そのため、緊張をしてもピアノを弾くことが求められるのです。

5.様々な曲のレパートリーを持っている

様々な曲のレパートリーを持っていることも大事です。

保育士としてピアノを弾くとなると、一曲では心もとないですね。

さっと色々な曲が弾けるようにならなければなりません。

→ 保育士がピアノ弾けないので辞めたい対処法3選【必要なレベルは?】

保育士のピアノレベルが求められる施設と担任を解説

保育士のピアノレベルが求められる施設と担任を解説

保育士のピアノレベルはどれくらいのことが求められるのでしょうか?

施設の規模や、仕事をする場所によって求められるレベルも違いますので紹介していきます。

幼稚園は高いレベルのピアノが求められる

幼稚園の先生としてピアノをする場合には高いレベルが求められます。

幼稚園では教育という観点から、レベル高く色々な曲が弾けるようにならなければなりません。

逆に考えるとピアノが弾けない人は、幼稚園で仕事をすることは厳しいといえますね。

認定こども園もピアノのスキルが必要

認定こども園もピアノのスキルが求められます。

認定こども園は保育園と幼稚園の子供が通っている施設です。

そのため、幼稚園と同じようにピアノのレベルが求められるのです。

保育園の幼児クラスは問題なくピアノが弾ける

保育園の幼児クラスになるとピアノが必要です。

先生が問題なく弾けるレベルまでは必須ですね。

歌う曲や、朝の挨拶など必要な曲はすべて弾けるようにならなければなりません。

乳児クラスはピアノが求められない

乳児クラスはピアノを求められません。

どちらかと言えば、先生がピアノなしで歌うことを求められます。

たまに行事などで弾くレベルは必要ですね。

小規模保育園はピアノを弾くことは少ない

小規模保育園はピアノを弾くことは少ないです。

乳児クラスの子供だけとなっていますので、そこまで求められません。

練習をすれば弾ける程度のレベルと思っておきましょう。

→ 保育士がピアノ未経験では大変な理由5選【弾けない初心者の独学方法】

保育士のピアノが弾けないレベルのスキルアップ方法5選【初心者向け】

保育士のピアノが弾けないレベルのスキルアップ方法5選【初心者向け】

保育士の中にはピアノが苦手…という方も多いですね。

特に初心者レベルで学校へ行くと苦労をします。

保育士としてピアノを弾くためにすべきことを書いていきます。

1.毎日ピアノの練習をしてスキルをアップする

2.ピアノ教室に通い習う

3.楽譜にふりがなを付けて読めるように練習をする

4.子供の前でピアノを弾く機会を多く作る

5.バイエルなどの教則本で指の練習をする

1.毎日ピアノの練習をしてスキルをアップする

毎日ピアノの練習をしましょう。

ピアノに毎日触れることにより、スキルアップが望めます。

10分でも触れて指の練習をしっかりと行いましょう。

2.ピアノ教室に通い習う【未経験はおすすめ】

ピアノ教室に通い習いましょう。

なかなか練習をすることができないならば、強制的にピアノを練習する機会を作るべきです。

未経験の人は、習って弾けるようになれば問題ありませんね。

3.楽譜にふりがなを付けて読めるように練習をする

楽譜にふりがなを付けて読めるようにしましょう。

楽譜を読むことに時間がかかるならば、とりあえず書き込んでしまってください。

ピアノの練習のためには、書き込むことも大事だといえますね。

4.子供の前でピアノを弾く機会を多く作る【演奏は大事】

子供の前ではピアノを弾く機会をあえてもちましょう。

緊張をするかもしれませんが、どんどんピアノの練習をすることが大事。

何度も練習をしてピアノのスキルアップを望みましょう。

5.バイエルなどの教則本で指の練習をする

バイエルなどの教則本で指の練習をしましょう。

教則本は指の練習をするのに最適だといえます。

何度も弾いて指の動かし方を学びましょう。

→ ピアノの習い事を子供に何歳から?効果とメリット【月謝と費用も】

保育士のピアノレベルのまとめ【がんばって向上あるのみ】

保育士のピアノレベルのまとめ【がんばって向上あるのみ】

保育士の求められるピアノレベルについて書きました。

正直なところ、あなたが仕事をする場所によって大きく異なります。

幼稚園ならばそれなりのレベルが求められますが、保育園でも乳児クラスならばそこまで求められません。

がんばって向上あるのみですので、コツコツピアノの練習をしてスキルアップを目指しましょう。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る