保育士がピアノ弾けないので辞めたい対処法3選【必要なレベルは?】

保育士がピアノ弾けないので辞めたい対処法3選【必要なレベルは?】

保育士がピアノを弾けない。

保育士の仕事をするなら、必須となるピアノ。

これが弾けない、苦手で辞めたいという保育士もいるのです。

この記事では、保育士がピアノを弾けないから辞めたいときの対処法、うまくなるコツを書いています。



保育士がピアノを弾けないから辞めたいときの対処法3選

保育士がピアノを弾けないから辞めたいときの対処法3選保育士がピアノを弾けないから辞めたい。

中にはすごく弾ける人もいるので、正直かなり辛いことになることもあります。

そんなときの対処法は3つあります。

1.毎日練習をして弾く練習をする

2.他の人にピアノをお願いする

3.ピアノの必要ない保育園へ転職する

1.毎日練習をして弾く練習をする

ピアノが弾けなくても、練習をしなければなりません。

保育園ではピアノが必須で、幼稚園が一緒になっている認定こども園だと余計に必要ですね。

そのため、コツコツ毎日練習するしかないでしょう。

うまくなるコツについては次に書いています。

2.他の人にピアノをお願いする

他の人にピアノをお願いして、自分は弾かない。

ピアノが苦手なのに、無理に練習をして弾いてもうまくなることはありません。

最低限は弾けるようにしておき、あとは他の人にお願いをする方が賢いかもしれません。

3.ピアノの必要ない保育園へ転職する

ピアノの必要ない保育園へ転職をしましょう

例えば、小規模保育園だと必要ないですし、乳児院などもそこまで求められません。

ピアノを必要としない保育園へ転職をしてみるのも一つの方法です。

保育園で求められる必要なピアノのレベルとは?

保育園で求められるピアノのレベルとはどれくらいでしょうか?

これは「保育園による」というのが基本的な考えになりますね。

・簡単な童謡が弾ける

・朝の会、終わりの会は問題なく弾ける

この2つは必要なスキル。

ただし中には、バイエルは完璧、ブルグミュラーは弾ける、ソナチネレベルは求めるなど難しいレベルを求められる保育園もあります。

保育士がピアノを弾けないから辞めたい【うまくなるコツ5選】

保育士がピアノを弾けないから辞めたい【うまくなるコツ5選】保育士がピアノを弾けないから辞めたい。

しかし、すぐに辞めるわけにもいかず、ピアノの練習をする必要もありますね。

そこで、ピアノがうまくなるコツをかいていきます。

ちなみに、私は練習をものすごくして暗記をしないと弾けないレベルです。

1.楽譜にルビを書いて練習する

楽譜を読むことが難しい、大変ですね。

そんなときは楽譜にルビをうって、みながら弾きましょう。

楽譜がするすると読まればあとは、弾いて練習をするだけです。

楽譜を読むというストレスをなくせるので、おすすめの方法です。

2.簡単な童謡を弾く

簡単な童謡を弾いて覚えましょう。

季節の歌を1ヶ月前から練習をして、弾けるようになったら子供の前で弾いてみましょう。

しっかりと弾けるようになれば、自身にもつながります。

3.毎日30分ピアノを触る

毎日30分ピアノを触るようにしましょう。

上手に弾くためには、ピアノに触れる必要があります。

コツコツと毎日15分でも良いので、ピアノに触れる機会を作ってくださいね。

4.youtubeを参考にして独学で勉強する

youtubeにはピアノを弾き方を解説している動画がたくさんあります。

それをみて、練習をしてください。

基礎から応用まで教えてくれていますので、勉強になりますよ。

5.ピアノ教室へ毎週通う

ピアノ教室へ毎週通いましょう。

毎週のようにピアノ教室へ行けば、嫌でも弾かなければなりません。

環境を作るという意味でも、教室へ月謝を払って通うという選択肢はありです。

→ 新人保育士の悩みの原因と解決方法【辞めたいと思うのは誰もが通る道】

保育士がピアノを弾けないから辞めたい理由【転職の道もあり】

保育士がピアノを弾けないから辞めたい理由【転職の道もあり】保育士がピアノを弾けないから辞めたい。

なぜ、そう感じるのか理由があります。

保育士がピアノを弾けないがために、辞めたい理由について書いていきましょう。

ピアノの練習ばかりすることが苦痛

ピアノの練習ばかりをすることが苦痛になるためです。

弾ける人はさっと練習をして終わりになりますが、苦手な人はそんなに簡単にはおわりません。

ルビをうって、練習をして、弾けないところをまた練習して。

コツコツ積み上げる必要がありますが、それがずっと続きますので苦痛に感じます。

ピアノを弾けないことに引け目を感じる

ピアノが弾けないので、比較してしまい引け目を感じます。

苦手なピアノがあると自信もなくなってしまいますね。

結果的にはピアノが弾けないために、自身がなくなり、弾ける人と比較をしてしまうようになるのです。

保育園での評価が下がる【ピアノを人にばかり任せる】

保育園でも評価が下がります。

ピアノを弾ける人と弾けない人では大きな差があります。

大事なイベントなどになると、どうしても弾ける人が優先されますので、申し訳なく感じることも。

園長からの評価もピアノが弾ける人と比べると、明らかに差がでます。

ピアノを弾かなければならないプレッシャーがしんどい

ピアノが苦手でも、弾かなければならないプレッシャーはすごいですね。

弾けないがために練習をする必要がある、練習をして弾かなければならない。

子供の前、行事でも弾かされるためストレスに感じることもあります。

プレッシャーがしんどいと感じることになりますね。

保育士がピアノを弾けない辞めたいなら転職しよう【必要ない園】

保育士がピアノを弾けない辞めたいなら転職しよう【必要ない園】保育士がピアノを弾けないため辞めたい。

転職をしようと考える方もいるでしょう。

もし、転職をするならばピアノが必要ない職場へ転職をすることです。

たとえば、以下の職場ならばピアノが必要ない可能性が高いですね。

企業内保育

小規模保育所

託児所

院内保育

病児保育

障害児施設

ピアノが苦手な保育士が転職をしたら保育に集中できる

ピアノが苦手な保育士がピアノが必要ない職場へ行くとどうなるか?

子供の保育に集中できるようになります。

ピアノをしなければならないというプレッシャーがなくなる点は大きなメリットですね。

プレッシャーがなくなり仕事が楽しい【ピアノの呪縛】

ピアノを弾くことが必要ということがなくなります。

つまり、プレッシャーやストレスというものがなくなりますので、仕事が楽しいと思えるでしょう。

しんどいことが一つなくなるだけで、心晴れやかになります。

プライベートが充実する【ピアノの練習が必要なし】

ピアノの練習する時間が必要なくなりますので、プライベートが充実します。

自由な時間も増えるので、心も安定しますね。

→ 保育士の休日の過ごし方5選【年間休日・勤務時間・有給・福利厚生】

保育士がピアノを弾けないから辞めたいときは転職もあり

保育士がピアノを弾けないから辞めたいときは転職もあり保育士がピアノを弾けないから辞めたい。

これは、結論として普通にあることで、苦手なことをしなければならない苦痛があります。

そんなときには、練習をものすごくして弾けるようになる。

もしくは必要のない職場へ転職するしかありませんので、転職という選択肢もありです。

特に、ピアノによりすごくストレスを感じているならば、検討すべきかもしれませんね。

人気記事 → マイナビ保育士は最悪のウワサ!元保育士が実体験をもとにすべて暴露

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
保育士ライフ運営責任者です。

【経歴】

・認可保育園で現場の経験あり。

その後は教育関係の会社に転職し管理職を歴任。

今は普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。。

今は営業のサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る