保育士の遅番時間と仕事内容・役割を解説!メリットデメリットを解説

保育士の遅番時間と仕事内容・役割を解説!メリットデメリットを解説

保育士の遅番について書いていきます。

保育士をしていると、シフト勤務になります。

そのため、早番があれば閉園までいる遅番になることも。

この記事では保育士の遅番について書いていきます。



保育士の遅番の勤務時間は何時?パターンを解説

保育士の遅番の勤務時間は何時?パターンを解説

保育士の遅番の時間はどんな勤務なのでしょうか?

保育園によって異なりますので、いくつかのパターンを書いていきましょう。

閉園時間に合わせて出勤をするパターン

閉園時間に合わせて出勤をするパターンがあります。

20時閉園ならば、9時間前にして11時出勤という形になりますね。

遅番の先生は日中の保育よりも、閉園までの仕事が求められます。

遅番は残業代がついて早く出勤するパターン

遅番は残業代がつくパターンもあります。

普通勤務の時間帯に出勤をしてお金がつくというケース。

保育士からしてもお金がつくので、遅番をするメリットがあるのです。

正社員は毎日一人が遅番【パートの先生がいる】

正社員は毎日遅番がだれかいます。

遅番は閉園をするという責任もありますので、正社員が基本。

あと、1人で勤務はできませんので、パートさんなどを採用して2人態勢で見ていることが多いです。

保育士の遅番の仕事内容とはなに?正社員がする5つのこと

保育士の遅番の仕事内容とはなに?正社員がする5つのこと

保育士の遅番の仕事内容とはなにでしょうか?

やることはたくさんあり忙しいのが遅番。

実際にすべき仕事を紹介します。

1.延長の子供の保育をする

2.保育園のカギ閉めを来ない閉園準備をする

3.園内に忘れ物がないかをチェックする

4.帰る子供の伝達事項を保護者に伝える

5.明日の朝に行う保育の準備を行う

1.延長の子供の保育をする

延長となる子供の保育をします。

閉園の1時間前になると、子供が少なくなってきます。

その子供たちの保育をするのが基本で、中にはおやつを食べさせることもありますね。

2.保育園のカギ閉めを来ない閉園準備をする

保育園のカギ閉めを行います。

閉園準備をするという流れになりますね。

子供がいないかの最終チェックをするのです。

3.園内に忘れ物がないかをチェックする

園内に忘れ物がないかをチェックします。

保育園内にはノートや子供が使ったものなどが置かれています。

その当たりが忘れられていないかを確認する必要があります。

4.帰る子供の伝達事項を保護者に伝える

帰る子供の伝達事項を保護者に伝えましょう。

保護者に遅番のときに対応をした子供の伝達を伝えましょう。

今日の様子なども必要なので、きちんと伝達して下さいね。

5.明日の朝に行う保育の準備を行う

明日の保育に必要な準備もしておきましょう。

遅番があるということは、明日は早番があります。

早番の先生が忘れないように準備をしてください。

→ 保育士の早番と遅番は何時から?仕事内容とシフト勤務の辛い現実

保育士の遅番の役割とは?時間が長い時の注意点

保育士の遅番の役割とは?時間が長い時の注意点

保育士の遅番の先生に求められる仕事とは何でしょうか?

仕事として、意識をして取り組みましょう。

最後の子供まで安全に保育をする

最後の子供まで安全に保育をすることが求められます。

少人数だからこそ、問題がないようにすべきですね。

気を付けて、子供を見るようにしてあげてください。

少人数になり保育が長いと感じることもある

少人数になり、保育が長いと感じることもあります。

しかし、少人数だからこそしっかりと子供を見てあげてください。

保育の時間が長いと感じるときは、子供と遊びを切り替えたりしましょう。

保育園のセキュリティのために施錠を完全にする

保育園のセキュリティのために施錠を完全にしましょう。

保育園を閉めるということが大事ですね。

すべて、ミスなくできているかをチェックしてください。

保育士の遅番のメリットデメリット【時間が遅い求人がある?】

保育士の遅番のメリットデメリット【時間が遅い求人がある?】

保育士の遅番のメリットとデメリットがあります。

遅番は保育士にとって「うれしい」という人もいれば「最悪だ」という人もいますね。

そんな保育士の遅番のメリットとデメリットを書いていきます。

保育士の遅番をするメリット

保育士の遅番のメリットは、なんといってもゆっくり出勤できる点ですね。

早くいかなくてよいという点は保育士にとって大きなメリット。

また、寝坊をしてしまうリスクもない点もうれしいです。

・朝はゆっくり出勤できる

・寝坊をしても出勤に間に合う

・子供の少ない時間帯は仕事ができる

・早く子供が帰れば仕事が終わりになる

保育士が遅番をするデメリット【嫌がる職員もいる】

ただし、遅番はデメリットもあります。

まずは、遅くまで仕事をしなければならないことですね。

保育園を閉めるという責任もありますし、早く帰れる早番の方が良いという保育士も多いです。

生活リズムがくるってしまうということあります。

・夜遅くなり生活リズムが狂う

・カギ閉めなど責任も大きい

・最後まで事故を起こさないように気が抜けない

保育士の遅番の求人はあるのか?給料は高いの?【パートが基本】

保育士の遅番の求人はあるのでしょうか?

これはほとんどがパートか、正社員です。

パートの場合は16時~閉園までと遅い時間帯の仕事が求められます。

正社員だとシフト制なので月に1回~2回程度となり、遅番の専門の社員というものはいませんね。

>>【保育士バンク】

求人数業界ナンバー1、コンサルタントが親身、非公開求人多数あり、全国対応。

>>【ジョブメドレー保育士】 

検索型の保育士求人、登録をするだけでスカウトが届く、自分のペースで仕事が探せて応募も可能、転職サイトの運営母体は大手のジョブメドレー

>>【マイナビ保育】

※大手マイナビの保育士専門サイト、コンサルタントの質はナンバー1融通やわがままを聞いてくれる、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に特化している。

保育士の遅番のまとめ【シフト勤務は必ずある仕事】

保育士の遅番のまとめ【シフト勤務は必ずある仕事】

保育士の遅番についてかきました。

遅番は保育士をしていると必ず求められる仕事です。

また、カギ閉めなど責任もありますが、少人数でゆったりと保育をすることが出来る点は大きなメリットですね。

遅番の仕事は保育園によって異なりますし、求められることも違います。

そのため、保育士として仕事をする際には遅番をがんばっていきましょう。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る