子供を落ち着かせる保育のコツ5選【なめられない効果がある方法】

子供を落ち着かせる保育のコツ5選【なめられない効果がある方法】

子供を落ち着かせる保育のコツがあります。

保育をしていると、クラスの状態は先生によって全くことなります。

落ち着いているクラスもあれば、騒がしい、落ち着きのないクラスもありますね。

この記事では子供を落ち着かせる保育のコツについて書いていきます。



目次

子供を落ち着かせる保育のコツ5選【落ち着きのないクラスが悩み】

子供を落ち着かせる保育のコツ5選【落ち着きのないクラスが悩み】保育士の悩みで「クラスが落ち着かない」「子供が言うことを聞かない」というものがあります。

保育をすすめてもなかなか子供が落ち着かない現状もあるのです。

このSNSのように、担任が変わったり、スキル不足であったり。。。

そんなときに子供を落ち着ける5つの保育のコツがありますので、紹介をしていきます。

1.子供と遊び信頼関係を築く

2.普通の声で話しをする

3.怒ったり威圧的な態度で子供を押さえつけない

4.問題が起こったら子供と話し合いをして決める

5.長期な目線を持って保育に取り組む

1.子供と遊び信頼関係を築く

一番大事なことが「子供と信頼関係を築くこと」です。

保育をしていく上で、外せないことで子供と一緒に遊び信頼関係をしっかりと築きましょう。

保育士も子供とお互いが信頼してこそ保育がすすみます。

そのために、一緒の遊んで子供と信頼関係を築きましょう。

2.普通の声で話しをする【惹きつける話し方】

普通の声で保育をすることです。

ここで間違ってはいけないのは「大きな声を出す」「威圧的に話す」です。

普通の声で子供に聞こえるように話をすれば、伝わります。

大きな声を出す保育は大きな間違いですよ。

3.怒ったり威圧的な態度で子供を押さえつけない

保育士の中にいるのですが、威圧的な態度で押さえつける保育をする先生もいます。

これは保育はやりやすい、落ち着いているかのように見えますが間違っています。

先生がいるから落ち着いているだけで、そもそもやり方が間違っていますし、何も生み出しません。

子供自身が落ち着いて、冷静に対処をできるようにすすめるべきです。

4.問題が起こったら子供と話し合いをして決める

問題が起こったら子供と話し合いをして決めましょう

特に幼児のクラスになったら、自分たちで意識をすることができます。

そのため「どうしたらいいだろう」「考えてみようか」と子供たち同士で話し合いの場をもちましょう。

話し合って、子供達と答えを見つけていきましょう。

5.長期な目線を持って保育に取り組む

落ち着かせたい気持ちはわかりますが、いきなりクラスが落ち着くほど甘くはありません。

保育の中で多くの場合は落ち着くまでに時間がかかってしまいます。

すぐに落ち着かせようをすると、無理が生じます。

3か月、半年と長い目線でみて保育に取り組みましょう

メリハリのある静と動のバランスを考えよう

メリハリのある保育を実践しましょう。

静と動のバランスを意識してみてください。

例えば、たくさん園庭で遊んでから話しをする時間を持つと、子供達は落ち着いてクラスへ入れます。

そうやって、動くときと静かにするときのバランスを取りましょう。

保育士が悩む!子供を落ち着かせることをしたいクラスの特徴

保育士が悩む!子供を落ち着かせることをしたいクラスの特徴保育士が悩む子供を落ち着かせる方法。

どんなクラスに悩むのかについて、書いていきましょう。

子供を静かにさせる保育がしたい【騒がしいクラス】

子供を静かにさせる保育がしたい。

そんな風に感じるのは、どことなく落ち着きがなく、騒がしいクラスですね。

いつまでも話してして聞いてくれない。

指示を出しても聞いていない。

そんなクラスを見ていると、静かにしてほしいなと感じてしまいます。

子供が話しを聞かないクラス【まとめられない】

子供が話しを聞かないクラスもそのように感じます。

まとめられない、まとまらない。

なかなか子供がついてきてくれないと、特にそんな風に感じますね。

落ち着いたクラスになってくれれば・・・と先生たちも感じています。

先生が子供になめられる【信頼関係の問題】

先生が子供になめられていると、そんな風に感じます。

子供になめられてしまうと、何をしても子供は言うことを聞いてくれません。

落ち着けるの以前の問題でなめられてしまいますので、どうしようもないです。

→ 子どもになめられる保育士の特徴と間違った対処法【新人保育士向け】

子供を落ち着かせる保育ができない原因とは?

子供を落ち着かせる保育ができない原因とは?子供を落ち着かせる保育をしたい。

でも、できない。

そこにはいろいろな原因がありますので、紹介をしていきましょう。

先生のスキルがない・経験が浅い【新卒は特に注意】

子供を落ち着かせる以前に、先生が落ち着いていないという原因があります。

経験が浅い、スキルがない。

そのような原因から先生が子供を落ち着かせられないという問題は起こりますね。

特に新卒の先生には、そのように困ってしまうことが多いです。

子供の成長や発達についての理解が甘い【年齢の発達を理解】

子供の成長や発達についての理解があまい。

これも子供を落ち着かせられない大きな原因と言えます。

落ち着かせるためには、年齢の発達をしっかりと理解しておく必要がありますね。

→ 小児の発達段階の特徴を表で解説【遊びや課題は年齢によって異なる】

先生が不安に思いながら保育をしている【子供に伝わる】

先生が不安になりながら保育をしている。

これも子供が落ち着かない一つの原因です。

先生が不安に思っていると、その気持ちがどうしても子供に伝わってしまいます。

自信をもって、子供と接するようにしましょう。

注意や怒って子供に言うことを聞かせようとしている

注意や怒って子供をいうことを聞かせようとしていませんか?

子供に言うことを聞かせようとすればするほど逆効果になってしまうことがあります。

これは、保育にも多いのですが圧力で抑えてはいけません。

冷静に、そして子供に対して真摯に向き合いましょう。

複数担任で対応が変わっており子供が混乱をしている

複数担任で、対応方法はそろっていますか?

特に複数担任で子供を育てる場合には、子供に対してみんな同じように関わるべきです。

もし、違った対応をしていると子どもが混乱してしまうためですね。

混乱をさせないためにもクラスで子供達へのかかわり方をそろえておきましょう。

子供を落ち着かせる保育を実践する効果とは?

子供を落ち着かせる保育を実践する効果とは?子供を落ち着かせる保育をするとたくさんの効果があります。

先生たちがラクに保育を進められるのはもちろん、子供にとってもプラスですね。

子供が健やかに育っていく【保護者からも信頼される】

子供が健やかに育っていきます。

日々成長をして、行きますし子供も毎日落ち着いて保育園生活を送ることができます。

それは結果的に保護者からの信頼も得られますので、保育園としての効果は高いですね。

小学校へ行っても勉学に励める

小学校へいっても、子供達は落ち着いた気持ちもまま保育に入れます。

結果としては、子供にとってプラス。

保育が落ち着いているだけで、小学校でも話しが聞ける子供達に育つのです。

落ち着かせる保育のノウハウができる

落ち着いかせる保育のノウハウもできます。

先生が子供を落ち着ける保育を実践することで、結果的には保育のノウハウが尽きます。

それを保育園でマニュアル化すれば、より良い保育が保育園で実践できます。

子供を落ち着かせる保育のまとめ【魔法はない!毎日の積み上げ】

子供を落ち着かせる保育のまとめ【魔法はない!毎日の積み上げ】子供を落ち着かせる保育について書いてきました。

今は色んな子供がおり、保育としても難しい場面もたくさんあります。

しかし、何よりも子供達を落ち着かせるうえでは、先生たちも落ち着いて保育を実践することが大事。

感情的にならず、冷静に保育をすることを意識して日々とりくみましょう。

最初は大変でも、子供達が落ち着けばすごく保育がやりやすくなりますので。

人気記事 → 保育士求人サイトおすすめは3つ【転職を成功させるやり方のコツ】

人気記事 → 保育士バンクが最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
保育士ライフ運営責任者です。

【経歴】

・認可保育園で現場の経験あり。

その後は教育関係の会社に転職し管理職を歴任。

今は普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。。

今は営業のサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る