認可保育園で働くメリット5選【保育士の給料が高い理由とデメリット】

認可保育園で働くメリット5選【保育士の給料が高い理由とデメリット】

保育士が認可保育園で働くメリット。

給料が低い、持ち帰りの仕事が多いなんて騒がれていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

私は認可と認可外の両方を経験しましたが、認可の方がメリットが多く感じますね。

この記事では認可保育園で働くメリットについて書いていきます。



目次
  1. 認可保育園で働く5つのメリット【保育士の給料に影響する処遇改善】
  2. 認可保育園で働くデメリット【無認可保育園のような怖いことはない】
  3. 【保護者編】認可保育園へ通わせるメリット【料金が安い】
  4. 認可保育園のメリットは転職しやすい【スキル・経験を積める】
  5. 認可保育園のメリットのまとめ【認可外にはない強み】

認可保育園で働く5つのメリット【保育士の給料に影響する処遇改善】

認可保育園で働く5つのメリット【保育士の給料に影響する処遇改善】

認可保育園で働く5つのメリットがあります。

保育士の給料が低いなんていわれていますが、実はたくさんのメリットがあるんですね。

ここからは、認可保育園で働く保育士の5つのメリットについて書いていきます。

1.保育に集中できる環境がある

2.給料が補助金で成り立っており安定している

3.処遇改善手当がもらえる

4.独自の手当も認可保育園ならばもらえる

5.経験スキルが身につき転職にも有利

1.保育に集中できる環境がある

認可保育園は保育に集中ができる環境があります。

そもそも、認可保育園は国が定めている児童福祉施設。

運営は国や市区町村の運営費でまなかわれており、採用をする人も有資格者など厳しいルールがあります。

そのため、保育を最優先に仕事を進めることができるのです。

2.給料が補助金で成り立っており安定している

給料は低いかもしれません。

月給20万円に届かないかもしれませんが、安定はしています。

景気にも左右されず、月給もボーナスも安定してもらえます。

高くなくても安定度は抜群だと言えるでしょう。

理由は認可保育園は補助金で成り立っているため、売り上げなどに変動されない点が安定を生み出しています。

3.処遇改善手当がもらえる

認可保育園ならば、国から処遇改善当ててがもらえます。

処遇改善手当とは、保育士の給料を改善しようという動きです。

最低でも月に6000円~最大は4万円まで支給をされますので、年収も大きく上がりますね。

これをもらえるのは認可保育園だけで最大のメリットだといえます。

→ 保育士処遇改善手当はいつまでもらえる?パートはもらえない?

4.独自の手当も認可保育園ならばもらえる

独自の手当も認可保育園ならばもらえます。

例えば、宿舎借り上げ制度、市区町村の独自の支給などですね。

宿舎は10年間家賃を補助してくれる制度ですし、市区町村の場合だと勤務をしてくれた人に対して10万円支給などがあります。

そのような手当も認可保育園だからもらえるのです。

5.経験スキルが身につき転職にも有利

認可保育園で仕事をすれば、経験やスキルが身に付きます

転職にも有利になりますし、今後の仕事にも大きな影響がでます。

無認可保育園よりも認可でスキルを磨く方が、メリットが高いと言えるでしょう。

公立の保育士は給料が高く安定度も高い

その中でも公立の保育士の給料はすごく高いです。

公務員と同じで、認可保育園で仕事をすることができるのです。

給料面では間違いなく認可保育園でも公立の先生が一番強く、安定をしています。

認可保育園で働くデメリット【無認可保育園のような怖いことはない】

認可保育園で働くデメリット【無認可保育園のような怖さはない】

メリットが多いように感じる認可保育園。

しかし、デメリットもあるのです。

ここからは認可保育園で働くデメリットについて、書いていきましょう。

1.給料はそこまで高くない【安定しているが上がりにくい】

2.書類が多く保育以外の仕事もたくさんある

3.持ち帰りやサービス残業になることも多い

4.保育士不足で休みが取りにくい

5.大きな法人だと異動もあり職場が変わる

1.給料はそこまで高くない【安定しているが上がりにくい】

認可保育園の給料は安定はしています。

しかし、そこまで高くはありません。

初任給だと手取りで15万円を切りますし、10年経験をしても手取りで20万円には届かないでしょう。

給料が高くないというのは認可だけではなく、保育士の悩みと言えます。

2.書類が多く保育以外の仕事もたくさんある

保育は子供を見ることが仕事です。

しかし、それ以外にも書類などのやるべきことがたくさんあるのです。

仕事量は意外と多く、たくさんの仕事をこなしていかなければなりません。

3.持ち帰りやサービス残業になることも多い問題点

持ち帰りやサービス残業になることも多い問題点もあります。

仕事量がどうしても多く、定時で帰るというのは難しい場面もありますね。

そのため、自宅へ持って帰る、サービス残業になるなんてこともあります。

4.保育士不足で休みが取りにくい

保育士の人数確保がされていない。

ギリギリの保育園はたくさんあります。

休みも取りにくく、仕事が忙しいなんてこともありますね。

5.大きな法人だと異動もあり職場が変わる

認可保育園の多くは社会福祉法人です。

中には保育園を10園や20園とたくさん運営してる園もあります。

そのような法人の場合は法人内異動も十分あり得るのです。

【保護者編】認可保育園へ通わせるメリット【料金が安い】

【保護者編】認可保育園へ通わせるメリット【料金が安い】

認可保育園は保護者が通わせるメリットは、何でしょうか?

実際に子供を預かっている保育士目線で書いていきます。

保育料金は家庭の収入により変動をするので安い

保育料はとてもやすいです。

毎日預かってもらうことができ、給食があり、行事があります。

そんな利用料は共働きの世帯の収入に対してきまりますが、やすい人だと数千円。

最大でも10万円をこえることはありません。

3歳児以降は幼児教育無償化で0円

そんな利用料も3歳児の年少以降はお金が一切かかりません。

政府の幼児教育無償化の影響により、全世帯無料となっているのです。

認可保育園ならば、原則お金はかかりませんのでメリットも高いですね。

子育てに関する相談に乗ってもらえる【理解度も高い】

保育士が毎日子供をみてくれています。

そのため、子育ての悩みや相談にも気軽にのってもらえます。

子供を普段からみているので理解度も高いため、非常にメリットがあるのです。

家ではできない行事や経験をさせてもらえる

家ではできない行事や経験をさせてもらえます。

運動会や発表会、音楽界はもちろん、遠足やお泊まり保育などいろんな経験ができるものがあります。

友達関係を身に付けられる点も大きなメリットですね。

子供を見てくれるのはプロの保育士で安心

認可保育園の子供をみてくれるのは、プロの保育士です。

保育士資格をもっている先生たちがみてくれますので、安心感も高いですね。

子供の発達に応じた対応もしてくれますので、とても安心できます。

認可保育園のメリットは転職しやすい【スキル・経験を積める】

認可保育園のメリットは転職しやすい【スキル・経験を積める】

認可保育園で保育士が働くことにより、実はメリットがあります。

それは、転職がしやすい。

スキルも活かすことができるなど色々な効果があるのです。

認可保育園は保育士の経験年数に加算される【就職先も決まる】

認可保育園での経験は保育士としてのスキルに活かせます。

転職をすれば、経験年数として給料もアップが望めます。

保育園によりますが、認可でなければ加算をしてくれない保育園もありますので、働くならば認可保育園にしておく方がメリットがありますね。

スキルと経験があれば転職をしやすい

認可保育園で仕事をした経験。

あとは、スキルがあれば転職はすごくしやすいです。

非公開な好待遇求人も紹介をしてもらえる可能性もあるので、転職を考えているのならば登録をしておきましょう。

もちろん、利用はすべて無料ですので安心をしてください。

>>【保育士バンク】

求人数業界ナンバー1、コンサルタントが親身、非公開求人多数あり、全国対応。

>>【ジョブメドレー保育士】 

検索型の保育士求人、登録をするだけでスカウトが届く、自分のペースで仕事が探せて応募も可能、転職サイトの運営母体は大手のジョブメドレー

>>【マイナビ保育】

※大手マイナビの保育士専門サイト、コンサルタントの質はナンバー1融通やわがままを聞いてくれる、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に特化している。

認可保育園の経験があれば転職先は豊富にある

また、認可保育園の経験があれば、転職先も増えます。

メリットとしては、認可保育園のスキルはどこでも活きます。

保育士としてスキルを磨くならば、認可保育園はテッパンと言えるでしょう。

認可保育園のメリットのまとめ【認可外にはない強み】

認可保育園のメリットのまとめ【認可外にはない強み】

認可保育園で働くメリットについて書いてきました。

保育士として働いていくならば、経験やスキルを磨くことは必須です。

その中で大事なことは「認可保育園」は誰もが認めるスキルだと言えます。

また、お給料的な部分でも認可は国の制度なども受けやすいです。

そのような点も含めて、保育士として働くならば認可保育園を選びたいですね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクが最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
保育士ライフ運営責任者です。

【経歴】

・認可保育園で現場の経験あり。

その後は教育関係の会社に転職し管理職を歴任。

今は普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。。

今は営業のサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る