保育士になるには資格が必須!社会人も高校生もピアノが必要

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

資格が必須!保育士になる方法

保育士になりたいんです。

そんな風に思っている方が多いのは事実です。

待機児童問題と潜在保育士の影響で保育士不足が叫ばれており、低賃金や大変な労働環境にも関わらずやりがいを求めて保育士になることを目指していますね。

個人的には保育士になりたい人はぜひ資格を取得して保育士になってほしいと思いまし現場にいる子どもたちを育ててあげてほしいと思います。

しかし、保育士になりたいといっても次の日からいきなり保育士になれるわけではありません。

保育士になるには?また保育士として働くには条件を満たさなければなりませんので「保育士になるには?」をテーマに書いていきます。

保育士になるには資格が必要

保育士になるためには国家資格である「保育士資格」が必ず必要となります。

これは国家資格となるため必ず持っておかなければならない資格となっていますし、チャイルドマインダーなどの他の資格では代わりにはなりませんので不可となりますね。

そのため、保育士として働きたいと思っても資格を持っていない場合には現場で働くことはできませんので、保育士になりたい人はまず資格を取得する必要があります。

もちろん時給が安くても構わない、担任に慣れなくても構わないのでサポート(保育補助)だけでよいのだという人は保育士資格がなくても働くことも可能ですが、持っておくと採用される可能性も非常に高くなります。

保育士に向いている人 求められている人材

保育士資格を取得する前に保育士に向いている人、保育園が求めている人材についてまずは書いていきます。

私は元保育士ですが運営をしてきておりますのでもちろん採用試験や新人の先生の教育などにも携わってきていますが、もちろん苦労をすることもありましたので書いていきましょう。

子供が好き

まず、大事なことは子供が好きであるということ。

そもそも子どもが嫌い、苦手ならば保育士などならなくても良いとおもいますし他の仕事に就けばよいと思います。

子供を思いやる優しさや一緒に楽しんだり、悲しんだりすることもできる感受性豊かな人は保育士に向いていますし、保育園としても元ています。

子供の笑顔が見たい、成長にかかわりたい、一緒に遊びたいなどとにかく子供のことが頭から離れないという人は向いているでしょう。

体力がある

保育士というのは体力勝負な仕事です。

子供を抱っこすることは日常茶飯事ですし、一緒に走り回ったりしなければなりません。

もちろん子供と一緒にいる以外にも事務仕事などをこなさなければなりませんのでとにかく体力勝負の仕事です。

もちろんどんなに疲れていても子供や保護者で疲れているような表情を見せることはできないため、体力を持つことは保育士として大事な力といえます。

コミュニケーション能力がある

保育士は人とかかわることがとても多い仕事です。

そのため、いろいろな人と円滑にコミュニケーションをとれる力は必須だと言えます。

子供と、保育士同士、保護者といろいろな人とかかわることが大事で時には苦手なタイプ、苦手な人もいますがそれでもかかわりを持っていかなければなりませんね。

時には我慢をしなければならないこともありますが、人とかかわることが好きな力は求められます。

奉仕の心を持っている

保育士は人のためになる仕事。

もちろん仕事なのでお給料をもらうことになるのですが、驚くほど世間の仕事と比較をした場合には低いものとなっています。

その状況でも人のためになるように、子供のためになるように時間を惜しんでできる力は必須といえますね。

保育士資格を取得する方法は2つ

保育士の資格を取得する方法は2つありますので、いずれかの方法で取得をしましょう。

・大学、短大、専門学校で保育士養成課程を修了する。

・独学で保育士資格を取得する。

どちらも方法でもかまいませんので、保育士資格をまずは取得する必要があります。

高校生の場合は学校へ行って取得をする方法は間違いなく早いですし、大学生でまったく違う学部へいる場合も編入などをするほうが確実だと思います。

主婦が社会人になると、独学で保育士試験を受けて合格する方が比較的多いですね。

短大や大学になると保育科にはほとんど高校を卒業して保育士を目指している人しかいませんが、専門学校になると年齢層もバラバラです。

私は高校を卒業してそのまま専門学校へ入ったのですが、クラスメイトは18歳~40歳くらいまで幅広い年齢層がいました。

保育士の資格を学校で取得する

大学や専門学校へ行くと、卒業と同時に保育士資格を取得することができます。

そのため、確実に短期間で保育士資格を取得したいならば学校へ入学をする方が早いです。

短大や専門学校、大学で保育士の養成課程を修了をして単位をきちんととれば3月で保育士を取得することができますので4月からは保育士として保育園で働くことができます。

もちろん単位は取得しなければなりませんし、実習へ行って学ぶことも非常に多いですが保育士資格を2年以内に一番確実に取れる可能性のある方法です。

短大や4年制の大学のどちらへ行けばよいのか?

短大でも4年制の大学でも保育士資格を取得してしまうと、現場ではほぼ同じ扱いとなります。

保育士資格を持っていることは変わりないですね。お給料の面で4年制大学の方が高めにしてくれる場合もありますが、私の経験上ほぼ差をつける保育園はないです。

(勤務をしていた保育園では月に2000円ほど高く手当がついていました)

そのため、保育士として働きたいと思っているならば短大や専門学校で十分だと思います。

私も延べ数百人の保育士さんと出会ってきましたが4年制の大学を卒業して保育士になっている人は数えるほどですね。

4年制の大学を卒業をした方の多くは児童養護施設や子どもの発達相談、学校カウンセラーなど、より専門性の高い職業へついています。

短大と専門学校はどちらが良い?

おすすめは短大です。

その理由としては短大ならばたとえ保育士を取得しても他の仕事へ就職をすることもできるからですし、同時に幼稚園教諭の資格も取得できます。

今後は幼保一元化の動きがより本格化しますので保育士だけでは仕事に就くことは難しくなるので幼稚園免許はもっておきましょう。

専門学校の場合は「保育」のみを専門的に学びますのでよい点でもあるのですが、途中で他の道を考えた場合には就職などはあまりないため保育関係の福祉施設(児童養護施設、障がい者施設、重症心身障害者施設)など幅が狭くなります。

ただし、保育士として集中をしたいなら専門学校は最適ですので幼稚園教諭も取得できる専門学校を選びましょう。

その反面今でも幼稚園教諭の資格と小学校の教諭の資格が取れる学部もありますがそこは注意が必要です。

幼稚園教諭は幼稚園でしか働くことができませんし、小学校と幼稚園ではやることもまったくことなりますしそもそも見れる年齢もことなります。

もし、就学前の子供を見たいと思っているならば保育士は保育園以外の仕事にもつけますし、かなり重宝できる資格なので幼児教育ならば保育士は取得をしておきましょう。

保育士資格を通信や独学で取得する方法

保育士資格を独学で取得をする場合は覚悟が必要です。

その理由は合格率が驚くほど低い難関資格となっているからです。

保育士試験は過去は年に1回で、ここ数年は2回となっていますが、まず筆記試験の8教科を合格しなければなりません。

ただし、1年でというわけではなく3年以内に8教科を合格すれば筆記試験は無事に合格となりますね。

1年で合格をしている方はほんの一握りで合格率は10~20%と言われています。

保育士試験の受験資格

・学校教育法による大学に2年以上在学して62単位以上修得した者
・短期大学の最終学年に在学している者であって、年度中に卒業することが見込まれる者であると当該学校の長が認めた者
・専修学校の専門課程または各種学校を卒業した者
・高等学校を卒業した者もしくは中等教育学校を卒業した者もしくは通常の課程による12年の学校教育を修了した者など

ちなみに中卒で保育士になりたい場合はそのままの学歴では不可となります。

保育士資格を取得するためには、高校卒業の認定を受けなければなりませんので「高校卒業程度認定試験」に合格をしましょう。

筆記試験

1.保育原理
2.教育原理及び社会的養護
3.児童家庭福祉
4.社会福祉
5.保育の心理学
6.子どもの保健
7.子どもの食と栄養
8.保育実習理論

実技試験分野

1.音楽表現に関する技術
2.造形表現に関する技術
3.言語表現に関する技術

独学で試験に合格をすることは可能か?

正直独学ではほぼ不可能と言われていますので通信教育や保育士資格試験のための専門学校へ1年通って取得をする方が多いです。

主婦の方、社会人の人は独学で学んで取得をしている人が多いですが狭き門です。

私の友人も頑張って取得を目指していますが、なかなか大変そうですね。

独学の場合の注意点は、実習がほぼないため取得をすると保育の知識だけを持っている状態ですので、学校を卒業して取得をした人同様に現場では使い物になりません。

そのため、就職をしても学ぶ姿勢は忘れないようにしてください。

保育士資格を取得すれば即戦力になれるのか?

正直な話になりますが、保育士の勉強をし現場にきてもいきなり役に立つことはないです。

これは私も何年も新人の保育士さんと仕事としてきて理解をしています。

保育園側もそれは理解をしており「2年で本格的な戦力になってくれれば」と思っています。

そのため「どこを卒業をしたか?」ではなく、卒業後にいかに頑張るか?は私は重要だと思いますね。

学校では保育士に関する学問がもちろんですが、実習が必ずあります。

私は専門学校だったので保育園へ2週間が2回と児童養護施設、障がい者施設、重症心身障害者施設のいずれか1つに2週間いきました。

この間に設定保育をしたりと結構大変ですが楽しい日々を過ごすことができます。

保育士になる費用はいくら?

もちろん保育士資格を1冊だけ本を買って取得をすれば一番安上がりなのですが、そんなに甘くはありません。

合格率は20%を切っている難関資格の試験となっていますので合格までの道のりはかなりとおいです。

そのため、実は保育士の養成学校へ行くほうが安上がりになることもありますので保育士資格を取得するためにかかる費用について書いていきましょう。

学校でかかる費用

学校の場合は通う学校によっても異なりますが、短大で2年間に200万円は最低でもかかる費用といわれています。

最低でものか価格ですので、通う学校によっては300万円程度2年でかかる場合もありますね。

学費はもちろんなのですが、保育士の勉強をするために教科書が専門的でお値段も高めとなっています。

保育士を学校で取得をする場合には1年で100万円という単位が平均です。

例えばある学校の費用について紹介をしていきます。

初年度は980,000円(入学金:100,000円、授業料:700,000円、施設設備費:180,000円)

※教材実習費及びその他の費用(約16万円)が別途必要

つまり、1年目は約114万円の費用が必要となっており、2年目は入学金は必要ではなくなるだけなので約104万円で2年間で約218万円が必要になるということです。

これはあくまでも専門学校の一例になっていますが、相場くらいの料金になります。

奨学金は避けておこう

もちろん学費としては安いわけではなく、保育士は教科書などが専門的なためそのあたりの費用も高いことがわかりますので注意をしなければなりません。

学費がかかるのならば奨学金を借りればよいのでは?と思う方もいると思いますが、奨学金は保育士になる人は避けておくほうが良いです。

今は一般企業に就職をした人たちでも奨学金の返済が難しくなり将来にわたって借金を持っているような状況になります。

その一般企業の人たちよりもはるか給料が低い保育士が返済をしていくとなるとかなり大変なことですし、就職をして5年ほど経過をすると驚くほど返済額が上がることもあります。

もちろん借りなければ仕方ない状況ならば借りても良いと思いますが、就職後に高い給与は期待できませんので生活が苦しくなっていくかもしれませんね。

借りるならば返済が必要ないような試験のものを借りれるように頑張ってみましょう。

独学と通信講座の場合の費用はいくら?

通信講座の場合は8教科分を購入することになりますので大体10~20万円くらいが相場となっています。

また、保育士資格の受験費用が1回12,950円となっています。

今は年に2回受けることはできますので受けた回数だけかかりますね。

まずこちらの比較を参考にしてみてください。

独学で勉強をした場合と通信教育で資格を取得した場合の比較になりますが、保育士資格は今は年に2回テストに受かるチャンスがありますのでできる限り早く試験に合格をすればあなたにとっても出費をおさえられるでしょう。

独学の場合

独学の場合は受験をするための手数料12,950円+教材費10,000円、保育士の資格発行代金で4,200円がかかることになります。

そのため1発で合格をすることができれば約27,000円で合格ができますので一番安価でもこれくらいはかかりますね。

あとは試験に落ちるたびに受験手数料12,950円がかかることになりますし、問題集は毎年変わるので購入が必要なので一発合格の費用27,000円にどんどん費用が積み重なっていくという計算になります。

通信講座の場合

通信講座のメリットは独学と違ってサポートがついており、教えてもらえる、対策をしてもらえる、通信教育の会社で作っている特殊はテキストがもらえるなどのメリットがあります。

ただし、独学よりはもちろん高くなりますので注意をしましょう。

通信講座費用の内訳は受験をするための手数料12,950円+教材費58,000万円、保育士の資格発行代金で4,200円が必要となるため、一発合格をした場合の費用は約75,000円となります。

あとは受けるたびに受験手数料12,950円を支払うことになりますのでそれが積み重なり、1年に一回教材も変わるため買い足し分として10,000円かかりますのでトータルで考えた場合にはもちろん独学が一番安いです。

ただし、独学でいつまでも試験に落ちるならば通信教育をさっさとした方がよいかもしれないですね。

資格を取得してからの就職

あなたの年齢にもよりますが、年代が20代ならばほぼ就職は見つかるでしょう。

現在は保育士不足となっていることから日常から保育士の指導は必要となっており将来的にも必要な資格となっています。

そのため20代~30代の前半くらいならば「自分で資格を取得してきた」ということでハローワークや保育士エージェントなどと使えば就職が決まる可能性も高いです。

女性ならばなんとか40代までは可能かと思いますね。

しかし、男性の場合は30代で未経験だと就職にありつくことはかなり難しくなります。

その理由としては、保育士という仕事はシビアに大変です未経験の30代の男性に教えるくらいならば20代の短大の卒業した女の子を採用した方が使い勝手も良いですし、若いということで活用方法はいろいろとあります。

将来的にお給料で悩むことが目に見えていますので男性で保育士になりたいなら「20代」が限界だと思いますね。

就職の方法はいろいろとありますので、ネットやハローワーク、保育士エージェントなどを活用してください。

新人扱いになるため謙虚な気持ちで仕事しよう

保育士になるためには資格はもちろん必要になります。

そのためがんばって取得をすることになりますが、理解をしておかなければならないこともあります。

例えば、年齢を重ねてから保育士の資格を取得する人もいるのですが、その場合には新人という扱いで仕事とすることになります。

つまり、年齢は30代でも40代でも関係なく新人なので雑務などの仕事を謙虚にこなしていく必要がありますね。

そこをクリアすれば社会人経験を持っている方もいますのでそのままキャリアアップとしてクラスのリーダーなどに抜擢をされる方も多いでしょう。

例え年齢を重ねていても、人生経験、社会人経験があったとしても保育園に採用をされた時点で新人扱いになりますので日ごろから謙虚な気持ちで仕事に取り組んでいきましょうね。

保育士になるにはピアノは必須?

保育士といえば「ピアノ」ですよね。

「私ピアノ弾けないんだけど・・・」保育士になれますか?

そこは安心をしてください。

保育士はピアノが弾けなくてもなることできますが、

現場にいってから苦労をしますので「学生や独学中にある程度は弾けるように」なっておきましょう。

私も専門学校へ行くまでは一切ピアノを弾くことはできませんでした。

そのため、入学が決まった時点(11月)で4月なでにピアノの教則本であるバイエルの56番までは終わらせてくるように言われていましたね。

ピアノ教室へ通うという方法

私は合格をしてから卒業するまで2年半毎週ピアノ教室に通ってなんとか弾けるようになりましたが小さい時からしていないため指が動かないですよね。。。

何とか楽譜をみて、練習をすれば弾ける程度には頑張ってなっておきましょう。

ピアノが苦手でもギターが得意、フルートが得意という先生はたくさん今までにもいましたので安心をしてください。

ただし、就職試験ではピアノは絶対にありますし採用試験を受ける保育園によってはピアノの技能を求められるケースもありますのである程度は弾けるようになっておきましょう。

私が勤務をしていた保育園ではピアノが弾けない人は幼児(3~5歳児)のクラスを持たせてもらえなかったので弾ける方が有利です。

保育士になるにはのまとめ

以上が「保育士になるには」について書いてきました。

将来的に保育士を目指している、またこれから保育士になろうと思っているなど保育士を目指している方も多いことでしょう。

もちろん毎日子供とかかわることができる仕事となっているため素敵な仕事ですし、将来性もある仕事となっています。

しかし資格を持っていない場合にはまず取得をすることから始まります。

資格がなければその夢は一生叶うことはありませんので前を向いて頑張ってみましょう。

そのあとに就職をしてから2年は下積みをする覚悟が必要です。

年齢は関係なく、先に入社をしている人が先輩となる世界ですのでそこから頑張ってください。

また、保育士資格は難関で期間もかかるので他の資格で子どもとかかわる仕事ができないかを探している方もいるでしょう。

そんなときには「チャイルドマインダー資格」というものがあります。

これは保育園では働くことはできませんが、個人で子どもを預かりたいという場合には最適な資格となっていますので保育士と検討をしているならば検討してください。

保育補助や地域限定保育士

また、資格はないし今後は勉強をして取得をしていきたいけれどもなかなか取れない。

そんな時には保育補助という仕事で保育士のサポートをする仕事や大阪などでは地域に特化をしていますが保育士の資格を持つという方法もあります。

保育士といってもいろいろな働き方があるとおもいますので、保育士の資格はなかなか取得できなくても保育園で働くチャンスもありますね。

保育士不足と言われながらも保育士として働きたい人が多いというのは印象です。

資格はもっていないけれども「採用をしてもらえないか?」という声も多いので地域限定でも保育士資格を持っている人が来てくれるとうれしく思いますね。

しかし、資格をもっているだけではだめ。

そこからいかに自分で勉強をして上を目指していけるかが重要な仕事ですので資格を取って満足してはダメですよ。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る