慣らし保育の期間はどれくらい?スケジュールと保育園が行う目的

赤ちゃんを預かる保育士

慣らし保育の期間とスケジュールはどんな感じでしょうか?

保育園へ入ると、慣らし保育というものがあります。

これは、保育園へ慣れるための保育のことで「慣らし期間」をえて保育園へ入園をする方法です。

この記事では慣らし保育の期間とスケジュール、慣らし保育を行う理由と気になる疑問に答えていきます。



慣らし保育の期間はどれくらい?スケジュールも紹介【一週間が定番】

芝生で遊ぶ子供たち慣らし保育はほとんどの保育園で行っています。

認可では、特に最初の1週間は推奨をされており、預かる子供のことも考えて配慮がなされています。

慣らし保育については、保護者も不安に感じていることが多いですね。

期間は平均1週間で、短くても3日はあります。

私が勤務をしてきた保育園もおおむね1週間を見ていました。

そこで、まずはどのようなスケジュールで行われるのか?乳児と幼児別に紹介をしていきます。

乳児クラスの慣らし保育スケジュール【0・1・2歳児】

乳児クラスは慣らし保育があります。

特に小さな子供なので、慣れるまで期間が必要という理由もありますね。

日程子供の活動
1~3日目1~2時間(30分ずつ増やす)

・ミルクを飲む(0歳児)

・おやつを食べる(1、2歳児)

4日目・ミルクを飲む、離乳食を食べる(0歳児)

・お昼寝前まで過ごす(0歳児)

・昼食を食べる(1,2歳児)

5日目お昼寝をしておやつまで
6日目以降子供に問題がなければ契約通り

赤ちゃんのクラスだと、場合によっては延長になる場合もありますので注意をしましょう。

幼児クラスの慣らし保育スケジュール【3・4・5歳児】

次に幼児クラス。

いわゆる年少から年長のクラスになります。

日程子供の活動
1~2日目午前中
3日目お昼ご飯終了まで
4日目おやつまで
5日目夕方まで
6日目以降子供に問題がなければ通常通り

幼児クラスは、子供の様子次第です。

もともと幼稚園へ行っていた、保育園へ行っていたという場合や全く問題なく過ごせる場合は3日程度で終えることもあります。

子供のようす次第で短縮をされる可能性もありますね。

慣らし保育は期間を延長する場合もあり【入園後に最大何日?】

子供と遊ぶ保育士慣らし保育の期間は基本は3日~1週間です。

しかし、子供のようす次第では延長になる場合もありますので、注意をしなければなりません。

慣らし保育中に熱を出して登園できなかった

慣らし保育期間中に熱を出したり、体調不良で欠席をした場合には園長になります。

例えば、5日間の慣らし保育期間があった場合は、5日間を消化して、はじめて通常の登園が可能です。

しかし、発熱や体調不良により登園ができないとなると、慣らし保育は終わっていません。

そのため、期間は延長となるケースがほとんどです。

ミルク全く飲めず水分が取れない

ミルクが全く飲めない赤ちゃんは慣らし保育が延長になります。

理由は「命に関わる」ためです。

中には母乳で育ってきた赤ちゃんが、いきなり哺乳瓶になってしまうということもあります。

そうなると、赤ちゃんはただでさえ知らない人達に拒否をしているのに、さらに水分も取れないということになります。

あまりにも危険があるため、最悪ミルクが飲めるようになるまで延長になることもあります。

慣らし保育を保育園が行う目的とは?3つの理由がある

慣らし保育を保育園が行う目的は主に3つあります。

1.子供のことを保育士が把握する

2.保護者が預けることに慣れる

3.子供のことを観察するため

詳細について、書いていきましょう。

1.保育士が子供のことを把握する【子供が環境に慣れる】

まずは、保育士が子供のことを把握するために実施します。

保育士はプロでもいきなり預かった子供のことを見極められるかといわれると、難しいです。

そのため、慣らし保育で子供の生活面、性格、体調、好きな遊びなどを把握します。

一週間くらい子供と接すれば、子供ことがわかるようになりますので、慣らし保育として意味があるのです。

2.保護者が子供と離れることに慣れる

保護者が子供と離れることに慣れる意味もあります。

こんな風に、なかなか子供と離れられない保護者もたくさんいますね。

しかし、これは当たり前のことですので、ママも子離れをしてもらう意味で慣らし保育があります。

ママ達も心配になりますが、プロの保育士に任せるべきですね。

3.保育園も子供に問題がないかを確認するため

保育園も子供に問題がないかを確認します。

例えば、健常児であるかどうか、子供自身の発達の問題などです。

この辺りはしっかりと見ており、保育園も子供に問題がないかを見極める必要があります。

保育園としても、新規入園の子供の性格などを見極める必要があるのです。

登園1週間の突然死が最多【予防のための慣らし保育は必要】

実は登園1週間の突然死が一番多いです。

これは、子供に過度なストレスがかかるため。

いきなり知らない人に預けられ、知らない人と遊んでとなると、大人でもすごいストレスがかかります。

主な原因は不明な点もありますが、過度なストレスが突然死を招く可能性もありますので、慣らし保育を実施する理由があるのです。

→ 乳児突然死症候群の前兆と原因とは?確率と発症を低くする予防法3選

慣らし保育の気になる疑問と質問【延長もありえるの?】

泣く女の子慣らし保育の気になる疑問と質問に答えていきます。

はじめて保育園へ預けるとなると、不安な点も多いですよね。

ママ達も保育士もはじめての子供に対しては不安になることがありますので、気を付けるべきです。

仕事が休めないけど慣らし保育はどうする?【できない時の対処法】

仕事がどうしても休めない時は、どうすべきでしょうか?

中には育休復帰のために、仕事を休めないという現状もありますね。

しかし、子供のことを考えると、いきなり長い期間あずけるというのはリスクがあります。

そんな時は以下の対処法を参考にしてください。

・祖父母や親戚など誰かにお迎えに行ってもらう。

・パパにお願いをしてみる。

・お迎えのベビーシッターをお願いする。

・保育園へどうしても難しいことを相談してみる

この辺りになるかと思います。

どうしても難しくても、保育園は子供の最善の利益を考慮しますので、よく考えましょう。

慣らし保育で泣くけど大丈夫?

慣らし保育で泣くことが心配。

これは当たり前です。

子供にとっては初めての環境で、いきなり知らない人に預けられたら泣きます。

泣いて当たり前と思っておきましょう。

慣らし保育中の過ごし方に迷う【母親の疑問】

慣らし保育の期間はママも練習です。

今までそばにいた子供が急にいなくなると、困ってしまいますよね。

そんな時は一人の時間を楽しみましょう。

カフェでゆっくりとしてみる、仕事へいく準備を整える、出かけてみるなどです。

子供がいなくなった分、自由にできますね。

職場復帰までは一人の時間を楽しんでください。

慣らし保育へ行って夜泣きがスゴイ【理由を教えて】

これは、子供にとって過度なストレスがかかっているためです。

慣らし保育は子供にとってはすごくストレスがかかります。

そのため、夜に泣く夜泣きが起こることもあります。

慣れるまではしばらく続きますが、次第に落ち着いてくるでしょう。

→ 慣らし保育の夜泣きがひどいときの対処法5選!保育園のスケジュール

コロナで入園が遅れても慣らし保育はあるの?

コロナなど、感染症や何らかの理由で入園が遅れた場合。

慣らし保育はあるのでしょうか?

これについては、通常で慣らし保育が行われます。

遅れても入園が開始した時期から、慣らし保育は開始しますので、理解をしておきましょう。

慣らし保育の期間とスケジュールのまとめ【保育園に慣れさせる期間】

指吸をして寝る赤ちゃん慣らし保育の期間とスケジュールについて書いてきました。

期間は3日~1週間ていどが基本です。

しかし、場合によっては延長もあり得ますので、子供の様子次第ですね。

何よりも子供にとってストレスのないようにするために、慣らし保育があります。

慣れればあとは安心をして預けられますので、子供も保護者も慣れるための期間とおもって慣らし保育を楽しみましょう。

人気記事 → 子供の青汁ランキングおすすめ3選と効果【幼児向け美味しい飲み方】

人気記事 → 子供の身長を伸ばす方法4選とサプリを紹介!年齢別の平均目安と遺伝

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtaka

【経歴】

・現場の保育士から保育園の園長になった経験

・子供の教育関係の経験あり。幼稚園、小学校受験に関しては知識あります。

今は元保育士として普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はキャンプと筋トレ、フットサル。

今はサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る