人のモチベーションを下げる人の特徴10選【心理と上手な対処法】

人のモチベーションを下げる人の特徴10選【心理と上手な対処法】

人のモチベ―ションを下げる。

そんな人が職場にはいますよね。

この記事では人のモチベーションを下げる人の特徴や、対処法について書いていきます。



人のモチベーションを下げる人の特徴10選【他人がいら立つ】

人のモチベーションを下げる人の特徴10選【他人がいら立つ】

人のモチベーションを下げる。

そんな人がいますので、特徴を書いていきましょう。

1.周りと波長を合わせられない

2.空気を読まずに発言をする

3.人によって明らかに態度を変える

4.口だけはさんでくる

5.やる気がなく周りをイラつかせる

6.愚痴や文句ばかり言う

7.なんでも否定から入る

8.思考がネガティブ

9.日によって機嫌が変わり態度に出る

10.時間やルールが守れない

1.周りと波長を合わせられない【仕事ができない】

周りと波長を合わせられない人がいます。

うまく周りと一緒に仕事ができない。

そのため、仕事がうまくできない人がいますね。

2.空気を読まずに発言をする【一言多い】

空気を読まずに発言をする人がいます。

ついつい多い言葉を言ってしまう。

それにより、周りが迷惑と感じることもありますね。

3.人によって明らかに態度を変える【努力もしない】

人によって明らかに態度を変えることがあります。

良い人とは関係をうまきく築き。

嫌な人とは関係を築かない。

そんな風に明らかに態度が違うのを見ると腹が立ちますね。

4.口だけはさんでくる【自分が最優先】

口だけははさんでくる人もいます。

例え良いことをしていたとしても「だめでしょ」みたいに…

自分が一番偉いかのように発言をされるとイラっとしますよね。

5.やる気がなく周りをイラつかせる【人間としてダメ】

やる気がなく、周りをイラつかせますよね。

そうやって人間としてダメなことが多いです。

やる気がなかったとしても、周りに影響を与えるのはNGですね。

6.愚痴や文句ばかり言う【出来事がひどい】

愚痴や文句ばかり言う人もいます。

言うのは勝手ですが、周りにも伝染しますのでよくありません。

愚痴を言ったり、文句を言ったり。

そうやって相手に良くない影響を当たることは避けるべきですね。

7.なんでも否定から入る【成功しない】

なんでも否定から入ることは避けましょう。

成功をしないことがあるのです。

否定をしても何も生み出しませんが、みんなが前向きだと問題もありますね。

8.思考がネガティブ【最初からいないでほしい】

思考がネガティブで腹が立つ。

最初からいないでほしいなと思うくらいのことがあります。

考えをもっと前向きにしてほしいものですね。

9.日によって機嫌が変わり態度に出る【偉人に学んでほしい】

日によって機嫌が変わり態度にでます。

波があると、周りにも良い影響は与えません。

できればいつも一定で落ち着いて仕事をしてほしいものですね。

10.時間やルールが守れない【社会人としてアウト】

時間やルールを守れない人もいます。

これも社会人としてはアウト。

最低限守ってほしいルールだといえます。

人のモチベーションを下げる人の心理とは?【削ぐ人に腹が立つ】

人のモチベーションを下げる人の心理とは?

なぜ、そんな風に人のモチベーションを下げようとするのでしょうか?

自分のリズムを邪魔されたくない

自分のリズムを邪魔されたくない。

そのため、自分から防御をするのです。

リズムがあったとしても…やる気を削ぐのはどうかと思いますね。

周りと一緒にすることがイヤ

周りと一緒にすることがイヤ。

もしかすると、周りに合わせられない人なのかも…

一緒に、仲よくできない人なのかもしれませんね。

やる気を削ぎたいわけではなく正直なだけ

やる気を削ぎたいわけではなく、正直なだけかも…

ナチュラルにそんな風なことを言ってしまいます。

正直もここまでくると問題ですね。

自分の意見を聞いてほしい

自分の意見を聞いてほしい。

だから、そんな風になんでも発言してしまうのです。

意見をきちんと言えばよいのですが…

失敗をしたくない

失敗をしたくない。

そのため、そのような態度になってしまいがちです…

そうではなく…失敗を恐れずに行ってほしいものなのですが…

人のモチベーションを下げる人の対処法【職場として良くない】

人のモチベーションを下げる人の対処法【職場として良くない】

人のモチベーションを下げる人の対処法。

どうすれば、そんな人と上手に付き合えるのか?

その点について書いていきましょう。

1.マイナスな意見を言わないように最初に伝える

2.割り切って距離を取る

3.意見として聞き入れる

4.無視をして仲間に入れない

5.意見は書面やメールでもらい周りに見せない

1.マイナスな意見を言わないように最初に伝える

マイナスな意見を言わないように最初に伝える。

マイナスな発言により、周りもやる気をなくします。

そのため、マイナスな意見を言わないように最初に伝えるようにしましょう。

2.割り切って距離を取る

割り切って距離を取ることですね。

その人と付き合うことにより、しんどくなる可能性があります。

そのため、割り切って距離を取るようにしたいものです。

3.意見として聞き入れる

意見として聞き入れる。

けれども、どうするかはあなた次第。

そうやって、いろんなことを聞いたとしても意見として聞き入れておけば問題ありません。

4.無視をして仲間に入れない

無視をして仲間を入れないことです。

仲間に入れることにより、余計にまわりもしんどくなってしまいます。

であれば、無視をして仲間に入れないようにしておきましょう。

5.意見は書面やメールでもらい周りに見せない

意見は書面やメールでもらい周りに見せないことです。

周りに影響力があると、モチベーションも下がってしまいます。

ならば、意見は書面やメールで済ませるようにしましょう。

人のモチベーションを下げる人のまとめ

人のモチベーションを下げる人のまとめ

人のモチベーションをさげる人がいます。

そんな人と付き合ってもうまくいかないこともありますよね。

そんな時はこの記事を参考に、上手に付き合ってくださいね。

人気記事 →

人気記事 →

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る