保育士のメリットデメリットを解説【働き方や施設の母体による違い】

保育士のメリットデメリットを解説【働き方や施設の母体による違い】

保育士のメリットデメリット。

これについてはあまり、知られていません。

働き方、雇用場所も様々な保育士のメリットデメリット。

この記事では、そこをポイントに記事を書いていきましょう。



保育士のメリットデメリット!正社員はどうなの?【仕事内容とは?】

保育士のメリットデメリット!正社員はどうなの?【仕事内容とは?】保育士のメリットデメリット。

まずは、正社員になったときのことを書いていきます。

保育士の多くは正社員となっているのですが、実際にはどうなのでしょうか?

経験も含めて書いていきます。

保育士の仕事内容

保育士の仕事内容は、子供を見る以外にも色々とあります。

・書類

・行事の準備

・保護者対応など

色々とありますね。

→ 保育士の仕事内容とは?一日のスケジュールとやりがいと本音

保育士のメリット【将来は安定・子供と関われて楽しい】

保育士になるメリットをまずは書いていきましょう。

・子供を間近で見ることができ、成長を見守れる

・補助金で成り立つ事業なので安定性は高い

・国家資格なので、仕事に困ることはない

・女性が中心の職場なので、育休や産休の制度もしっかりとしている

・安定をして仕事をして行ける環境がある

保育士として仕事をしていく中でも、一番のメリットは安定性です。

補助金で成り立つ事業ですので、大きな変動がない点もうれしいですね。

保育士のデメリット【低賃金・人間関係】

次に保育士のデメリットについて書いていきます。

・給料は低く上がりも悪い

・人間関係に疲れる

・仕事は重労働で疲れてしまうことが多い

・保護者対応に疲れる

・体力勝負な仕事である

この辺りが保育士のデメリット。

特に低賃金、重労働というあたりは、保育士の退職理由の1つにもあげられる問題点ですね。

公立保育園の保育士のメリットデメリット【なりたい人が多い理由】

公立保育園の保育士のメリットデメリット【なりたい人が多い理由】次に雇用形態や母体によってのメリットを書いていきます。

まずは、公立保育園の保育士のメリットデメリット。

なりたい人が多い理由とは、どんなポイントなのでしょうか?

公立保育園の保育士のメリット【待遇】

公立保育園の保育士のメリットは、なんといっても「好待遇」な点です。

公立保育士は「地方公務員」です。

つまり、安定性は抜群で将来の年金まで信頼できます。

その点は一番人気で、テストは難関ですが採用されれば、最大のメリットだといえます。

公立保育園の保育士のデメリット【やりがい】

公立保育園の保育士のデメリットについてもかきましょう。

公立保育園の保育士は自由が少ないです。

というのも、保育方針は園ごとに決めるのではなく、市区町村が決めます。

そのため、自由度は低く、独自の保育、やりたい保育を叶えることができません。

派遣保育士のメリットデメリット【安定性はないが時給は高い】

派遣保育士のメリットデメリット【安定性はないが時給は高い】派遣保育士のメリットデメリットを書いていきます。

派遣とは、園との直接契約で採用をされている人ではない人のこと。

派遣会社を通して採用をされており、保育園でも増えている雇用形態ですね。

派遣保育士のメリット【仕事内容の恩恵】

派遣保育士のメリットは以下の通り。

・勤務は時間通り。定時出勤、定時帰りができる

・休憩はきちんととれる

・時給が高く、月の給料も良い

・書類など責任ある仕事は回ってこない

・そのまま正社員に慣れることも

派遣なので、仕事内容は保育のみ。

書類関係もしないことが多く、責任を持ちたくないけれども保育をしたいという人には最適といえます。

派遣保育士のデメリット【悪いところもある】

次に派遣保育士のデメリット。

派遣は良い点もあれば、悪い点もありますので注意が必要です。

・いつ契約が終わっても文句が言えない

・安定性はない

・立場が違うので、人間関係に疲れることも

・スキルが付かず、給料はいつまでもあがらない

・毎年、新たな環境で仕事を探す必要がある

なんといっても、不安定さは派遣保育士の最大のデメリットですね。

全く安定をしないので、将来に対しては希望を持ちにくいといえます。

割り切って仕事をしたい、お給料はる程度ほしい女性におすすめですね。

→ 派遣保育士のメリットデメリットは正社員と違う!給料が高い仕事?

パート保育士のメリットデメリット【時間と休みの融通が利きやすい】

パート保育士のメリットデメリット【時間と休みの融通が利きやすい】パート保育士も非常に重要な力です。

保育園では、パート保育士の力が非常に重要だといえますね。

パート保育士のメリット

パート保育士のメリットは以下の通り。

・自分の希望の時間帯で働ける

・休みも取りやすい

・責任は少なく、保育に集中で切る環境になる

・園によっては少額のボーナスがある

・フルタイムでなくても仕事ができる

フルタイムではなく、短時間での仕事ができる点は魅力です。

パート勤務は保育園でも非常に役立つ仕事ですので、子育てをしている世代からは人気ですね。

パート保育士のデメリット

パート保育士は時間の融通は利きます。

しかし、時間によっては採用されにくかったり、仕事できる時間を調整されたりする可能性もあります。

また、休みが多い月の給料は減ったりと変動も大きな点も挙げられます。

しかし、子育て世代には自由が利く仕事の方法なので、メリットも多いといえますね。

→ 保育士パートの仕事内容と時給とは?求人面接の服装と履歴書の書き方

保育士の働く場所のメリットデメリット【社福・株式会社・認可外】

次に保育士のとって、働く場所のメリットデメリット。

保育園とひとことていっても、実は幅広く母体も様々ですね。

すべての母体で仕事をしてきた経験を含めて、書いていきましょう。

社会福祉法人の保育士のメリットデメリット【安定性】

社会福祉法人の保育士のメリットは「安定性」です。

補助金で成り立っている事業であるため「収益性」も高いですね。

給与面は低くても、賞与も安定してもらえ、保育園自体がつぶれることもありません。

採用もたくさんしていますので、メリットが多い母体です。

転職するにしても、経験給を入れてもらえるのは社会福祉法人だけなので、仕事をするならおすすめです。

最近は、母体によっては給与形態を見直していて、良い待遇の園も増えています。

株式会社の認可保育園の保育士のメリットデメリット【成果主義】

次に株式会社の保育園のメリット。

メリットは大きな母体に就職できますので安定性と、安心感があります。

また、福利厚生でもその園の母体のものが使えるメリットは良いですね。

ただし、給与などの雇用に関する点は劣悪で、高くなく賞与は低いか、母体の経営状態に左右をされます

売り上げ第一なのは分かりますが、個人の頑張りは全く反映されていません。

(引用:enライトハウス「株式会社HOPPAの年収・給与(給料)・ボーナス(賞与)」)

保育環境に整っていない園があるため、社福と比較をすると、あまりよくはありません。

ただし、新規開園など園をどんどんと作っていきますので、上に上がっていきたい人にとっては最適だといえます。

株式会社の基本は「母体」が潤っているかに左右をされます。

認可外保育園の保育士のメリットデメリット【不安定だが自由】

認可外保育園は自由度が高いです。

経営者の考えによりますが、やり方の自由度が高く、英語保育園などもその一つです。

認可ではできない、独自性の高い事業運営をすることができる点は大きなメリットですね。

ただし、この中では最も不安定な母体です。

園児数によって経営は左右され、時には閉園をすることも十分考えられます。

また、給与形態、労働環境は良いとはいえませんね。

男性保育士が働くならどこがいい?母体のメリットデメリット

男性保育士ならば、どこで仕事をすればよいのでしょうか?

個人的には社会福祉法人の安定性は高いと思います。

しかし、給与面で厳しい点もありますね。

私は社会福祉法人で保育のスキルを磨いて、株式会社で管理職の経験を積みました。

すると、社会福祉法人の管理職にもなれましたので、いったんスキルを磨くために株式へ行くのも1つです。

→ 株式会社の保育園と社会福祉法人の違い!認可で保育士が働くなら社福

保育士のメリットデメリットのまとめ【母体や雇用形態で変わる】

保育士のメリットデメリットのまとめ【母体や雇用形態で変わる】保育士のメリットデメリットについて書いてきました。

雇用形態、母体によって大きく左右をされますので、保育士は知っておく必要がありますね。

特に、転職をするときは要注意!

入職するときの条件だけで、転職をすると後で痛い目を見ることになる可能性もあります。

母体や将来性を見すえて、転職先を決めてくださいね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 【結論】保育士バンクの求人へ応募すべき!転職に成功した実体験

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtaka

【経歴】

・現場の保育士から保育園の園長になった経験

・子供の教育関係の経験あり。幼稚園、小学校受験に関しては知識あります。

今は元保育士として普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はキャンプと筋トレ、フットサル。

今はサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る