保育士の給料の平均は安い!改善をして上がる可能性について

給料が低い保育士の現実

私も保育士をしていてずっと悩んでいたことが「お給料」になります。

自己紹介にもかいているように、私は保育士として働いていましたが子供は娘が2人いますし妻もいますので生活はかなり苦しいものでした。

専門学校を卒業して初めてお給料をもらったときの手取りはたったの9だったことを今でも覚えています。

最初は公立保育園の臨時職員という立場だったので日給制の仕事であったためその程度のお給料でしたが、その後に私立の保育園で正社員になっても手取り15万円の壁は大きかったですね。

私は大阪の保育園へいたのでそこまで地域としても悪くはなかったのですが、それでも保育士のお給料はそんなものでした。

保育士は誰でもできる仕事なのか?

先日堀江貴文さんが、

こんな風にTwitterをして話題になっていましたが、現場の保育士としては「誰でもできないよ」と言いたいけれども確かに退職をした人が多くても次の年にはちゃんと機能をしているのである意味「誰でもできる仕事」なのかもしれないですね。

そんな保育士のお給料が安い理由や、地域別のランキング、保育士のお給料は今後は引き上げられるのか?という点について書いていきたいと思います。

コンビニのレジや流れ作業の仕事と同じ扱いになりつつあるのが保育士という仕事の給与形態に表れています。

もちろん誰でもできる仕事ではないと元保育士ならば理解をしているのですが。。。。

難しい問題ですね。

保育士のお給料の平均額

保育士のお給料の平均額は平成27年で323万円

月収の平均額は約22万円、平均の時給は1,251円となっています。

ボーナスは60万円と夏と冬を合わせての金額となっていますので他の業界と比較をすると低いということがわかりますが、これはあくまでも平均となっており、最近は60万円もボーナスをもらえる保育園は珍しいでしょう。

関連記事ボーナスなし?保育士の賞与の平均と手取り額 使い道は貯金と旅行

相場は年収300万円

過去の推移を見ても年収は300万円あたりから動いていないため業界的に見ても相場は300万円程度となっています。

ただし、この平均は公立の公務員である保育士も含まれています。

実は公立の保育士と私立の保育士では20代ではそこまで大きなお給料の差はないのですが30代、40代になると如実にお給料の差が生まれます。

なんと2倍程度公立の保育士の方がお給料が良くなりますので、公務員の保育士を目指す人も多い理由はうなずけます。

公立の保育士は公務員という扱いになることから市役所などにいる人たちと同じ扱いになることから福利厚生や給与の面で非常に優遇をされていますね。

そんな保育士のお給料事情ですが、全国の地域や場所によっても異なります。

全国の保育士のお給料の平均を見て意味ましょう。

保育士の給料の全国平均比較

都道府県 平均年収
北海道 283.5万円
青森 252.0万円
岩手 283.5万円
宮城 315.0万円
秋田 252.0万円
山形 283.5万円
福島 283.5万円
茨城 315.0万円
栃木 315.0万円
群馬 315.0万円
埼玉 283.5万円
千葉 315.0万円
東京 441.0万円
神奈川 346.5万円
新潟 283.5万円
富山 283.5万円
石川 315.0万円
福井 315.0万円
山梨 283.5万円
長野 315.0万円
岐阜 283.5万円
静岡 315.0万円
愛知 346.5万円
三重 315.0万円
滋賀 315.0万円
京都 315.0万円
大阪 378.0万円
兵庫 315.0万円
奈良 315.0万円
和歌山 283.5万円
鳥取 283.5万円
島根 283.5万円
岡山 315.0万円
広島 315.0万円
山口 315.0万円
徳島 315.0万円
香川 283.5万円
愛媛 283.5万円
高知 283.5万円
福岡 315.0万円
佐賀 252.0万円
長崎 283.5万円
熊本 283.5万円
大分 283.5万円
宮崎 252.0万円
鹿児島 283.5万円
沖縄 252.0万円

全国平均はこのようになっていますが、公立の保育士と私立の保育士のお給料の格差はすごいです。

これについてはいろいろな意見もありますが、全国規模で見た場合に金額となっています。

内訳は年齢をみていきましょう。

保育士の給与の内訳

平成27年度の保育士の平均年収をみてみると、

・平均年収:323万円

・平均月収:22万円

・平均時給:1,251円

・ボーナス等:60万円

・年収ランク:26位

・時給ランク:29位

・平均年齢:35.0歳

・勤続年数:7.6年

・復元労働者数:222,080人

・総労働時間:175時間/月

・男性年収:346万円

・女性年収:322万円

年収323万円だと高めな印象ですが、実際にはここから税金などをとらえることになりますので手取りにして20万円程度。

もちろんボーナスも含めての年収になりますので、月の手取りについてはもっと低くなる印象ですね。

なぜ、このようになっているのか?公立の保育士と私立の保育士の給与形態について書いていきましょう。

保育士のお給料で公立と私立の差はなに?

保育士の全国平均のお給料を東京都練馬区の公務員の保育士のお給料を比較してみると、

保育士全国平均 公立保育所の保育士

(練馬区)

全産業平均
平均年収 323.3万円 539.1万円 489.2万円
平均月給 21.9万円 31.1万円 33.3万円
平均年間賞与 60.3万円 165.2万円 89.2万円
平均年齢 35際 44歳 42.3歳

公立の保育士はと民間(私立)の保育士では官民格差も大きいですね。

まず、母体の違いがあるのですが公立は市町村が運営母体のため保育士さんはすべて公務員という扱いになります。

(臨時職員でアルバイトもいます)

それに対して私立の保育園の運営母体は、社会福祉法人や株式会社なので国や市町村から補助金をいただいて運営をしている形となります。

公立の保育士は、勤続年数に応じて昇給制度が約束されており、水準も平均的な公務員と同程度の給料となっています。

そのため公立の保育士の採用試験は高水準のお給料を求めて殺到をしている現状があります。

私立保育園の現実は厳しい

しかし、私立の保育園の先生の場合は運営母体に入ってきている補助金にも限界があるため、先ほど紹介をしたような相場は300万円程度のお給料に落ち着いてしまいます。

私は公立で臨時職員としての経験と、私立保育園の正社員としての経験をどちらも経験しています。

正直な感想としては、私立の保育園の先生の方が保育の質も高いですしサービスとして保育を行っていますので意識も高いです。

しかしサービス残業は当たり前休みもなかなか取れない有給も取れない。また持ち帰りの仕事も多いので長続きがしない環境になっています。

それに対して公立の保育園は市の考えにより好きな保育は自由に勝手にはできないけれども高収入時間通り出勤をして、時間通り退勤できて有給もきちんと取れてサービス残業はない

(公務員なので残業をした場合には残業代がつきます)

関連記事ブラック企業診断で保育園も同じ!ブラックな保育園はすぐに辞めろ

公立保育士の場合私も経験をしましたし、先日友人の保育士にも聞いてみると私立ではありえないような実態もありました。

・公務員の正社員の先生は夏休みに1か月有給。その間は臨時職員(アルバイト)の先生がずっと見ていました。

・生理休暇となるものが今でもあり、いつでも自由に取得ができる。(正社員のみ)

・土曜日出勤をしたら、平日は代休。

・退職金が上場をしている企業よりも好待遇となっている

これは実際にあった話ですし、どこの民間の企業でもないような優遇があり、退職をしてもたくさんの年金をもらうことができます。

市役所に勤めている方と同様に福利厚生の面でも優遇をされていますので公立の保育士になりたい人が多いようですね。

もちろんこれはあくまでも一例で市町村によって異なりますが、保育士として働く環境でお給料の差は生まれますので、できれば公務員を目指すほうがお給料で悩むことはないと思います。

私がなぜ保育士の公立と私立の保育士のお給料の差額をご紹介したかというと、世の中の「保育士のお給料は低い」という考えは間違っているからです。

「私立の保育士のお給料が低い」のでなんとか改善をしてあげられないものかと思います。

深刻な保育士不足なのになぜお給料が上がらないのか?

保育士は本当に人材不足の状況です。

私も保育士資格をもっているため、いろいろな保育関係の転職サイトのエージェントから「登録をして転職しませんか?」退職をした保育園から「復帰する気はない?」などオファーはすごくあります。

もちろん今の人材確保が困難を極めており、首都圏の東京都、大阪府、愛知県、福岡県では人材確保に限界があるため地方へ家賃補助も出して働いてもらえるように働きかける動きもあります。

今は私も保育士を採用する立場なのですが、半年以上求人を出し続けても応募は数えられるほどの求人数となっていますので正直人材不足は深刻です。

それだけ人材不足の保育士ですが、不足をしていてもお給料が上がることはないのが現状です。

保育士の給料が上がらない仕組み 税収をあげるしかない

賃金というのは世の中の需要と供給によって決まります。

通常は需要が多く、供給が少ないとその資格の価値や賃金は上昇をしていくのですが、保育士はお給料が上がらない仕組みがありました。

多くの保育士が働いている現場は認可保育園になりますが、認可保育園の収入は保育料ではなく公的な補助金で成り立っているからです。

認可保育園の場合は保護者の収入によって支払いをする保育料は異なります。

母子家庭や年収が200万円以下などの定収入の人は保育料も0円~数百円となっていますし高収入の人でも最大10万円程度の保育料になります。

保育料だけでは保育園は運営できないことから、税金である補助金をそこまで投入できない現実があります。

例えば、1人の子供を一か月安全に見るために10万円かかるとしましょう。

その場合、保育料を10万円支払っている人は公的な資金を使わなくても良いのですが、保育料を500円しか支払っていない子供を見る場合でも10万円はかかりますので9万9500円は補助金になります。

このようにいろいろな金額に対して補助金が投入をされていますので保育士のお給料にまで税金を投入することができていない現状があります。

もっと細かな計算が実際にはされていますが、保育園は税金で成り立っている業界であることがわかります。

保育士のお給料を上げるということは莫大な税金が動くことになりますので、なかなか簡単に保育士のお給料の水準を上げようというのは難しいのです。

保育士のお給料を上げる方法

保育士の給料を上げるためにの3つの方法について書いていきましょう。

現実的に可能な方法は以下の3つになります。

1,保育園の運営費を増やす
2,保育士の人数を削減する
3,経費を削減する

詳細な情報について書いていきますので参考にしてください。

保育園の運営費を増やす

これは具体的にいうと入ってくる収入を増やすという方法しかありません。

しかし、保育園の運営費というのは3つの収入しかない現状があります。

・保護者からの保育料

・国や都道府県からの負担金や補助金

・各自治体からの補助金

このいずれかを増やすということができれば保育士さんにもっと多くのお給料を渡すことにつながりますが、補助金を上げる、もしくは他の世の中の補助金をカットするという仕組みになりますので現実的はでありません。

また、保護者からの保育料を全国で1.5倍にするなどの動きが出ればもっとお給料は上がるかもしれませんのが、どちらも現実的ではないのでこの考えは難しいでしょう。

運営費の内訳

保育園は運営費をもらって運営をしているケースがほとんど。

無認可などの保育園は別ですが、認可保育園となるととにかく運営費をもらって日々の保育園の運営をしているという流れになります。

では、どれくらいの運営費をもらっているのかを紹介していきましょう。

運営には国の定める公定価格というものがあり、そこから保育料を引いた金額を「国が1/2、都道府県が1/4、市町村1/4」という割合で補助金を負担している形となります。

もちろん市区町村や定員数によって補助金の金額は異なるのですが、園児一人当たりでもらえる金額というものがあり、相場は以下の通りです。

・0歳:157,570円

・1歳:89,780円

・2歳:89,780円

・3歳:39,160円

・4歳:32,390円

・5歳:32,390円

この金額に対して入園をしている児童の数となりますが、そこから人件費や、給食の材料費、水道光熱費、絵本代、文房具代、掃除用品などすべての経費をつかっていくわけです。

しかし、保育園の運営で圧迫をしているのが保育士の給与で補助金の70~80%程度になるといわれています。

これだけ人件費のかかる仕事というのはあまりないため、そもそもお金を儲けてそれを職員に還元をするということは不可能なモデルなので給与アップは見込めません。

保育士の人数を削減する

一般の企業ならば経営が悪化をしてきた場合にはリストラなどの人員削減もしくは社員全体の賞与やお給料をカットするなどの方法で乗り切る場合もあります。

しかし、ただでさえお給料の低い保育士のお給料をカットするというのは現実的ではありません。

そのため人員削減というのが一番現実的なのですが、現場では法律で「保育士の配置基準」というものがあります。

・0歳児は3人の子どもに対して保育士1人(3:1)

・1歳児、2歳児は6人の子どもに対して保育士1人(6:1)

・3歳児(年少)20人の子どもに対して保育士1人(20:1)

・4歳児(年収)、5歳児(年長)は30人の子どもに対して保育士1人(30:1)

このように保育士1人あたりで見れる人数が限られていますので、人員削減ということは子どもの人数を減らすことにつながりますので補助金も減ることになります。

結果収入は減るので保育士の給料を上げるということにはつながらないため現実的ではないですね。

また、現場にいるとこの法的な人数を見ることもかなり困難で現場は大変な思いをしていみています。

子供を安全に保育をしていくためにもこの選択肢はないですね。

経費を削減する

保育園の経営で7~8割を占めているのは人件費となります。

残りの3割で衛生費や運営をしていくために必要なお金も含まれていますので現実的に不可能となります。

保育士のお給料についてまとめると、保育士のお給料を増やすためには補助金を増やすということが一番現実的で早い方法です。

海外で保育園へ預けるとなると結構な金額になると言われていますので、日本の保育料はもっとあげるべきだと思いますが中には共働きだと生活もままならない人もいますので、簡単には行きません。

幼児教育無償化で保育料金が無料になる可能性はありますが、それならば無償化になるお金を保育士の給与改善の補助金にすればよいにというのが正直な感想ですね。

関連記事幼児教育無償化はいつから?幼稚園や保育園の料金はいくらになるのか?

保育士への処遇改善手当が出ているのに上がらない理由

実は2013年ごろから保育士の処遇改善が叫ばれるようになり、2017年までの4年間で7%の給与を挙げる施策が始まっています。

月額にして21,000円程度を上げましょうという動きで、国も保育士さんのお給料上げようとしていないわけではないんです。

運営費以外の形で保育士のお給料を上げているはずですし、新たな役職として副主任手当もできて月額4万円も決定をしています。

しかし、現場からの声はシビアで、

・私のお給料は全く変わっていないんだけど!!

(数年で昇給はほぼなし)

・処遇改善手当がすべて残業代になっていると説明をうけた!!

さて、現場からなぜこのような声が上がっているのでしょうか??

利用が自由なので保育士の支給をされていない

その理由は「処遇改善手当の使い道は各保育園の裁量に任せられている」というのが現実だからです。

補助金として各保育園には運営費をして支給をされているのですが、使い道に関しては経営者側である保育園に判断を任せています。

関連記事処遇改善手当は保育士パートももらえる?技能や経験に応じて異なる補助金

そのため、経営的なコストを減らすために保育士さんへ少額の残業代を支払ったり、研修費として講師を呼ぶ費用にしたりなど保育士のお給料へ直結をするような動きをしていないというのが現実です。

私も保育士をしているときに処遇改善手当は保育士1人に対して10,000円の支給がされているはずだったのですが給与明細にはいつも3,000円という記載になっていました。

あとの7,000円はどこに行っていたのでしょうか?

最近は自治体もチェックを強めており問題の把握に動いていますが、保育士の処遇改善手当ならば裁量を園に任せるのではなく、「保育士の給料に反映をさせること」と決まりを入れるべきだと思いますね。

一例になりますが、東京都の世田谷区では処遇改善手当の50%を必ず人件費に充てることという仕組みを導入しました。

すると、保育士のお給料は上がるため意味のある処遇改善手当の使い方になると思いますね。

保育士の給料のまとめ

私は元保育士です。

保育士を辞めた理由は保育士として給与を手にいれたくても不可能になるであろうと思ったことが大きな原因でしたし、現実生活はかなり苦しいものだったので続けていくことは困難だと感じました。

他にも現役で保育士を続けている方もいるのですが、保育士と給料の関係は非常に深いものです。

しかし、現状の選択肢としては2つしかありません。

・給料が低いと割り切って保育士と続ける。

・他の業界へ転職をする。

愚痴を言っても文句をいっても保育士の給料はあがることは基本的にありえませんし、今後もおそらくないでしょう。

給料を上げるためには自分から動こう

それでもお金を求めるならば転職をする方法をとるか?もしくは保育士をしながら副業していくという方法しかないと思います。

関連記事保育士の給料を副業で5万円増やす方法10選!低い給料と決別しよう

文句や愚痴を言いたい気持ちはわかりますが、そんなことをしていても何も変わらないですし時間の無駄になりますのでそれならば自分から行動をしてお給料を上げる方法を模索する方が有益かもしれないですね。

保育士という仕事は子供とかかわることができる素敵な仕事で多くの方々から感謝をされる素敵な仕事だと思います。

しかし、それがなかなか世の中から認知をされることがしんどいですね。

保育士としていて将来的にお給料が上がるとはいえませんので、保育士として続けていきたいけれどもお給料の悩みがあるという場合には他の収入の道も作っておきましょう。

命に関わる仕事だが世の中の認識が低い

保育士というのは命とかかわる仕事で素敵な仕事です。

しかし、そこにはいろいろな歴史もあり昔は子供を家で育てるというのが一般的で家庭で子供を育てるとい考えが普通でした。

そこにお金を払うという考えもなかったですし、子供とただ遊んでいるだけの仕事ということから徐々に「命を預かる仕事」「世の中の親を助ける仕事」と認識も広がりつつあります。

もちろん正論なのかもしれないですが、結局保育士の給与を上げるためには何らかの方法で資金とつくらなければならず売り上げを挙げるという方法以外でで焼石の水の状態です。

その状態なのに政府は幼児教育無償化などの政策で保育園に入ってくるお金をすべて税金で賄おうという狙いがありますのでより保育士の給与アップは遠のいてしまった印象ですね。

関連記事幼児教育無償化はいつから?幼稚園や保育園の料金はいくらになるのか?

保護者からもらう保育料を上げる、補助金を増やす(例えば政治家の給与を下げて補助金に充てる)など世の中の人が納得できるような形がなければ将来性も薄いなと元保育士として感じる点は多いです。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

関連記事

コメント

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。

私、運営者のtakaと申します。

元現場の男性保育士で認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げ、集客などもしてきた異色の保育士です。

現在36歳、娘も2人います。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいと思いこのサイトを始めました。

他にも子育ての悩み役立つ情報、おでかけ情報など楽しい情報もアップしていきます。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る