保育士が給料を上げる方法7選!平均手取り15万円の安い給料から脱却

保育士の給料を上げる方法はあるのでしょうか?

保育士は低賃金で、月に手取り15万円くらいが相場です。

特に私立の保育園へ勤務をしている人は生活もままならないようなお給料で、正直こまってしまいます。

保育士を続けていても、上がる可能性はとても低いので自分で乗り切らなければ仕方がありませんので、行動してみましょう。

この記事では保育士の給料を上げる方法について書いています。

記事を読めば保育士が給料を上げる方法や、上がらない理由がわかります。

※元保育士が給料事情について体験も含めて書いています。



保育士が給料を上げる方法7選!平均手取り15万円の安い給料から脱却

保育士の平均手取りは15万円です。

厚生労働省が調査をした「保育士の平均賃金」の資料を参考にしてみると保育士の平均年収は223.3千円となっています。

全産業の平均は333.7万円となっているのを見てみると、約100万円近くひくいことがわかりますね。

月平均にすると、18万5000円程度ですがここの賞与は入っていません。

夏冬合わせてボーナスが40万円だとすると、月の平均給料は15万円程度だということがわかります。

処遇改善手当などが支給をされているはずなのですが、保育園の経営は厳しく、なかなか給料が上がらない現状があるのです。

保育士の給料は安い?いくら?平均15万円で年収300万円【上がることはない】

保育士の給料は安いと有名です。

私も保育士をしてきましたが、辞めた理由は「給料」でした。

扶養家族、住宅手当をもらっていた時期でも月の手取りは18万円程度で、そのときの保育経験は8年目でしたが現実はかなり低かったです。

年収についてもかなり低く、上記の調査の通りくらいしかもらった経験がありません。

どう頑張っても、将来的に上がることはありませんので、自分で行動するしかないでしょう。

保育士が給料を上げる方法7選【安い給料から脱却しよう】

保育士の給料は安いです。

これはどうがんばっても変わらない現実がありますので、行動をしてあげるしかありません。

そのための方法を7つ紹介していきます。

もし、保育士をしていて給料に悩んでいるのならば、行動をしてみましょう。

1,高い給料の保育士求人へ転職する

2.保育士を辞めて給料の高い仕事へ転職する

3.副業を始める

4.公立保育士を目指して勉強する

5.高収入な人と結婚をする

6.給料水準の高い地域へ引っ越す

7.給与アップの交渉をする

では、本題に入っていきますね。

1.高い給料の保育士求人へ転職する【好待遇求人へ】

一番簡単な方法は高い給料の求人へ応募をするというものです。

保育園によって給与水準というものは違います。

そのため、自分で探すのではなく、紹介型の保育士求人へ応募をして「給料の高い保育園」を紹介してもらいましょう。

給料が高い園に採用をされれば今の水準よりも高い給料になります。

保育士の経験も活かせるので、保育士が給料を上げるには一番確実で早い方法だといえます。

→ 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

2.保育士を辞めて給料の高い仕事へ転職する【異業種へ】

次の方法は保育士を辞めて違う仕事へ就職をするという方法です。

保育士を続けている限り、高い給料を手にすることは難しいです。

なぜならば、保育士の給料は低くなる仕組みになっているためです。

それならば保育士を辞めて、他の仕事に就くという方法があります。

実は保育士から、異業種の仕事へ就いている人は多く、高い給料と安定をした休みを手に入れているという声もたくさんあります。

→ 保育士から違う仕事へ転職する方法!一般企業や異業種へ行ける?

3.副業を始める【月5万円をめざす)

副業をするという方法もありです。

今は国もどんどんと副業を推進しています。

副業をして他の収入を得ることができれば、今の給料にプラスでお金が手に入ります。

副業すれば、ほかにもスキルがつきますので、ビジネスに発展をする可能性もありますのでおすすめです。

保育士の仕事以外の時間を副業に使うため、少し疲れてしまいますが今の仕事を辞めずにあげられる方法です。

→ 保育士が副業で月5万円稼ぐ方法14選!バレないで稼げるコツとは?

4.公立保育士を目指して勉強する【公務員になる】

若い先生ならば公立の保育士を目指しましょう。

理由は簡単で「高収入・好待遇」だからです。

私立の保育士と比べて高い給料で、好待遇で将来も安定をしている最強の保育士です。

もちろん、試験は難関で通過をするには苦労しますが、実際に給料の問題から公立保育士へ転身をしている人はたくさんいます。

ただし、試験を受けられるのは30歳以下の市区町村が多いのでそこは注意をしましょう。

5.高収入な人と結婚をする【安定収入の人と】

自分の給料を上げるという考えから、結婚相手に求めるという方法に切り替えましょう。

保育士は女性が多いため、出会う人によって生活も変わってきます。

例えば、最初から高収入な人と出会うことができればそれだけでも給料アップにつながります。

男性保育士も高収入な女性と結婚ができれば、生活水準も上がりますので結婚相手を探すという方法があります。

6.給料水準の高い地域へ引っ越す【東京・大阪・名古屋・福岡】

もし、あなたの住んでいる地域の給料が低いのならば、引っ越しをしましょう。

例えば、東京や大阪、名古屋、福岡など最初から給料の水準が高い地域があります。

そこへ引っ越しをして就職をすれば、必然的に給料があがります。

田舎や待機児童がいない地域と比べると、保育士不足が深刻なので採用も決まりやすく、給料アップが狙えます。

紹介型の保育士転職サイトを使うことがベストでしょう。

→ 保育士の求人転職サイトをおすすめ3つに厳選【退職前に読むべき】

7.給与アップの交渉をする【給料表ではない給与に】

最後は今の保育園に給料のアップを申し出るという方法です。

もちろんあなたが保育園にとって「なくてはならない存在」になっていることが条件です。

「給料をアップしてほしい」と言うことを伝えて、園長に交渉をしてみる方法です。

もしダメならば、上記の6つの方法で給料をアップさせるしかありませんね。

保育士の給料は5万上がれば変わる!国の引き上げは期待できない理由

保育士の給料問題はずっと言われています。

しかし、なかなか上がらない現実がありますね。

保育士の中には「保育士を続けたいけれども給料が」という人がたくさんいます。

そこには責任と給料が見合っていないという現実があるのですが、そもそも保育士の給料が上がらない理由があるのです。

たった5万円でも上がれば豊かになれるのですがね。

保育士処遇改善手当の問題点【いくらももらえない】

まずは保育士の処遇改善手当の問題です。

処遇改善手当とは、保育士の給料に対して手当てをつけるもので国から補助金として支給をされているものです。

これは本来は保育士の給料アップなどに使うものなのですが、問題は「用途が自由である」と言うことです。

つまり、全額をもらえれば給料はかなり上がるのですが「園が自由にできてしまう」という問題があるのです。

そうなると、賞与に処遇改善手当が回されたり、園の何らかのお金になったりして、保育士の給料に直接つながっていないことがあります。

→ 保育士処遇改善手当はいつまでもらえる?パートはもらえない?

どこからも出ない無償化の問題【保育士の労働過多】

次に保育園無償化の問題です。

保育園は本来はもっとお金をとって預からなければ経営はかなり厳しいです。

しかし、両親の世帯収入によって保育料は決まっており、0円~10万円ちかく差があります。

安い保育料でたくさんの子供をあずかったとしても、収益性は見込めません。

しかも、今は幼児教育無償化で国から補助金が出てしまっている状態で、さらに収入の道がなくなってしまったのです。

無償化で保育園へ入りたい人はたくさん押し寄せ、業務は忙しくなっても、保育士の給料アップには直接つながっていない現実があります。

保育園は収益が上がらないビジネス【営業益はなく補助金のみ】

保育園の運営がそもそも収益があがらないビジネスです。

そもそも補助金で成り立っている事業であるため、財政難なところが多く、低賃金の保育士の給料に回す余裕もありません。

保育園は子供の数によって補助金が異なっているため、たくさん入れれば補助金もたくさん入ってきます。

しかし、配置基準の問題もあるため、保育士の人件費と子供の受け入れはいたちごっこの状態となってしまいます。

そもそもビジネスモデルとして厳しいため、保育士の給料アップにつながらないのです。

→ 認可保育園の補助金はいくら?設置基準と保育士の給料が低い仕組み

保育士が給料を上げるなら行動しよう【平均手取りからの脱却】

保育士として給料を上げるには、自分で行動をするしかありません。

本来は保育士という仕事が認められ、より高い給料を手に入れることができればよいのですが、現実はそんなに甘くはありません。

先ほども紹介したように、国が動いていても、現場レベルまではお金は回ってきていない現実があります。

私も保育士をしていたころは本当に給料に悩んでいました。

しかし「異業種への転職」「副業」「給料アップの交渉」の3つを実践したことにより、給料アップをすることができました。

今の現状が一生懸命頑張っても上がりませんので、行動に移して収入をアップを目指してみて下さい。

人気記事 → 保育士バンクの口コミ評判!特徴8選と登録の方法 退会はしつこい?

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

takaです。

園長経験もある異色の元保育士。

子供はもちろんめっちゃ好き!!

今は副業サラリーマンとして、子供関係の仕事とWEB関係の仕事をしています。

保育経験と子育て経験を活かし、皆様のお悩みを解決できる記事を書いていきます♪

気になることや、書いてほしい記事があればお気軽にこちらへ連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtakaです。

【経歴】

・認可保育園で現場の8年、分園の責任者2年

・認可外保育園の立ち上げ2園

・インターナショナルスクールの園長経験あり

・幼児教室の教室長経験あり

現場の保育士から、管理職になり営業や運営、マネジメントに従事した異色の経歴があります。

【簡単な紹介】

現在38歳で奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!

趣味はキャンプと筋トレ、ランニングです。

今は副業サラリーマンをしており本業は子供関係の仕事。

副業はWEB関係でコンサルや個別相談、WEBマーケ。

それと保育コンサル、育児相談の2つの仕事をしています。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る