保育士の給料が高い求人を見つけるコツ【平均年収が安い理由とは?】

保育士の給料が高い求人を見つけるコツ【平均年収が安い理由とは?】

保育士の中には給料が高い求人があります。

安い給料で知られている保育士ですが、中には高い給料の求人もありますね。

しかし、その仕事内容はハードなものが多い現実があります。

この記事では保育士の給料が高い求人の見つけ方や仕事内容、保育士の現実的な給料について解説していきます。



保育士の給料は高い?実は安い平均年収の現実【いくらなの?】

保育士の給料は高い?実は安い平均年収の現実【いくらなの?】保育士の給料は高いとい声も一部にはあります。

それは「安定をしている」と言う点で、少なくても20万円くらいのお給料を毎月もらえるからですね。

しかし、SNSにはこんな声もあります。

もらっている人がいる。

そして、仕事内容と給料がみあっていないため「給料が安い」と言われているんですよね。

保育士の現実的な給料について、見ていきましょう。

保育士の平均年収は300万円?給料が安い現実

保育士の平均年収は300万円。

これが保育士の言われている給料になりますが実際には以下のようなデータがあります。

厚生労働省から出ており、平均年収は350万円を超えており2年前から20万円もあがっているのです。

女性243,500円699,300円3,621,300円
男性263,900円724,800円3,891,600円

(参考:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」)

特に大きな影響は処遇改善手当がもらえるようになったことですね。

年代別の保育士の給料はいくらなのか?

次に年代別の保育士の給料です。

長く勤務をしていれば保育士の給料はどんどん上がっていきます。

もちろん、昇給率はそこまで高くはありませんが、ベテランになるほど高くなる傾向にありますね。

年代平均月収平均年収
20代224,600円約326万円
30代245,250円約369万円
40代257,100円約386万円
50代270,250円約412万円

(参考:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」)

公立保育士の給料は高い?私立との違いとは?

ちなみに、公立の保育士は別格です。

理由は、公務員となるため給料の水準が高いことがあげられます。

月収は32万円、ボーナスは179万円、年収は678万円ですので、私立の保育士と比べると差が大きいことがわかります。

(参考:東京都練馬区「平成29年度 練馬区人事行政の運営等の状況の公表【増補版】」)

保育士の給料が高い求人とは?仕事内容はどうなるの?

保育士の給料が高い求人とは?仕事内容はどうなるの?そんな保育士の給料が高い求人とはどんなものでしょうか?

かなり少数ではありますが、実際に年収400万円や500万円を超えるような仕事はたくさんありますね。

その5つの仕事について書いていきます。

公立の保育士になる

園長や副園長など責任のある業務

主任保育士など現場を管理する仕事

保育園の運営を管理する本部社員

保育園を自分で運営する

公立の保育士になる

公立の保育士のなることが一番確実で早いです。

公務員ですので安定性は抜群で給料もたくさんもらうことができます。

しかも、ボーナスや休暇制度もしっかりとしているため、優遇をされるレベルが違います。

高い給料を求めるならば、公立の保育士がベストな選択でしょう。

園長や副園長など責任のある業務

園長や副園長など責任ある仕事に就きましょう。

保育園でも管理職と言われる仕事で、立場も上になります。

園全体の責任を持たなければなりませんが、その分お給料が高くもらえるお金も多いです。

→ 保育園園長の年収はいくら?幼稚園と雇われ園長の仕事も解説

主任保育士など現場を管理する仕事

管理職はちょっと・・・と言う場合には主任保育士という選択肢もあります。

主任になれば給料は一般の保育士よりは高めです。

年収にして400万円から450万円くらいはもらえるので、保育士よりは高めです。

保育園の運営を管理する本部社員

最近は保育園を運営する民間の会社が増えています。

その中で求められる仕事の一つに「運営管理」があります。

保育園の保育の質の確認、レベルの安定、先生の指導などを行う仕事です。

管理側になれば給料は高くなりますね。

保育園を自分で運営する

保育園を自分で運営をしても良いでしょう。

どんな保育園にするのかは自由ですので、好みの保育をして下さい。

園児を集めるということは必要ですが、集まれば給料も高くなるでしょう。

保育士の給料が高い求人の見つけ方とは?転職する方法

保育士の給料が高い求人の見つけ方とは?転職する方法保育士が給料の高い求人を見つける方法とは?

どうせならば、給料の高い保育園へ転職をしたいと思うはず。

保育士です。ボーナスが65万ありました。
毎月の給料は額面29です。

なぜ、保育士は給料安いとか言われるのでしょうか?
認可です。
年代は20代後半です。

残業、持ち帰り一切ありません。 皆さん、育休とり復帰されてます… 私も辞めるつもりは一切ございません

(引用:Yahoo!知恵袋「保育士の給料は本当に安いの?」)

そんなホワイトで、給料の高い保育士求人の見つけ方について書いていきます。

保育士転職エージェントを使って探す

保育士転職エージェントを使って探しましょう。

紹介型の転職サイトなので、あなたにマッチをした求人を紹介してもらえます。

高めの給料の希望を伝えれば、それに沿って探してくれますね。

特に、登録をしなければ見ることのできない非公開求人はぜひ見つけるべきです。

→ 保育士で転職エージェントを使わないは損!絶対に使うべきメリット

保育士の求人情報を検索し応募をする

保育士の求人情報を検索して応募をしましょう。

自分なりに高めの給料の求人を見つけそれに沿って応募をしてください。

うまく採用をされれば、高い給料の仕事が見つかるかもしれません。

同じ保育園で勤務をしスキルやキャリアを積み上げる

同じ保育園に勤務をして、スキルやキャリアを積み上げてください。

保育園で長年勤務をすれば、給料も立場もアップしていきます。

最終的には高い給料をもらうこともできますので、ぜひ目指しましょう。

ベビーシッターなど高い給料を得られる仕事に就く

ベビーシッターはしっかりと指名をもらうことができれば高い給料が期待できます。

基本的な給料があり、指名やシッターをしただけお給料をもらうことができます。

ただし、実力の世界なので上を目指していく必要がありますね。

給料が高い保育士の仕事を知り合いに紹介してもらう

給料が高い保育士の仕事を紹介してもらいましょう。

ただし、紹介会社を使うとお金がかかってしまいます。

そのため、知り合いや友人などからのつながりで見つけられると良いですよね。

保育士の給料が高い求人の注意点【お金だけを求めるのは注意】

保育士の給料が高い求人の注意点【お金だけを求めるのは注意】保育士の給料が高い求人を見つけたい。

しかし、気をつけなければならないポイントもあります。

そのためのコツについて書いていきましょう。

給料だけを見て転職すると失敗するかも【内容もみよう】

給料だけを見て転職をすると失敗をするかもしれません。

給料が高いということは責任が重い、仕事がしんどいなどのデメリットもあります。

そのため、転職をするとなったら内容もきちんと確認する必要があるのです。

保育士の給料が高い求人は少ない【変わりない現実】

保育士の給料が高い求人はとても少ないです。

普通にたくさんの求人をみても、そこまで差はないはず。

そのためキャリアを積む、スキルを積む、管理職を目指すなど何らかの行動は必要ですね。

給料よりも長く続けられる保育園を選ぼう

給料も大事かもしれません。

しかし、より長く勤務ができる保育園を目指す方が良いかもしれません。

長く勤めることができれば、給料は必然的にアップをします。

最終的には長く勤められる保育園へ勤務をするほうがメリットが高いかもしれません。

保育士の給料が高い求人のまとめ【求人は少ないので早めの行動を】

保育士の給料が高い求人のまとめ【求人は少ないので早めの行動を】保育士の給料が高い求人についてかきました。

給料が高いという点については、普通の保育士では難しいです。

何らかのスキルもしくはキャリアがなければ大きくお金を稼ぐということはできないためですね。

もし保育士として高い給料を目指すならば、役職をつける、もしくは本当にホワイトで保育士に還元をしてくれる保育園に勤務をしましょう。

人気記事 → 保育士求人サイトおすすめは3つ【転職を成功させるやり方のコツ】

人気記事 → 保育士バンクが最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る