保育園の求人は地域で格差がある!運営をしている園長が大変な実態

保育園の関する求人は年々増加をしており、保育園だけではなく幼稚園でも増加の一歩を歩んでいるといわれています。

その理由としては、待機児童問題で保育園はどんどんと増加をしている状況ですが、保育士の人数が足りていないという状態になり、結局保育園を作ったけれども肝心の先生がいないため開園ができないという切実な悩みもおこっています。

そんな保育園の求人の状態や、園長先生の悩みについて書いていきましょう。

 
スポンサードリンク
 
   

求人が多く、地域差も大きい

今、保育園関係の求人が山のように出ているのが正直な所です。

どれくらいの求人が出ているのかというと、たぶん保育園で働きたいと思っている保育士さんは経験などはあまり問われず保育士を持っていて人間的にも問題のない人ならばすぐに採用になると思われるくらい多いです。

これは予想となりますが、保育士さん1人に対して2~3件くらいの保育園の求人が当てはまるほど保育士にとっては選び放題となっており、その逆に保育園側としては切実なほど人材が集まっていません。

実はこのような求人も地域差があるのが正直なところです。

求人が圧倒的に多いのは関東の首都圏で東京、神奈川、埼玉、千葉などのあたりはもとから人口も多いですし、保育園も多いことから保育士の求人はひっきりなしに出ている状態となっています。

他にも関西ならば大阪、京都、中部だと愛知、九州だと福岡など比較的保育園が多い地域は保育士不足に悩んでいる実態がありますね。

待機児童が多い地域は保育士不足

これは単純なことなのですが、保育士が不足をしている地域は待機児童が圧倒的に多い地域となっており、保育園はたくさん出ているにも関わらず保育士さんがいないため定員以下しか子どもを受け入れ出来なかったりしています。

待機児童が多いということは、それだけ預けたいという保護者の多いのですが保育士もなかなか入社をしてこない状況が首都圏では蔓延化していますね。

悪循環の仕組みとしては「待機児童が多い」→「保育園を増やす」→「でも、保育士が足りない」→定員以下しか受け入れられない」という流れになっているため待機児童の多い地域はいつまで経っても解消をされる気配はありません。

しかし、その逆で過疎地域とよばれる田舎の地域では待機児童が最初からほとんどいないですので誰でも保育園へ入園をすることが可能となっているのですが、保育士も十分足りているのでゆったりをした保育をすることができていますので地域差は大きいというのが待機児童と保育士の求人の現状といえますね。

過去にはSNSで「保育園に落ちたしね」問題もあり、待機児童の解消に政府も動いていますし、年々保育園への入園申し込みは増えていますが点数が高くても入れないという状況が続いており、なかなか解消をしないのが正直なところですがそれには理由があります。

その理由は待機児童の人からすると保育園が足りないのですが、保育園からするとそもそも働いてくれる保育士が少ないという現状がありますね。

保育士が不足をしている原因

保育士が不足をしている原因はいろいろとあるのですが、その中でもトップ3の理由を説明すると「低賃金」「人間関係」「労働時間」の理由により退職をして保育士を辞めてしまう人が多いということです。

保育士の資格を持っている人は世の中にはたくさんいるのですが、働いていない保育士が多いのは事実となっています。

その理由が先ほど紹介をした退職理由に含まれているといえますね。

保育士はがんばって働いても給与が上がらないといわれています。

保育士の平均年収は300万円程度と言われています。

公立ならば公務員という扱いになるのでお給料も安定をしていて多くもらうことができるのですが、私立の場合はそんな大きなお給料をもらうことはできません。

地域にもよりますが一般の保育士さんだと総支給額で20万円くらいですし、長く勤務をしていてもこの程度の金額しか手に入らないと言われています。(手取りで月13~16万円が平均)

低賃金の割には重労働な仕事なので、せっかく保育士になっても離職をする人が後を絶ちません。

保育士さんは保護者が支払う保育料と運営費と市区町村、国などから補助金という形で給料を支払われています。

保育料をもっと上げれば保育士さんの給与アップへ直結をするのですが保育の料金は福祉という観点もあることから収入に応じて異なると言われていますのでなかなかシビアに上がらないです。

 
スポンサードリンク
 
   

人間関係はモンスターペアレントと呼ばれている保護者はもちろんなのですが、そのような人物だけではなく内部の人間関係に疲れたので退職をしたいという人は多いです。

保育士は女性の特有の職場となっており、いじめ、嫌がらせ、妬みなど正直ドロドロとしている人間関係があります。

そんな風な現状があり、子どもと接する仕事をしにきているのに内部の先生に気を使って、ご機嫌をうかがってということをしなければならないため疲れてしまったという人は多いですね。

最後の労働時間ですが、とにかくサービス残業は当たり前、持ち帰りの仕事が当たり前ととにかく仕事が忙しく書類も多いので処理に追われています。

もちろん日中は保育をしており、子どもから目を離すこともできないため結果的には事務仕事や雑務をいうのは自分の仕事が終わってからしかできない現状があります。

例えば書類関係となると、保育目標の書類、クラスだより、年間カリキュラム(年1枚)、月間カリキュラム(月1枚)、週案(週1枚)、日案(毎日)、日誌(毎日)、個人記録(毎月)とこれだけの書類を用意していかなければならず一人担任だとここに行事の準備、制作物の用意、保護者対応など仕事が山のようにあるのですが定時に終わらせるということはできないため結果的には持ち帰るもしくは残業をするという方法しかありません。

しかし、手当はでるわけでもないため労働時間が長く、多いのですが低賃金のため保育士を辞めてしまう人も年々多くなっていますね。

園長の仕事で一番重要なのは求人

保育園で最も大変だと言われているのが、求人なのです。

その理由は2つ。

1つ目は保育園でどれだけ条件を整えても給与の面は園長だけではどうしようもなく、採用をしても離職をしてしまうこと。

2つ目は採用をかけても応募がないことです。

結局「離職」と「求人がない」という2つの現状があることから人を集める、引き止めることに苦労をしていますね。

離職の関しては女性の職場なので寿退社などめでたい退職があるのは正直なところです。

そのため、毎年保育園で働いている人が辞めていくことはあたり前なのですが、それだけではなく中には今の保育園よりも良い条件の保育園もあることからそちらへ転職をしてしまうケースもあります。

そうなると離職も多くなりますので、求人をかけなければなりません。

中には一気に引き抜きにあってしまい保育園として運営が立ち行かなくなったという事例もありますし、保護者からの信用を勝ち取ることはなかなか難しいです。

また、離職が多いためなんとか離職を防ごうとしているのですが保育士の立場からすると「世の中は保育士不足で困ってる」という錦はもちろん持っていますので、社員などから言われる条件をのまざる負えないというのも正直なところですね。

もちろんほかの職員とのバランスも考えなければならないため、園長先生は園長の業務よりも今働いている保育士がどのようにすればみんな退職をせずに続けてくれるのか?というところに頭を悩ませているというのが正直なところです。

求人をかけても応募もない

また、もう一つが採用になります。

保育園を運営していても退職者が0人ということは基本的にあり得ません。

毎年どこの保育園も1割程度は退職者になるでしょう。

例えば30名の保育園ならば3名ほどは退職をしていくことになるのですが、この3名を採用をするのにすごく苦労をすることになります。

応募がある保育園は無理をしてでも条件をよくしておき「働きたい」と思ってもらえるようにしていますがそれでも応募は少ないです。

そのため、紹介型の保育士求人を使うことになるのですが、結局莫大なお金をかけて採用をしなければならず、採用をしてもすぐに退職をしてしまうという結果になってしまいますのでいつまで経ってもいたちごっこのようになってしまいます。

保育園の求人は重要なのですが、今は本当にシビアに大変な時代となっていますので園長先生の仕事というのは多くなっています。

保育士の立場からすると余剰人員がいないため休みにくくなるというのは正直なところとなっており、人がいないもしくは途中で退職をしてしまう場合もありどんどん疲弊をしていってしまう。

保育園の現場は大変な状態になっているのが現状ですね。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育ライフ」へお越しいただきありがとうございます。

私、運営者のtakaと申します。

元現場の男性保育士で認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げ、集客などもしてきた異色の保育士です。

現在36歳、娘も2人います。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいと思いこのサイトを始めました。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る