保育士が苦労をする大変なこと5選を解説【やりがいある仕事の本音】

保育士が苦労をする大変なこと5選を解説【やりがいある仕事の本音】

保育士の仕事に苦労はつきもの。

もちろん、どんな仕事でも苦労はあるのですが、保育士ならではの仕事もあります。

本当に疲れてしまうこともありますね。

この記事では保育士の苦労についてや対処法について書いていきます。



保育士が苦労をする大変なこと5選【仕事内容?保護者対応?】

保育士が苦労をする大変なこと5選【仕事内容?保護者対応?】

保育士の苦労とは何でしょうか?

本当につかれてしまい、中には精神的に追い込まれてしまうこともありますね。

そんな保育士の苦労を5つ書いていきます。

1.子供をまとめられないため苦労をする

2.保護者対応が難しく感じる

3.保育士同士の人間関係を作るのに悩む

4.子供を預かる責任が重たい

5.給料が安く仕事も重労働である

1.子供をまとめられないため苦労をする【グレーな子も多い】

子供をうまくまとめられない。

これは保育士によくある問題点と言えますね。

まとまらない、まとめられないということがあり、グレーな子供たまにいます。

クラスがうまく運営できなくなってしまうので、一つの大きな問題だといえます。

2.保護者対応が難しく感じる【クレームになることも】

保護者対応が難しく感じることもあります。

クレームになることがあったり、うまく関わっていかないとうまくいかないこともありますね。

保護者とうまくやっていくために、困ったり、時には失敗したり。

そんな苦労が絶えません。

3.保育士同士の人間関係を作るのに悩む【辞める原因】

保育士同士の人間関係に悩みます。

保育士同士でも派閥があったり、時には問題点があったり。

そんな苦労がたくさんありますので、どうしてもうまくいかないこともあります。

苦労をし過ぎて辞める原因にもなってしまいますね。

4.子供を預かる責任が重たい【大変で重労働】

子供を預かる責任は重たいと感じます。

大変で重労働と感じることがあり、子供を預かる責任も重たくなるのです。

命を預かっていると思うと、とても苦労をしてしまいますね。

5.給料が安く仕事も重労働である【待遇がよくない】

給料が安いというのは一つの悩みです。

給料が安いけれども重労働で疲れてしまう。

待遇もそこまで良くないので、仕事を一生懸命しても報われないので苦労をしてしまいます。

そんな悩みがありますね。

→ 保育士は激務で大変な仕事!給料が月15万円は割に合わない理由7選

保育士が苦労してもやりがいを感じる5つのこと【子供が可愛い】

保育士が苦労してもやりがいを感じる5つのこと【子供が可愛い】

保育士として苦労を感じることもありますが、やりがいも感じることができます。

仕事はしんどんくてもやりがいも感じられる点は大きな魅力だといえますね。

そんなやりがいについて5つ書いていきましょう。

1.子供の成長に間近で関わることができる

2.保護者から感謝の言葉をもらえる

3.行事に苦労をして成功をした時はうれしい

4.社会に貢献できていると感じられる

5.保育を考えて悩んでうまくいった時

1.子供の成長に間近で関わることができる【保育士のポイント】

子供の成長を間近で見られる。

これは、保育士の仕事の最大の魅力ですね。

子供を日常から関わることにより、関係を築いていくことができるのです。

日々成長をする子供たちをみていると、とても可愛いものですね。

2.保護者から感謝の言葉をもらえる【対応をしてうれしい】

保護者から感謝の言葉をもらうことができます。

日ごろから保育をしていると「ありがとうございます」と言っていただけるのはうれしいですね。

感謝をしてもらえる仕事って少ないので、とてもうれしいものです。

3.行事に苦労をして成功をした時はうれしい【達成感】

行事に苦労をして成功をしたときもうれしいですね。

いろんな行事があり、達成感もあります。

成功をするとうれしいものですね。

特に、運動会や発表会など大きな行事が終わった時は格別です。

4.社会に貢献できていると感じられる【福祉の考え】

保育士として仕事をしていると、社会に貢献をしているという実感が感じられます。

子供を預かり、保護者の仕事をサポートし。

そうやって、社会に貢献をしていることを実感できる点は大きな魅力ですね。

保育士は社会を支えるための大事な仕事なのです。

5.保育を考えて悩んでうまくいった時【乳幼児であること】

保育がうまくいかないというときに、悩んでうまくいくときがあります。

乳幼児の保育をしているとあることで、成功をするとうれしいですよね。

保育士は子供のためにいろいろと考えていますが、うまくいったときの爽快感はあります。

保育士が苦労を感じたときの対処法【向いている人の資質とは?】

保育士が苦労を感じたときの対処法【向いている人の資質とは?】

保育士が苦労を感じているときの、対処法についても書いていきましょう。

向いている人の資質とは?一体どんな状態なのでしょうか?

子供と関わることを幸せに感じる【成長を間近で見れる仕事】

子供と関わることを幸せに感じましょう。

これだけ、子供をそばでみて成長を感じられる仕事は他にはありません。

成長を間近で見れる点も大きな魅力だといえます。

子供と近くで接することができる点は大きな魅力だといえます。

苦労があってもお金をもらっていると割り切る

苦労はあったとしても、お金をもらっていると割り切ることもだいじです。

保育士は子供をみていますが、お給料ももらっているのです。

あくまでも仕事と割り切ってみると、苦労があっても楽しめるかもしれません。

人間関係や保育にやり方に悩んだら転職も考える

人間関係や保育に悩んだら、転職も考えてみましょう。

もしかしたら、他の保育園へ転職をしたほうが良い可能性もあります。

悩んだり、相談をしたいときは転職エージェントに登録をして相談をしてみましょう。

転職をしたほうが苦労がすこし、ラクになるかもしれません。

>>【保育士バンク】

求人数業界ナンバー1、コンサルタントが親身、非公開求人多数あり、全国対応。

>>【ジョブメドレー保育士】 

検索型の保育士求人、登録をするだけでスカウトが届く、自分のペースで仕事が探せて応募も可能、転職サイトの運営母体は大手のジョブメドレー

>>【マイナビ保育】

※大手マイナビの保育士専門サイト、コンサルタントの質はナンバー1融通やわがままを聞いてくれる、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に特化している。

保育士が苦労をすることのまとめ【やりがいも多い仕事】

保育士が苦労をすることのまとめ【やりがいも多い仕事】

保育士の苦労について書いてきました。

もちろん、どんな仕事でも苦労はあるのですが保育士は特別な苦労のある仕事です。

苦労があったとしてもやりがいもたくさんありますね。

苦労を感じたら、ここの対処法を参考にして対応をしていきましょう。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

・元保育士で園長や主任の管理職経験あり

【経歴】
認可(社福・公立臨職)と認可外保育園の現場経験 → 複数の保育園の運営マネージャー → 保育園園長 → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

・副業でブログと幼児教室・小学校受験講師

・認可保育園の研修でも使われているブログです♪

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

・元保育士で園長や主任の管理職経験あり

【経歴】

認可(社福・公立臨職)と認可外保育園の現場経験 → 複数の保育園の運営マネージャー → 保育園園長 → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

・副業でブログと幼児教室・小学校受験講師

保育士子育て世代とつながりたい

【簡単な紹介】

二人の子供がいるお父さん。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る