保育士の言葉遣いの大事なコツ5選と悪いやり方!子供や保護者への対応

保育士の言葉遣いの大事なコツ5選と悪いやり方!子供や保護者への対応

保育士の言葉遣いはとても大事です。

子供を育てる立場の保育士の言葉次第で、子供も大きく成長をしていきますので。

しかし、どんな言葉遣いが適切なのかが難しいですよね。

この記事では保育士は使う正しい言葉遣いについて書いていきます。



目次

保育士の言葉遣いの大事なコツ5選【子供を伸ばす方法】

保育士の言葉遣いの大事なコツ5選【子供を伸ばす方法】保育士の言葉遣いで大事なコツを書いていきます。

保育士の言葉次第で、子供が伸びることもあれば、成長をしないこともあります。

とても大事なことなので、5つのコツを理解して子供と接しましょう。

1.子供に寄り添った優しい言葉かけをする

2.褒める言葉を忘れない【子供の成長を促す】

3.危険なことがある時は事前に声をかける

4.言葉と表情はセット【顔を見て笑顔で伝える】

5.期待を持った言葉かけを意識的にする

1.子供に寄り添った優しい言葉かけをする【話し方のコツ】

子供に寄り添った優しい言葉かけをしましょう。

相手に伝える時に大事なことは「言葉かけ」です。

子供に「できたね」「楽しいね」など寄り添った言葉かけをしましょう。

日ごろから子供にしておきたい大事な声かけだといえます。

2.褒める言葉を忘れない【子供の成長を促す】

褒めることも忘れないようにしましょう。

相手に気持ちを伝えることはとても大事。

そのためには「すごいね」「頑張ったね」「これ上手だね」など褒める言葉は日ごろからつかいましょう。

褒められたら子供はどんどん頑張ってくれるようになります。

3.危険なことがある時は事前に声をかける

危険なことがある場合は事前に声をかけましょう。

例えば、遊ぶ場所の範囲や行ってはいけないところ、危険な場所などです。

危険なところがある場合には必ず事前に伝えるようにしておきましょう。

その時に言ってもダメですよ。

4.言葉と表情はセット【顔を見て笑顔で伝える】

言葉と表情はセットにしてください。

子供に伝える時に大事なことです。

笑顔で、子供の顔を見て言葉をかけるように日ごろから気を付けていきましょう。

言葉と表情がバラバラだと子供は困ってしまいます。

5.期待を持った言葉かけを意識的にする

期待をもった言葉かけを意識的にしましょう。

「できるよ」「すごいね」「頑張っているね」などですね。

子供を成長させるために大事な言葉かけなので、意識して気持ちを盛り上げましょう。

子供の呼び方の統一を【ちゃん・くんはそろえよう】

子供の呼び方を統一しましょう。

子供の呼び方は保育園によっていろいろですが、統一することは大事です。

先生たちがみんな言葉をそろえて相手に伝えることが何よりも大事。

きちんと子供を呼ぶようにしてください。

保育士の言葉遣いの悪いやり方と言葉かけ【絶対にダメ】

保育士の言葉遣いの悪いやり方と言葉かけ【絶対にダメ】保育士の言葉遣いの悪いやり方もあります。

言葉かけについては十分気をつけなければならない点もあります。

十分気を付けることについても、書いていきましょう。

否定的な言葉遣いをする【口が悪い保育士】

否定的な言葉遣いをすることです。

「ダメ」「やめて」「いいかげんにして」。

これって保育士は意外と使っていますが、辞めておきましょう。

子供はみんな逃げてしまいますので気を付ける必要がありますね。

兄弟や友達と比較をしたような言葉遣い

兄弟や友達と比較をしたような言葉遣いもやめておきましょう。

子供は比較をされると「ダメなんだ」と、どんどん落ち込んでしまいます。

自己肯定感をつぶしてしまうため、比較はしないようにすべきです。

容姿を否定する言葉遣い

子供の見た目を否定する言葉は差別です。

決してしてはいけないことで、相手のことを考えてもダメです。

相手を押さえつける、否定をするということはあってはなりません。

乱暴で暴力的な言葉遣い【保育士のふさわしくない】

乱暴で暴力的な言葉遣いもダメです。

そんな言葉遣いをする時点で、保育士のふさわしくないです。

そのような言葉を使うこと自体も大きな問題と言えるでしょう。

大きな声で子供に伝える

大きな声で子供に伝えることも典型的なダメなことです。

相手に伝えることは何でもできます。

しかし、大きな声で伝えることは決して許されることではありません。

絶対にすべきではないですね。

若者言葉は使わない

言葉は正しくつかいましょう。

例えば「ぴえん」「しか勝たん」など日本語ではない日本語です。

子どもには正しい言葉を教えるべきですので、きちんと伝えるようにしましょう。

上から目線の言葉は避けるべき

上から目線の言葉は避けるべきです。

命令口調であったり、大人の都合であったりする点はいけません。

上から命令をすることも子供への言葉遣いとしては、不適切です。

保育士の言葉遣いで保護者に対する大切なコツ

保育士の言葉遣いで保護者に対する大切なコツ保育士が保護者と話しをするときに大切なコツも書いていきます。

保育園は子供がいて、その裏には保護者がいますのでしっかりと対応をしましょう。

言葉は丁寧に【です・ますをつけること】

保護者と話しをするときには「です」「ます」の言葉遣いを必ずしましょう

タメ口はダメです。

あくまでも保護者と保育士の関係性を大事にしておくべきですので、保護者とは一定のラインは引いておきましょう。

保護者の視点や目線に立つ【共感を得る言葉遣いを】

保護者の目線や視点に立つことも大事です。

共感できるような言葉かけをすることはとても重要。

相手にきちんと伝えるためにも、保護者の視点や目線に立つことは忘れないようにしましょう。

些細なことを伝えるようにする

些細なことでもきちんと伝えましょう。

子供の変化、様子がおかしい、怪我を少しだけしたなどですね。

そうやって伝えることでコミュニケーションが図れますので、些細なことでも伝えるようにしましょう。

保育士の言葉遣いは同僚にも大事【保育士同士気を付けること】

保育士の言葉遣いは同僚にも大事【保育士同士気を付けること】保育士の言葉遣いは同僚にも大事なことです。

子供に良いことを伝えていたとしても、同僚にそのようなことをしてはいけません。

保育士同士も気を付けるべきことについて書いていきましょう。

同僚にも丁寧な言葉遣いをしよう【先生同士も気を付ける】

同僚にも丁寧な言葉をつかいましょう。

たとえ、仲がよかったとしても職場では正しい言葉を使うべき。

先生同士もきちんと相手を敬って敬語で話しをするようにしてくださいね。

保育中も相手にきちんと伝える姿勢を持つこと

保育中も相手にきちんと伝える姿勢を持ちましょう。

相手に言葉できちんと伝える。

これは社会人としてのマナーともいえますので、十分注意が必要。

相手にきちんと伝える姿勢を持ってくださいね。

保育中にため口で話すことは辞めておこう

保育中にタメ口で話すことは避けておきましょう。

子供のいる前で、タメ口で話すことは不適切です。

丁寧な言葉で先生同士も話しをするようにしてください。

保育士の言葉遣いのまとめ【丁寧な言葉遣いは子供を育てる】

保育士の言葉遣いのまとめ【丁寧な言葉遣いは子供を育てる】保育士の言葉遣いについて書いてきました。

丁寧な言葉を使うことは子供を育てることにもなります。

保育士は子供の見本としての存在がありますので、言葉遣いは必ず丁寧にしましょう。

特に、ここで紹介をした適切でない言葉遣いは絶対に避けるべき。

十分気を付けて保育士は言葉遣いを丁寧にしたいものですね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクが最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
保育士ライフ運営責任者です。

【経歴】

・認可保育園で現場の経験あり。

その後は教育関係の会社に転職し管理職を歴任。

今は普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。。

今は営業のサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る