子供の気持ちを理解するために大切なこと5選!元保育士が必要性を解説

子供の気持ちを理解するために大切なこと5選!元保育士が必要性を解説

子供の気持ちを理解するために大切なことがあります。

保育士は特に日ごろから子供と関わることが多いので、とても重要ですね。

意識して日々子供と接する必要があります。

この記事では子供の気持ちを理解するために大切なことについて書いていきましょう。



子供の気持ちを理解するために大切なこと5選【元保育士が解説】

子供の気持ちを理解するために大切なこと5選【元保育士が解説】

子供の気持ちを理解するために大切なこととはどんなことでしょうか?

保育士として意識すべきことを書いていきます。

1.子供と同じ目線に立ってかかわりを持つ

2.傾聴の姿勢で子供の話しを最後まで聞く

3.子供の心や言葉から伝えたいことを想像する

4.子供の性格を理解して言いたいことを想像する

5.どうしたの?と子供に直接聞いてみる

1.子供と同じ目線に立ってかかわりを持つ

子供と同じ目線にたって、かかわりを持てることです。

目線ということは大事で、日ごろから意識をする必要があります。

大人が話しをすると、どうしても上からになりがち。

それでは、子供の気持ちに寄り添えませんので、目線を下げましょう。

2.傾聴の姿勢で子供の話しを最後まで聞く

子供の話しを最後まで聞く姿勢を持っています。

「そうだね」「すごいね」と返事をして聞いてあげると、子供は色々と話しをたくさんしてくれるようになります。

そうやって、話しをしっかりと聞くことで子供とのコミュニケーションも取れるのです。

3.子供の心や言葉から伝えたいことを想像する

子供の心や言葉から伝えたいことを想像しましょう。

寄り添うためには想像力も大事ですね。

一方的に決めるだけではなく、時には寄り添って相手の心や感情を読み取ることも大事なのです。

4.子供の性格を理解して言いたいことを想像する

子供の性格を理解して言いたいことを理解してあげましょう。

子供なので、まだ言葉がつたなかったり、うまく伝えられないこともあります。

そんなときには「どんなことが言いたいのかな?」と想像をして理解してあげましょう。

5.どうしたの?と子供に直接聞いてみる

もし、子供のことがわからないな…と思ったら?

どうしたの?と直接聞いてみると良いですね。

相手の気持ちを理解するためにも、あえて聞いてみるのもよいですね。

→ いい保育士とは子どもに人気の先生?特徴5選とダメな保育士の問題点

子供の気持ちを理解するために保育士がしている行動【大事な必要性】

子供の気持ちを理解するために保育士がしている行動【大事な必要性】

子供の気持ちを理解するために、保育士がしている行動があります。

大事なことで、必要性もありますのでしっかりと意識をしたいものですね。

そんな保育士の行動を書いていきましょう。

子供とたくさん関わり信頼関係を築いている

子供とたくさんかかわりを持ち、信頼関係を築いています。

日ごろから関係性を大事にしており、遊んだり、一緒に本を読んだりしていますね。

そうやって子供と日ごろから接することにより信頼関係を築いているのです。

保護者とも情報交換をし子供のことを理解している

保護者とも子供についての情報交換をしています。

家での様子、保育園での様子を伝えあい、子供にとって最良のかかわりを見つけているのです。

子供が楽しく関われる環境を作るって大事ですね。

良いことやダメなことをはっきりと伝えている

良いこととダメなことがはっきりと伝えるようにしましょう。

保育士は子供に教えることも大事。

良いことは褒める、ダメなことはしかって正す。

そうやって子供に伝えるということを意識することは重要なのです。

甘えてくる子供の気持ちを受け入れる

甘えてくる子供の気持ちを受け入れましょう。

抱っこや、膝にすわりに来る子供もいますが、そんなときは受け入れをしましょう。

「どうしたの?」と聞いたりして、気持ちに寄り添ってあげてください。

子供の些細な変化に気付いている

子供の些細な変化にも気づいています。

「今日は元気がないな?」「しんどそうだな?」と子供の様子をみているのです。

些細な変化をみて、子供に寄り添っているのです。

→ 保育士は天職と感じる5つの瞬間【向いている人が持っているスキル】

子供の気持ちを理解するために大切なことが出来るとどうなる?

子供の気持ちを理解するために大切なことが出来るとどうなる?

子供の気持ちに寄り添う。

簡単そうでなかなかできませんが、これが出来るようになるとすごく保育が変わります。

そんな効果について書いていきます。

この人は自分のことを理解してくれていると安心する

子供が大人に対して安心感を持ってくれるようになります。

「この人は僕のことを理解してくれる人」と思ってくれますね。

そうやって子供自身が安心感を持ってくれると、保育士としても接しやすくなります。

信頼関係は濃くなりより濃密にかかわりを持てる

信頼関係が濃くなります。

より濃密に関われるようになることで、信頼関係が深くなるのです。

日々かかわりをしっかりと持つことにより、子供自身も信頼をしてくれるようになります。

トラブルも大きなことにならずに済む

トラブルに大きなことにならずに済みます。

子供に寄り添い、信頼関係を築いていれば理解を得られます。

そのため、大きなトラブルになることを避けられます。

そうやって相手の気持ちに寄り添うって大事ですね。

子供の意見も取り入れた主体性のある保育が出来る

子供の意見を取り入れた主体性のある保育が出来るようになります。

子供から色々な意見がでてきますし、時には自分たちで保育を進められるようになります。

そうやってまさに保育を進めていくことが、今の時代にあった保育なのです。

子供からも人気のある先生になれる【遊んでほしい】

子供の気持ちに寄り添っていれば、子供からも人気のある先生になれます。

一緒に遊んだり、子供のことを理解していると「この先生はわかってくれる人」と子供自身も理解してくれますね。

そうなれば、保育士としても関係が築けているので、ラクにすすめられます。

子供の気持ちを理解するために大切なことのまとめ

子供の気持ちを理解するために大切なことのまとめ

子供の気持ちを理解するために大切なことについて書いてきました。

相手の気持ちに寄り添い、かかわりを持つことで、信頼関係が密になります。

そうやって相手との関係を深めることができれば保育の質もかわってきますね。

日々そうやって接することで、子供とのつながりも変わるので、保育士として仕事をするならば意識しましょう。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る