子供に嫌われる保育士の特徴5選と対処法【保護者からも?】

子供に嫌われる保育士の特徴5選と対処法【保護者からも?】

子供に嫌われる保育士の特徴について書いていきます。

保育士の中には子供に好かれる先生もいれば、なぜか嫌われる先生もいますね。

なぜ、その差ができるのか?

この記事では特徴や気を付けるポイントについて書いていきます。



目次
  1. 子供に嫌われる保育士の特徴5選【好かれる人との差】
  2. 子供に嫌われる保育士の対処法【好かれるための対策】
  3. 子供に嫌われる保育士は保護者からも嫌われる?
  4. 新卒保育士が子供に嫌われないコツ3選
  5. 子供に嫌われる保育士のまとめ【好かれる先生になるために】

子供に嫌われる保育士の特徴5選【好かれる人との差】

子供に嫌われる保育士の特徴5選【好かれる人との差】

子供に嫌われる保育士の特徴があります。

保育士として仕事をしていますが、なぜか嫌われてしまう…

そんな特徴について書いていきます。

1.子供を怒りすぎて怖がられる

2.子供と遊ばないで書類ばかりする

3.いつも命令口調で話しかけている

4.子供になめられており拒否されている

5.元気がなくいつもしんどそうにしている

1.子供を怒りすぎて怖がられる【寄ってこない】

子供を怒りすぎて怖がられることがあります。

近くによって来てくれないために、関係性も作りにくいですね。

子供を怒りすぎる先生は、怖がられるので嫌われてていまいます。

2.子供と遊ばないで書類ばかりする【信頼関係ができない】

保育士は仕事がたくさんあります。

保育をすることはもちろんですが、書類などやらなければならないことも。

いつも書類などに追われている先生は、子供と関係が作りにくいというデメリットがありますね。

3.いつも命令口調で話しかけている【嫌いと言われる特徴】

いつも命令口調で話しかけている先生は偉そうに見えます。

子供も、そんな態度をする先生をみると嫌いになりがち。

結果的には偉そうにいう先生が怖い、いやだとなってしまうのです。

4.子供になめられており拒否されている【新人保育士の多い】

子供になめられている先生も問題です。

・叱れない

・子供と関係ができていない

・いつも自信がない

そんな風に子供になめられてしまう先生は嫌われている。

新人の先生の多い特徴かもしれません。

5.元気がなくいつもしんどそうにしている【疲弊している】

元気がなく、いつもしんどそうにしています。

疲れているのか?子供から見るとこの先生は大丈夫かと不安になってしまいますね。

しんどそうな先生に対して子供は敏感。

少し離れていってしまうのです。

→ 保育士が怒りすぎる原因5選【ダメな理由と子供を上手に叱る方法】

子供に嫌われる保育士の対処法【好かれるための対策】

子供に嫌われる保育士の対処法【好かれるための対策】

子供に嫌われる保育士が、好かれるための対策を書いていきます。

嫌われていると、保護者との関係も悪くなってしまいます。

好かれるまでは行かなくても良いですが、関係はしっかりと作りたいですね。

園児たちとたくさん遊んで信頼関係を作る

笑顔で子供と関わるようにする

子供と平等に接する

子供のことをたくさん褒める

子供の目線に立って接するようにする

園児たちとたくさん遊んで信頼関係を作る【人気者を目指す】

園児たちとたくさん遊んで信頼関係を作りましょう。

子供から信頼をされるためには、遊ぶことが一番です。

一緒にたくさん遊ぶことにより、関係性も築けますのでたくさん遊びましょう。

笑顔で子供と関わるようにする【あっちいってと言われないために】

笑顔で子供を関わるようにしましょう。

怖い先生や、表情がない先生は子供から嫌煙されがちです。

「あっちいって」と言われることもありますので、いつも笑顔で接するようにしてあげましょう。

子供と平等に接する【ベテランの上手な関わり方】

子供と平等に接してあげましょう。

ベテランの上手な関わり方です。

長年過ごしている先生は、本当に上手に平等に接してくれます。

その関わり方を参考にして、自分自身も意識をしましょう。

子供のことをたくさん褒める【存在を認める】

子供のことをたくさん褒めてあげてください。

子供は褒めてくれる先生のことが大好きです。

褒めてもらえる先生はとても人気がありますし、好かれやすいです。

子供の目線に立って接するようにする【最低限のスキル】

子供の目線に立って接するようにしましょう。

いつも姿勢を低くして、関わるようにすれば子供は自然と近づいてきてくれます。

目線を合わせることはとても大事なことですね。

子供に嫌われる保育士は保護者からも嫌われる?

子供に嫌われる保育士は保護者からも嫌われる?

子供に嫌われる保育士は保護者からも嫌われる?

そんな風に言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

子供が家で先生のことを嫌いという【担任として信頼されない】

子供が保育士を嫌いだと、家で「先生のこと嫌い」なんて言ったりします。

子供は正直なものなので、それが親の耳に入ると良い気持ちはしませんよね。

その結果、保護者からも「子供が嫌いな先生」とみられる可能性があります。

保護者対応も悪く子供の様子がわからない【問題が多い】

保護者対応が悪く、子供の様子がわからない先生も問題があります。

保育士にとって大事なことは、保護者対応も重要です。

そのため、しっかりとかかわりを持って関係を作っていくことも重要です。

コミュニケーションが下手で関係ができていない

コミュニケーションが下手くそだという点もあります。

保育士は様々な人と一緒に仕事をしなければなりません。

そこで、うまく関係を築けないと仕事もうまくいかないからですね。

人と接するためにも、コミュニケーションは意識しておきましょう。

新卒保育士が子供に嫌われないコツ3選

新卒保育士が子供に嫌われないコツ3選

新卒保育士が子供に嫌われないコツを書いていきます。

どうすれば、子供から好かれるのか?

その3つのコツを書いていきましょう。

1.たくさん子供と接して遊ぶようにする

2.保護者に毎日の様子を伝えるようにする

3.子供の話しを聞き約束を守るようにする

1.たくさん子供と接して遊ぶようにする【クラス担任の役目】

子供とたくさん遊ぶようにしましょう。

子供はやはり遊んでくれる先生のことが大好きです。

一緒のたくさん遊んで信頼関係を築くようにしましょう。

2.保護者に毎日の子供の様子を伝えるようにする【園児をよく見る】

保護者に毎日の様子を保護者に伝えましょう。

毎日子供の様子を伝えることにより、園児や保護者との関係も良くなります。

その点を意識して、常日頃から保護者と話しをするようにしておいてください。

3.子供の話しを聞き約束を守るようにする【大事な仕事】

子供の話しを聞き約束を守るようにしましょう。

保育士にとって、子供に約束を守ることは大事なこと。

子供のいうことについて、必ず約束を守るようにしましょう。

そして、約束をしたことは必ず実行をしましょう。

子供に嫌われる保育士のまとめ【好かれる先生になるために】

子供に嫌われる保育士のまとめ【好かれる先生になるために】

子供や保護者に嫌われると、仕事をして成り立ちません。

そのため、嫌われる保育士にはなりたくないですよね。

もし、自分が嫌われる要因となるならば、意識をして対処をするようにしましょう。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る