保育士の勤務時間はどれくらい?休暇制度と休日の過ごし方は問題あり

保育士の勤務時間はどれくらいなのでしょうか?

保育士不足で離職率も高い現場はかなりシビアな問題となっています。

実際に仕事をするとなった場合に勤務時間が長く、休暇制度も整っていないため退職をする人も多い現実があるのです。

もちろん保育園によって異なりますが、保育士不足の影響がありますので、働ている保育士さんは必至で仕事をしている状態ですね。

この記事では保育士の勤務時間について書いています。

記事を読むことにより、保育士の勤務時間はどれくらいなのか?休暇制度や保育士の休日の過ごし方について書いていきます。



保育士の勤務時間はどれくらい?休暇制度と休日の過ごし方は問題あり

保育士の勤務時間はどれくらいなのでしょうか?

本来、正社員の勤務時間は1日8時間です。

実際には9時間拘束の1時間休憩があっての8時間です。

そんな保育士の現実ですが、勤務時間は長く、私立の保育園は公立のように時間管理もされていないため、特に長いです。

もちろん、勤務をする保育園によっては勤務時間がきちんと守られている園もありますが、そのような園は少数だといえます。

保育士の勤務時間はシフトで決まる!早番は何時から?

保育士の勤務はシフトできまっています。

シフトは園によってかなり異なっていますが、以下の5つのパターンでシフト出勤をすることが多いです。

・早番: 7:00〜16:00

・普通勤:8:00~17:00

・中番: 9:00〜18:00

・準遅番:9:30~18:30

・遅番:10:00〜19:00

保育園に開園時間は7:00~19:00までとなることがほとんどで、このようなシフトです。

シフト自体は一日8時間勤務は守られていますが、実際は早番をしても帰れない、遅番でも早く来なければならないという状態があります。

→ 保育士の仕事内容とは?一日のスケジュールとやりがいと本音

保育士の勤務時間は長い?長時間勤務になる理由5選【シフト制の時間】

保育士の勤務時間の実態はどうなのでしょうか?

2018年度の厚生労働省の統計データ「平成30年賃金構造基本統計調査」を参考にしてみると全国の保育士の1カ月の所定内労働時間の平均は169時間となっています。

フルタイムのシフト制である保育士の一日の労働時間を算出すると、一日当たりの勤務は8.4時間ということがわかります。

つまり、毎日何らかの残業が起こっているという状態ですが、保育園で働いた経験者からいうとあまりにも少なすぎるといえます。

もっと長時間化しており、そこには以下のような理由があります。

延長保育が多様化しており長時間勤務になる【早朝と深夜】

保育園の開園時間や延長保育は多様化をしています。

どのような状態であるのかというと、開園時間は本来19:00までのはずですが、20時、21時まで開園をしている園も増えています。

仕事をする保護者をサポートするために開園時間を長くしている園も増えていますが、その分保育士の負担も増えています。

保育士不足の影響もあり、保育士自体が足りないため、今いる保育士でより長い時間帯の保育をしなければならない現状があるのです。

休日保育の実施による【土曜保育は当たり前】

休日保育も実施をする園がでています。

これは、保護者の仕事の多様化による影響です。

土日は休みが当たり前だった時代から、今は24時間営業、土日も開園などお店としては当たり前のことが起こっています。

そのため、土曜日は当たり前のように保育をし、日曜日や祝日も対応している園も増えています。

もちろんお盆は開園、年末年始の12/30~1/3までの5日くらいだけ閉園できるケースがほとんどです。

無認可だとすべての時間帯で開けているケースもあります。

→ 土曜保育のねらいと料金と給食を紹介!仕事休みはダメ?嫌がられる?

→ 保育園は祝日預かりもある?日曜日や休日保育の料金と利用方法

保育以外の仕事が多く終わらない【サービス残業が基本】

保育士の仕事は子供を見ることだけと思われがちですが、実がちがいます。

保育士の仕事は子供を見る以外にも、書類作成、掃除、明日の保育準備、行事の立案など様々です。

このような仕事を保育時間中にすることは困難で、結果的には家に持ち帰りの仕事として、サービス残業として仕事をしています。

実際に仕事をしている時間に付随をする仕事がたくさんありますが、上記の統計にはこのような時間は含まれていません。

また、定時で帰ることができる公立の保育士とちがい、私立の保育士の労働環境が過酷です。

→ 保育士の残業はサービスで平均2時間?実態の問題点と転職という対策

固定勤務時間パートのみ【正社員は過酷な勤務形態】

保育士は固定の勤務時間は無理です。

そのような時間帯の勤務はパートが優遇をされているため、現実的に正社員はシフトを埋めることとなりますね。

最近は人件費を浮かせるために、正社員を少なくしており、パートでまわす園も増えています。

そうなると、正社員はシフトに追われ、責任ある仕事に追われてしまうため疲弊をしてしまう現状があります。

固定勤務を求めるならば、パートもしくは契約社員、派遣社員になるしかありません。

→ 保育士派遣会社ランキングの口コミ評判とは?給料と求人依頼の方法を解説

行事前は勤務時間がひどい【準備が終わらない】

その中でも行事前はとくに大変です。

行事前は保育園でも大変な運動会と発表会です。

この2つの行事の準備から実行に至るまでは3か月ほどかかるケースがほとんどで、そのためにクラスで行う競技の内容、立案、準備物、練習など幅広くしなければなりません。

つまり、準備が終わらないため苦労をすることが多い現状があります。

私も行事前は普通に出勤をして、保育園を出るのは22時とか当たり前で、土曜は勤務でなくても行く、日曜日は自宅で仕事という日々を送っていました。

行事前は特に勤務時間が長くなる傾向にあります。

保育士の勤務時間と休暇制度!年間休日と有給について

勤務時間は過酷をきわめる保育園ですが、休暇制度もシビアです。

他の一般企業とはちがい、土曜日保育は普通にありますし、中には休日保育(日曜、祝日)も開園をしている保育園もあります。

そのため、年間の休みは少ない印象ですね。

保育園の年間休日の平均は100日!土日と休日出勤はあり

保育園の年間休日は100日程度が普通です。

月に8日~9日程度で、休みが多いんだと120日くらいあったりもします。

これは園によってかなり異なっており、土曜日の勤務日の回数によってかわるのです。

例えば、土曜日に勤務したら代休がとれる園もあるので、その場合は必然的に休日日数もふえます。

それに対して、土曜日もシフトに入り代休などがなければ年間の休日日数もへりますので、園によってかなり異なります。

有給休暇はとれない?保育士の厳しい現実【休憩もなし】

有給休暇についてもなかなか取れません。

私の園はなかなか取れず、年間で3日程度で、体調不良のときに使える程度でした、

あとは難しく、有休を申請できるような状態ではない現場もたくさんあります。

有給休暇はいつでもとるべきという園長先生の考えもあれば、有休をとらないのが美学という考えがあるため、園長によって有給の使い方はかなり異なるといえます。

産休や育休もとりにくい現実【出産は順番?)

子供を育てる施設なのですが、実際に産休や育休はかなり取りにくいです。

その理由は人材不足で、産休や育休を取る人を確保している余裕がないのです。

暗黙の了解で、妊娠をしたら退職をするなど今でも古い体質が残っている園がたくさんあります。

例えば、保育士が妊娠のタイミングは順番が大事?初期と後期の気を付けることに書いているのですが、妊娠は結婚をした人から順番にしなければならないケースもあります。

本来は育休や産休は労働者の権利なのですが、それがしっかりと整っている園と、全く整っていない園とに分かれるのです。

保育士の勤務時間と給料!手当がつかない 残業が多い

保育士は勤務時間も長いです。

労働時間とは別にやらなければならない仕事が多く、なかなか大変な状況となります。

そこに給料が見合えば保育士も増えてくるのですが、潜在保育士となっている人たちが返ってこない理由としては「低賃金」があります。

責任と勤務時間に対して、年収は300万円~350万円程度で休みもすくないため、現場に復帰をしたがらない現実があります。

給料と勤務時間が見合っていない現実【保育士の離職理由】

保育士の月給は15万円程度です。

これは長い期間勤務をしたとしても変わることはなく、10年勤務をして2万円程度、主任などの役職がつけば3~4万円程度あがるだけにとどまります。

つまり、勤務時間、労働条件と給料は見合っていない現実があるのです。

保育士の離職理由でも上位に入りますし、保育士に復帰をしない理由でもあります。

保育士の休日の過ごし方は?勤務時間内に終わらない仕事をやる?

保育士の勤務時間は長く、労働環境も良いとはいえません

もちろん、今は働き方改革、保育士の確保の難しさからだいぶと改善をされてきていますが、それでもシビアに難しい部分はあります。

保育士の多くは責任感のある人が多いため、自宅も持ち帰りをして仕事をする人もいる現実があります。

休みも持ち帰りの書類をする【保育の指導案】

勤務時間内に終わらない仕事は持ち帰ります

保育士の多くはなかなか終わらない仕事を、自宅に持ちかえってやってくる、休日も指導案を作成するなどの時間にあてているのです。

仕事は土日も関係なくしているような状態で、勤務時間内に終わるような仕事量ではないのです。

行事前は仕事が当たり前?衣装の準備

次に行事の前には、衣装の準備で仕事が当たり前になります。

運動会や発表会は保育園のなかでも大きな行事で、保護者も喜んでくれる大事な行事です。

クラスの子供達の姿を見てもらう良い機会にもなりますので、先生たちも気合がはいります。

しかし、クラスの担任は準備に追われます。

もちろん日常の保育は通常どおりありますので、保育をして事務作業をして、そこに追加で行事前の仕事が入ります。

結局おわらないため、自宅にもちかえって休日に仕事をすることになります。

保育士の勤務時間は辛い現実!人材不足の解消が一番の解消法

保育士の勤務時間は辛い現実があります。

調査では見えない部分の仕事がたくさんあり、定時に帰れる園は少ないでしょう。

働き方改革が実行をされても、保育士不足の影響がありなかなか余裕ができないのも保育園のつらい現実です。

勤務時間がせめて守られるようになれば、離職率もさがると思いますし、待遇がもっと良くなれば変わると思いますがね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクの口コミ評判!特徴8選と登録の方法 退会はしつこい?

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

takaです。

園長経験もある異色の元保育士。

子供はもちろんめっちゃ好き!!

今は副業サラリーマンとして、子供関係の仕事とWEB関係の仕事をしています。

保育経験と子育て経験を活かし、皆様のお悩みを解決できる記事を書いていきます♪

気になることや、書いてほしい記事があればお気軽にこちらへ連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtakaです。

【経歴】

・認可保育園で現場の8年、分園の責任者2年

・認可外保育園の立ち上げ2園

・インターナショナルスクールの園長経験あり

・幼児教室の教室長経験あり

現場の保育士から、管理職になり営業や運営、マネジメントに従事した異色の経歴があります。

【簡単な紹介】

現在38歳で奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!

趣味はキャンプと筋トレ、ランニングです。

今は副業サラリーマンをしており本業は子供関係の仕事。

副業はWEB関係でコンサルや個別相談、WEBマーケ。

それと保育コンサル、育児相談の2つの仕事をしています。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る