保育の環境構成のポイント9選【保育士が知っておくべき基礎知識4選】

保育で環境はとても重要です。

子供達が育っていくために、保育士はつねに環境を意識しなければなりません。

「環境が子供を育てる」と言っても過言ではありませんが、保育士はどのような考えを持っておくべきでしょうか?

この記事でが保育園の環境構成の基礎知識やポイントについて書いています。



保育は環境構成が重要!保育士が知っておくべき4つの考えと注意点

保育士も子供たちにとって環境の1つです。

環境とは子供を取り巻くすべてのものを指しており、子供達は環境によって成長をしていくという考えです。

もちろん、園によって環境構成が変わりますが、保育士の先生たちが適当にするのではなく、子供にとって最善な環境構成を作りましょう。

子供は育つのは環境!保育士が絶対すべき五領域の重要ポイント

環境は保育の五領域の中にも含まれています。

五領域とは「人間関係・言葉・環境・表現・健康」です。

この5つを子供たちにとって最善に整えることにより「子供たちが健やかに成長をしていける」という考えのものです。

私も保育士をしてきた中で、環境つくりというのはとても大事です。

→ 保育とは?保育方法と種類について!教育とは違い発達を大事にする

子供が育つ保育の環境の基礎知識4選【保育士が知っておくべき】

環境について書いていく前に、保育士が知っておく基礎知識について書いていきます。

4つあるため、保育の中でもポイントとなる部分です。

1.人的な環境

2.物的な環境

3.自然の環境

4.社会の環境

1.人的な環境【保育士・お友達・保護者】

1つめは人的な環境です。

人的とは「人」のことで、保育園にいる保育士の先生たち、お友達や違う年齢の子供達、地域の人たちのことです。

人的な環境は子供達の見本となる存在でありたいですね。

特に子供にとっては影響力がありますので、先生たちも常日頃から意識をしておくべき環境なのです。

2.物的な環境【モノが子供に影響を与える】

次に物的な環境です。

物的な環境とは保育園の環境や屋外遊具、公園、おもちゃなどです。

年齢にあった適切なおもちゃが用意をされているか、子供達が思い切り体を動かせているかという点は大事ですね。

他にも室内の環境にも配慮が必要で「採光・換気・温度・湿度」なども意識していく必要があります。

3.自然の環境【食育・植物・公園】

自然環境とは園内にある芝生や、公園内の広場。

他にも植物を育てる活動や、食育活動などです。

子供達にとって与える他の生き物を育てるということも経験の1つにできますね。

このような環境を取り入れることで「優しい気持ち」を育てることができます。

4.社会の環境【地域や園の周辺】

社会環境は公共交通機関、公共施設、地域の方々、社会とのふれあいです。

保育園の中だけでは得ることのできない、社会生活や実体験ができる点も重要です。

乳児ならば、外の世界の絵本を読んでもらうだけでも十分伝わりますし、実際に乗る機会があればよいですね。

環境で子供が変わる?保育の質の向上【子供の見極め】

私も保育士をしていた時に環境を意識していました。

4歳のクラスの時に、とにかくうるさく、走り回る子供が多かったので、思い切って室内を区切ってみました。

すると、子供達が落ち着いて遊べるようになったのです。

室内を大胆に区切ったことで「走れなくなった」「隠れる場所ができた」という点ができたため子供たちが変わったのです。

こんな風に環境構成1つで子供たちの姿も変わります。

→ 2歳児の遊び24選!保育園でやる室内と戸外遊びとは?【特徴とねらい】

保育の環境構成の9つのポイント【保育士は意識して作ろう】

上記の4つが保育の環境構成の基礎つくりです。

この4つを頭に入れつつ保育をしていくことが重要ですね。

次に、保育の環境構成の9つのポイントについて書いていきます。

保育をしていく中で、できているかチェックリストとして活用をしてください。

1.安全で危険がないこと【怪我をさせない】

保育園で怪我を起こさないことが基本です。

そのため、安全で危険がないように環境が整っているかをよく考えましょう。

家具の角はおおわれているか、段差はないか、ドアの開閉は安全か、落下物はないか、重たいものはないか、はさみやカッターなどは子供の手が届くところにないか。

こんなふうに危険がないようにしましょう。

園庭に危険物は落ちていないか、公園ではタバコなどもチェックしましょう。

2.集中して遊べる環境【導線もチェック】

特に室内で大事な環境構成です。

子供達が集中をして遊べる環境であるかという点です。

最近は環境保育と言う言葉もあり、子供達が集中をして遊べるようにあえて死角をつくるようなこともあります。

保育の生活の導線が邪魔にならない、そして、子供達がゆっくり、落ち着いて遊べる環境があることは大事ですね。

3.整理整頓や片付けがしやすい【目で見てわかる】

子供たちが使ったもの、遊んだものを整理整頓しやすい環境が整っているかも大事です。

例えば、おもちゃが置いてあるところに絵カードが置いてある、文字で片づけるものは書かれているなどです。

大人が分かっても、子供がわかりやすくなっていなければ意味がありません。

整理整頓は子供達にとって大事なポイントですので、先生たちも意識をしておきましょう。

4.子供が落ち着いて生活できる【空間作りが大事】

子供たちが生活するときに「落ち着けるか」が大事です。

保育の環境は平面ではなく、立体で考える必要がありますので、室内の上の部分や明かりなども考えましょう。

空間作りは保育士の腕の見せ所ですので、意識をしておきましょう。

5.衛生面で問題ない【掃除がしやすい】

衛生面は保育にとって重要です。

消毒ができるか、衛生的に問題がないか、先生たちも部屋を常にきれいにできるかと点を考えて環境を作りましょう。

消毒、毎日の掃除、ホコリが溜まらないなど日ごろからすぐにきれいにできる環境を整えておきたいですね。

また、感染症予防のためにも適度に空気の循環をするようにしたいものです。

6.先生たちが時間に追われないこと【余裕のある保育】

先生たちも子供たちにとっては立派な環境です。

そこで、先生たちもバタバタとしているのは問題です。

例えば「時間に余裕を持つこと」「子供とゆったりと関わる時間を持つこと」「先生が常に仕事に追われていないこと」などです。

先生と関わること、一緒に遊ぶことも子供たちにとっては立派な環境の1つ。

事務仕事などで忙しくなるのはわかりますが、時間を意識して、落ち着いて関わりをもちましょう。

7.保育のねらいに合わせた環境作りをする【適齢を見る】

保育のねらいに合わせた環境作りをしましょう。

ねらいを保育としてどのように持つかによって、環境はかわります。

先生たちも創意工夫をしながら環境を変えていますが、それを意識しておきたいですね。

あとは適齢に合っているかもポイントです。

おもちゃを出すことが楽しい時期に、おもちゃを自由に出せるようにしても意味がありませんので、そこは気をつけましょう。

年齢に、そして保育のねらいにそった環境構成をつくりましょう。

→ 小児の発達段階の特徴と表 遊びや課題は年齢によって異なる

8.気温や室温、湿度の管理をする【健康に過ごす】

気温は室温、湿度などは先生たちが管理をしましょう。

子供達にとっては環境の中でも健康も大事なポイントです。

健康でなければ、環境がいくら整っていても、健やかに成長をしていけません。

エアコン、空気清浄機で子供達にとって快適な環境を整えてあげてください。

【快適な温度と湿度の目安】

夏場:温度25~28度・湿度45~60%

冬場:温度18~22度・湿度55~65%

快適な温度と湿度を目安に整えてあげましょう。

9.子供に合わせて環境を変化させる【変化を恐れない】

あとは、環境は変化をさせマンネリ化を防ぎましょう。

保育士の先生たちも4月には環境を整えることになります。

しかし、それ以降は忙しくなり整えられない時もでてきますが、子供達のためにも時間を作ってください。

環境を整えるということは、子供達の成長にも欠かせない要素です。

保育を進めながら、子供達に最善の環境を整えることが大事です。

可能であれば1ヶ月に1回、難しくても3か月に1回は環境を見直す機会を持つと良いでしょう。

保育雑誌などを参考にしてみるとわかりやすいですね。

→ 保育雑誌のおすすめ5つの比較と使い方!人気はピコロ?プリプリ?

保育の環境構成が子供を育てる【保育士は常に意識しよう】

保育の環境について書いてきました。

子供達にとって影響が大きい環境作りは、保育の中でも大きな仕事の1つと言えます。

私も保育で環境を意識して行ってきましたが、子供達は室内の環境1つでも成長が大きくかわるという印象です。

例えば、子供達が騒いでうるさい悩みがあるならば、室内に区切りをつくって、落ち着いてあそべる環境にしてみると変化でます。

環境を整えるだけで「子供に変化」が出る点は大きな魅力ですので、日ごろから意識をしましょう。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士から違う仕事へ転職する方法!一般企業や異業種へ行ける?

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtaka

【経歴】

・現場の保育士から保育園の園長になった経験

・子供の教育関係の経験あり。幼稚園、小学校受験に関しては知識あります。

今は元保育士として普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はキャンプと筋トレ、フットサル。

今はサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る