仕事にイライラして辞めたい!ストレスの原因と5つの対処法

ストレスが原因?仕事でイライラすることが多い理由

仕事でイライラとすることが多い方もいることでしょう。

理由はそれぞれ。

人間関係で合わない人と合わすことにイライラとしてしまったり、思い通りに仕事が進まないためになんかイライラ、上司の理不尽な指示や命令にイライラなどいろんな理由でイライラとする方も多いと思います。

そんなイライラとしたときに対処法や原因について書いていきましょう。

つらいし辞めたい!イライラする人の特徴とは?

もちろん人によってイライラとするポイントは異なってくるのですが、イライラとしてしまう原因はどんなことなのでしょうか?

その原因や理由について書いていきましょう。

イライラとは?

イライラは不安や苛立ち、怒り、悲しみなどいろいろな感情を伴うストレスの反応になっています。

イライラしやすい、怒りっぽいこと「易刺激性」「易怒性」と呼ぶのですが、些細なことで周囲に対して不機嫌な態度を摂ってしまったり、時には人に当たったり、ケンカになったり、いろいろな行動や感情が出てしまうことがイライラだと言われています。

辞書などをしらべみてみると、

・思いどおりにならなかったり不快なことがあったりして、神経が高ぶるさま。いらだたしいさま。

・自分の思うとおりに進まないために、焦って心が落ち着かないさま

(引用:コトバンク「イライラとは?

こんな風な意味があるようで、言葉で読んでみるとイライラとしている人が頭の中で思い浮かぶような印象です。

イライラする人の特徴

では、次にイライラしやすい人の特徴について書いていきましょう。

イライラをしやすい人の特徴としては「完璧主義の人」「日常生活で不安を感じる」は特に抱えやすいと言われています。

他にも、

・真面目すぎる

・几帳面

・理想が高い人

・心配性

この辺りの性格の人は基本的にイライラしやすい性格として挙げられます。

どうしてイライラする?原因について

イライラとする原因としては、ホルモンのバランスの崩れが原因だといわれています。

もう少し細かくかいていきましょう、

イライラする原因は、ストレスホルモンと呼ばれるノンアドレナリンやアドレナリンの分泌が多く、心拍数の増加や筋肉の血管が萎縮をしてしまいおこります。

場合によってはイライラが原因で糖尿病や動脈硬化などの病気を引き起こすリスクもありますので気を付けましょう。

そんなイライラを感じる時の原因についてまとめています。

もちろんあくまでも例となりますので参考程度にご覧いただければと思います。

人の行動が許せない

まず挙げられるのは、人が行っている行動や言動に自分が納得できないということです。

これは人それぞれの考えによって左右をされるのですが、人間は物事を自分のフィルタを通してみているということがあります。

例えば、コップ一杯の水が置いてあります。

それを見て「おいしそう」「なんでおいてあるの?」「水はいらない」など100人に聞いたときにはそれぞれの意見が返ってくることとなり全員が同じ意見で一致をするということはほぼないでしょう。

なぜ、こんなことがおこるのでしょうか?

人は自分のフィルターを通して判断をしている

実は人間は今まで自分が生きてきた環境で見たもの、聞いたもの、触ったもの、匂いだものなど感じてきたことにより物事を見る際のフィルタを作っています。

その自分のフィルタを通して人の行動を見るため、自分はしないこと、自分にとってはあり得ないことに対してイライラをしたり、文句を言ったりすることになります。

しかし、その人にとっては当たり前の行動をしているかもしれませんので、そこでイライラとしても時間の無駄ですし、イライラ損なだけですので「人はそれぞれの考えがある」というように理解をしておきましょう。

特に人間関係でイライラをする方が多いのは事実となっています。

関連記事職場の人間関係で問題のある人の特徴とストレスへの対処法

睡眠不足

睡眠不足が続くと自律神経のバランスがみだれイライラしやすくなってしまいます。

自律神経とは、常に身体を適切な状態に保つ働きを持つシステムとなっており、緊張状態で働く「交感神経」とリラックス時に働く「副交感神経」から成り立っているといえますね。

眠っているときに心身の休息のために副交感神経が優位になりリラックスをした状態になるのですが、睡眠不足が続くことで交感神経が優位な状態になってしまいますので、自律神経のバランスが崩れます。

すると、最終的には自律神経のバランスが崩れてしまい心身のバランスが保てなくなってしまいますのでイライラとしてしまうことになりますね。

睡眠は人によって適切な睡眠時間はそれぞれ異なりますが、毎日最低でも6時間を確保して寝室は眠りやすい環境作り上げることが大事といえます。

更年期障害

女性のイライラで多いのは更年期障害などの病気がひき起こしている可能性があります。

これは、卵巣機能が衰えはじめて女性ホルモンの分泌量が低下する時期をさしますね。

閉経前後のおよそ45歳から55歳くらいまでの10年間が更年期と言われており、下の書く症状が40代の後半から出てくると言われています。

・イライラする

・ほてりやのぼせ、多汗

・めまい、頭痛

・倦怠感、だるさ、肩こり

・不正出血

・吐き気、食欲不振

この辺りはごく一部の症状となっており、ほかにも肉体的、精神的な症状を引き起こしますし、人によって症状も異なっており、日常生活に問題が出る人もいれば、全く何もない人もいます。

その中でもイライラの原因となっているストレスの増加が一番の問題となっており、自律神経失調症などを引き起こすことになってしまうケースも多々あります。

仕事の不安や妊娠、高齢出産によるストレス、育児の悩みなど多くのストレスが更年期障害の時期の女性には押し寄せてくることからイラついたり、不安、焦燥感などの精神的な症状が現れることがあります。

他のイライラの原因

他にも腸内環境の乱れ温暖差などいろいろなイライラの意見があるのですが、ここに書いているようなことが原因になることは多いです。

仕事のストレスを感じる、辛い、辞めたい、行きたくない、やる気がでないなどはもしかするとイライラが主な原因になっているのかもしれませんね。

ただし、イライラが原因で仕事を休んだり、さぼったりしていると仕事のできない人になってしまいます。

あくまでも会社から給与をもらっているのですから、仕事は仕事と割り切ってきちんと仕事をこなしていくことが大事です。

でもイライラが止まらないという人のために、イライラとしたときに対処法について書いていきましょう。

仕事のできる人の特徴としては、この辺りのイライラをうまく解消してパワーに変えているあたりかもしれないですね。

関連記事仕事は段取りが大事!仕事ができる人がやっている7つの特徴

イライラしたときの対処法

誰だってイライラとしますし、ストレスを感じながら仕事をすることになります。

しかし、イライラとしていても結局仕事はしなければならないですし、会社からは労働をして結果を残している人物を評価しますのでそこをポイントにして書いていきましょう。

イライラをすぐに抑える方法と他の方法で抑える方法と2つのパターンをご紹介しますので参考にしてください。

深呼吸をする

一番手っ取り早くイライラを抑えたいと思っているならば深呼吸を意識してみましょう。

深呼吸をすることにより自律神経の交感神経と副交感神経のバランスを整える効果があるとされており、会社のトイレや休憩室などでも簡単に取り入れられる方法です。

深呼吸のコツはしっかりと息を肺に入れることです。

私もイライラをすることがあったり、ストレスから自分自身を見失いそうになったときには意図的に深呼吸を取り入れているのですが、思っている以上にリフレッシュの効果もありますのでぜひ取り入れてください。

私はNLPと呼ばれる心理学を学んだので、その方法がとてもよかったので紹介をします。

1,ゆっくりを息を吸い込みできる限りたくさん吸い込む

2,口からゆっくりと長く細い息を出していく

3,40秒くらいの時間をかけて息を出す

4,2~3回ほど繰り返す

これを瞑想のように目をつぶってしてみると驚くほど、落ち着きますし、イライラも解消をされたような気持ちになりますのでメリットも高いです。

イライラが止まらないときには会社の誰もいない場所で呼吸を整えても良いですし、寝る前に取り入れてみても効果的ですよ。

昼寝をする

仕事中にイライラとしてしまったり、夜に寝るのが遅くなり睡眠不足になってしまうとイライラというストレスを引き起こす原因になってしまうことがあります。

そんなときには短時間の昼寝を取り入れてみましょう。

実は昼寝をすると効果が高いと言われており、脳の機能のリフレッシュや、リセットをして昼からも頑張れる活力になりますのでメリットも高いものになります。

昼寝はメリットがあると言っても横になって眠れないという方もいるとおもいますのでそこは安心をしてください。

昼寝は30分が効果的

昼寝といっても最大で30分程度となっており、会社でできる昼寝で構いません。

机にうつ伏せ椅子のもたれかかってなど会社のデスクでできる方法で構いませんので目をつぶってください。

もちろんそれで熟睡できるならばそれでもかまいませんのでぐっすりを寝てみましょう。

たったの10分でも脳の中をリフレッシュしてくれますのでおすすめです。

実は昼寝を夜の睡眠の3倍の効果が得られると言われており、10分の昼寝は夜の30分の睡眠に相当をすると言われていますね。

ただし、30分以上寝てしまうと夜の睡眠に響いてしまうことから短時間の睡眠にしておきましょうというのが基本的なスタンスとなっていますので理解をしておきましょう。

おすすめはコーヒーを一杯のんでから昼寝をする方法です。

コーヒーにはカフェインという成分が入っておりこの成分が眠気覚ましの効果があるとされているのですが、飲んでから30分後に効果が表れると言われていますので一杯のコーヒーを飲んでから昼寝をしましょう。

遊びに出かける

イライラが普段から止まらないという方はいっそのこと遊びに出かけましょう

彼氏、彼女、旦那、奥さん、友人など誰でもよいのでショッピングに行っても良いですし、温泉などの旅行や日帰りのバスツアーなど自分にとって楽しいことをしましょう。

この方法はイライラというよりもストレスを発散する方法となっており、日ごろは会社で我慢をしたり、イライラとしたりすることがあってもなかなか発散できない人は休みの日をつかってイライラを落ち着けましょう。

もちろん、会社ではストレスを感じることも多いと思いますので、週末に遊びに出かける予定を入れても良いですね。

例えば、土曜日に彼氏をおいしい食事に行く、土日で女友達と温泉旅館へ行くなど楽しみを作ると平日にイライラとしていても楽しみがあるということでイライラを少しでも抑えられますのでうまく活用をしましょう。

買い物に出かける

ほしいものを見つけて購入をしましょう。

もちろんお金を使うことにはなるのですが、イライラとしているストレスの原因を解消するには効果が高いものとなっています。

ショッピングをすることにより、脳にたくさんの刺激が良き若返りの効果やリフレッシュの効果があると言われています。

さまざまなお店の美しいものを見る、おしゃれなものに触れたりすることで五感が刺激をされますので感性も豊かになると言われていますね。

あまり行かないようなお店にも足を運ぶことにより高い効果を得られますのでイライラが止まらないなんて時には買い物をしてストレスを発散させましょう。

ただし、買い物ばかりするとお金もどんどん無くなりますのでそこは注意をしてくださいね。

運動をする

私もどうしようのないほどイライラとしている時にはとにかく運動をして汗を流すようにしています。

汗を流したり体を動かしたりすることで気持ちのリフレッシュにもなりますストレス発散にもなりますのでイライラとしているときには良い方法です。

私はランニングをしたり、フットサルをして気分転換をすることが多いのですが他にもゴルフの打ちっぱなしに行ったり、バッティングセンターへ行ったりすると気分も切り替えられます。

気分を切り替えるには最適な方法だといえますし何よりも汗をかくと気持ちが良いのでおすすめです。

カラオケへ行く

「もうイライラが止まらない」

「なんか腹が立つ」

そんなときにはカラオケへいって思い切り歌ってしまいましょう。

大きな声を出すとストレス発散になりますし気分も晴れますのでイライラとしてストレスが溜まっている時には良い方法です。

なんかイライラとするというときにはカラオケへ行って大きな声で歌いまくりましょう。

リンダリンダなど大きな声で歌うとなんかスッキリします。

求人をみて転職する

イライラが止まらない原因は会社にあるのかもしれません。

それならば、いっそのこと転職をしてみるというのも1つの方法です。

今は正社員からアルバイト、パートに至るまで多くの求人がありますので、タウンワークやネットなどで求人情報見て転職をする、もしくは転職活動をしてみるという方法もありだと思います。

良い会社に出会えて年収もあがるのならそのまま転職をしてしまえばよいですし、自分の希望の会社や条件が整わないならばそのままにしておいても良いと思います。

イライラが止まらない、特定の人の考えや行動にイライラが止まらないという場合には転職をしてみるという方法も1つの選択肢になります。

もちろん、イライラしないで自分の思い通りに仕事をしたいと思っているならば起業をするという方法も選択肢の1つとして考えても良いかもしれないですね。

他にも自分がリフレッシュできる方法ならば何でもよいと思いますのでうまくリフレッシュをしてくださいね。

関連記事転職エージェントの評判と裏事情を知ってメリットを活用しよう

イライラするときのまとめ

イライラとするときは誰にでもありますし、夫婦でも恋人でもイライラとすることはあるのは正直なところです。

しかし、いちいちイライラとしていても前に進まないですし自分が損をするだけですのでうまくストレスと付き合っていくことが大事になるのかなと思いますね。

一つ理解をしておきたいことはイライラをしているのはあなただけではなく、世の中のほとんどの人がイライラとしながらも気持ちの整理や自分なりの方法で気持ちを落ち着けています。

そのため、「なんで私だけ」とあまり深く考えすぎないようにして頑張って乗り切っていきましょう。

イライラしているのは当たり前

私は仕事でイライラとすることが多いです。

管理職をしており、常に注意をしなければならない部下がいるのですがとにかく結果が残せないことからこちらもイライラとしてしまうことが非常に多くなっています。

そんなときにイライラとしたまま相手と話をすると結果的にはうまくいかないことも多いので、しばらく離れたり、他の事して気分を変えてから話をしたりしますね。

私はどちらかといえば、他人の言動にイライラとすることが多いのですが、人それぞれの考えがあるので落ち着かなければならないな・・・と思います。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka管理者 taka

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの管理者をしているtakaです。
認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げや集客、営業などをやってきた異色の男性保育士。

保育園の主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャーなどを歴任して今は保育コンサル、保育組織改善、子育て相談に子供関係の仕事と、WEB関係でホームぺージ作成などの仕事をやっています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る