保育補助が疲れたしんどい理由5選【辞める理由と原因と対処法】

保育補助が疲れたしんどい理由5選【辞める理由と原因・対処法】

保育補助が疲れた、しんどいと感じる理由があります。

保育士とは違った悩みを持っていることもありますね。

そのため、精神的に疲れてしまったり、肉体的に疲れてしまったりすることがあります。

この記事では保育補助が疲れた、しんどいと感じる理由について書いていきます。



保育補助が疲れたしんどいと感じる理由5選【辛い現実】

保育補助が疲れたしんどいと感じる理由5選【辛い現実】

保育補助は、資格を持っていない人のことです。

保育士のサポートをすることが主な仕事ですね。

そんな、保育補助の仕事がしんどい、疲れたと感じる理由がありますので書いていきましょう。

1.仕事内容が雑務ばかりで子供と関われない

2.クラスで補助だからといじめられている

3.保育士資格を持っていないから正社員になれない

4.人間関係に疲れて仕事が楽しいと思えない

5.保育士ができなさすぎでしんどい【でしゃばりたい】

1.仕事内容が雑務ばかりで子供と関われない【仕事量も多い】

仕事内容は雑務ばかりで、子供と関われない。

そんな風な問題点もありますね。

雑務といっても大事な仕事なのですが、掃除や片付けを任されると大変なことになってしまいます。

以外と仕事量も多いため、大変な事情もありますね。

2.クラスで補助だからといじめられている【担任になれない】

クラスで補助だからといじめられる。

保育士と補助では仕事内容もお給料も大きな違いがあります。

中には保育補助をイジメるような人もいるのです。

担任にはなれないため、保育補助は人間関係に悩みます。

3.保育士資格を持っていないから正社員になれない

保育補助が保育園で仕事をする限り、正社員はなれません。

保育士資格をもっていないため、いつまでもパートやアルバイトといった雇い方になるのです。

ボーナスなどもないため、お金がなかなかもらえない現実があります。

4.人間関係に疲れて仕事が楽しいと思えない

人間関係に疲れて仕事が楽しいと思えない現実があります。

保育補助には保育補助にしかわからない悩みがあります。

時には保育士と保育補助の中で人間関係にもめることもあります。

そのため、人間関係に疲れてしまい楽しいと思えないこともあるでしょう。

5.保育士ができなさすぎで大変【でしゃばりたい】

保育士ができなさずぎて疲れるということもあります。

中にはできない保育士の手伝いをしなければならず、でしゃばりたいと思うこともあるでしょう。

もちろん、保育士がいるためでしゃばるのはNG。

我慢をしなければならないため、こまってしまいますね。

→ 保育補助がでしゃばりでやりにくい!人間関係がコツ【解決方法7選】

保育補助が辞める理由と原因5選【しんどい仕事】

保育補助が辞める理由と原因5選【しんどい仕事】

保育補助が疲れて、時には辞めてしまうこともあります。

しんどい仕事だと感じてしまうこともありますので、保育補助が辞める理由についても書いていきましょう。

1.職場環境が悪く補助を掃除のおばさん扱いする

2.保育士のサポートが主な仕事でなじめない

3.保育士には向いていないと感じた【資格取得も断念】

4.職場の環境が劣悪で働きづらい

5.仕事内容に納得ができず辞めたい

1.職場環境が悪く補助を掃除のおばさん扱いする【うざい】

職場の環境が良くないこともあります。

掃除のおばさん扱いをされることもありますね。

保育士とはちがい、保育補助はあくまでもサポートが大事な仕事です。

そこの違いがあり、辞めたくなってしまいます。

2.保育士のサポートが主な仕事でなじめない

保育士のサポ―トが主な仕事です。

なかなかなじむことが出来ない現実もありますね。

保育士のサポートばかりで手を取られてしまい、なじめず辞めてしまうこともあるのです。

3.保育士には向いていないと感じた【資格取得も断念】

保育士には向いていないと感じることもあります。

保育補助の仕事をしている中で「向いていないかも」と感じることがあるでしょう。

資格を取得したとしても、保育士として仕事をしない可能性もありますね。

その結果、保育士には向いていないと感じてしまいます。

4.職場の環境が劣悪で働きづらい

職場の環境が劣悪で働きづらい現実もあります。

保育士にとって職場の環境はとても大事です。

しかし、人間関係が良くない、パワハラがあるなどの理由で働きづらいを感じるかもしれません。

すると、仕事にならず辞めてしまいたくなってしまいます。

5.仕事内容に納得ができず辞めたい

保育補助としての仕事に納得できないことがある。

雑務ばかりではなく、保育がしたい。

そう思うことが基本となるため、納得できず仕事を辞めたくなってしまうこともあるのです。

保育補助としての仕事は納得しなければ仕方ありませんね。

→ 保育補助を辞めたい理由7選と対処法【保育士と違う仕事が辛い現実】

保育補助が疲れたしんどいときの対処法【転職も考えよう】

保育補助が疲れたしんどいときの対処法【転職も考えよう】

保育補助として仕事をしてきて、疲れた、しんどいと感じる時の対処法についても書いていきます。

実際に、どんな方法があるのかを解説していきます。

保育補助として働く理由や目的を見直す

保育補助として働く理由や目的を見直しましょう。

なぜ、保育補助として仕事をしているのですか?

「保育士を目指すため」「子供と関わる仕事がしたいから」など理由は色々とありますね。

実際に仕事をする際の理由や目的を見直してください。

保育士資格取得をして正規保育士を目指す

保育士資格の取得を目指すのも1つです。

資格を取得すれば、あなたは正社員になることができます。

正社員になれば待遇も変わりますし、雇用も安定をしますので安心をして仕事ができます。

クラス担任にもなれますので、やりがいも大きいでしょう。

保育園の環境を変えるために転職をする

保育園の環境を変えるために転職をしましょう。

もしかすると、今仕事をしている保育園に問題があるのかもしれません。

ならば、転職をしてみると環境も変わるので、仕事も改善されるかもしれませんね。

>>【保育士バンク】

求人数業界ナンバー1、コンサルタントが親身、非公開求人多数あり、全国対応。

>>【ジョブメドレー保育士】 

検索型の保育士求人、登録をするだけでスカウトが届く、自分のペースで仕事が探せて応募も可能、転職サイトの運営母体は大手のジョブメドレー

>>【マイナビ保育】

※大手マイナビの保育士専門サイト、コンサルタントの質はナンバー1融通やわがままを聞いてくれる、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に特化している。

保育補助が疲れたときのまとめ【資格取得が一番の道】

保育補助が疲れたときのまとめ【資格取得が一番の道】

保育補助が疲れた、しんどいと感じるときについて書いてきました。

保育補助として仕事をしている中で、困ってしまうことはいろいろとあります。

それは補助に限らず、いろんな仕事であることでしょう。

もし、そんな悩みが出たならばよく考えてみて、ここで紹介をした対処法を試してみてくださいね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクとマイナビ保育士を比較!転職求人のおすすめはどっち?

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る