保育補助の給料と求人と仕事内容を解説!保育園で無資格で働ける?

保育補助の給料はいくらでしょうか?

実は保育園ではとても大事な役割を担っている保育補助。

保育園での仕事で、主となる保育がスムーズにいくようにするために補助や雑務を請け負ってくれる人のことです。

保育と言うのは見た目以上に雑務が多い仕事なので、本当に質の高い保育をしようと思うとサポートに徹してくれる保育補助の先生はとても大事なんですよね。

この記事では保育補助について書いています。

記事を読み終えることで保育補助の仕事内容、無資格で仕事をすることが可能なのか、求人の見つけ方を知ることができます。



保育補助の給料と求人と仕事内容を解説!保育園で無資格で働ける?

保育補助保育補助とは保育園の現場の先生たちをサポートする仕事になります。

正社員として働くことは少なく、どちらかといえばパートやアルバイトという形になることが多く短時間のシフトで働けるということから「子育て経験」「子供が好き」という方から人気のお仕事ですね。

もちろんこれから保育士資格の取得を目指している方も保育補助として仕事をする場合もあります。

保育士は担任で保育補助はサポートの仕事が基本

認可保育園の場合は基本的に保育士の有資格者が担任を持つということになります。

そのため、無資格の場合には原則担任を持つことは出来ませんし、担任として配属をされたとしてもサポート的な仕事が主になります。

あくまでも保育園の先生の助けとなる仕事が基本となるため、子供と接することができる仕事ですが見えない部分の仕事が多い縁の下の力持ちのイメージです。

最近は保育士の仕事の負担も大きいことから保育補助の仕事の重要性も再認識をされており、少しでも業務の負担を少なくするために採用をしている保育園は多いです。

保育補助の給料は安い?無資格の求人はパートだけ?

保育園としてはもちろん有資格者を採用をしたいとは思っています。

しかし、最近問題となっている保育士の労働環境の過酷さの問題として「子供とかかわる以外の時間が忙しい」「雑務が多い」などいろんな問題があり保育補助が注目をされているのです。

いわば有資格者の先生の仕事の負担を少なくする、本来の子供を見る、成長のためのカリキュラムを考えるというところに重きをおくために保育補助という求人を出しているのです。

また保育士不足になる人員的な配置という点でもニーズがあります。

待機児童問題が昨今大変な問題となっていますが、新設保育園がたくさんできていますが先生が足りないという状態に陥っていますし、有資格者の先生も肉体的、精神的な問題から退職も相次いでいます。

そのような現状から保育補助の仕事は非常にニーズのあるのです。

求人に関してはハローワークなどにはあまりないので、保育士バンクなどのエージェントへ登録をしてみると住んでいる地域でみつかるかもしれません。

保育補助の給料はどれくらい?正社員や派遣はあるの?

そんな保育補助の給与はどれくらいなのでしょうか?

まずは有資格者の保育の給与の平均を見てみると月に22万円、年収が約320万円くらいが相場となっています。

もちろん私立だけではなく公立も含まれていますので、高めな印象ですが相場としての保育士の給料はこの程度です。

しかし、残念ながら保育補助の場合は正社員雇用はほぼありません。

あくまでも補助的な意味合いが強く、処遇改善手当などは除外となることからアルバイトです。

時給は900~1200円くらいが相場となっており、有資格者と比較をすると時給は100円~300円くらいは低くなります。

正社員は珍しく、中には派遣での求人募集がありますが派遣は時給が高くなるため保育園側が嫌がる傾向にありますので、直接応募をしている園を探してみましょう。

(参考:厚生労働省「保育士の平均賃金」)

保育補助の勤務時間帯は?短時間が多い?

雇用形態に関しては採用をしていただく園によって大きく異なるのですが、アルバイトだと保育園は必要とする日だけの勤務、もしくは固定で週3回などが勤務の日程です。

そして保育園の忙しい時間帯は午前中なので朝の9:00~13:00くらいまでの勤務が基本となり、夕方は必要ないケースが多いです。

保育補助のアルバイトのメリットは「子供が学校や幼稚園へ行っている間だけ働きたい」「自由な時間がある時間だけ働きたい」という方に最適です。

しかし、アルバイトなので給与が安定しない、手当や賞与はない、子供とかかわる時間は少ないというのはデメリットです。

正社員になると仕事内容も広がり、クラスの担任や乳児フリー、幼児フリーに雑務など幅広い仕事となります。

保育補助で正社員は保育園にとっても活用がしにくい人材となるため、おそらくパートとしてしか採用はないでしょう。

保育補助は学生のアルバイトも多い

また、保育園の先生の夏休みの期間や土曜日などは学生の保育補助の仕事もあります。

例えば、保育学校へ通っていて保育士の仕事や勉強をしておきたい、夏季休暇中だけ子供たちと一緒に仕事がしたいという希望があることから単発で学生を採用するケースもあります。

あくまでも雑務なので、学生でも十分務まる仕事と言えますが「真面目さ」「子供が好きであること」などの条件を満たす必要があるでしょう。

保育補助の仕事と業務の内容【保育士のサポートが基本】

保育補助の仕事は先ほども書いたように保育士のサポートとなります。

そのため、保育士が子どもを見ている間の雑務的な仕事が主になり掃除、片付け、準備、子供達の安全な環境づくりなどとなります。

保育士の仕事として、例えば戸外遊びへ行っている間に机を並べて配膳をして、寝るためのお布団を敷いたりと裏でやらなければならない仕事はたくさんあります。

しかし、その際には担任の内の1人が抜けてしまう状態となりますので子供に危険があったり、予想しないトラブルが起こると困ってしまうことも多いです。

そんなときには保育補助がサポートに入り、担任の先生たちのサポートを行うことが大事な仕事の内容です。

もちろんサポートだけではなく保育士が通常行っている仕事もします。

例えば、食事中は食事の援助をしたり、オムツ交換、クラスで最後まで食事を食べられない子供のサポートなど子供とかかわりながらも仕事は多岐にわたります。

また、製作の準備物の作成や行事に必要な道具を用意したり、画用紙や折り紙を用意したりします。

仕事内容の特徴としては有資格者の保育士と比べて子供と接する時間は少なく、見えない仕事をコツコツとすることになりますので段取り力やコツコツとサポートする力は重要です。

保育補助として無資格で働ける条件

保育補助は無資格でも働けますが条件は厳しめです。

そもそも保育園で保育補助という採用をしていないことがあり、有資格者しか採用をしていない保育園もあります。

そのため、求人数は非常に少なめですので狭き門だといえるでしょう。

最近は保育補助として「元小学校の先生」「子育て経験者」ということからシルバーの方を受け入れている園もありますね。

無資格でも仕事ができるのですが、必要な要素としては「子供が好き」は絶対条件であり思っている以上の過酷な仕事であるため「心身の健康も必須」です。

保育士は補助の仕事だったとしても体力は必須で毎日子供たちと元気一杯遊べる力が必要となりますので、子供が好きで体力がある人は向いています。

重たいものを運んだり、散歩へ行ったり、運動遊びをしたりとするため体力がある人は最適です。

保育園としては保育補助となると即戦力がほしいので過去に子供とかかわる仕事をしていた、子育て経験者はかなり優遇をされますしこれから保育士資格を取得するという前向きな人を採用する傾向にあります。

保育補助は子育て世代でも働けるの?

もちろん今現在子育てをしている人、もしくは最近子供が小学生になり落ち着いた人など様々な状態の人もいます。

子育て世代でも採用をしてもらえるか?というポイントなのですが保育補助として「即戦力」として採用をされる可能性がありますし、保育補助を採用しているということは、仕事がとにかく大変で猫の手も借りたいくらいの忙しい状態なのです。

せっかく採用をしたとしてもその採用をした人が「子供の体調不良で休みます」「行事で休みます」など頻繁に休まれると正直困ってしまいます。

心身の健康な人が条件になるというのは「できる限り休まない人」を求めているという意味でもあるのです。

頻繁に休まれては結局保育士のサポートにならないため保育士の負担が多くなってしまう理由があるため、最終的には問題が起こりえるでしょう。

辞めたいという声も多い保育補助

保育補助の仕事は想像以上に大変です。

雑務をスムーズにこなす必要がありますので、段取りと体力は必須です。

しかし、何よりも一緒の組む先生次第で仕事はより大変になることもあります。

「むちゃくちゃな指示を出される」「子供のいないところで無資格のくせにと言われる」「雑務を何でもやらされて子供を接することができない」など人間関係で辞めたいとなる人もいますのでそのあたりは理解が必要です。

保育補助の志望動機の書き方とは?【貢献できることを書こう】

保育補助が求人に応募をするとなると実績や資格はありません。

そのため、この保育園で働きたい思いを伝えられるかという点が大きなポイントです。

志望動機としては「どうして保育補助をしたいのか?」「子どもが好きな理由」「今後どんなことで園に貢献をしたいのか?」という3つのポイントを具体的に書くと良いでしょう。

もし、過去の保育補助の仕事やベビーシッターなど子供関係の仕事をしてきたのならばその経験も書くと良いですね。

保育補助の志望動機のチェックポイント

あとは保育補助として熱い思いを伝えるため以下のポイントは気を付けて書くようにしてください。

・志望動機の欄は90%以上埋める。

・丁寧な字で気持ちを込めて書く。

・テンプレートは避けて、自分の言葉で書くこと。

・エピソードを入れると良い(在職中は無遅刻無欠席だった、バイトでは現場リーダーを任されたなど)

・人柄的なものを入れる(真面目と言われる、明るくいつも元気など)

・ネガティブな内容は書かない、避ける。

・体調面は面接で伝える。(文字に残さない)

・志望している園の方針や理念を踏まえて志望動機を書く。

上記のポイントを確認して書き入れるようにしましょう。

特に人柄の点は大事で私の園長として採用をするとなったときには「真面目さ」「明るさ」「元気さ」と言う点を見ていました。

子供と接する仕事で、保護者と接する仕事、保育士同士と人間関係が基本となる仕事なので人間性はとても大事です。

無資格で働ける求人は?保育園以外にあるの?【高い給料はどこ?】

保育補助という仕事について書いてきました。

もちろん「子供の現場で働きたい」という人は多く、無資格でも認可保育園で仕事をする人は多いです。

しかし、実際に仕事をするとなった際に無資格でも保育の現場で出来る仕事がありますので紹介をしていきましょう。

ベビーシッター

定番の子供関係の仕事といえばベビーシッターになります。

ベビーシッターの会社に登録をして研修などを受けるだけで仕事を請け負うことができますので無資格でも仕事をすることは十分可能です。

給与に関しては有資格者と比べると若干の差はありますね、

ベビーシッターの仕事は依頼を受けたご家庭へ行き、そこで子供のお世話やトイレ、食事といったお手伝いをする業務となりますし、ほかには親御さんに代わって習い事の送迎などを依頼されるケースもあります。

時給は1000円~1500円となるため高くなりますし、時間も自分が稼働可能な時間帯のみ請け負うことになりますので働きやすい仕事です。

認可保育園で保育補助を経験してからベビーシッターに転職をする人もいます。

チャイルドマインダー

保育士資格を取得しなくてもチャイルドマインダーという資格を取得すれば子供関係の仕事ができます。

チャイルドマインダーを持っているから保育園で働けるのか?と言われるとそうではなく、自宅で開業をするのに最適な資格です。

そのため、外に出て働くというよりは自宅で保育園を開きたいという方には最適な資格と言えるでしょう。

子供に関しての知識を深められるのでチャイルドマインダー資格を取得して仕事にするメリットがありますし、保育補助を経験してチャイルドマイダーで起業をした人もいます。

→ チャイルドマインダー資格は意味がない?仕事と収入は保育士と異なる

託児ルーム

あとは大型のショッピングモールやホテルなどに設置をされている託児ルーム

この託児ルームならば無資格でも働ける可能性が高いです。

ママやパパたちが仕事をしている間だけ預かる一時的な保育が多く、責任者となる人だけ有資格者であれば運営が可能です。

そのため、無資格者でも採用をしてもらえる可能性が高いでしょう。

ただし、どんな子供でも基本は預かるため様々な年齢、子供に対応をする力が求められるかもしれません。

また、求人の欄には「保育士資格必須」と書かれている場合もありますのでチェックしておきましょう。

認可外保育園

認可外保育園は無認可保育園なんて言われる形態の保育園です。

認可外保育園の場合は子供の人数に対して保育士資格を持っている人が1/3であればよいという法律があるため、それに準じていれば問題がないといわれています。

そのため、無資格者でも子供を見る力を持っていますので特に問題なく仕事をしていけるでしょう。

認可外保育園は認可保育園よりも人材に枯渇をしていますので、無資格でも採用をしてもらえる可能性が高いです。

他にも病院内保育園や企業内保育園も認可外保育園なので、そのような施設でも求人があるかもしれません。

障害のある子どもの療育施設

障害のある子どもに対して療育をする施設もサポートスタッフとして仕事をしてほしいとニーズがあります。

知的障がい児通園施設、盲ろうあ児施設、重症心身障がい児施設、自閉症児施設で働く方法もあり、どこの施設で働く際にも専門的な知識は必要ですが無資格でも仕事が可能です。

保育士や介護福祉士などの有資格者のサポートをする仕事といえますね。

保育補助の給料は安い?無資格でも働ける?求人と給料のまとめ

保育補助として仕事をするならば無資格でも十分仕事をすることは可能です。

今は保育園は増えていますが、働き手となる保育士がいないことから開園できずに困惑をしている認可保育園もあるほどです。

また、保育士の業務量はかなり多く世の中の働き方改革にまったく準じていない状況であることから今後がサポートや補助という仕事内容はより増えていくと予想されますね。

もちろん有資格者であれば求人数も多いのですが、無資格となると求人数へ減る印象です。

しかし、それでもサポート的な役割を担ってくれる保育補助という仕事のニーズがありますので探してみましょう。

人気記事  保育士転職サイト口コミ評判ランキング!おすすめ22サイトを徹底比較

人気記事  保育情報どっとこむの評判口コミが良い理由!特徴と登録 退会の方法

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

takaです。

園長経験もある異色の元保育士。

子供はもちろんめっちゃ好き!!

今は副業サラリーマンとして、子供関係の仕事とWEB関係の仕事をしています。

保育経験と子育て経験を活かし、皆様のお悩みを解決できる記事を書いていきます♪

気になることや、書いてほしい記事があればお気軽にこちらへ連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtakaです。

【経歴】

・認可保育園で現場の8年、分園の責任者2年

・認可外保育園の立ち上げ2園

・インターナショナルスクールの園長経験あり

・幼児教室の教室長経験あり

現場の保育士から、管理職になり営業や運営、マネジメントに従事した異色の経歴があります。

【簡単な紹介】

現在38歳で奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!

趣味はキャンプと筋トレ、ランニングです。

今は副業サラリーマンをしており本業は子供関係の仕事。

副業はWEB関係でコンサルや個別相談、WEBマーケ。

それと保育コンサル、育児相談の2つの仕事をしています。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る