保育士が必要な資格である理由5選【取得の方法と受験をする資格】

保育士が必要な資格である理由5選【取得の方法と受験をする資格】

保育士が必要な資格です。

子供を見るプロとして、資格を持って仕事をしている人も多いですね。

しかし、なぜ必要なのか?という点についてはあまり知られていません。

この記事では保育士資格が必要である理由について書いていきましょう。



保育士が必要な資格である理由5選【国家資格の強み】

保育士が必要な資格である理由5選【国家資格の強み】

保育士が必要な資格である理由が5つあります。

私も実際にもっていますが、持っているとメリットがたくさん。

そんな国家資格である保育士の強みについて書いていきます。

1.保育園で正社員として仕事ができる

2.保育士資格があればいつでも仕事ができる

3.保育の専門家として仕事ができる【子供の発達・育児相談】

4.子供を安全に毎日育てることができる

5.保護者や地域の人からの信頼度が高い

1.保育園で正社員として仕事ができる【保育士資格の強み】

保育園で正社員として仕事ができます。

保育園で仕事をしようと思っても保育士資格をもっていなければ仕事はできません。

なぜならば、子供をみれる人数に対して保育士の有資格者が必要だから。

保育士を持っていなければ、その土俵にすら立つことができない現実があるのです。

2.保育士資格があればいつでも仕事できる【離職・全国】

保育士資格があればいつでも仕事ができます。

国家資格なので強みもあり、いつでも、全国どこでも保育園で仕事ができます。

保育士はいつまで持っていても腐るものではないからですね。

国家資格なので、持っていれば最大限に活かすことができます。

3.保育の専門家として仕事ができる【子供の発達・育児相談】

保育士を持っているということは、保育の専門家であるということ。

そのため、子供の発達がもちろん、育児に関する相談だって乗ることができます。

日々子供と関わることができる専門職です。

4.子供を安全に毎日育てることができる【健やかな成長】

子供を毎日安全に育てることができます。

保育士として仕事をするとなると、子供を健やかに育てることが第一です。

毎日子供を大きく成長するために日々かかわることが求められます。

もちろん、専門的な視点から子どもを見て、育てるそんなスキルを持っている証明です。

5.保護者や地域の人からの信頼度が高い【保育士のメリット】

保育士を持っている。

それだけで保護者や地域の人からの信頼度も上がります。

資格をもっているというのはやはり強く、資格を持っているだけで信頼をしてもらえます。

保育園では保育士をもっていることは当たり前なのですが、だからこそ大事なんですよね。

→ 株式会社の保育園と社会福祉法人の違い!認可で保育士が働くなら社福

保育士を取得する方法とは?必要な資格は持つべきメリット

保育士を取得する方法とは?必要な資格は持つべきメリット

保育士が資格を取得する方法についても書いていきます。

必要な資格や持つべきメリットがありますね。

そんな保育士資格を取得する方法について、書いていきましょう。

学歴は高卒以上が必須【国家試験を受ける条件あり】

学歴は高卒以上が必須です。

国家試験を受ける条件があり、そのためには高卒が必須。

ただし、高卒だけでは資格取得はできません。

高等学校卒業(または旧大検の合格)が平成3年3月31日以前であれば、受験資格があります。

※ 平成3年4月1日から受験資格が短期大学卒業程度に引き上げられた事による経過措置で、平成3年3月31日以前に卒業された方が受験資格を有することとしています。
高等学校保育科の場合は平成8年3月31日以前の卒業で受験資格があります。

平成3年4月1日以降の卒業の場合、児童福祉施設において2年以上の勤務で、総勤務時間数が2,880時間以上を受験申請の時点で満たした場合受験できます。

(引用:一般社団法人 全国保育士養成協議会「受験資格」)

実務経験が2年以上かつ2880時間以上の仕事が必要なのです。

保育士の受験資格とは?必要なスキルを解説

保育士の受験資格はあなたの学歴などによって違います。

中卒ならば高卒の資格が必要ですし、高卒ならば、先ほど書いたように実務経験が必要。

スキルよりもまずは受験資格が必要だといえますね。

受験資格については、こちらに詳細が書いてありますので参考にしてください。

一般社団法人保育士養成協議会の受験資格

専門学校や短大を卒業して保育士を取得する【確実な方法】

一番保育士資格の取得を確実にするならば、保育士養成学校を卒業することです。

専門学校や短大を卒業することにより、保育士資格を取得できます。

実は保育士資格を取得するのに確実な方法で、高卒ならばそのまま進学をしましょう。

国家試験を独学で受験して取得【主婦やOLに多い】

国家試験を独学で受験して取得しましょう。

主婦やOLに多いのですが、大学や短大を卒業していれば保育士の受験資格があります。

そのため、国家試験を受験して資格取得を目指しましょう。

もちろん、簡単ではありませんが…。

保育士の資格難易度が高いので勉強は必須【合格率は20%】

保育士の国家資格は難易度がかなり高いです。

一次の筆記試験では9教科で60%以上の点数が必要

過去の結果を見てみると、平成29年度で19.7%、平成30年度で21.5%とかなりの難関で、3年かけて取得をする人が多いです。

次に二次試験は実技となり、言語、音楽、造形の中から2つ選んで受験をすることになります。

→ 保育士になるには何が必要?主婦や社会人 高卒が資格取得をする方法

保育士資格が必要ない仕事はあるの?保育園で働く方法

保育士資格が必要ない仕事はあるの?保育園で働く方法

保育士資格を取得したいけれども、難しい。

そんな時に「無資格」で仕事ができないか調べてしまうものです。

実は、もちろん無資格でも仕事をすることが可能となりますので、どんな仕事があるのかを書いていきます。

保育補助として仕事ができる【子育て支援員を目指す】

保育補助として仕事ができます。

子育て支援員を目指すという方法があるのですが、保育園で補助的な仕事ならば可能です。

保育士をサポートしたり、ヘルプしたりすることが主な仕事です。

認可外保育園ならば正社員になれるかも【スキルが必須】

認可外保育園ならば正社員になれるかもしれません。

例えば、別のスキルがあり英語が話せる、教育の仕事ができる。

こんな人ならば、認可外保育園で保育士資格がなくても正社員になれるかもしれません。

ベビーシッターとして子供を育てる

ベビーシッターは利用者の希望にそって自宅で保育をする方法です。

無資格でも利用者からの希望があれば安心して預けられます。

ただし、無資格なので指名があまり取れない可能性もありますね。

事務員として保育園で働くことができる

事務員として保育園で働くことができます。

保育園でも経理や事務を担当すれば、数字を確認することができます。

そのような仕事ならば、資格は必要なく保育園で仕事をすることが可能ですね。

施設系ならば無資格でも仕事ができる

施設系ならば無資格でも仕事ができます。

例えば、児童養護施設、障がい者施設などは無資格でも仕事ができます。

もしかすると、正社員として仕事をすることも可能だといえます。

→ 保育補助の資格取得方法5選を解説【保育士資格を持つ5つのメリット】

保育士が必要な資格のまとめ【子供を育てるプロの証】

保育士が必要な資格のまとめ【子供を育てるプロの証】

保育士に資格はが必要な理由について書いてきました。

保育士は子どもを育てるプロです。

その証として資格があり、この資格をもっているだけで信頼性も仕事も全然変わってきます。

独学で取得をするのは簡単ではありませんが、資格があるかないかで全然違いますので、取得を目指してやりましょう。

人気記事 → 保育士バンクとマイナビ保育士を比較!転職求人のおすすめはどっち?

人気記事 → 保育士転職サイトのおすすめ3つ【10社利用した評価を徹底解説】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る