ハローワークの保育士求人は最悪な体験談!失敗しない転職の方法

ハローワークで保育士が求人を探すことは定番です。

一番簡単に好みの求人を探すことができますので利用をする人が多いですが、おすすめしません。

私は過去にハローワークの求人へ応募をして採用に至ったのですが最悪な採用になった経験があります。

もちろん、その転職は大失敗ですぐに次の転職先を探すことになりました。

ハローワークの保育士求人は便利な反面注意をしなければならないポイントもあります。

この記事ではハローワークで保育士求人を探すことについて書いています。

記事を読み終えることでハローワークで保育士求人探すメリットデメリット、好待遇な転職先を見つける方法がわかります。

※ハローワークで失敗を経験し、その後転職に成功をした体験談を含めて書いています。



ハローワークとは?保育士求人が多いの?

ハローワークは無料で仕事を探せる職業安定所です。

厚生労働省からの指示を受け、都道府県労働局が地域の産業・雇用失業情勢に応じた雇用対策を行う施設のことで日本中に存在をしている最も求人が集まるおり場所です。

仕事の種類も豊富に掲載をされていますので保育士以外の仕事を探すこともできますしもちろん「無料」で利用ができますので求人を探す定番の場所と言えます。

インターネット検索もできますので好みの求人を気軽に探すことができる点も魅力で保育士の求人も豊富にあります。

全国対応なので、あなたの住んでいる地域からも全国の求人が探せます。

保育園が使う求人の定番はハローワーク

保育士が使う求人サイトの定番と言えばハローワークです。

私の知り合いの保育士らに確認をしてもみんなが口をそろえて「ハローワークで探す」と言っていますので、保育士の利用率は非常に高いです。

その理由は「保育士の求人が多い」「簡単に比較ができる」「地域を絞って探すことができる」と言う点です。

求人が多い理由としては保育園側も無料で求人掲載をすることができるためです。

そのため、常に乗せているところもありますし、一時期だけ乗せる保育園もあります。

ハローワークの保育士求人の失敗体験

便利なハローワークなのですが、私はハローワークの求人で大失敗した経験を持っています。

実は雇用契約書という本来は雇用に際の条件を記載する書類があるのですが、条件は提示されずサインだけをさせられました。

その時点で一抹の不安があったのですが条件は驚愕するものでした。

ハローワークの求人募集の内容とは全く違っており年間休日は20日も少なく、給与は5万円も少ないものだったのです。

もちろん私と一緒に入社した3名はみんな採用の取り消しを申し出ました。

他にもハローワークの求人で保育士が失敗している例もたくさんありますので注意も必要なのです。

保育士の求人転職にハローワークをおすすめしない理由3選

私は過去にハローワークの保育士求人で失敗した経験を持っていることをご紹介しました。

そのため、ハローワークの保育士求人はおすすめしません。

失敗の経験を踏まえて考えてみた結果、ハローワークの求人をおすすめできない理由が3つありますので紹介していきます。

退職者の多い園が多い

ハローワークの保育士求人の多くは退職者が多いという点が問題です、

実はハローワークの求人を数か月程度眺めてみると「いつも同じ求人」「いつも同じ保育園」の求人があふれています。

なぜこのようなことになるのかというと「退職者が多い」保育園が出しているためです。

保育士の求人の時期は11月と2月がピークとなっており、この時期だけは非常に多いはずなのですが常時出ている保育園は無数にあります。

そもそも4月入社以外の求人が出ている時点で「退職者が多い場所」「途中退職者が出ている」と言うことになりますので何らかの理由や問題がある可能性が高いです。

待遇は最低水準になる

待遇に関しては注意をしなければなりません。

ハローワークの給料や賞与などは○○円~と記載をされていることが多く幅広いです。

例えば18万円~24万円とかいてある求人あるとついつい一番高いところを意識しますが、あなたの給料が「24万円」になることはありえません。

高く書いておくと応募率が上がるという採用側の裏技があり、実はすべての人を18万円で採用しているのです。

これはハローワークの求人あるあるで待遇は最低水準にしか最初からならないようにされていますので安価に採用をされています。

良い求人は見つからない

ハローワークの保育士求人で良いものは見つかりません

それはハローワークの特性もあるのですが「誰でも見れる求人」であるためです。

誰でも見れるようになっていると「その園に在籍している人が見る」ため「良い待遇が出せない」「今の職員よりも低水準な採用基準」にならざる負えません。

つまり、ハローワークで良い求人、好待遇な求人は一切ないと思って間違いありません。

なぜならば、ハローワークは万人受けする応募条件しか出せないためです。

保育士求人はハローワークよりも紹介型の転職サイト

ハローワークで好待遇な条件、良い仕事を探すことは正直難しいです。

その理由は前に書いた通り「好待遇な求人が出ない仕組み」になっているためです。

私はハローワークで何度か転職の経験があるのですが、良い求人に出会った経験はなく失敗があります。

その反面、良い求人、好待遇な転職に成功をしたのは「保育士転職エージェント」に依頼をしたときで、実際に転職先は良く今でも仕事を続けることができています。

転職サイトをおすすめする理由

保育士の転職サイトを利用するのが一番良いです。

その理由は「非公開求人」があることです。

転職サイトに登録をするとあなたの条件や希望をヒアリングすることからあなたの希望にそった最適な転職サイトを探してくれます。

つまり、あなたの条件にマッチしない求人は排除をして最適なものを提案してくれますし、転職エージェント側もあなたの希望によっては「非公開求人」という表には出ていない求人を紹介してくれる可能性もあります。

非公開求人には待遇面で違う、主任や園長などの責任ある立場など表には出せない、出ると応募は殺到するようなものも多いです。

好待遇の転職に成功した体験談

実際に私はハローワークではなく保育士の転職サイトで好待遇な転職に成功をした経験があります。

詳細については保育士転職サイト口コミ評判ランキング!おすすめ22サイトを徹底比較に書いていますが、年収も待遇も大幅にアップをしました。

立場もより良くなっていますのでハローワークよりも待遇の良い求人へ転職をする方が間違いなくできます。

中にはハローワークで見つけた魅力的な求人を保育士転職サイトのエージェントへ伝えて紹介をしてもらう人もいます。

理由は簡単で「待遇が良くなる」「交渉をしてもらえる」ためです。

転職エージェントに保育園求人の良い条件がある理由

ハローワークは無料で掲載ができますので、いろんな人が応募をしてきます。

しかし、保育園へ応募をしてくる人の質は高い人もいれば低い人もいるためいろいろです。

それに対して転職サイトの場合は「紹介料」を保育園は支払うことになりますので採用をする人を選ぶことも本気です。

本気で採用をしたいと思っているため「条件は良い」「待遇が良い」と言うのが本音です。

保育園としても無料には無料の対応、お金を出す人にはお金を出す対応をするのが正直なところなのです。

ハローワークで保育士の求人転職をおすすめしないのまとめ

ハローワークは色々な保育士求人を探すことができます。

そのため、条件の相場とみる、いろいろな求人を探すという点では優れています。

しかし、良い求人があるのか、好待遇な条件があるのかと言われると微妙です。

私は情報収集には活用をして、転職をする際には転職サイトを利用する方が間違いなく良いと思います。

保育士のとってはどちらも無料で利用ができますので、好待遇な求人を見つけることを考えると転職サイトの方が間違いなく良いでしょう。

人気記事 膝の黒ずみを保育士が簡単に消す方法!クリームのおすすめはラスター

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
保育士ライフ運営責任者です。

【経歴】

・認可保育園で現場の経験あり。

その後は教育関係の会社に転職し管理職を歴任。

今は普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。。

今は営業のサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る