早生まれと遅生まれの意味と違いはいつまで?メリットデメリット 選



違いが多い?早生まれと遅生まれ

子供を産む時期によって言われ方が変わる「早生まれ」と「遅生まれ」

こんな言い方を聞いたことは多いですし、実際に子育てをしているママとパパの中にもどちらかに入っている方も多いのではないでしょうか?

私も保育士をしているとクラスにいろいろな生年月日の子供がおり、4月生まれの子供と3月生まれの子供とではできることも成長の過程でも大きな違いを感じていましたね。

そんな子育てをしていくなかで「早生まれ」と「遅生まれ」の違いは成長に関するメリットデメリットについて書いていきましょう。

早生まれと遅生まれの意味

では、その早生まれと遅生まれについて書いていくのですが正直わかりにくいです。

どっちが早生まれ?遅生まれ?と迷うこともありますし今更聞けないと思いますので早生まれと遅生まれについて書いていきましょう。

まず、日本の教育は基本的に学年で行われることになります。

学年いうとわかりにくいのですが、4月2日生まれから翌年の4月1日生まれ子供までは同じ学年になります。

保育園だと「○歳」というのと「〇歳児」というのには大きな違いがあり、〇歳はその年齢のことを指していますが〇歳児は4月2日~4月1日の間に年齢が1つ上がる年齢のことを言います。

例えば0歳児というのは4月2日から4月1日までの間に1歳になる子供のことを指しています。

こんな風に学年で指していますね。

その学年で西暦が変わった1月1日から4月1日までに生まれた子供たちのことを「早生まれ」と呼ぶのです。

つまり、同じ学年でも4月2日から12月31日生まれの子供は「遅生まれ」

学年がどうして同じなの?

実はこんな風に早生まれ、遅生まれと呼ぶのは日本くらいですし学年という制度を取り入れているのも日本くらいです。

私の弟はニュージーランドに住んでいるのですが、そこの子供達で年齢でわけられます。

そのため3歳になったら幼稚園、5歳になったら小学校というように年齢で学年が大きく分けられることになりますね。

それに対して日本は学年制度と取り入れているので幼稚園の年少クラスには入学をしてすぐに4歳になる4月生まれの子供もいれば、3月にやっと4歳になりほぼ1歳年齢が違う子供たちがいます。

これは学校教育法などで定められています。

例えば、小学校の場合だと、

保護者は、子の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満十二歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校、義務教育学校の前期課程又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う。

(引用:学校教育法第17条

また、4月1日と2日の境目なのですが人間の誕生日は本来生まれた日の前日になります。

そのため4月1日生まれの子供は3月31日に満年齢を迎えることから4月1日と4月2日で学年が変わる年齢となっているのです。

何歳くらいまで差がある?

そんな早生まれと遅生まれでは大きな差がありますが、その差はどれくらいで差がなくなっていくものなのでしょうか?

これについては個人差が大きいのは正直なところなのですが、私が実際に保育園で見てきた感想としては幼稚園や保育園の間ではまだ埋まりきらないです。

運動面、器用さなどでは圧倒的に遅生まれの子供達の方が早生まれの子供よりもできることが多いですがこれも徐々に埋まっていき小学校の中学年である3~4年生くらいでほとんど差がなくなってくる。

つまり10歳くらいが目安で差が埋まってくるといわれています。

もちろんあとは家庭環境や子供の性格などによって異なりますが、特に兄弟のある早生まれの子供は意外としっかりとしているというのが感想です。

早生まれのメリットデメリット

では、次に早生まれのメリットとデメリットを書いていきましょう。

早生まれといえばどうしても同じ学年の中でも後から生まれているため、得をしている点もあれば損をしている点もあります。

そこで早生まれと遅生まれについて書いていきましょう。

メリット

まずはメリットについて書いていきましょう。

早生まれって損ばかりしていそうに思われがちですが実はそんなことはなくメリットも多いので紹介をしていきましょう。

可愛がってもらえる

早生まれの子供にとってこのメリットは多いです。

どうしても周りの同じ学年の友達と比べると成長も1年遅れているため小さくてかわいいと可愛がってもらいやすいです。

同じ学年でもできないことが多く4月生まれの子供が3月生まれの子供の手伝いなどをしてくれることもありますね。

出来なくても「早生まれだもんね」と見逃してもらえる

多少できないことがあったとしても「早生まれだもん」「仕方ない」と見逃してもらえるがあります。

これも早生まれあるあるですし保育士をしているときも制作などでこまかな作業になるとできないこともあります。

そんな時に遅生まれだと「頑張って」と自分でやらせようをしますが早生まれだと多少手伝ってしまうなんてことはありましたね。

まぁ保育園や幼稚園を卒園するまでになりますが・・・。

発達が進んでいる子どもに刺激を受けられる

早生まれの子供はどうしてもできないことは多いです。

しかし、同じ学年の中には4月生まれの友達がいたりするのでできることも多くなります。

すると、同じ学年の友達から刺激を受けられるという点も多いので実はメリットが多いです。

みんなよりも少し若い期間が長い

早生まれだと4月生まれの友達と比べて年を取るのが少し後になります。

本当に小さなことですが、1歳若い時期が長くなります。

年齢が上がればすぐに幼稚園へ入れる

遅生まれの子供と比べると幼稚園や小学校など学年があがるのは年齢があがってすぐになります。

そのため、年齢があがると同時にすぐに進学になりますのでママにとってもすぐに集団へ入っていってくれるので家にいる時間が短くすみます。

デメリット

こんな風にメリットが多いように感じますが、実はデメリットもありますので紹介をしていきましょう。

周りよりもできないことが多い

やはり遅生まれの子供と比べると月齢の差が大きいためできて当たり前のことができないことも多いです。

私も保育をしていて感じたことは「運動面」「手先の器用さ」という点です。

運動面ではかけっこをしてもなかなか勝てませんし、ハサミで切らせるときれいに切れないなんてことも多いので同じ学年で比べるとできないことが多いですね。

免許がみんなよりも後からしか取れない

これは18歳になるときに事ですが運転免許証を取るときには損をします。

例えば高校の時期の夏休みにみんなで免許合宿へ行こうとなった時でも早生まれの子供は17歳なので行けません。

特に3月生まれの子供だと春休みに手続きすらできませんので損をします。

児童手当をもらえる期間が短い

児童手当は国や自治体から子育てのためにもらえる費用なのですが、生まれてからしかもらえません。

また、多くの場合は支給が中学校の卒業までという年齢になりますので大きな損をすることになります。

4月生まれの子供と3月生まれの子供だとほぼ1年分もらえないので大きなデメリットといえます。

遅生まれのメリットデメリット

次に遅生まれのメリットデメリットについて書いていきましょう。

早生まれの子供とは違って遅生まれは多いので早生まれと比較をしてのメリットデメリットについて紹介をします。

メリット

遅生まれはどうしても多勢になることから周りと比較をされることも多いです。

しかし、早生まれの子供と比べるとできることも多いのでどんどんと成長をしていきますね。

運動面では負けない

まず、運動面ではほぼ負けません

さすがに同じ学年でも月齢差が大きいほどなかなか負けないです。

保育園でもみているとかけっこはもちろん、跳び箱、鉄棒など何をしても早生まれと比べると遅生まれの方ができることが多いので負けないことがほとんどです。

特に運動面は体の機能の問題なのでよほど運動神経が悪くない限りは負けません。

できることが早生まれよりも多い

とにかくできることが多いです。

早生まれができないことが遅生まれの子供はできて当たり前の状態となります。

特に手先の器用さの部分では大きな差があり、ハサミやこまかな作業になると早生まれの子供よりもできることが多くて当たり前といえます。

デメリット

しかし、遅生まれ特有のデメリットもありますので紹介をしていきましょう。

周りと比較をされることが多い

遅生まれの子供は周りにも多く、同じ学年の大半は遅生まれの子供達です。

そのため、周りと比較をされますしできないことがあると「どうしてできないの?」と言われることもしばしば。

早生まれだと見逃してもらえることも遅生まれだと「できて当たり前」と思われるので比較をされることは多いです。

幼稚園へなかなか入れない

遅生まれの中でも4月5月生まれの子供に多いのがこの悩み。

3歳になって体もしっかりと成長をしているのですが、幼稚園へなかなか入れないという状態です。

これは私も幼稚園へ入れる年齢なのだけれどもなかなか入れない子供の保護者が「家にいても暇だし」「でも、外へ行っても遊ぶ友達はいないし」と結構悩んでいましたね。

早生まれと遅生まれのまとめ

早生まれと遅生まれなんて言われますが、学年は同じ子どもたちです。

大きな違いは誕生日にあり、早生まれの子供は遅生まれの子供と比べると1年くらい差が出てしまうことからできることとできないことがありますね。

もちろん差があって当然なのですがそれよりも周りと比較をするのではなく子供自身をみて成長を見守ってあげればよいです。

月齢差があるのも小学校くらいで次第に埋まっていきます。

「どうしてできないの?」と悩んでしまうこともありますがあまり考えず子供の個性を見てあげると良いでしょう。

子育ては何よりも楽しむことが大事ですし、これから妊活をする方は早生まれと遅生まれのメリットデメリットを比較して赤ちゃんを産む時期の参考にしてください。

学力と成長には差がある

学力と成長には大きな差が生まれる?

成長に関しては子供の発達よって異なるのですが4月生まれの子供と3月生まれの子供では身長や体重に差が生まれます。

学力については小学校の1年生2年生あたりの低学年時はまだありますが、中学年くらいからはなくなってきます。

私の経験上小学校受験の時期は月齢差や早生まれ、遅生まれで大きな差がありますがテストは同じなので3月生まれの子供は少し可哀そうな感じでしたね。

須藤 崇代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る