子供の成長の目安は曲線をチェック!発達過程も知っておこう

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

成長が早い子供の目安

子供の成長は本当に早いもの。

これは保育士をしていても、子育てをしていても本当に感じることで子供の成長は驚くほど伸びてきているなという印象を持つことがあります。

それだけ子供の成長に驚くのですが、身長や体重だけではなく発達についても年齢相応に成長をしているのかということを知ることは大事です。

そこで、ここでは子供の成長に関すること、発達に関する情報をまとめていきたいと思います。

ここで注意をしたいことは子供の成長に関する情報はあくまでも目安であるということを理解しておきましょう。

子供は一人一人に個性があり、成長も一人一人差があって当たり前です。

そのためにも日頃から子供の成長に関しては理解をしておきながらも個人差があるのであくまでも「目安」と理解しておきましょうね。

子供の発達と目安と特徴について 各年代別のまとめ

ここに乳児から幼児までの発達に関する情報をまとめています。

成長は先ほども書いたように子供によって異なるのはもちろんなのですが、先の成長を見ていくといきなりできるということはなく小さなことができるようになって大きなことができるようになります。

つまりハイハイをしていない子供がいきなり立ちだして歩くということはないということです。

そのため子供は順番に成長をしていくことになりますので確認をしておきましょう。

また、保育士をしていると成長の早い子供もいれば、成長の遅い子供もいるのでついついどの月齢かなどを忘れてしまったり、今までも持ったことのない年齢を受け持つことになると大きく変わってきてしまいます。

そんなときさっと確認できる記事内容となっていますので確認のためにも使ってみましょう。

身長を伸ばす方法とは?子供に必要な栄養とサプリについて

次にこちらの成長に関する情報になります。

身長も個人差があり、中には身長がなかなか伸びず低身長で悩んでしまうこともあるのは正直なところ。

そんなときにどうすれば伸びていくのか?ということを見定めていくことは重要になります。

実は私も娘はかなり背が小さく、どちらかといえば低身長に入りますが私も妻も身長が小さなことからあまり気にしないようになりました。

本来はサプリを飲んだりすれば少しは変わるのかもしれませんが、身長というのはある程度の年齢になると伸びなくなってしまうということもわかっています。

身長や体重の参考になるように成長曲線も書いていますので参考にしてほしい情報ですね。

おすすめのサプリも紹介していますので、子供の身長について知りたい、身長を伸ばすためにという点を参考にしてください。

発達障害とは?赤ちゃんや子供にも多いグレーゾーンの子供

こちらは子供の成長に中でも最近悩みの多い「発達障害」に関する記事になります。

発達障害とはもちろんいろいろな障害を相称した言葉となっているのですが、発達をしていく過程で問題が生じる病気となっています。

「何か落ち着きがない」「じっとできない」「かんしゃくを起こす」など保育園でも子供の成長をみていて「大丈夫かな?」「ちょっと気になる」という子供はここに入るのかもしれません。

保育士ならばいろいろな子供を見ていると「ん??何か気になる」なんてこともありますのでそんなときに参考にしてほしい情報です。

英語の発音のコツは子供のころに英語の耳を作ること環境

英語の発音のコツは子供の頃に耳に触れること。

すると自然な英語が入ってくることになりますので発音もよくなります。

これは私もインターナショナルスクールの運営をしているときに感じていたことなのですが、大人はなかなか上手に発音ができないのですが子供の場合は聞いた音をそのまま発声しますので発音は抜群。

そしてそのまま英語になってくるという点も大きなメリットといえますので小さなことからいかに本物の英語に触れさせるかという点は重要ですね。

英語を上手にしたいと思っているならば本物の英語に小さなころから経験をさせましょう。

関連記事

 

愛情不足の子供の特徴とサイン!大人になると影響が出るので注意しよう

子供が成長をすると精神的に不安定になることがあります。

その中には親の愛情不足により精神的に不安定になってしまうケースもあります。

愛情不足に関しては親はなかなか気づけないのは正直なところ。

最近不安定、よく泣いてしまうことが多いという場合にはもしかすると愛情不足の可能性もありますのでこちらの記事を参考にしてください。

愛情不足の子供の行動はいろいろとありますが、間違いなく言えることはいつもと違う行動や言動が必ずあるということです。

そこを親や保育士は見定めて対応をしてあげると子供自身も落ち着いてくるでしょう。

さみしいなどいろいろな気持ちもあるとおもいますので、子どもがなんかおかしなと感じたらこちらの記事を参考にしてください。

子供の成長のまとめ

子供の成長について気を付けたいことは「個人差がある」ということです。

もちろん周りのお友達や子供のことが気になってしまうのは正直なところですが、何よりも子供の個性や個人差ということを認めることです。

成長は遅い、早いというのは家庭環境もあるので一概には決められませんし急の出来ることが増えることもありますのであまり焦らずに子供のことを見てあげましょう。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

スポンサードリンク

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る