2歳児の特徴は言葉の成長とイヤイヤ期!反抗期の対処法のまとめ

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。


スポンサードリンク

子育てが大変とな2歳児の発達と特徴

2歳児と聞くとどんなイメージを持ちますか?

私は保育士をしているときに一番おもしろいと感じていたのは2歳児でした。

言葉巧みに使えるようになり、行動も活発化してくる年齢なので子供たちと一緒に遊んでいても面白いですし、成長が本当に見える年齢でした。

しかし、保育のベテランでも難しいのが2歳児なんですよね。

魔の2歳児なんて言われるくらいイヤイヤ期がすごい時期ですし、自我がしっかりとしてくることから第一反抗期が訪れる時期でもあります。

保育園では先生の言うことは聞くけれども、家ではママとパパの言うことは聞かないし暴れたりする年齢ですね。

そんな言葉が巧みになる2歳児の発達や特徴についていろいろな記事を書きましたので参考にしてください。

2歳児の発達と特徴!保育のポイントはトイレトレーニングと生活習慣の自立

2歳児の特徴となる部分はいろいろとあります。

しかし、成長の過程でいろいろなことができるようになる時期で、成長も著しいとても面白い時期でもあります。

この年齢の次は年少という年齢になりますので、幼稚園も目の前にあります。

そのため、家庭で育っていたとしても生活習慣の自立は大事なポイントになるといえますね。

発達としていろいろなことができるようになりますし、トイレトレーニングや着替えなどの自立など手先も器用になることから成長をしていく過程でできることも多い時期です。

2歳児はとにかく成長著しいですが、親の悩ませる時期でもありますのでまずは2歳児の発達についてしっておきましょう。

魔の二歳児はいつから?特徴は?イライラするときの6つの対応方法

2歳児といえば魔の二歳児なんて言われる時期。

その時期の特徴や発達の過程などについて詳しく書いている記事です。

なぜこんな言い方をされるようになったのかというと、成長の過程で大事な反抗期と呼ばれる時期だからです。

反抗期と聞くとあまりよいイメージはないかもしれませんが、子供が成長をしていく過程では絶対に大事なことで反抗期がなくいつも良い子供の方が大きくなったときの反抗期は大変なことになってしまうということもあります。

そんなときはママもイライラしたり、怒ってしまったり、時には大きな声をだしてしまったりしてしまいますが子供の成長の過程で大事なことですし生まれて2歳の子供も葛藤をしているのです。

成長の過程だとママもわかっていると気持ち的にも余裕が生まれますし、そんな時期だからこそ上手にかかわってあげましょう。

イヤイヤ期はいつからいつまで?上手に子育てする対処法5選

2歳児といえばイヤイヤ期。

そんなイヤイヤ期がいつからいつまでなのか?そしてイヤイヤ期になったときに上手に育児をする方法について書いています。

この時期は子供だからといってもどうしてもイライラとしてしまうことが多くなりますしママは「どうしていうこと聞かないのだろう」「育児の方法がわるいのかしら」なんて自暴自棄になってしまいがちです。

また、今まではママの言うことをよく聞いていたのに急に聞かなくなって「いいかげんにしなさい」「どうしてできないの?」なんて怒ったりしてしまうこともあります。

そんなイヤイヤ期は絶対に誰もが通過をする育児の大事なポイント。

ママやパパにとっては大変でも子供の成長のためにはなくてはならないものなのでイヤイヤ期に悩んだら読んでほしい記事です。

イヤイヤ期の接し方と対応方法と子供にイライラしたときの対処法

イヤイヤ期が訪れてほしくない。

そんな風に感じる方もいますが、イヤイヤ期は普通は訪れるものですし子供がこれから大きくなっていくためには大事なことです。

イヤイヤ期になったときに親としてどんな風に対処をするかが大事なポイントとなってきます。

そこでイライラしたときに自分の感情や気持ちをコントロールすることができるかがカギになります。

あまりにも怒ってしまったりするならいっそのこと休みの日はパパに預けてママはリフレッシュしても良いでしょう。

あまり無理をしないことが大事ですので子供にイライラしてしまうときには読んでほしい記事となっています。

トイレトレーニングはいつから?進め方とやり方と3日で終わらせる方法

2歳児と関わっていく中で大事なポイントとなるのがトイレトレーニング。

つまり、排せつの練習になります。

もちろんこの時期にすべてを自立させることはできませんのでおしっこだけでもパンツにしていくという流れになりますね。

私も娘も年少からは幼稚園へ行きましたが、それまでは自宅で育っていたため自宅で私もトイレトレーニングをしました。

コツとしては子供にトイレは楽しいところだと思わせる。

そして、おしっこをパンツにすると気持ち悪いということを感じさせることが大事です。

いきなりパンツになることは難しいので継続してコツコツ進めていくことが大事ですが、どうしてもパンツにしたいというときには荒療治の方法もありますので参考にして下さい。

ちなみに私も娘は最終的には3日でパンツに変えることに成功しましたが、ママも覚悟が必要なので記事を参考にしてください。

おむつはずれの時期と平均年齢はいつ?おむつが外れない子供の対処法

トイレトレーニングの続きで考える方法としては、こちらもオムツはずれ。

トイレトレーニングの最終的な目標はオムツをとってパンツで生活をすることです。

しかし、タイミングやトイレトレーニングを失敗するとなかなかパンツに変えられず困ることもしばしば。

そんなおむつはずれの情報書いていますので参考にしてください。

タイミングとしては2歳児に間がもっとも最適だといわれており、おむつはずれの最も最適な時期は2歳です。

あとは子供をうまくほめて、気持ちを盛り上げておむつをはずしましょう。

子供の叱り方や接し方は保育士でも悩む難しい問題!上手に叱る方法

この時期の子供にやりがちなのはついつい怒ってしまうこと。

しかし、怒ってもあまり良い影響はなく余計に泣いてかんしゃくを起こしたり、時に嫌がったり・・・。

するとこちらも余計にイライラして負の循環を起こしてしまうことになってしまいます。

でも、2歳児の子供と接するのは保育士でも難しいのは正直なところですし、学校を卒業したばかりの新卒の先生はなかなか困惑をしていたりします。

そんな子供に対してしっかりと関わりをもつことは大事ですし、ダメなことをしたときはしっかりと叱りましょう。

そんな子供の叱り方について書いています。「怒る」とは違いますよ。

片付けられない子供へのコツは声掛けのタイミングと収納の方法が大事

片付けられない子供に関する記事になります。

2歳児は自我もしっかりとしてくる時期ですし、おもちゃで遊んでいても片付けもしないで他の遊びをしたり、時には絶対に片付けないと怒ったり・・・。

そんな時期なのですが、ママもずっと一緒にいるとついつイライラしてしまうもの。

しかし、イライラしても子供は上手に動くわけではないのでそんなときこそ上手に声掛けをしたり、子供をほめて動かすようにしてみたりすると効果も高いです。

そんな子どもがなかなか片付けしてくれない時の方法についてまとめている記事になりますので参考にしてください。

もちろん2歳児だけではなく他の年齢でも片づけをしないのは悩みになるので読んでうまく活用をしてみましょう。

2歳児のまとめ

イヤイヤ期や魔の二歳児なんて言われる時期のこの年齢。

いろいろと子供が成長をしていく家庭で悩むことも多いですが、成長も著しくとても楽しい時期でもあります。

もちろん大変なのはいくつになっても同じなので、そんなときこそ思い切り笑顔で乗り切るようにしたいものだと思いますので参考にしてくださいね。

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る