男性保育士が差別される5つの理由と対処法【気持ち悪いの偏見あり】

男性保育士が差別される5つの理由と対処法【気持ち悪いの偏見あり】

男性保育士が差別される理由があります。

男性保育士は最近増えてきていますが、それでも全体からみるとわずか4%。

そのため、実際に働いている人は少ない現実がありますね。

この記事では男性保育士の差別について書いていきます。



男性保育士が差別される5つの理由【偏見があり排除の気持ちが強い】

男性保育士が差別される5つの理由【偏見があり排除の気持ちが強い】

男性保育士が差別される理由について書いていきます。

いまでも偏見により排除をされたり、嫌がらせをされたりということは実際にあるのです。

そんな男性保育士を差別する理由について書いていきましょう。

1.男性保育士は事故を起こすと偏見を持たれている

2.保育士は女性の仕事だという考えが強い

3.女児が好きなロリコンが多いと想像されている

4.保護者が男性保育士を勝手に嫌がっている

5.無意識に男性保育士はダメだと決めつけている

1.男性保育士は事故を起こすと偏見を持たれている【ニュースの問題】

男性保育士は事故を起こすと偏見を持たれています。

これは実際に起こっていることなのですが、男性保育士が起こすとは限りません。

ただ、一部の男性保育士が起こしているだけなのですが「男性保育士はみんな」と思われてしまうのです。

2.保育士は女性の仕事だという考えが強い【無意識の差別】

保育士は今でも女性の仕事だという考えが根強く残っています。

そのため、男性はすべきではない。

保護者の中にも無意識に男性を排除している人がいることになるでしょう。

3.女児が好きなロリコンが多いと想像されている【勝手な偏見】

女児が好きなロリコンが多いと勝手に想像されています。

これも危険ですね。

実際にはそんなことはないのですが、女児が好きなロリコンと思われている点は悲しくなりますね。

4.保護者が男性保育士を勝手に嫌がっている【現場で余裕はない】

保護者が男性保育士を勝手に嫌がっている可能性もあります。

現場に余裕はないのですが、保護者の中には「オムツの履き替えをさせないでほしい」と勝手に思っている人がいるのです。

男性保育士を保護者が嫌煙している現実がありますね。

5.無意識に男性保育士はダメだと決めつけている【個人を奪う】

無意識に男性保育士はダメな人だと決めつけている問題もあります。

男性保育士の中には信頼をされており、一生懸命頑張っている人もいます。

しかし、一部の事故や問題を起こしている人のせいで男性保育士はダメだとレッテルを貼られているのです。

→ 男性保育士がいじめられる原因3選【保育園でやられた時の対処法】

男性保育士が差別された時の対処法5選【認めてもらうために】

男性保育士が差別された時の対処法5選【認めてもらうために】

男性保育士が差別をされたときの対処法について書いていきましょう。

実際に現場で差別をされて困っている人はたくさんいます。

そんなときにどうすればよいか迷ってしまいますよね。

男性保育士が差別をされた時の対処法について書いていきましょう。

1.我慢をして真面目に仕事をする

2.ひどい時は上司から話しをしてもらう

3.保護者や職員とコミュニケーションを積極的に取る

4.保育現場で努力をして味方をつける

5.差別がひどい時は退職もありえる【上司の理解】

1.我慢をして真面目に仕事をする【反対されないようにする】

差別をされることはあります。

それは理解をして、真面目に仕事をするしかありません。

反対をされない、認めてもらうために保育を頑張っていきましょう。

2.ひどい時は上司から話しをしてもらう

ひどい時は上司から話しをしてもらいましょう。

差別が止まらない、ひどい時は主任や園長など立場ある人からしっかりと伝えてもらうことが大事。

男性保育士も立派な職員ですので、守ってもらいましょう。

3.保護者や職員とコミュニケーションを積極的に取る

保護者や職員とは積極的にコミュニケーションをとりましょう。

色んな人が保育園にはいますが「わかってもらえれば」あなたはしっかりと働くことができます。

自分という人間を理解してもらうためにも、コミュニケーションをはかりましょう。

4.保育現場で努力をして味方をつける

保育現場で努力をして味方をつけましょう。

たくさんの人と関わる中であなたのことを認めてくれる人がきっと見つかります。

助けてくれる人、あなたの味方でいてくれる人を大事にしましょう。

5.差別がひどい時は退職もありえる【上司の理解】

差別がひどい時は退職もありえます。

上司に理解をしてもらうことによりなんとかなるかもしれません。

しかし、あまりにも理解がない職場であるならば退職も検討しましょう。

→ 男性保育士を不安と感じる保護者の理由5選【現場のメリットと危険】

男性保育士が差別や偏見を受けて辞めたいときはどうする?【退職もあり】

男性保育が差別や偏見を受けて辞めたいときはどうする?【退職もあり】

男性保育士が差別を受けて辞めたい時はどうすべきでしょうか?

耐えられない、しんどいとなった時に方法を書いていきます。

男性保育士を受け入れてくれる保育園へ転職する

男性保育士を受け入れてくれる保育園へ転職をしましょう。

保育園の中には男性を積極的に受け入れている保育園がたくさんあります。

そのため、男性を受け入れてくれる保育園へ転職をするようにしましょう。

きっとあなたも輝いて働くことができます。

保育士を辞めて他の仕事へ転職をする【禁止の園もあり】

保育士を辞めて他の仕事へ転職をしましょう。

保育士をしていても差別やいじめを受けることになります。

ならば、一般企業など他の仕事へいくことも一つの道です。

男性保育士が働いている職場を探す

男性保育士が働いている職場を探してみましょう。

あなたにとって男性保育士は強い味方です。

きっとあなたに寄り添ってくれる保育園がみるかるはずでしょう。

我慢をして保育園で認めてもらえるように努める

我慢をして保育園で認めてもらえるように頑張る。

男性保育士には差別はつきものですので、理解をしてもらえるまで頑張る。

一途に保育に取り組めば理解をしてもらえるかもしれませんね。

保育士の転職サイトおすすめ3選

保育士として転職という道が差別がなくなる一番の道かもしれません。

理由は簡単で男性を受け入れてくれる保育園はたくさんあるためです。

待遇もよくなったり、上に上がっていける可能性もありますので男性保育士として違うところで頑張るのも一つの道ですよ。

>>【保育士バンク】

求人数業界ナンバー1、コンサルタントが親身、非公開求人多数あり、全国対応。

>>【ジョブメドレー保育士】 

検索型の保育士求人、登録をするだけでスカウトが届く、自分のペースで仕事が探せて応募も可能、転職サイトの運営母体は大手のジョブメドレー

>>【マイナビ保育】

※大手マイナビの保育士専門サイト、コンサルタントの質はナンバー1融通やわがままを聞いてくれる、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に特化している。

男性保育士の差別のまとめ【偏見や反対に立ち向かおう】

男性保育士の差別のまとめ【偏見や反対に立ち向かおう】

男性保育士の差別について書いてきました。

実際に差別は起こっており、たくさんの人が保育士を辞めている現実もあります。

しかし、保育園にとっては男性はとても大事な人材です。

差別を受けても頑張ってほしいものですね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る