保育士でも男の実態と問題点は給料と将来性と差別

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。


スポンサードリンク

男性保育士の辛い現状

男性保育士は最近増えていますね、

とこんな風に記事を書いている私も元男性保育士なのですがなかなか現実は辛い状況があります。

もちろんいろいろな理由での実態と辛さというものがありますので男性保育士の実態や将来性、給料面と言うことで書いていきましょう。

将来性がない男性保育士の現実

今私は保育士をしていません。

その理由で一番大きなのは「給料面」です。

私は妻も娘も2人いますので家族を養っていかなければなりませんし、将来子供たちがしたいと言ったことをさせてあげたいと思っています。

しかし、保育士の給与の手取り20万円いかないような状態ではどうしようもないというのが正直なところです。

この手取り20万円でも保育士としての給与では圧倒的にもらっている給料となりますので驚かれますが・・・。

でも、この20万円でもちろん頭打ちの給与ですしこれ以上今後は上がることはないというイメージとなりますので結果的にはなかなか辛い状況になります。

しかもこの給与は一般の保育士である限り今後も大きく伸びることはないためこのまま保育士をしていても一生20万円のままとなりますのでいつまでたっても上がらないんですよね。

主任や園長先生を目指してみる

給与はいつまでたってもあがらない。

男性保育士として一番感じていたことです。

そのため、もし良い給料がほしいと思っているならば考えられることは「管理職になるということです。

管理職とは保育園でいう園長先生や主任と呼ばれる保育園でも上の立場となる人。

このような上に立場になることができれば手当がつきますので給与のアップが期待できます。

しかし、主任の場合は大きな手当はあまり期待できませんし園長と言っても雇われの園長先生だと将来的には厳しいというのが正直なところです。

もちろん現場で子供を育てていくというよりは、職員を育てる、保育園の運営をしていくということになりますし、責任はすべて自分にのしかかってくることになりますので覚悟は必要ですしセンスも必要になります。

私は実際に管理職もしてきましたが、なかなか大変なのは正直なところです。

しかも雇われ主任、雇われ副園長であったため手当は5万円ほどでしたのでなかなか辛かったですが、保育士とは違ったやりがりはありましたので上を目指すというのはありです。

ただし、家族経営をしている保育園はダメです。

基本的には上に誰もがなることができる環境の整っている保育園を選ぶ方が自分自身も仕事がしやすいことは間違いありませんので園長を目指すならばそのあたりを狙っていきましょう。

では、次に男性保育士の情報を書いていきますので参考にしてください。

差別問題に男性保育士は直面!保護者から嫌と言われる理由

これは私も実際に経験をしていましたが男性保育士の差別は普通に多いです。

その理由はいろいろとあるのですが、まず挙げられるのは「気持ち悪い」と言われることがあげられます。

これって完全に差別なのですが「女子の扱いはしないでほしい」「うちの子供の担任は女性の先生で」と言われることもありましたね。

また最近は男性保育士が女児のことにわいせつな行為をしたり、ダメなことをしたりして問題となるケースもあるため余計に男性保育士を見る目は厳しくなっています。

私も友人で保育士をしているものがいるのですがその場合にはその同じ市で男性保育士が事件を起こしたためにしばらく保育ではなく事務所で仕事をするようにいわれたこともあるそうです。

これも差別だなと思うのですが、男性保育士への差別っていろいろとありますのでそれを記事にしてみました

私が保育士になったころは本当に男性がいなかったため採用試験すらしてもらえなかったこともありました。

今思うと懐かしい思い出です。

将来の仕事が不安な男性保育士の厳しい現実!給与と差別の改善

男性保育士として働くのも若いうちは良いと思います。

保育士という仕事はとても体力のいる仕事ですし子供たちからパワーをもらえる仕事なのでとても楽しいです。

しかし、25歳くらいの年齢で保育士を5年くらいしていると現実も見えてきます。

例えば「給与があがらない」「保育士では食べていけない」「結婚はできるのか?」など一般企業の友人らを見てみると実際にはなかなか辛いものがあるのは正直なところ。

私も28歳の頃に一般企業の友人を給与を比較したときに月に10万円以上も給与に差があることがわかり愕然としたことを覚えています。

かといって保育士以外はできないけれども保育士すら続けていけないという現状に悩んだ経験を含めてこちらに書いています。

異業種へ転職する際に保育士の自己prはどんな方法がある

そして悩んだことにより保育士をやめて一般企業へ行こうと転職活動をしたことを今でも覚えています。

安易な気持ちで企業ならばお金ももらえるし、仕事は大変でも将来的な不安はなくなる可能性が高いと思ったんですよね。

しかし、まず一般企業と言うことは保育園の保育士という立場からすると完全に異業種になることから何の仕事ができて、結果が残せるのか?という点に悩むことになります。

もちろんいろいろと試験を受けて最終的には塾が運営をしている保育園の管理職に慣れたのですが結果的にはなかなか大変であったというのが正直なところですね。

労働時間は保育士の頃よりおきつくなり、営業の仕事もあるので結果も求めれるということになりますのでいつまでたっても仕事も終わらないという仕事でした。

異業種や一般企業へ保育士が行こうと思うとパソコンスキルは必須、そして営業をして結果を残すということしか無理なのでお金や将来性は保育士よりはありますが覚悟が必要ですし保育園という環境がいかに優しく緩かったのかということをひしひしと感じれます。

男性保育士は恋愛結婚する人が多い?相手はどんな人なのか調査してみた

男性保育士の中には恋愛結婚をする人も多いといわれています。

もちろん将来性という点もありますので彼女もそこはすごく理解をしている人と見つけているようですね。

私の知っている男性保育士の結婚パターンはいろいろですが「公務員」「看護師」「エステサロン」など奥さんの方がお金も安定をしている仕事についている印象。

しかも、結構高所得な人もいますのでその人によって異なるのかなと思います。

男性保育士と結婚をするとメリットもあり子供の面倒をよく見てくれる、配慮ができるなど一般の男性とは違った母性的な視点をもっていますが将来的にお金の不安はどうしてもついてくるでしょう。

もちろんお金ではなくて彼のことが好きという方もいますが将来についてはきちんと話し合ってくださいね。

保育士転職サイトランキング!口コミ評判と好待遇な転職に成功した方法

もちろん保育士として仕事をしていくことは大事なのですが、待遇面や将来性を考えて転職をするという方法はありです。

実際に私も保育士として転職をした経験があるのですが転職をして待遇が変わりました。

最初はアルバイトでしか採用をしてもらえなかった保育園から転職をして正社員になれたりしました。

しかし保育園の内部や将来上に上がれる環境があるのかと言われるとそれは内部の情報なのでわかりません。

そんな時には紹介型の保育士転職サイトを使ってみましょう。

紹介型はエージェントと呼ばれるのですがあなたの希望に沿った保育園を見つけてくれますのでとてもメリットがあると思いますのでよいですよ。

男性保育士のまとめ

保育士という仕事はとても素敵な仕事です。

毎日子供たちの笑顔に触れられるとても楽しいものですし、成長に関わる責任もあるのですが男性にとって辛いのはお金と受け入れをしてくれる保育園が少ないこと。

そして未来が先細りであることから保育士になってからのこともよく考えてほしいと思いますので将来までよく考えて保育士という仕事を全うしてほしいと思います。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

スポンサードリンク

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る