病児保育士になるには資格が必要?仕事内容と働き方 求人と給料

病児保育士になるには資格が必要なのでしょうか?

病児保育士とは、その名前の通り「病気の子供を見る保育士」のことです。

保育士にはいろいろな働き方があり、最近は病児保育士も選択肢の一つとして人気を集めています。

しかし、資格やどのように仕事を見つければよいのか、給料や働き方などの待遇面でわからないことも多いです。

そこで、この記事では病児保育士について書いています。

記事を読むことで病児保育士の資格、仕事内容、働き方、給料、病児保育園の種類、料金などまでわかります。



病児保育士になるには資格が必要?仕事内容と働き方 求人と給料

病児保育士は普通の子供を見ることはありません。

病気により保育園へ行けない子供を預かり見る施設です。

保育園へ預けているママ達の大半の理由は「仕事」をしていることであり、子供の体調不良で少しくらいは休むことができますが、長い期間となると困ってしまいます。

そんなときの味方として病児保育園があり、非常にニーズがあります。

下で紹介をしていますが、病児保育園にも施設型と訪問型というパターンがあり、施設でまとめて病気の子供を見るパターンもあれば、自宅などへ訪問をし病気の子供を見るパターンがあります。

いずれも非常に高いニーズがあり、保護者から利用を求める声が多いです。

病児保育士と保育士との違いは?【子供と保護者対応と体力的な負担】

病児保育士と保育士の仕事は大きくことなります。

まず、見る子供が健康で元気ではなく病気をわずらっているということですので、保育園の子供よりも神経を使うこともあります。

しかし、普通の保育士よりもメリットも多いのです。

・子供を少人数で見て、戸外などへは行かないため体力的に余裕ができる。

・室内での保育が通常で、子供達は元気ではいためイベントや行事などをすることもなく、用意も必要ない。

・病気のときだけ預かる施設であるため、保護者と密にかかわることがなく、保護者によるストレスがない。

・子供は元気になるまでの短期間なので、深く関係を築いたり、合わない子供と接する期間も短い。

・シフト制になっていることはすくなく、仕事の時間はほぼ毎日一緒で体への負担が少ない。

このように普通に保育園にはない魅力があるのです。

→ 保育士の残業はサービスで平均2時間?実態の問題点と転職という対策

病児保育士になるには資格が必要?保育士や幼稚園教諭は?

そんな病児保育ですが仕事をするために必要な資格や求人はあるのでしょうか?

実は資格というのは基本的に決まっていません。

自治体が運営をしている病児保育は「看護師」「保育士」「幼稚園教諭」といった国家資格を有している人が働いており、それが採用の条件となっています。

施設型の場合は看護師や場合によっては医師も常駐をしているため、保育士は法的に問題ない範囲で子供を預かることになりますね。

自宅で子供を見る訪問型などの非施設型の病児保育園の場合は一定の研修を受けた看護師、もしくは保育士があたることになります。

研修により認定がおりれば、資格は持っていなくても仕事があります。

病児保育専門家や認定病児保育スペシャリストの民間資格を学校で取得

病児保育士を目指すならば資格があります。

もちろん、保育士や看護師などの資格を持っていれば民間資格を持っていなくても採用をしてもらえますが、持っていればより採用を勝ち取れる可能性があります。

いずれも民間の資格なので採用に有利に働く可能性があるものです。

病児保育専門士と認定病児保育スペシャリストの違いは受験資格です。

株式会社日本病児保育教会の認定病児保育スぺシャリストの公式ページを参考にしてみると

認定病児保育スペシャリストでは「高校を卒業している18歳以上」「資格取得web講座を修了」「24時間の実習を修了」という3つの受験資格を掲げています。

この3つをクリアすれば、特段に他の資格(保育士や看護師)を保持していない方にも、広く門戸を開いているのが特徴です。

一方、協議会の認定する「病児保育専門士」の受験資格は、「病児・病後児保育室に勤務する保育士・看護師」「全国病児保育協議会加盟施設に常勤として 2 年以上勤務」「病児保育専門士認定講座をすべて受講」となっており、誰でも受験できるわけではありません。

(引用:株式会社日本病児保育教会の認定病児保育スぺシャリスト「資格の違い」)

このように資格にちがいがありますが、保育士や看護師を持っていないけれども病児保育園で働きたい方、保育士や看護師としてスキルアップを目指す方には最適な資格と言えます。

病児保育士の給料は高い?年収と求人の見つけ方【医療法人がねらい】

病児保育士の給料や求人について書いていきます。

保育士としても珍しい職種で求人も少なめです。

しかし、普通に保育士をするよりも給料の面などでメリットも多いので、実は保育士からは人気の職種となっているのです。

病児保育士のお給料は高い?年収の相場

病児保育士といっても普通の保育士とそこまで大きな差がありmせん。

ただし、務める母体によって異なっており、医療法人へ勤務をする場合には福利厚生も充実しており給料も高めとなります。

休日も多めで、有休もとりやすいなど保育士をして仕事をしていくよりもメリットが多いですね。

年収も350万円から400万円程度と保育士の相場よりも高めな設定なので求人に殺到をしている現実があります。

保育園や小児科の設置型となると、そこまで給料が高くありません。

持ち帰り、保護者対応、残業がなし、もしくは少ないという場合には目には見えないメリットがあるといえます。

→ 保育士は手取り15万円が平均給料?年収とボーナスと収入を増やす方法

病児保育士の求人はあるの?見つけ方を解説

自治体の場合もアルバイトが多く、正社員として働いているのは運営をしている法人や自治体での採用となっているケースがほとんどです。

民間の場合は運営母体によって異なっており病院内にある施設でも運営自体は民間の企業であります。

「病児保育士 求人」と検索をしてみるか、もしくは保育士エージェントを利用してみると求人も豊富にありますので探してみましょう。

病児保育士の仕事内容とメリットデメリット【感染症のリスクがある】

病児保育士の仕事は主に子供を見ることです。

一緒に遊んだり、排泄へ連れて行ったり、オムツを変えたり、ご飯を食べさせたり、保育と言う点では同じです。

ただし、元気な子供ではないため気を使う部分も多いです。

他にも子供の様子を書くノートを書いたりと、保育園と大きな仕事の差はありませんが、外へ出たりすることはありませんね。

病児保育士のメリットとやりがい

保育園と違って少人数の子供を見ることになりますし、元気な子供と遊ぶわけではなく、体調の悪い子供と遊びます。

しかし、その分メリットがあります。

・少人数でこまやかな保育で子供と接することができる。

・子供の体力面、精神面を集中してサポートすることができる。

・クラスの指導案などの書類が少ないため、保育に集中できる。

・イベントが少ないため、準備や練習に追われることがない。

・基本的に土日祝日が休みで、残業もないため自分んも時間を大事にできる。

・困ってる子供の親をサポートしているというやりがいを感じられる。

なんといっても普通の保育士の仕事ではなく、少人数で保育に集中ができる環境があるというのが保育士からすると大きなメリットですね。

病児保育士のデメリットとリスク

次に病児保育士のデメリットとリスクを紹介します。

・体調が悪い子供を預かっているため、時には急変し対応できないこともある。(医師や看護師にまかせる)

・自身が感染症をわずらう危険性がある。

・子供と関係を作るのに時間がかかり、できたころにはお別れとなる。

・元気に子供と遊ぶことはないため、刺激が少ないと感じる。

・訪問型の場合は毎日ちがう場所で働くことに疲れる。

・正社員は少なく、派遣社員や契約社員などの雇用形態が不安定な場合が多い。

・医師や看護師など別職種の人とのコミュニケーションに疲れる。

なんといっても自分自身の感染症にかかってしまう危険性もあるため注意が必要です。

また、保育園とは違う点で気を使うことが多く、医師や看護師とうまくやっていくコミュニケーションが必要ですね。

病児保育士が働く職場とは?病児保育園と病後保育との違い

次に病児保育士が働く職場についてかいていきましょう。

病児保育は保育園などに普段は預かっている子供達が病気などで、普通の保育園では預かれない「病気中」の子供を預かる保育園です。

多くの保育園では登園をするためのルールが設けられています。

・朝の時点で発熱が37.5℃以上ある場合。

・感染症にかかっている。

・病気明けであるが快方していない。

保育園はあくまでも健康な子供を預かる施設であるため、体調を崩している子供を預かることはしてくれません。

病児保育は病気の回復期になっておらず「回復期に至っていない」子供で集団の保育が困難な子供を預けるサービスで、本来ならば保育園へ登園できない状態の子供を預かってくれる点が最大のメリットです。

病院や診療所に設置をしている、認可保育園が病児保育も運営している、ベビーシッターのように訪問をしてくれるなど様々なパターンがあります。

保育の面ももちろんあるのですが、子供の体調は良くないのでどちらかといえば看護の方が強い印象の保育園です。

病児保育園の種類3選!職場によってニーズが違う

そんな病児保育ですが、運営はいろいろです。

最近は働いているママも多く、日本は依然として非常に休みにくい世の中であるといえます。

そのため、病児保育のニーズは年々増加をしており最近はとても人気で中には定員いっぱいになり断られることもあるようです。

病児保育にも種類があり主に3つですので紹介をしていきましょう。

病院や診療所の併設

病児保育の中でも一番多い設置パターンです。

病院や診療所などに併設をされており、中には小児科の横で病児保育を設置している場合もあります。

保育士はおおむね3人につき1人配置をされており、そこに医師もいるので万が一のことが起こってもすぐに医師に診てもらえるという安心感はあります。

大きな総合病院から小さな診療所など様々な形態の病院が病児保育を運営しています。

認可保育園へ併設

中には認可保育園が病児保育を運営しているケースもあります。

看護師と保育士を配置しており、保育園の施設内に病児保育の専用の部屋を用意。

子供10名に対して1人の看護師が配置をされますね。

保育園も認可であれば入園児童は大事にしているのですが、それ以外に病気の子供を預かるという意味でサービスの1つとして実施をしています。

その保育園の在園時からすると非常に助かるとの声も多い病児保育の形態です。

訪問型の病児保育

訪問型はベビーシッターのように依頼をすると自宅で病児を保育してくれるサービスです。

訪問型病児保育のサービスは主にNPOや民間の企業が行っていることが多く、自治体からも補助をもらって運営をしているケースも多いです。

運営母体やサービスの内容によって異なりますが、緊急時にも対応をしてくれることが多くほとんどが24時間対応となっています。

子供にとって病気になっているだけでもストレスなのに、さらに違う場所へ行くと負担もかかってしまいますのでマンツーマンで見てもらえる、ほかの子供からの二次感染を防ぐことができるという点もメリットです。

病後児保育とは?【快方へ向かっている子供を預かる】

病児保育とよく似た言葉で病児後保育という言葉もあります。

見た目は同じような印象なのですが、「後」とついている点が大きなポイントです。

病児保育は今まさに病気になっている子供を保育することになるのですが、病後児保育は病気になってすでに快方へ向かっている子供。

つまり回復期の子供を預かる施設やサービスです。

幼稚園、保育園、小学校など子供がしっかりと体調が戻っていなければ通えないなルールは厳しめな印象です。

しかし、お仕事をしているママもパパもいつまでもゆっくりとしているわけにもいきませんので、快方へ向かっている子供を預かってもらえるものです。

病児保育士が怖い感染症!インフルエンザでも預けられるのか?

そんな病児保育ですが、病気の子供ならば預かってくれます。

ただし、どんな病気の子供でも預かってくれるわけではなく子供の症状によっては預けられないことももちろんあります。

どちらかといえば訪問型の方が自由が効きやすく、設置型と呼ばれる認可保育園や病院に併設をされている保育園の方が預ける基準は厳しめですね。

病児保育園で預ける基準

そんな病児保育の預ける基準を見ていきましょう。

もちろん預ける先によって大きくことなりますので、今後預けられる施設がそばにあるのならば事前にチェックをしておきましょう。

ここでは一般的な病児保育について紹介をしていきますが、病児保育では「風邪・消化不良病(下痢)」などの子供が日常的にかかる病気や感染症、やけどや骨折などの外傷をおっている子供な戸を対象にしています。

ただし、預ける際にも明確な基準を設けており何よりも子供の安全性が求められます。

発熱の場合、保育園では37.5℃以上の発熱がある場合には預けることはできませんが病児保育では預けることができます。

しかし、39℃や40℃など高熱で病状が重い場合には預けることができない可能性が高いでしょう。

嘔吐を伴う病気、下痢、水痘(水ぼうそう)、風疹、インフルエンザなどの感染症や病気の場合にも預けられます。

この場合は病児保育に隔離部屋と呼ばれている他の子供に感染症をうつさないための部屋がありますが100%防げるのかは難しい判断になりますね。

あとは預かれる基準によって異なるのですが、自治体の運営の場合には麻疹(はしか)、流行性角膜結膜炎(はやり目)など感染力が強い疾患に関しては受け入れの対象外となることもあります。

預けられる病気の基準の参考例

自治体が運営をしている病児保育の場合はどこまで預けられるのでしょうか?

こちら大阪府堺市の例を参考にしてみると、「通常の外来で治療可能な病気や骨折等の外傷性疾患」で病気とは感冒、消化不良症(多症候下痢)、風疹等の感染性疾患や喘息などの慢性疾患などになります。

対象となる児童は生後6ヵ月から小学校6年生までの児童でどこの病児保育も大体同じような形で連続して7日間など日数も決められてぢる場合が多いです。

預けられないケース

預けられる基準を見てみると融通もきいてもらいやすいというのは正直な感想なのですが、訪問型の方がよりニーズにこたえてくれます。

もちろん預かれないケースというものもありますので以下を参考にしてみましょう。

当日に依頼をしても断れられるケースですね。

・感染力が強い病気(麻しん(はしか)、流行性角結膜炎(はやり目)など)である場合

・高熱(例:38.5℃以上)や病状が不安定な場合

・特定の予防接種(MRワクチンなど)を受けていない場合

・当日の朝、医師の診察によって利用不可を判断された場合

病児保育も万能ではないことから、子供を預かることによりリスクがある場合には断るということもあります。

病児保育の利用方法と料金!給料に反映する仕組み?

次に病児保育を利用する方法と料金について書いていきましょう。

利用は誰でもできる施設もあれば、自治体の場合は市内の保育園や幼稚園へ通っているなどの条件がある場合もあります。

基本的な流れとしては「事前登録 →児童が発熱等 →かかりつけ医受診 →利用予約 →入室」こんな風な流れが基本となりますね。

病児保育の利用は登録手続きが必須

病児保育は子供が体調不良の時に預かるサービスですが、子供の体調が悪いということは預かる側もリスクがあるのです。

そのため、病児保育側もある程度子供のことを知っておきたいという理由からも事前登録は必須となります。

登録の方法は自治体が運営をしている場合には通っている幼稚園や保育園へ通っている場合にはそこから登録をする、もしくは病児保育を実施している施設へ登録へ行くというのが基本です。

登録をしておかなければ病児保育は子供の体調不良により預かってもらえるための施設なので急には無理ですし、当日登録も難しいといえるでしょう。

登録に関しては自治体の運営の場合は原則無料ですが、民間や訪問型の場合は数千円~数万円取られる場合もあります。

有名な訪問型の病児保育を運営しているフローレンスだと登録に3万円が必要になりますね。

かかりつけ医の受診

子供を病気やケガなどにより病児保育へ預けたいと思ってもかかりつけ医には一度行かなければなりません。

そこで、医師連絡表に記載をしてもらい登録をしている病児保育へ連絡をすることになります。

ただし、定員を設けている施設もあるため場合によっては預けられないこともありますのできをつけましょう。

当日は着替えやおむつなど必要なものを持っていくのですが、お弁当などの持参は必須の施設が多いです。

民間は融通がききやすい

自治体の方が預けるための条件は厳しく、民間やNPOなどの運営母体が実施をしているところは比較的預かってもらいやすいです。

特に訪問型はそのあたりのニーズにこたえることを基本としているため預けやすいという点はメリットです。

いざという時のためにも自治体運営の病児保育と民間の病児保育と両方に登録をしておくとよいでしょう。

病児保育の利用料金

利用料金に関しても預ける施設の運営母体によって様々です。

自治体の運営をしている病児保育は一日2,000円~2,500円くらいが相場となっており、半日の場合は半額にしてくれるところもあります。

給食やおやつが出る施設の場合は別途かかる場合もありますね。

訪問型や民間の場合は登録料は高めですが、その分一回分は無料などのサービスを行っており利用を目的をしている場合があります。

2回目から一日5,000円、1時間1,500円などがあり、あとは家事を代行する、教育を提供するなどによって料金は変動をします。

登録時に確認をしておきましょう。

民間と言えばフローレンスが有名です。

病児保育のメリットデメリット

病児保育は急な病気やケガで保育園や幼稚園では預かってもらえない子供でも預かってもらえるという点は大きなメリットです。

しかし、プラスで料金がかかりますし、場合によっては別の病気をもらってくるなんてデメリットもあります。

他にも病児保育にせっかく登録をしていたとしても定員でいっぱいになってしまったり、時には遠い病児保育しか利用ができなかった。

土日祝日は預かってもらえないなど仕事をいつもよりも早く終える、半日にする、シフトの調節をするなどいろいろな調整が必要になるでしょう。

病児保育士になるには資格がおすすめ!給料と待遇のよい求人を探そう

病児保育士についていろいろと書いてきました。

仕事をしているママも多い世の中になくてはならない存在の病児保育園を支えるとても人気のある仕事です。

とてもニーズのあるサービスなのですが、正直なところ数はとても少ないのが大きなデメリットといえますね。

待遇面や働きやすさの面では間違いなくメリットのある仕事といえます。

保育士から違った視点で仕事をしたい、サポートをしたいという方には最適な仕事だと言えますので、転職をする際には1つの候補として検討してみて下さい。

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
保育士ライフ運営責任者です。

【経歴】

・認可保育園で現場の経験あり。

その後は教育関係の会社に転職し管理職を歴任。

今は普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。。

今は営業のサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る