認可保育園の補助金はいくら?設置基準と保育士の給料が低い仕組み

認可保育園の補助金はいくらくらい出ているかしっていますか?

実は認可保育園の運営は国や自治体からたくさんの補助金をもらうことにより成り立っている事業で開設、建設、経営に関する様々なもので運営費という形で出ています。

なぜならば、保育園の収益は保護者からいただく保育料のみとなっておりそれでは保育園の運営は不可能なため昔から補助金が基本となって運営をしている形態なのです。

この記事では認可保育園に支払われている補助金について書います。

記事を読み終えることで認可保育園に支払われている補助金の内容や金額、保育士に支払われている給料の仕組みがわかります。



認可保育園の補助金はいくら?設置基準と保育士の給料が低い仕組み

認可保育園の補助金について書いていくまでに、そもそも認可保育園とはいったい何なのか?と言う点について書いていきます。

認可保育園は厚生労働省が定めている設置基準と運営に関する基準を満たしている施設のことです。

これは認可保育園として運営をしていくための最低限のラインとなっており、保育所を含む児童福祉施設には設備、運営、職員の人数など法律で定められている基準があるのです。

例えば、職員は保育士資格を所持しているもので子供の人数に対する設置基準を満たしていなければならない、2歳児未満児の保育を実施する園の場合はほふく室を設ける必要がある、敷地面積や園庭があるか?なければ近隣に公園があるか?など厳格に定められています。

認可保育園と呼ばれる施設はこのような厚生労働省が定めている基準をクリアしていることが最低条件となっている施設なのです。

(参考:厚生労働省「児童福祉施設最低基準」)

認可保育園とは?【自治体が定める認可基準を満たしている】

上記に紹介した厚生労働省の設置基準は最低限度の設置基準となっており、そのほかにも都道府県、政令市都市、中核市はこれに加えて独自にの認可保育園設置基準を定めることができます。

これは自治体によって異なっており、厚生労働省の基準を一部採用をしているところもあれば地域の事情に合わせて基準を厳しくし保育の質を高めようとする自治体もあります。

例えば、基本は厚生労働省が作成をした保育士の設置基準を満たしていれば問題がありません。

そのため、保育士の配置基準も通常通り行われるのですが政令指定都市となっている横浜市は子供の人数に対しての職員の配置基準を厳しくしています。

本来は3歳児は子供20名に対して保育士1人で良いところを、子供15名に対して保育士1人を配置するようにされていますのでその地域の自治体の支持にも従わなければなりません。

認可保育園は厚生労働省と自治体のいずれの設置基準も満たしている施設であるということが言えます。

(参考:横浜市「保育所整備の手引き」)

認可保育園は自治体に申請をし許可をもらうこと

そんな認可保育園ですが基準はかなり厳しいです。

設置をするためには認可保育園として国の基準、自治体の定める基準に加えて、建設に関する条例や運営のための補助金が下りるかどうかなどを様々な関係法令などと照らし合わせていき条件をクリアする必要があります。

最終的には自治体と相談したうえで申請することになり、認めてもらえば認可保育園として認められ運営ができるようになります。

もちろん保育園を建てるとなった場合には設置に関してもある程度の補助金や銀行での借り入れに優遇があったりもしますので「認可」を取るメリットはとても大きいのです。

 認可外保育園は経営難?料金が高くても補助金なし!集客がポイント

認可保育園の補助金はいくら?保育士の給料の仕組み

認可を受ければいよいよ補助金をもらうことになります。

認可保育園は補助金がもらえなければ運営が成り立ちませんしなければすぐに閉園と言うことになるためとても重要です。

実際にどのような補助金が出ているのかを書いていきます。

認可保育園の補助金のポイントは公定価格と保育料

認可保育園の補助金の基礎は基本的に公定価格から成り立っています。

公定価格とは「国が算定する保育園の運営にかかる費用」のことで基本分単価と加算手当の2つが含まれることとなります。

「補助金=公定価格ー保育料」が支給をされる流れとなります。

基本分単価

基本単価は保育園が子ども1人を預かるのにこれくらいお金が必要であるというのが単価です。

この単価は子どもの年齢、園がある地域、保育の利用に関わる1号、2号、3号の区分、保育所の定員によって変わってきます。

もちろん自治体によってこの単価は異なるのですが、保育園が子供一人当たりにいくらぐらいの単価をもらえるのかというと。

・0歳児:210,000円

・1歳児:135,000円

・2歳児:135,000円

・3歳児:78,000円

・4歳児:69,000円

・5歳児:69,000円

この中には人件費、事務費、教材費、給食費など細かく設定をされている金額です。

年齢が低いクラスほど子供の人数が少ないのに対して職員が必要となるため補助金単価は高くなります。

加算手当

あとは保育園は実施をするサービスや待遇の改善によって異なります。

例えば、延長保育や一時保育の実施をすると保育園は職員の配置などが必要となるため費用がかかります。

また、キャリアアップにより処遇改善手当も必要となるためその運営にかかる費用もかかります。

このように基本分単価に様々な加算を加えたものが保育園の公定価格になる仕組みとなります。

 保育士処遇改善手当はいつまでもらえる?パートはもらえないのか?

保育料

あと必要なことは保育料です。

これは保育園へ入るお金ではなく、自治体に入る仕組みとなっており夫婦の収入によって保育料金は異なります。

そのため、高い人だと8万円ちかく毎月支払うことになりますし、シングルマザーや収入が少ない世帯だと保育料は数百円や中には無料となる人もいます。

保育料は基本的な価格で他にも雑費として保育園には支払うことになりますが、保育料は世帯の収入から住民税の課税区分ごとに金額が異なります。

→ 保育園の料金の共働きの平均は?年収700万円の保育料と無償化の効果

無償化による今後の影響

この補助金ですが、今後幼児教育無償化の影響によりさらに減るのではないか?といわれています。

幼児教育無償化により保護者負担の保育料はほとんどなくなることになります。

その分を増税分で補うことになるのですが、2019年度は国費負担なので国が支払うことになりますが、その後は国1/2、都道府県1/4、市町村1/4となるのです。

つまり、自治体や市区町村の負担が増えることとなるため必然的に保育園への公定価格が下がるのではないかと懸念をされており最終的には働いている保育士の給料へ反映されるのではないかという懸念があります。

(参考:厚生労働省「幼児教育無償化について」資料1)

保育士の給料の仕組みとは?認可保育園の補助金だけでは厳しい

保育園の補助金について書いてきました。

実際に認可保育園にはたくさんの補助金が入っているように見えますが、実際の経営はかなり厳しいものです。

それは収入となるものが補助金しかなく、その補助金も年々削られている状況だからです。

特に立ち上げの新規の保育園に行く先生も多いと思いますが、実は昔からあるような保育園の方が給料も実は良いです。

保育士の給料が低い理由

例えば、定員100名の保育園があったとします。

0歳児6名、1、2歳児12名、3歳児20名、4、5歳児25名の保育園だとすると補助金が以下のようになります。

・0歳児:1,260,000円

・1、2歳児:3,240,000円(1クラス当たり1,620,000円)

・3歳児:1,560,000円

・4、5歳児:3,450,000円(1クラス当たり1,725,000円)

単純な収益は合計は951万円となりますが、これに家賃、給食費、事務費、光熱費を支払うことになります。

あとは、園長、主任、事務員、職員を最低限でも11名の保育士を採用しなければなりません。

すると人件費だけでも毎月約300万円ほどがかかり賞与などのつみたては一切できませんがこれが保育士の給料の仕組みです。

つまり収入となるものがほとんどないため、延長保育、一時保育などを実施して保育園は加算の手当をもらって運営をしているのです。

新しい園だとここに園を建てた借金の返済がありますが、古い園だと借金は少ないのでその分職員へ還元できる余裕があるのです。

もちろんこんなに単純ではなくもっと認可保育園の補助金は複雑なのですが、保育士の給料を上げようと思ったら補助金が増えなければ一人10万円アップは夢のまた夢なのです。

→ 保育士が副業で給料を月5万円増やす方法14選!バレない方法も解説

認可保育園の補助金はいくら?のまとめ【経営が厳しい園が多い現実】

認可保育園の補助金について書いてきました。

これは複雑な仕組みとなっており、一目ですべての補助金を見ることはできません。

しかし、認可保育園の多くは他の事業を実施しているわけではないため国と自治体から出ている補助金が頼りとなっています。

今はこの仕組みも危うくなっており幼児教育無償化の影響でどこまで変わってくるのかという点が懸念材料ですね。

保育士の確保や給料増加のためには、保育園が処遇改善手当などを全額保育士の渡す、保護者負担の保育料を増加するしか今のところは方法がないので難しい問題だといえますね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士から違う仕事へ転職する方法!一般企業や異業種へ行ける?

Taka代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る